恋がしたい恋がしたい恋がしたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋がしたい恋がしたい恋がしたい』(こいがしたい こいがしたい こいがしたい)は、2001年7月8日 - 9月16日TBS系で日曜日21:00~21:54(東芝日曜劇場)に放送されていた日本テレビドラマ。 主演は渡部篤郎。略称は「恋恋恋」「恋×3」

ストーリー[編集]

孤独感を内に秘め「恋をしたい!」と心から願う、世代も職業もまったく違う男女7人の恋愛模様を描いている。

赤井涼介(渡部篤郎)は、結婚式前に婚約者が行方不明になってしまい、落ち込んでいた。牛丼屋に来ていた赤井は、牛丼を食べている永島蜜柑(菅野美穂)に、ある赤い靴を渡す。それを受け取った蜜柑は、それを運命的に感じて…。

主な登場人物[編集]

メインキャスト7人の氏名にはを構成する色の名前が入っており、また7人の名前(蜜柑は苗字)のイニシャルを並べるとRAINBOW(虹)となる。

  • 赤井涼介 - 渡部篤郎
    女子高校の教師。生徒からの印象は「説教くさい」。交際してきた女性とはことごとくフラレ続け、結婚式の寸前で相手に突然キャンセルされてしまう中、藍と蜜柑に出会う。
  • 羽田藍 - 水野美紀
    実業家の令嬢であるが、数年前に家を飛び出し昼はエステシャン、夜はホステスと働きづめの毎日。感情の起伏が激しい。紫村と交際していると本人は認識しているのだが、紫村との関係がギクシャクしていたときに涼介と出会い惹かれていく。
  • 永島蜜柑 - 菅野美穂
    ホテルの従業員。内気な性格であまり人と話そうとしない。ある日突然涼介に一目ぼれすると、涼介の住居を突き止め、合鍵まで入手してしまう。
  • 紫村一郎 - 及川光博
    恋愛小説のベストセラー作家で、なおかつテレビのバラエティ番組の司会を務めるタレントでもある。やたらと女性にもてるが、女性との関係において飽きっぽい性格でもある。そんな本人が手がけた作品には、ある重大な秘密があった。
  • 青島渉 - 山田孝之
    成績がよく、クラスでも真面目と評判の高校3年生。幼いころに両親が離婚し、母親はすぐに再婚。そんな母と継父と暮らしている。母にある種の嫌悪感を抱きつつ日々暮らしていく中、伝言ダイヤルである女性と知り合う。
  • 黄田織江 - 岡江久美子
    夫(雪夫)と2人の子供(夕雨子・正晴)のいる専業主婦。日々の家事に追われる単調な生活の中で、買い物の途中で渡されたティッシュの裏にあった伝言ダイヤルのチラシを見つけ、「航空会社の客室乗務員」と身分を偽って利用する。
  • 緑川文平 - 所ジョージ
    大手牛丼チェーン「すき家」のオーナー店長。誰にでも優しく接し、まじめに仕事に取り組んでいる。10年前に離婚して一人暮らし。一人息子に会えない寂しさを抑えつつ、いつかは自分の店(パン屋)を持つ夢を抱いている。
  • 黒木レイ子(涼介の婚約者) - 小雪
    涼介との結婚を5日前に控えて、親にも言えなかったファッションモデルになる夢をかなえるために、黙ってパリへと旅立つ。
  • 永島春江(蜜柑の母親) - 白川由美
    女でひとつで一人娘・蜜柑を育てあげる。何事にも気丈に振舞ってきたが、少しずつ病魔が忍び寄っていた。
  • 黒木源太郎(レイ子の) - 大林丈史
  • 黄田雪夫(織江の) - 矢島健一
  • 黄田夕雨子(織江の) - 猪俣ユキ
  • 黄田正晴(織江の息子) - 渋谷謙人
  • 青島則子(渉の) - 清水めぐみ
  • 紫村一郎の亡くなった親友の元恋人 - 洞口依子
  • 涼介の学級の生徒(夕雨子の同級生)たち - 三村恭代渡辺蘭ほか
  • 渉と夕雨子が補導された警察署刑事 - 武野功雄
  • 紫村の盗作ニュースを読み上げるキャスター - 秋沢淳子
補足

ストーリーや人物紹介については、東京放送(TBSテレビ)編成局宣伝部発行「ラブリー6(L 6 : LOVERY SIX)」第141号(2001 Summer Issue)での記事を、実際の放送内容にあわせて改変したもの。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

カーペンターズ(Carpenters)の未発表曲が採用され、これを機に最新のオリジナルアルバム『レインボウ・コネクション〜アズ・タイム・ゴーズ・バイ(As Time Goes By)』が2001年8月に日本独占発売された(2004年に世界発売)。7月に表題曲のシングルカットがMD配信(マルチメディアキヨスク)とマキシシングルで先行発売されている。1995年のTBSドラマ未成年で「青春の輝き」などが採用されたことから発売された日本独自のベスト盤も2001年の同時期に再発され、2年後の2003年には累計300万枚を突破した。

「レインボウ・コネクション(The Rainbow Connection)」 
カレンの残された音源を元にリチャードの手で1999年に作り出された楽曲であり、本作の主題歌で陽の目を見た。
「リーヴ・イエスタデイ・ビハインド(Leave Yesterday Behind)」(挿入歌)

視聴率[編集]

各話 放送日 演出 視聴率
第1話 2001年7月1日 片山修 21.9%
第2話 2001年7月8日 18.4%
第3話 2001年7月15日 吉田健 16.3%
第4話 2001年7月22日 18.8%
第5話 2001年7月29日 片山修 15.7%
第6話 2001年8月5日 15.3%
第7話 2001年8月12日 梶原紀尚 16.4%
第8話 2001年8月19日 吉田健 15.1%
第9話 2001年8月26日 片山修 15.4%
第10話 2001年9月2日 梶原紀尚 18.4%
最終話 2001年9月9日 片山修 18.7%
平均視聴率 17.5%

その他[編集]

  • この作品はハイビジョン撮影で製作されたものであるが、本放送当時は地上デジタル放送はまだ開始されていなかったため、標準画質およびサイドカット(画面の上下に黒い部分を出さないようにする)した状態で放送された。2008年10月にCSTBSチャンネルがハイビジョン放送を開始したことに伴い、同月中に初めてハイビジョン画質で放送された。ちなみに2011年3月1日4日にも約2年半ぶりに再放送された。
  • 7人の主要メンバーの氏名には、の7色が使われている。
  • 当作品の製作にあたってすき家(株式会社ゼンショー)の協力を得ている。ドラマで登場する店舗は、カウンター席に3~4つのテーブル座席があり、比較的広め。
  • 涼介の愛車はルノールーテシアである。
  • 菅野美穂山田孝之ちゅらさんでも共演している。このほかにも当作品で共演した俳優陣が、後日別の作品で再共演を果たすことが多い。

関連項目[編集]

  • 未成年 (テレビドラマ) - カーペンターズの楽曲が採用され、日本においてカーペンターズの再興ブームを引き起こした。


TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
恋がしたい恋がしたい恋がしたい