佐藤健 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さとう たける
佐藤 健
本名 佐藤 健
生年月日 1989年3月21日(25歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県岩槻市
(現・さいたま市岩槻区
身長 170 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年、デビュー作:『プリンセス・プリンセスD
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダー電王』(2007年)
ROOKIES』(2008年)
龍馬伝』(2010年)
Q10(キュート)』(2010年)
映画
『仮面ライダー電王』シリーズ(2007年、他)
ROOKIES -卒業-』(2009年)
BECK』(2010年)
るろうに剣心』(2012年)

佐藤 健(さとう たける、1989年3月21日 - )は、日本俳優埼玉県岩槻市(現・さいたま市岩槻区)出身。アミューズ所属。

来歴[編集]

高校生の時に原宿でスカウトされて芸能界入り。2006年、テレビドラマ『プリンセス・プリンセスD』の準主役・河野亨役で俳優デビュー。[2] 身長は172cm,体重は57kg 2007年1月より、平成仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』の野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声)役で連続テレビドラマ初主演。また、同作の劇場版『仮面ライダー電王 俺、誕生!』(同年8月公開)で映画初出演・初主演。

2009年、「ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞」を受賞。

2010年、時代劇初挑戦となったNHK大河ドラマ龍馬伝』では岡田以蔵役を演じた。同年2月17日、同じアミューズに所属し『ブラッディ・マンデイ』で共演した三浦春馬との共同企画作品であるDVD「HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜」を発売。本作は初週売上が12,000枚となり、同年3月1日付のオリコンDVDランキングで総合5位を獲得、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高を記録した。これにより佐藤は2008年2月25日付の同部門で、単独作「My Color」(初週売上4,000枚)により獲得していた当時の最高記録13位を更新した。同年10月より、土曜ドラマQ10(キュート)』の深井平太役で主演。一部では「連続ドラマ初主演」と報道された[3][4]が、実際には『仮面ライダー電王』に続き2作品目であり、「ゴールデンタイム放送の連続ドラマ」での初主演が本作となる。

2011年、「エランドール賞 新人賞」を受賞。

2012年4月、舞台 『ロミオ&ジュリエット』にロミオ役で出演。同年8月、主演映画『るろうに剣心』が公開。

2013年4月、日本俳優連合が主催した「第1回ジャパンアクションアワード」にてベストアクション男優部門で最優秀賞受賞。

人物[編集]

  • 特技はブレイクダンス[1]。ブレイクダンスは自身が主演をつとめた『仮面ライダー電王』で踊っているシーンがある[5]
  • 学生時代について聞かれると「ネクラで目立たない高校生でした。ずっとダンスやっていたんで、学校終わったらダンスに行く生活でした」と話しており、大人しい学生だった。[6]
  • 2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療[7]。現在は治癒している。
  • 小学生から中学校3年生まで野球をやっており、ポジションはセンターレフトだった[8]
  • 2008年当時、2匹の猫を飼っており、名前は「こちろー」と「ぷちろー」。2匹は旧オフィシャルブログ『WITH』[注釈 1]で画像とともに紹介されることがあった[9]
  • 漫画原作のドラマ『ROOKIES』で岡田優也役を演じるにあたり、原作の設定にあわせて髪型をドレッドヘアにして[10]無理にでも髪型は変えるなど、与えられた役柄に挑むためには自分のイメージをどんどん変えていくことも厭わない。「何色にでもすぐになれる状態が理想」と自身を分析している。[11]
  • 桜田通[12]などアミューズ所属の若手俳優と仲が良い。
  • 好きなアーティストMr.Children[13]ONE OK ROCK椎名林檎。ONE OK ROCKのボーカルTakaとは事務所が同じということもあり、非常に仲がいい。
  • 出演映画『BECK』で、その曲に出会ったイギリスのロックバンドOasis」のファンとなり、彼らの日本最終ライブとなったフジロックフェスティバル'09も観覧、これらを契機として2010年、Oasis最後のアルバム『タイム・フライズ…1994-2009』の日本版CMに起用された[14]
  • 視力が悪い為、普段は、眼鏡をかけているが、仕事の時は、コンタクトレンズを使用している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ作品[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

プロモーション・ビデオ[編集]

  • Bahashishi
    • 「オアシス」(2007年)
    • 「約束」(2007年)
    • 「キセキ」(2008年)

ラジオ[編集]

  • 佐藤健のオールナイトニッポンGOLD(2012年8月17日、ニッポン放送
  • 佐藤健のオールナイトニッポンGOLD〜映画『カノ嘘』SP(2013年12月20日、ニッポン放送)[26]

作品[編集]

CD[編集]

  • プリンセス・プリンセスD キャラクターソングシリーズ
    • Vol.1「Treasure」(歌:豊実琴(鎌苅健太)・四方谷裕史郎(藤田玲)・河野亨(佐藤健))
    • Vol.5「YES!」(歌:河野亨(佐藤健))
  • Double-Action(歌:野上良太郎&モモタロス(佐藤健&関俊彦))
  • Perfect-Action -Double-Action Complete Collection-
    • 「Double-Action」(歌:野上良太郎&モモタロス(佐藤健&関俊彦))
    • 「Double-Action Rod form」(歌:野上良太郎&ウラタロス(佐藤健&遊佐浩二))
    • 「Double-Action Ax form」(歌:野上良太郎&キンタロス(佐藤健&てらそままさき))
    • 「Double-Action Gun form」(歌:野上良太郎&リュウタロス(佐藤健&鈴村健一))
  • Real-Action(歌:野上良太郎(佐藤健))
  • Double-Action Wing form(歌:野上良太郎&ジーク(佐藤健&三木眞一郎))

DVD[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

その他[編集]

  • CDフォトブック「Pre-go 〜ZERO〜」(2007年、アミューズ
  • ブログ本「400DAYS[注釈 4]」(2008年7月、ワニブックス)ISBN 978-4-84-701791-9
  • TAKERU MAGAZINE(アミューズ)
    • VOL.1(2008年7月)
    • VOL.2(2008年10月)
    • VOL.3(2009年1月)
    • Last(2009年3月)
  • TAKERU MAGAZINE PLUS(アミューズ)
    • Vol.1(2009年12月)
    • Vol.2(2010年3月)
    • Vol.3(2010年8月)
    • Vol.4(2010年12月)
    • LAST(2011年4月)
  • TAKERU SATOH PROFILE 2007-2010 "So Far So Good!"(2010年10月、主婦と生活社ISBN 978-4-39-113965-5
  • 6 1 / 2 〜2007-2013佐藤健の6年半〜 - 「週刊TVガイド」連載のコラム「タケルモード」に箭内道彦によるディレクションで新たに撮り下ろしたグラビアとインタビューを追加。[11]
    • vol.1 さくらんぼ(2013年11月29日)
    • vol.2 ロックバラード(2013年12月6日)
    • vol.3 風(2013年12月13日)

雑誌連載[編集]

受賞歴[編集]

  • 「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」助演男優賞(2009年)
  • 「BLOG of the year 2009」男性タレント・俳優部門(2009年)
  • 「エランドール賞」新人賞(2011年)
  • 「ジャパンアクションアワード」ベストアクション男優部門 最優秀賞(2013年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年3月1日から2011年6月30日までアメブロで展開、現在は閉鎖。
  2. ^ ドラマ版『ROOKIES』 / 映画版『ROOKIES -卒業-』とのコラボレーションCM。
  3. ^ a b c 映画版『ROOKIES -卒業-』とのコラボCM。
  4. ^ 2007年1月28日から2008年3月1日までヤプログで展開されていたオフィシャルブログ「佐藤健ブログ始めさせていただきます。弱くてごめんね」の書籍化作品だが、中村優一など一部の人物画像は所属事務所の都合により掲載当時の状態から修正されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 佐藤 健”. アミューズ. 2013年8月28日閲覧。
  2. ^ “【佐藤健】平成生まれも態度で示す“昭和の男” 美学は「自己アピールしない」”. zakzak. (2013年5月31日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130531/peo1305310709000-n1.htm 2013年11月7日閲覧。 
  3. ^ “佐藤健、日テレ系「Q10」で連ドラ初主演”. SANSPO.COM. (2010年8月9日). オリジナル2010年8月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100816154912/http://www.sanspo.com/geino/news/100809/gnj1008090504010-n1.htm 2013年8月15日閲覧。 
  4. ^ a b “佐藤健 連ドラ初主演!…10月スタート 日テレ系「Q10」”. スポーツ報知. (2010年8月9日). オリジナル2010年8月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100811194309/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/tv/news/20100809-OHT1T00056.htm 2013年8月15日閲覧。 
  5. ^ 東映:仮面ライダー電王公式サイト. “「奇跡のリュウタロス ・ ダンサーズ誕生秘話」”. 2007年4月22日閲覧。
  6. ^ INLIFE 男の履歴書 佐藤健
  7. ^ 日刊スポーツ新聞社. “「最弱ライダー」佐藤健、肺気胸で療養”. 2007年11月4日閲覧。
  8. ^ 月刊4B[フォー・ビー] 2009年5月号「特集 ルーキーズ伝説、再び!」”. 2009年5月1日閲覧。
  9. ^ 旧オフィシャルブログ『WITH』(2008年10月27日・28日掲載分)より。
  10. ^ 東映:仮面ライダー電王公式サイト. “「初日舞台挨拶ミニレポ」”. 2008年4月25日閲覧。
  11. ^ a b c 中村好伸 (2013年11月25日). “佐藤健、「仮面ライダー」から6年半…俳優人生を振り返る”. シネマトゥデイ. 2013年12月11日閲覧。
  12. ^ 『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』コレクターズパックDVD収録インタビューより。
  13. ^ a b Mr.Children、映画『リアル〜完全なる首長(くびなが)竜(りゅう)の日〜」』主題歌が新曲「REM」に決定”. BARKS (2012年3月14日). 2013年8月15日閲覧。
  14. ^ BARKS. “オアシス『タイム・フライズ…1994-2009』TV-CMに、佐藤健出演”. 2010年6月4日閲覧。
  15. ^ 佐藤健インタビュー”. テレビドガッチ. 2013年8月15日閲覧。
  16. ^ 中村好伸 (2013年11月20日). “佐藤健、本格ラブストーリー初挑戦に「すごく恥ずかしかった」”. シネマトゥデイ. 2013年12月11日閲覧。
  17. ^ “佐藤健 NHK初ドキュメント「素の姿ばかり」”. ORICON STYLE. (2012年2月9日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2006757/full/ 2012年4月2日閲覧。 
  18. ^ 佐藤健、ロミオ役でロマンティックに感化 初主演舞台で「魔法かける」”. ORICON STYLE (2012年4月29日). 2013年8月15日閲覧。
  19. ^ 佐藤健、まんとくんと新フィッツダンス「かわいすぎてずるい」”. 日テレNEWS24 (2009年9月24日). 2013年8月15日閲覧。
  20. ^ 佐藤健が66回踊り続けた、渾身のFit’sダンスを披露”. チケットぴあ (2012年8月15日). 2013年8月16日閲覧。
  21. ^ 佐藤健&佐々木希、「Fit's」新作CMで“裏切り”表現  恒例“なりきりシリーズ”で渡辺直美は高層ビルに”. TVfanWeb (2013年11月27日). 2013年12月11日閲覧。
  22. ^ 佐藤健「カフカくん、かわいいんです」“泣きやみ動画”のカフカくんと初共演”. TVfanWeb (2013年10月15日). 2013年11月6日閲覧。
  23. ^ サントリーCMでマッチ、矢沢、教授ら71名がマイクリレー”. ナタリー (2011年4月7日). 2013年11月7日閲覧。
  24. ^ ゆうちょ家族誕生!佐藤健が鶴瓶ヘアーに変身!!”. Webザテレビジョン (2010年8月10日). 2013年8月15日閲覧。
  25. ^ 綾瀬はるか&佐藤健、先輩・後輩役で爽やかにCM出演”. ORICON STYLE (2010年11月30日). 2013年11月6日閲覧。
  26. ^ “佐藤健、オールナイトニッポンで2度目のパーソナリティー”. SANSPO.COM. (2013年12月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131204/oth13120405020010-n1.html 2013年12月11日閲覧。 

外部リンク[編集]