劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劇場版 仮面ライダーウィザード
in Magic Land
監督 中澤祥次郎
脚本 香村純子
原作 石ノ森章太郎
出演者 白石隼也
奥仲麻琴
永瀬匡
戸塚純貴
高山侑子
忍成修吾
小倉久寛
陣内孝則
音楽 中川幸太郎
主題歌 RIDER CHIPS
The Finale Of The Finale
配給 東映
公開 2013年8月3日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.3億円[1]
前作 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(シリーズ前作)
次作 仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦
劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!(シリーズ次作)
テンプレートを表示

劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』(げきじょうばん かめんライダーウィザード イン マジックランド)は、2013年8月3日より東映系で公開された、特撮テレビドラマシリーズ『仮面ライダーシリーズ』の『仮面ライダーウィザード』の劇場版作品。

劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』と同時上映。キャッチコピーは「金色の魔法使い・仮面ライダーソーサラー降臨」、「魔法に支配された世界-絶体絶命の危機に『最後の魔法』が炸裂する!!」。

概要[編集]

『仮面ライダーウィザード』の初の単独劇場版作品。従来の劇場版と同様に、劇場版限定・初登場ライダー(仮面ライダーソーサラー)・主役ライダーの最強フォームの強化形態(ウィザード インフィニティードラゴン)が登場する。

ゲストとして当時54歳の陣内孝則が仮面ライダーソーサラー役で出演し、『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』の牙王 / 仮面ライダーガオウ役の渡辺裕之(当時51歳)以来6年ぶりに「史上最年長ライダー」としての記録を更新した[2][注 1]

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』以降の夏の劇場版作品ではTVシリーズ次回作の仮面ライダーの先行登場が恒例となっていたが、『仮面ライダー鎧武/ガイム』の鎧武は本作品には登場せず、先行登場は『ウィザード』のTVシリーズ第52話と最終話(第53話)に持ち越される形となった。ただし、本編終了後の『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』の特報には登場しており、パンフレットにも設定などのデータが記載されている。

評価[編集]

丸の内TOEI1他全国303スクリーンで公開され、2013年8月3日・4日の2日間で興収2億5180万750円・動員21万5560人を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位を獲得した[3]

ストーリー[編集]

ある夜、「金色の魔法使い」にコヨミが誘拐された。コヨミを追ってきた操真晴人の前で「金色の魔法使い」はコヨミの魔力と自分のクリエイトウィザードリングの魔力を使い、虹色に輝く光の竜巻を発生させる。その竜巻に巻き込まれた晴人はコヨミと手をつないだ瞬間、意識を失ってしまう。

そして夜が明け、晴人とコヨミが目覚めるとそこは別世界。いつもの風景なのに周りの人々は皆、魔法を使って暮らしていた。世界は虹色の竜巻によって「魔法使いの国」に変えられてしまっていたのだ。「魔法使いの国」では全ての住人が魔法使いであり、ホウキで空を飛んだり、使い魔をペットとして扱う事が当たり前。さらにお金の代わりに魔力で売買を行う「魔力流通システム」が社会の根幹となっていた。そんな不思議な世界で晴人とコヨミは、協力者である奈良瞬平や大門凛子、さらには仁藤攻介と出会うが、この世界に元々いた住人となっていた彼らは二人の事を全く知らない様子。輪島繁の「面影堂」も魔法の指輪を扱うショップに様変わりしていた。

その「面影堂」では、かつて虹色の竜巻で母親と離れ離れになったシイナという少年が働いていた。ある夜、シイナは偶然にも「金色の魔法使い」が虹色の竜巻を使って人々を攫う姿を目撃し、「金色の魔法使い」の正体が国を治めるマヤ大王ではないかと考えていた。シイナの言葉を信じる晴人は仁藤と共にマヤ大王のいるエメラルド城に潜入し、「魔力流通システム」の秘密とそれを利用したマヤ大王の恐るべき計画を知るのだった。しかし、晴人はマヤ大王によって異世界からの侵略者として指名手配されてしまう。

果たして、晴人は「金色の魔法使い」=仮面ライダーソーサラーを倒し、元の世界を取り戻せるのか?

登場人物[編集]

操真 晴人(そうま はると) / 仮面ライダーウィザード
ファントムと戦う指輪の魔法使い=仮面ライダーウィザード。改変前の世界の住人として魔法使いの国に迷い込む。
コヨミ
晴人のパートナー。オーマに誘拐され、彼が行う世界改変の儀式に利用されてしまう。晴人と同じく「魔法使いの国」に迷い込んだ、改変前の世界の住人。
奈良 瞬平(なら しゅんぺい) / 仮面ライダーメイジ、大門 凛子(だいもん りんこ) / 仮面ライダーメイジ
晴人の協力者。世界の改変により「魔法使いの国」の一般住人となっており、晴人との面識は失われている。しかし性格は元と変わらず、窮地に追い込まれた晴人とコヨミを信じて助けた。
仁藤 攻介(にとう こうすけ) / 仮面ライダービースト
古の魔法使い=仮面ライダービーストで自称晴人のライバル。彼もまた「魔法使いの国」の住人となっている。国内では古代魔法学の権威として名が広く知られているが、「魔力流通システム」に頼らず自給自足の生活をしているため、周囲からは変わり者と思われている。ここではビーストドライバーも仁藤の自作物となっており、ファントムの魔力を喰らう必要もない。マヨネーズ好きは変わらないが、魔法使いの国ではマヨネーズが川を泳いでいるため、夜釣りを日課としている。
輪島 繁(わじま しげる) / 仮面ライダーメイジ
骨董品店「面影堂」店主。宝石職人にして晴人の協力者。魔法使いの国での「面影堂」はウィザードリングの販売店となっている。
ミサ / メデューサ、ユウゴ / フェニックス、ソラ / グレムリン
それぞれファントムのメデューサ、フェニックス、グレムリン。「魔法使いの国」では魔法使いになった一般人を無差別に襲っている。ユウゴは改変前の世界では晴人との戦いに敗れ、太陽に葬られている。
シイナ / 仮面ライダーメイジ
晴人とコヨミが「魔法使いの国」の「面影堂」で出会った少年。虹色の竜巻によって母親が行方不明になり、「面影堂」で働いている。
マヤ大王
「魔法使いの国」を治める大王。エメラルド城を居城とし、国民から幅広い支持を得ている。
実は生まれつき魔力を持たない人間であり、その事実を隠し続けていた。いつまでも秘密を隠していることに嫌気が差した上に自分を受け止めてくれる者がいないことから、タナトスの器で魔法使いを全滅させようとする。
オーマ大臣 / 仮面ライダーソーサラー
「魔法使いの国」の大臣でマヤ大王の側近だが、その正体はファントム・ドレイクにして「金色の魔法使い」=仮面ライダーソーサラー。
世界を「魔法使いの国」に変えた後、表向きでは大臣として活動していた。タナトスの器で魔法使い全員からファントムを生み出させ、ファントムが独占する世界を完成させようとする。

登場仮面ライダー[編集]

ここでは、本作品オリジナルライダー・フォームについて記述する。

仮面ライダーウィザード インフィニティードラゴン[編集]

  • 身長:202cm
  • 体重:116kg
  • パンチ力:測定無し
  • キック力:30t
  • ジャンプ力:ひと跳び45m
  • 走力:100mを4.2秒

フィニッシュストライクウィザードリングをウィザードライバーにかざす事で変身するインフィニティースタイルにウィザードラゴンの能力を宿したインフィニティースタイルの強化形態。

インフィニティースタイルにウィザードラゴンの全能力が融合し、オールドラゴンと同様にインフィニティースタイルの全身にそれぞれドラゴテイル・ドラゴウィング・ドラゴヘルクローが常に具現化している。

ウィザードラゴンの全能力が融合した事でアックスカリバーは使用できなくなったが、オールドラゴンやインフィニティースタイルを上回る戦闘スペックを誇り、インフィニティースタイルとも互角に戦ったソーサラーを圧倒する程の戦闘能力を発揮する。

必殺技は右脚にドラゴスカルを具現化してドラゴウィングで飛翔しながら跳び蹴りを叩き込み、ドリルキックで敵を貫く「インフィニティーエンド[4]」。

TVシリーズにおける最強フォームと合体フォームを合わせた形態はてれびくん特典DVD『仮面ライダーキバ アドベンチャーバトルDVD 〜キミもキバになろう〜』に登場した仮面ライダーキバドガバキエンペラーフォームと同様である。

また、夏の劇場版にて初登場したフォームでは珍しく商品化がされていない。

仮面ライダーメイジ[編集]

それぞれ市民・近衛兵・近衛隊長の順で記述する。

  • 身長:195cm(共通)
  • 体重:80kg(共通)
  • パンチ力:推測値2t(市民)・測定無し(近衛兵・近衛隊長)
  • キック力:3.2t(市民)・5.8t(近衛兵)・6.2t(近衛隊長)
  • ジャンプ力:ひと跳び12m(市民)・20m(近衛兵)・25m(近衛隊長)
  • 走力:100mを7秒(市民)・5.8秒(近衛兵)・5.5秒(近衛隊長)

変身ベルト・メイジウィザードリングを使用して変身する仮面ライダー。魔法使いの国の住人が変身者で瞬平・凛子・ドーナツ屋の店員達も変身する。TVシリーズ第40話からは、稲森真由が変身する形で先行登場している。

不特定多数が変身し、市民・近衛兵といった階級によって若干外見・性能に違いがある。近衛兵タイプは右肩にマント・グレイドケープを着用し、色は隊員の物は黄色く隊長の物は赤い。

指輪と一体化した左手の巨大な爪・スクラッチネイル、一般人も移動手段として使用する槍・魔法の箒が合わさったライドスクレイパーを武器とし、コモンウィザードリングを使用して様々な魔法を発動する。

ツール
メイジのベルト
白い魔法使いドライバーと同型の変身ベルトで音声コールも同様だが、詳細は不明。
ウィザードリング
基本的な外観はウィザードの物と類似している。
メイジが使用するリング一覧
名称 分類 効果
メイジ 変身リング メイジに変身する。
ドライバーオン 魔法リング 変身ベルトを本来の姿に変化させる。
コモン 様々な魔法を発動する。
スクラッチネイル
左腕に生成される、指輪と一体化したクロー型武器。ネイルその物が魔力によって形成されたクリスタル製であり、ファントムに対して高い破壊力を発揮する。
ライドスクレイパー
槍と魔法の箒が合わさった武器。移動手段の他、槍として使用する事が可能。
必殺技
ライダーキック(正式呼称不明)
凜子が変身したメイジが使用。コモンウィザードリングでキックストライクを発動し、跳び蹴りを叩き込んだ後に跳び回し蹴りで追撃する。  

仮面ライダーソーサラー[編集]

  • 身長:210cm
  • 体重:90kg
  • パンチ力:推測値8t
  • キック力:10.5t
  • ジャンプ力:ひと跳び28m
  • 走力:100mを5秒

オーマ大臣が変身ベルト・ソーサラーウィザードリングを使用して変身する仮面ライダー。基本カラーは金色。劇中では「金色の魔法使い」と呼ばれる。

戦闘スペックは特別高いわけではないが、戦闘能力は極めて高く、各種スタイルのウィザード・ビーストを同時に圧倒し、ウィザード インフィニティースタイルと互角に渡り合う程である。長大な斧・ディースハルバードを武器とし、ウィザードの魔法よりも質の高いあらゆる魔法をコモンウィザードリングを使用して発動する。稲妻・竜巻などの強力な魔法に加え、ディースハルバードを使用する中距離での格闘戦を得意とする。

ツール
ソーサラーのベルト
白い魔法使いドライバー・メイジのベルトと同型の変身ベルトで音声コールも同様だが、詳細は不明。
ウィザードリング
ドライバーオンを除くと、魔宝石は黒を基調とし、リングの縁が金色になっている。
ソーサラーが使用するリング一覧
名称 分類 効果
ソーサラー 変身リング ソーサラーに変身する。
ドライバーオン 魔法リング 変身ベルトを本来の姿に変化させる。
コモン 様々な魔法を発動する。
クリエイト 世界を思い通りに作り変える。
ファイナルストライク ストライクソーサラー」を発動する。
コモンウィザードリングで使用する魔法一覧
名称 効果
コネクト 空間を繋げてディースハルバードを取り寄せる。
リフレクト 敵の攻撃を反射する魔法陣を生み出す。
デュープ 自身の分身体を生成する。
トルネード 虹色の竜巻を発生させる。
ヒート 全身から強力な熱を放ち攻撃する。
ライトニング 凄まじい雷撃を放つ。
ブラスト 凄まじい衝撃波を放ち攻撃する。
エクスプロージョン 小さな亜空間に圧縮した魔力で強力な爆発を起こす。
バニッシュストライク 大爆発を起こす魔法の球体を放つ。
ディースハルバード
魔力を増幅する魔宝石・エクセルシャードが埋め込まれた長大な斧。リーチはウィザードのウィザーソードガン・アックスカリバー、ビーストのダイスサーベルを上回る。
刀身部・レイブレードに流れる魔力によって、敵の防御を無視する事が可能。
必殺技
ストライクソーサラー[5]
ファイナルストライクウィザードリングを使用して発動する。左脚に魔力を集中して跳び蹴りを叩き込む。

戦力[編集]

フラワーウィザードリング
シイナが母親のために制作したウィザードリング。花を咲かせたり、無数の花弁を舞い散らせて幻想的な空間を作り出す。
フィニッシュストライクウィザードリング
ウィザードをインフィニティードラゴンに変身させるウィザードリング。ウィザードが使う通常のリングと異なり、ソーサラーの使うリングと同様に金色を基調としている。リング自体の出所は不明。TVシリーズの後日談である『鎧武&ウィザード』にも登場し、ウィザードをインフィニティードラゴンゴールドに変身させた。

登場ファントム[編集]

ここでは、本作品のオリジナルファントムについて記述する。

ケプリ
魔法使いの国に現れたファントム。自身の数倍の重さを持ち上げる怪力と硬質な外骨格で覆われた強固な肉体を併せ持つ。
グールとともに町を襲い、凛子たちが変身したメイジと戦いを繰り広げる。
名の由来は、エジプト神話における太陽神ラーの形態の一つであり、日の出を表す「ケプリ」。
ウロボロス
シイナのアンダーワールドに現れた龍型の巨大ファントム。
全身は強力な筋肉と堅い鱗に覆われており、鋭い爪や牙、尻尾などを武器とする。尻尾の部分はもう一つの頭部であり、後方の死角からの攻撃にも反応することができる。素早く空を飛びまわるため、その動きを捉えることは非常に難しい。
ドレイク
オーマ大臣の正体であるドライバーを装備したファントム。
大きく発達した何枚もの鱗が全身を覆い、鎧のように変化した肉体を持つ。腰に下げた剣・タイラントをメインの武器とする。
名の由来は、ケルト人(古代北西ヨーロッパ人)やチュートン人(古代デンマーク人)の伝承に登場するドラゴン(もしくは)の一種である「ドレイク」。

用語[編集]

魔法使いの国(マジックランド)
エネルギーも流通も全てが魔法によって動いている世界。住人全てが魔法使いであり、自動車やバイクの代わりに人々は魔法のホウキで空を飛んで移動し、携帯電話の代わりに魔法で通話したり、バドミントンのように魔力を打ち合って遊ぶ親子の姿が見られるなど、魔法が社会と文明の基本になっている。ファントムが出現した際は一般人も仮面ライダーメイジに変身して対抗する光景も珍しくない。
魔力流通システム
売買の際に通貨の代わりとして、魔力を支払うシステム。電子マネー認識装置のような機械に指輪をかざすことで支払いが完了し、その魔力はエメラルド城に密かに集められている。 
エメラルド城
マヤ大王の居城で東京スカイツリーらしき塔の頂上に建設されている。謁見の間には近衛兵が控えており厳粛な雰囲気だが、劇中では凛子やシイナのような一般人すらも、願い出ればマヤ大王に謁見・直訴することが可能であり、それが大王の人望につながっている様子。
タナトスの器
エメラルド城の地下に隠された、人間の骨で作られた魔力蓄積装置。「魔力流通システム」によって国民から集められた魔力はこの装置に蓄積されている。
蓄積された魔力を逆流させると膨大な魔力が全ての魔法使いに流れ込み、その際のショックで死に至らせるといわれている。しかし、実際はゲートが絶望した時と同じ現象(=ファントム誕生の前兆)を発生させるものだった。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

The Finale Of The Finale
歌 - RIDER CHIPS / 作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 野村義男 / 編曲 - RIDER CHIPS

劇中歌[編集]

「Rollercoaster days」
歌 - KAMEN RIDER GIRLS / 作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - AYANO / 編曲 - AYANO

他媒体展開[編集]

ネットムービー[編集]

ネット版 仮面ライダーウィザード イン マジか!?ランド』(ネットばん かめんライダーウィザード イン マジか!?ランド)は2013年7月12日より東映特撮BBやテレ朝動画などで配信されたスピンオフネットムービー。

キャスト(ネット版)[編集]

  • 操真晴人 - 白石隼也
  • コヨミ - 奥仲麻琴
  • 仁藤攻介 - 永瀬匡
  • 奈良瞬平 / 仮面ライダーメイジ(声) - 戸塚純貴
  • 大門凜子 - 高山侑子
  • ドーナツ屋店員 - 田谷野亮
  • ミサ(稲森美紗)、稲森真由 - 中山絵梨奈(二役)
  • ソラ(滝川空) - 前山剛久
  • ユウゴ(藤田雄吾) - 篤海

声の出演(ネット版)[編集]

スタッフ(ネット版)[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 配信日
1 仮面ライダー刑事(デカ) 第1話
晴人、配属(とまど)う
2013年
7月12日
2 仮面ライダー刑事(デカ) 第2話
ストさん、取調(はかせ)る
3 仮面ライダー刑事(デカ) 第3話
ブイさん、張込(おいつづけ)る
4 仮面ライダーメイジ 第1話
俺が主役だ!奈良瞬平!!
5 仮面ライダーをさがせ!その1
ウィザードはどこだ
6 コヨミの部屋・プレミアムその1
相談者・仁藤攻介
7 仮面ライダー刑事(デカ) 第4話
マンさん、爆弾(ばら)す(前編)
2013年
7月19日
8 仮面ライダー刑事(デカ) 第5話
マンさん、殉職(い)く(後編)
9 仮面ライダーメイジ 第2話
倒すぞ!ファントム!!
10 仮面ライダーメイジ 第3話
守るぞ!ゲート!!
11 仮面ライダーをさがせ!その2
ビーストはどこだ
12 コヨミの部屋・プレミアムその2
相談者・ユウゴ
13 仮面ライダー刑事(デカ) 第6話
アマさん、電話(とりつ)ぐ
2013年
7月26日
14 仮面ライダー刑事(デカ) 第7話
大門&マヨ、迷宮(しらべ)る(前編)
15 仮面ライダー刑事(デカ) 第8話
大門&マヨ、真相(あきれ)る(後編)
16 仮面ライダーメイジ 第4話
上げるぞ!売上!!
17 仮面ライダーをさがせ!その4
白い魔法使いはどこだ
18 コヨミの部屋・プレミアムその3
相談者・稲森真由
19 仮面ライダー刑事(デカ) 第9話
ボス、誘拐(とらわれ)る(前編)
2013年
8月2日
20 仮面ライダー刑事(デカ) 最終話
ボス、危機一髪(たすか)る(後編)
21 仮面ライダーメイジ 第5話
助けて!使い魔たち!!
22 仮面ライダーメイジ 最終話
決戦だ!仮面ライダーメイジ!!
23 コヨミの部屋・プレミアムその4
相談者・ソラ
24 コヨミの部屋・プレミアムその5
相談者・コヨミ

映像ソフト化[編集]

本作は平成ライダーシリーズの夏の劇場用作品としては初めてディレクターズカット版が存在しない。

  • 劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land メイキング・オブ・ショータイム!(DVD1枚組、2013年7月21日発売)
    • 本作品のメイキングDVD。
  • ネット版 仮面ライダーウィザード イン マジか!?ランド(1枚組、2013年12月6日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • スピンオフネットムービー全24話を収録。
    • 映像特典
      • コヨミの部屋・プレミアム EXPANSION
      • PR集
    • 初回限定特典
      • ポストカード(3枚)
  • 劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land 通常版(1枚組、2014年1月10日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
      • 作品紹介
  • 劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land コレクターズパック(3枚組、2014年1月10日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典ディスク1(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • 劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land メイキング・オブ・ショータイム! 補完版
    • ディスク3:特典ディスク2(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • 製作発表記者会見
      • 完成披露記者会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶
      • TVスポット集
      • データファイル
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • ポスターデザインステッカー
      • 特製スリーブケース

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、主要ライダー以外では本作中で当時58歳の小倉久寛が仮面ライダーメイジに変身している

出典[編集]

  1. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  2. ^ “陣内孝則 最年長54歳でライダーに変身!”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/30/kiji/K20130530005905160.html 2013年6月5日閲覧。 
  3. ^ 宮崎駿監督『風立ちぬ』がV3!強力ライバルを破り興収40億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年8月6日
  4. ^ 劇場パンフレットより。
  5. ^ 宇宙船』VOL.141、テレビマガジン9月号より。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 並びは映画パンフレット基準
  7. ^ a b c d e f g 【レポート】陣内孝則が史上最年長54歳の仮面ライダーに!「いずれはライダーと戦わなければならないと思っていた」| マイナビニュース 2013年6月4日
  8. ^ a b c d e f g h i j キャスト&スタッフ”. 劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド/劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック. 2013年6月3日閲覧。
  9. ^ HOBBY JAPAN』8月号、ホビージャパン、2013年6月、 220頁。
  10. ^ 宇宙船』Vol.141 2013年夏号、ホビージャパン、2013年7月、 15頁。

外部リンク[編集]