冬のサクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冬のサクラ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2011年1月16日 - 3月20日(9回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 石丸彰彦
演出 山室大輔
吉田健
脚本 高橋麻紀
プロデューサー 高橋正尚
韓哲
出演者 草彅剛
今井美樹
佐藤健
加藤ローサ
高嶋政伸
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送(最終回以外で実施)
データ放送 連動データ放送
エンディング 山下達郎
愛してるって言えなくたって
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第1話は21:00 - 22:14
最終話は21:00 - 23:03
テンプレートを表示

冬のサクラ』(ふゆのサクラ)は、2011年1月16日から3月20日までTBS系列の『日曜劇場』枠(毎週日曜日21:00 - 21:54[1]JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は草彅剛

概要[編集]

草彅剛が当ドラマの主演[2]であり、共演は、この作品が11年ぶりの連ドラ出演となる今井美樹[2]、2010年10月クールでゴールデンタイムの連ドラ初主演を果たした佐藤健をはじめ、加藤ローサ高嶋政伸ら豪華キャスト陣[2]

2011年冬に贈る珠玉の純愛ドラマ。今まで一度も恋をしたことがない一人の男(草彅剛)が、事故に遭い記憶を失った一人の女(今井美樹)と出会うことから始まる。

「愛してる」その一言さえいえないでいる二人。
そして、残された時間が少ないことをまだ知らない二人。
果たして二人の恋は、サクラの花びらと共に散ってしまうのか、それとも――。

キャッチコピーは、「この愛は、是か非か。

主題歌は、山下達郎の「愛してるって言えなくたって」。山下が当ドラマのために書き下ろした入魂のバラード曲[3]

毎日新聞にて冬の新ドラマ:担当記者座談会で評価1位[4]

当初は全10話を予定していたが、2011年3月13日放送予定だった9話が、11日におきた東日本大震災関連の報道特番で休止となったため、翌週の20日に9話と最終話のあらすじを合わせた形で、最終回として2時間スペシャルで放送することとなった。この震災の影響により、3月12日以後に収録すべき撮影スケジュールが大幅に変更され、連続ドラマでは(生放送となるケースを除き)異例の放送前々日まで撮影・編集を続けざるを得なかったことから、3月20日の2時間スペシャル当日の字幕放送挿入ができなかった(リアルタイム字幕放送もなし)。なお再放送が実施されている局では字幕放送を入れている。

野外撮影では、2011年1月21日、2月4日、JR東日本企画のロケーションサービスによって、東京新幹線車両センターおよび大宮駅が利用された。

あらすじ[編集]

雪の降り積もる山形で、母親の介護をしながらガラス職人をしている稲葉祐(草彅剛)は、今まで一度も恋をしたことがなかった。その山形を、一人訪れた女・石川萌奈美(今井美樹)。彼女は“冬に咲くサクラ”を見るため旅をしていた。祐は、通りを歩く萌奈美とすれ違い、その美しさに目を奪われた。その直後、ひったくりに遭い、怪我をした萌奈美を助けた祐。怪我のショックで記憶がなくなった萌奈美は、祐の家で暮らすことになった。身元を確認できるものもなく、自分が誰なのか分からず、不安や恐怖で呆然としている萌奈美。唯一の手がかりは、彼女が持っていたデジカメに写っていた桜の枝の写真。それは冬に花を咲かせる「啓翁桜」だった。不安なままの萌奈美に、祐は「大丈夫、焦らず一休みしているくらいの気持ちでいるように。きっとそのうち思い出せる時が来るから……」と優しく微笑むのだった。それは運命の出会いだった……母の介護だけがすべてだった男と、自分が誰がさえもわからなくなった女……静かに雪が降り積もる真っ白な世界で……。

しばらくして、介護をしていた祐の母親が亡くなった。葬儀のため、東京の病院で研修医をしている弟・肇(佐藤健)が帰ってきた。兄の萌奈美への淡い思いを感じた肇は、自分や母に対する祐の偽りのない優しさを萌奈美に伝えた。肇には、同じ病院で栄養士をしている向井安奈(加藤ローサ)という恋人がいた。二人は、兄たちをそっと見守ろうとするのだが……。

一方、身元が分かったという知らせから、すべてを思い出した萌奈美。自分には夫と娘がいることを……。夫・航一(高嶋政伸)が、萌奈美を迎えにやってきた。胸を締め付けられる思いで東京に戻る萌奈美。祐は、大丈夫と優しく微笑み彼女を遠くから見送った。だが、東京にいる航一が祐の存在に気付き、やがて豹変していく……。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

稲葉 祐(いなば たすく)〈36〉
演 - 草彅剛
本作の主人公。地元、山形県の高校を卒業後、叔父が営むガラス工場で働いているガラス細工職人。母親は恋多き女性で家に寄り付かず、代わりに年の離れた弟の面倒を見てきた。5年前から、認知症を患い寝たきりの母と二人暮らし。仕事と介護の日々に追われる中、数年間を過ごしてきた。そんなとき、ある女性と出会う。
石川 萌奈美(いしかわ もなみ)〈45〉
演 - 今井美樹
ある日、冬に咲く桜を見に山形県へ一人旅に出かけ、ある事件に遭い記憶を失ってしまい、助けてくれた祐の家に世話になる。実は、東京で病院を経営する夫と中学生の娘を持つ専業主婦だが、愛情の冷めた夫との関係に悩み、孤独を感じもがいている。しかし、愛する娘のために家庭を崩すまいと、気丈に努力している。

稲葉家[編集]

稲葉 肇(いなば はじめ)〈24〉
演 - 佐藤健
祐の弟。医学部を卒業し、東京の病院で研修医として働いている。根は真面目で優しい性格だが、兄の祐とは違い要領もよく、思ったことはすぐ口にするタイプ。身勝手な母親を疎ましく思っているように見えるが、祐には幸せになってほしいと心から願っている。
稲葉 百合(いなば ゆり)〈63〉
演 - 吉田日出子
祐と肇の母。恋多き女性で、幼い祐と肇を家に残し、男性のもとに走っては別れて戻るという暮らしを繰り返していた。5年前に認知症を患ってから、祐を頼って同居している。
稲葉 哲也(いなば てつや)〈58〉
演 - でんでん
祐と肇の叔父。祐が働くガラス工場を経営している。姉の百合が育児放棄をして家出していた時期に、祐と肇を預かって育てた。自分には子どもはなく、祐と肇を息子のように思っている。
稲葉 香織(いなば かおり)〈53〉
演 - 大島蓉子
哲也の妻。明るくて噂好きな女性。夫の哲也と一緒に、母親代わりとして祐と肇を育てた。夫婦の間に子どもができなかったので、祐と肇に対して母親のような愛情を抱いている。

石川家[編集]

石川 航一(いしかわ こういち)〈41〉
演 - 高嶋政伸
萌奈美の夫。父の跡を継いで石川総合病院の院長となった。優秀な脳外科医で院内の信頼も厚く、患者に対する態度も優しく、また夫として父としても周囲の評判はとてもよい。しかし実は、神経質で異常なまでにプライドが高く、妻の萌奈美に対してもわざと冷徹な態度をとっている。実は、妻・萌奈美の友人・理恵とは愛人関係である。
石川 琴音(いしかわ ことね)〈13〉
演 - 森迫永依
航一と萌奈美の娘。私立中学の1年生。明るくて素直な女の子で母の萌奈美とは仲がよいが、神経質な父の航一には、ちょっと苦手意識がある。両親の仲が良くないことを微妙に感じ取っていて、少し不安を感じている。
石川 章子(いしかわ しょうこ)〈71〉
演 - 江波杏子
航一の母。石川総合病院の理事長を務める。夫が残した病院を守ることを第一に考え、病院を守るためなら手段を選ばない。航一に対しても厳しい母親だが、萌奈美に対してもキツイ存在の姑。嫌味な部分も多分にあるが、きちんと筋は通す女性。石川家の血を引く、孫の琴音のことを溺愛している。

その他[編集]

向井 安奈(むかい あんな)〈27〉
演 - 加藤ローサ
肇の恋人。肇が働いている病院の食堂に勤務。やや押し付けがましいところもあるが、愛情豊かな心を持つ世話焼き女房的な女性で、肇の兄である祐のことも大切に想う。感情をストレートに表現するタイプだが、その単純さゆえに、意外と物事の本質を見抜いたりする。
中里 次郎(なかざと じろう)〈36〉
演 - 山崎樹範
祐の幼馴染みで、おせっかいな友人。駐在所に勤務する独身のお巡りさん。
白石 理恵(しらいし りえ)〈38〉
演 - 白羽ゆり
萌奈美が心を許している友人だが、実は航一の愛人。有名な料理教室の経営者で、石川病院の病院食のアドバイザーも務める。仕事ができる優秀な女性で、周りにも親切に優しく振る舞っているが、実は嫉妬深く、人の不幸に喜びを感じる面がある。
村瀬 千尋(むらせ ちひろ)〈34〉
演 - 遊井亮子
ガラスギャラリーの店員。実家は啓翁桜の栽培農家。田舎の女性らしい、純粋で朗らかな性格の女性で、祐に対して密かに想いを寄せている。
橘 真人
演 - 東根作寿英
萌奈美の担当医師。
おばあさん
演 - 森康子

スタッフ[編集]

  • 企画 - 石丸彰彦
  • 原案 - 戸部真里香
  • 脚本 - 高橋麻紀
  • 演出 - 山室大輔吉田健
  • プロデューサー - 高橋正尚、韓哲
  • 製作著作 - TBS

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1月16日 命をかけた最後の愛 運命の出会いは残酷な死へと… 山室大輔 14.5%
第2話 1月23日 夫の裏切りと死の宣告 14.3%
第3話 1月30日 夫の復讐…暴かれた嘘 吉田健 12.6%
第4話 2月06日 全て捨てても、君を守る 12.3%
第5話 2月13日 もう会えないとしても… 山室大輔 12.5%
第6話 2月20日 二人きりの兄弟だから 韓哲 12.8%
第7話 2月27日 娘に遺す、最後の言葉 吉田健 14.6%
第8話 3月06日 命が尽きる、その時まで 山室大輔 13.2%
最終話 3月20日 今夜完結!! 春は必ず来る…
互いに支えあい冷たい冬を乗りこえてきた2人
-その愛が…そして見守る皆の思いがあふれ…
想い出の桜に“希望”という名の美しい花を咲かせる
山室大輔
吉田健
16.1%
平均視聴率 14.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初回は20分拡大して22:14まで放送し、最終回は69分拡大し2時間スペシャルで放送。
  2. ^ a b c 草彅剛主演、2011年冬に贈る珠珠の純愛ドラマ
  3. ^ 山下達郎のニューシングルはドラマ「冬のサクラ」主題歌!! EMTG MUSIC
  4. ^ 毎日新聞 東京夕刊 2011年1月28日
  5. ^ 「韓国女優のチェ・ジウが、草なぎ剛主演の新ドラマ『冬のサクラ』(毎週日曜・後9時 TBS系)に友情出演することが8日、わかった。チェ・ジウ が日本の連続ドラマに出演するのは2006年の主演ドラマ『輪舞曲-RONDO-』(同局系)以来、実に5年ぶり。出演の決め手は「草なぎさんが出演されるドラマだったので」と明かし“チョナン・カン”として親韓派で知られる草なぎとのドラマ初共演を心待ちにしていたようだ。」 引用 「チェ・ジウ、草なぎ主演作で5年ぶりの連ドラ出演」 『ORICON STYLE』 2011年1月9日
  6. ^ 「チェジウさんはこのドラマの内容に共感して下さり、日韓文化交流の先駆け的存在の草彅さんが主演であるからということで、ノーギャラで構わないから出演したいと自らおっしゃって下さり、忙しい合間を縫って撮影が実現しました。」 引用 冬のサクラ前線 Vol.3 『冬のサクラ』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
獣医ドリトル
(2010.10.17 - 2010.12.19)
冬のサクラ
(2011.1.16 - 2011.3.20)
JIN-仁- 完結編
(2011.4.17 - 2011.6.26)