神木隆之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かみき りゅうのすけ
神木 隆之介
生年月日 1993年5月19日(20歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
身長 167cm
血液型 B型[1]
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1995年[2] -
事務所 アミューズ
公式サイト アミューズによるプロフィール
主な作品
映画
お父さんのバックドロップ
妖怪大戦争
遠くの空に消えた
Little DJ〜小さな恋の物語
テレビドラマ
仮面ライダーアギト
義経
あいくるしい
11人もいる!
探偵学園Q
風のガーデン
高校生レストラン
家族ゲーム
声の出演
千と千尋の神隠し
ハウルの動く城
サマーウォーズ
借りぐらしのアリエッティ
かみき りゅうのすけ
神木 隆之介
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
生年月日 1993年5月19日(20歳)
血液型 B型
職業 俳優声優
事務所 アミューズ
活動
活動時期 2001年
デビュー作 千と千尋の神隠し
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ、1993年5月19日 - )は、日本俳優声優埼玉県富士見市[要出典]出身。アミューズ所属。

人物[編集]

出生当初は大病をして体が弱かった。助かる確率は1%だったらしいと本人は語る。生きている証を残したいと、2歳で母親が「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させたのが芸能界に入るきっかけである[3]。同年CMデビュー[4]、1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマデビューした[5]

2004年、映画『お父さんのバックドロップ』で、プロレスラーの父親と距離を置く息子役を演じた[5]。2005年、『妖怪大戦争』で主演、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した[4]

2006年7月1日放送の『探偵学園Q』でテレビ初主演[6]、同ドラマは2007年、連続ドラマ化された[7]

2008年、テレビドラマ『風のガーデン』で知的障害児役を演じる[4]

2009年には細田守監督の『サマーウォーズ』で声の出演をしている[4]

2010年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』ではろう者役の松雪泰子の息子役を演じ、手話とピアノの特訓を受けた[8]

2011年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』でモンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされた。10月から放送された『11人もいる!』で主演[9]

2012年4月7日、『劇場版 SPEC〜天〜』に出演、同年夏公開の『桐島、部活やめるってよ』では「ヘタレ」の高校生を演じる[10][11]

2012年、NHK大河ドラマ平清盛』で源義経を演じる。子役時代の2005年に大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じており、大河ドラマで作品を変えて、同じ人物の幼少期と成人期を演じたのは、1996年『秀吉』と2009年『天地人』で石田三成を演じた小栗旬以来2人目である。

声優としても活動し、ジブリ作品を始めとする多くのアニメ映画に出演。 『千と千尋の神隠し』から『借りぐらしのアリエッティ』まで4作品に声優として出演した。

俳優の本郷奏多とは親友で、お互いを「カナティ」、「リュウ」と呼び合っている[要出典]

趣味・特技など[編集]

  • 写真撮影。鉄道が好きで、鉄道を撮影するのが趣味だったが、そこから派生して写真撮影自体も好きになった。
  • フジテレビ開局50周年記念ドラマ『風のガーデン』出演時には、テクラ・バダジェフスカの曲「乙女の祈り」を数週間かけて練習し、ノーカットで撮影された。
  • ピアノ演奏のほか、ギター演奏も出来る。大ファンの福山雅治にもらったピックが宝物だという。高校では軽音部に所属。

受賞歴[編集]

  • 第14回日本映画批評家大賞 新人賞(南俊子賞) - 映画『お父さんのバックドロップ』。(2004年)
  • 第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞 - 映画『妖怪大戦争』。(2006年)
  • 第51回モンテカルロ・テレビ祭(世界四大映像祭) 「テレビ映画部門」男優賞 ノミネート(2011年)
  • 第51回モンテカルロ・テレビ祭(世界四大映像祭) 特別賞「AMADE/ユネスコ賞」- NHK『心の糸』(2011年)
  • 第4回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞 - 『桐島、部活やめるってよ』『劇場版 SPEC〜天〜』[12](2012年)
  • 第17回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・春ドラマ「助演男優賞」- 『家族ゲーム』(2013年)
  • 第77回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 「助演男優賞」- 『家族ゲーム』(2013年)
  • 第23回 TVLIFE年間ドラマ大賞2013 「助演男優賞」- 『家族ゲーム』(2014年)

出演作品[編集]

主演(準主演も含む)は太字で表記。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ・吹き替え[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ナレーション[編集]

ゲーム[編集]

ドラマCD[編集]

イベント[編集]

  • いかりや長介 野生のアフリカ大冒険〜8歳の親友と旅する16000km (2001年、テレビ東京
  • 自由が丘スイーツのテーマパーク一周年記念パーティー (2004年)- 神木がデザインしたケーキを期間限定販売。
  • 日テレプラザでハウルに会おう開会式 テープカット(2004年)
  • 愛知万博の閉会式 (2005年9月25日) - ゲスト
  • 第18回東京国際映画祭のセレモニーゲスト (2005年10月22日)
  • ランドセルをアフガニスタンの子供たちに送るプロジェクト『ランドセルは海を越えて2006』 (2006年)
  • Amuse presents THE GAME 〜Boy's Film Show〜(2009年)
  • Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2009 ♂男 da 男!!♂ (2009年)
  • SUPER ハンサム LIVE 2010(2010年)
  • SUPER ハンサム LIVE 2011(2011年)
  • SUPER ハンサム LIVE 2012(2012年)
  • SUPER ハンサム LIVE 2013(2013年12月予定)

書籍[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yahoo!人物名鑑 > 神木隆之介 公式プロフィール
  2. ^ 写真集 ぼくのぼうけん 厚地健太郎著(カバー表紙のプロフィールより)
  3. ^ 現役中学生子役の悩みとは? 神木隆之介、等身大の悩み”. シネマトゥデイ (2007年8月6日). 2012年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 神木隆之介インタビュー”. テレビドガッチ. 2012年4月7日閲覧。
  5. ^ a b 神木隆之介流、息子のおはなし。”. ほぼ日刊イトイ新聞. 2012年4月7日閲覧。
  6. ^ 黒田昭彦. “天才子役・神木隆之介、中学生になり初主演”. All About. 2012年4月7日閲覧。
  7. ^ 黒田昭彦. “人気のU15男優・女優そろい踏み”. All About. 2012年4月7日閲覧。
  8. ^ 美術に込められた思い 松雪泰子&神木隆之介「心の糸」”. NHK (2010年11月24日). 2012年4月7日閲覧。
  9. ^ 宮藤官九郎脚本&神木隆之介主演のホームドラマ「11人もいる!」が、テレビ朝日にて10月放送スタート”. シアターガイド (2011年9月7日). 2012年4月7日閲覧。
  10. ^ 小説すばる新人賞受賞作「桐島、部活やめるってよ」が、神木隆之介主演で映画化決定!”. シネマトリビューン. 2012年4月7日閲覧。
  11. ^ 『桐島、部活やめるってよ』がコミカライズ!神木隆之介&橋本愛出演の実写映画は今夏公開”. シネマトゥデイ (2012年4月5日). 2012年4月7日閲覧。
  12. ^ 第4回TAMA映画賞 - 第22回映画祭TAMA CINEMA FORUM、2012年、TAMA CINEMA FORUM、2012年10月15日。
  13. ^ ドラマW 1周年記念作品で、2004年3月14日にWOWOWで放送され同年6月19日には劇場公開された。
  14. ^ 『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』神木隆之介インタビュー

外部リンク[編集]