吉田メタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉田メタル(本名:吉田 貴哉[1]1971年11月1日 - )は、石川県出身の劇団☆新感線所属の俳優。またヴィジュアル系ロックバンドニンジャマンジャパンのベーシストでもある。 身長185cm、体重75kg。血液型B型。

人物・来歴[編集]

1992年に劇団☆新感線へ入団し、舞台『ゴローにおまかせ』で俳優としてデビューした[2]。舞台中心で活動していた時は痩せ型で金髪長髪という出で立ちであったが、その後体を鍛え髪型もスキンヘッドにしている[2][3]

おかまゲイの役が多い[2][3]。友人や知人にもニューハーフや同性愛者が多く、安易に茶化すような演技はしないよう心がけている[3][4]

2007年4月15日、女優の岩崎ひろみと結婚した。後に岩崎ひろみの妊娠が発表された。ミュージカル『ピーターパン』での共演が交際のきっかけであると報道されている。

父親が暴力的な人物であった反動から家族を守るヒーローを志している[2]。また挨拶を交わすことや謝罪をきちんと述べることなどを重視しており、他者でも叱ることができる「近所のうるさいおじさん」になりたいとも述べている[2]。痩せていた頃は自分に自信が持てずにいたが、先輩俳優から積み重ねが自信につながることを教えられ、ヒーローへの憧れも相まって身体を鍛えるようになった[2]。40代の時点でもプロレスラーになりたいという願望も持っている[2]

出演作品[編集]

劇団☆新感線[編集]

  • 『髑髏城の七人』 2011年(右足骨折のため8月16日より休演)
  • 2010年劇団☆新感線30周年興行【冬】劇団☆新感線2010年冬休みチャンピオンまつり『鋼鉄番長』 2010年
  • 2010年劇団☆新感線30周年興行【春】新感線RX『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』 2010年
  • 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』 2009年
  • 『五右衛門ロック』 2008年
  • 劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り『犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート』 2007年
  • 新感線☆NEXUS vol.2 『Cat in the Red Boots』 2006年
  • SHINKANSEN☆RS 『メタル マクベス』 2006年
  • 『吉原御免状』2005年
  • 『髑髏城の七人』アカドクロ 2004年
  • 『レッツゴー!忍法帖』2003年
  • 『七芒星』2002年
  • アテルイ』2002年
  • 『ドラゴンロック3』2001年
  • 大江戸ロケット』2001年
  • 『野獣郎見参』2001年
  • 『いんど屋敷』2000年
  • 『阿修羅城の瞳』2000年
  • 『LOST SEVEN』1999年
  • 『Vampire』1998年
  • 『SUSANOH〜魔性の剣』1998年
  • 『髑髏城の七人』1997年
  • 『野獣郎見参』1996年
  • 『星の忍者』1995年
2003年以降は[5]、2002年以前は[1]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • プレミアムバンダイ限定 サウンドロックシードシリーズ「カプセルロックシード 凰蓮&鎧武・闇セット」ドングリロックシード(凰蓮ボイスVer.)(2014年、バンダイ) - 凰蓮・ピエール・アルフォンゾ(声) 役

脚注[編集]

  1. ^ a b Hide's room 劇団☆でんすけ代表、ひでりん♪のページ
  2. ^ a b c d e f g 鎧武ザ・ガイド 2014, pp. 30-33, 「Interviews I 吉田メタル as 凰蓮・ピエール・アルフォンゾ/仮面ライダーブラーボ」
  3. ^ a b c 鎧武COMPLETE TRACKS 2014, p. 39, 「吉田メタルインタビュー(初出ハイパーホビー2014年2月号)」
  4. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 47-49, 「ARMORED RIDER COLLECTION_08 仮面ライダーブラーボ/凰蓮・ピエール・アルフォンゾ Interview with 吉田メタル」.
  5. ^ STAGE GUIDE | 劇団☆新感線 Official web site
  6. ^ 妻の岩崎ひろみと共演。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]