大沢たかお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおさわ たかお
大沢 たかお
本名 大澤 隆夫
生年月日 1968年3月11日(46歳)
出生地 日本の旗 東京都江東区
身長 181cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ナレーション
活動期間 1987年 -
主な作品
映画
異邦人たち』『解夏
世界の中心で、愛をさけぶ
地下鉄(メトロ)に乗って
築地魚河岸三代目』『GOEMON
ストロベリーナイト
藁の楯
テレビドラマ
星の金貨
オンリー・ユー〜愛されて〜
劇的紀行 深夜特急
アナザヘヴン〜eclipse〜
JIN-仁-
舞台
ロミオとジュリエット
ファントム
おおさわ たかお
大沢 たかお 
プロフィール
生年月日: 1968年3月11日
現年齢: 46歳
出身地: 日本の旗 日本 東京都江東区
血液型: A
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重: 181 cm / 73 kg
BMI: 22.3(普通体重)
靴のサイズ: 27.5 cm
活動
デビュー: 1987年
ジャンル: モデル
モデル内容: ファッション
他の活動: 俳優
モデル: テンプレート | カテゴリ

大沢 たかお(おおさわ たかお、1968年3月11日 - )は、日本俳優東京都出身。コアインターナショナル所属。

来歴[編集]

1968年、男3人兄弟の末っ子として生まれる[1]。高校生の頃はバンドを組んでおりベースを担当していた。専修大学在学中の1987年スカウトをきっかけにモデルとして活動を開始し、『MEN'S NON-NO』を始めとするファッション誌、パリ・コレクションでも活躍する。

1992年には鶴田真由と共演した日本石油(現・ENEOS)のテレビCM「レーサー100」が話題になり、俳優に転向してからはドラマ『君といた夏』で注目を集め、ドラマ『星の金貨』でブレイクする。その後、ドキュメンタリーとドラマとの複合を実験的に行った番組『劇的紀行 深夜特急』での経験が評価され、活躍の場を日本だけでなく世界にも広げた。それまでテレビを中心に活動していたが、2000年以降、活動の拠点を映画へ移し、年に何本もの作品に精力的に出演。『世界の中心で、愛をさけぶ』は大ヒットした。

2005年には『解夏』で第28回日本アカデミー賞優秀主演男優賞。2007年、『地下鉄(メトロ)に乗って』で第30回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。自身も出演した2008年公開の映画『ラブファイト』では、映画プロデュースに初挑戦した。

2009年には『JIN-仁-』で8年ぶりに連続ドラマに出演、翌年2010年に第18回橋田賞を受賞。自身と作品とのダブル受賞となった。また、2011年には続編が放送され、1作目、2作目両作とも最高視聴率25%を超える高視聴率をマークした。

人物[編集]

  • 学歴専修大学附属高等学校専修大学経済学部卒業
  • モデルから俳優になる前の一年間、定職につかず放浪していた。しかし、モデル時代に所属していた事務所に「何もしていないのなら俳優をやってみないか」と言われ俳優になった。当時、モデル業に誇りを持っていた為、俳優業には全く興味が無く、俳優になって賞を受賞するようになっても当初はあまり実感が沸かなかった[2]
  • 1999年、歌手の広瀬香美と結婚。しかし2006年に7年に及ぶ結婚生活にピリオドを打ち協議離婚している。[3]
  • 海外志向が強く、英語が堪能である。休暇の際は外国に長期滞在することが多い[4]
  • 仕事は「縁」があってできているものだから、それを大切にしたいと語っている。[5]
  • JIN-仁-』のプロデューサーである石丸彰彦は、大沢について「空気がきれいな人ですね。僕の周りにある空気よりも、大沢さんの周りにある空気の方がきれいですね。生まれつき持っている空気がきれいな人っているんですよ。僕はすごくカッコイイ大沢さんも知っている反面、真っ白な大沢さんも知っていて。人間大沢たかおの魅力というのは空気だと思っているんです。淀んでいない空気。嘘のない真っ直ぐの空気とでも言うんでしょうか」と評している[6]
  • おおかみこどもの雨と雪』の監督である細田守は、『おおかみこどもの雨と雪』のおおかみおとこの声優に大沢を抜擢したのはNHKBS特集証言ドキュメント 日本サッカーの50年」のナレーションを聞き、日本代表を応援している様な包容力を感じた事がきっかけだったと語っている。[7]

趣味・嗜好[編集]

  • 元来の乗り物好きであり、幼い頃の夢は電車の運転士であった。現在、大型自動二輪免許国際運転免許一級小型船舶操縦士免許を取得している[8]
  • 好きな食べ物は肉。28日間焼肉を食べ続けたことがあり、1日に1食では足りないとも発言。
  • タルタルソース好きが高じて「エビフライはタルタルソースを食べるための棒」の名言を放つ。
  • 読書、音楽、神社・仏閣廻り、洋服、家電製品、旅行等が好きであるとインタビューで答えている。

出演作品[編集]

太字は主演。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • A Way 南へ…大沢たかお 青春回帰線(1998年7月12日、テレビ朝日
  • テレメンタリー2001「道の途中 〜16歳・難聴のボクサー〜」(2001年6月28日、名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列) - ナレーション
  • 18年目の学園祭〜大人計画フェスティバル(2006年11月19日、NHK)[9]
  • 名作の誕生(2007年10月 - 2009年3月、TBS) - ナレーション
  • ハイビジョン特集「絶景 エベレスト街道をゆく 〜標高5000m 天空のトレッキング〜」(2008年1月23日、NHK-BShi) - ナレーション
  •  ECOスペシャル 森の旅人 〜Green Traveler〜(2008年5月 - 9月、BS日テレ) - ナレーション
  • テレメンタリー2008「ぬくもりの向こうに 〜親の愛を知らない乳児院の子供たち〜」(2008年6月21日、北海道テレビ制作・テレビ朝日系列) - ナレーション
  • テレビ朝日開局50周年特別番組「原爆 63年目の真実」(2008年8月2日、テレビ朝日)
  • NHKスペシャル「雨の物語 〜大台ケ原 日本一の大雨を撮る〜」(2008年11月30日、NHK) - ナレーション
  • 天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜(2008年12月22日、テレビ朝日)
  • テレメンタリー2009「ぬくもりの向こうに 〜僕たちのふるさとが消えた日〜」(2009年6月13日、北海道テレビ制作・テレビ朝日系列) - ナレーション
  • BS特集証言ドキュメント 日本サッカーの50年」(2010年5月2日 - 5月5日、NHK-BS1) - ナレーション
  • 戦争証言プロジェクト「証言記録 市民たちの戦争」(2010年8月9日 - 8月14日、NHK-BShi) - 朗読
  • 大地疾走(2010年10月2日、テレビ朝日)
  • NHK/BBC 大型国際共同制作シリーズ「フローズン プラネット」(2012年4月7日-NHK-BSプレミアム) - ナビゲーター
  • 裸にしたい男 (2012年12月30日(前編・後編)、NHK-BSプレミアム
  • 大沢たかお 神秘の北極圏 -光と闇の旅- (2013年3月31日~4月20日-NHK-BSプレミアム
  • カリブ海楽園大紀行(2014年1月1日(前編)・1月2日(後編)、BS-TBS) - ナレーター
  • 第28回民教協スペシャル「嗣治からの手紙〜画家はなぜ戦争を描いたのか〜」(2014年2月、RKB毎日放送制作、民間放送教育協会各局) - ナレーター
  • 風に立つライオン〜さだまさし・大沢たかお ケニア・命と自然の旅〜(2015年1月4日、NHK BSプレミアム)

ラジオ[編集]

  • JET STREAM(2009年4月 - 、TOKYO FM) - パーソナリティー(第五代機長)

CM[編集]

その他[編集]

  • 国立科学博物館 特別展「医は仁術」スペシャルナビゲーター・音声ガイド(2014年3月15日 - 6月15日)

声優活動[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

オーディオブック[編集]

連載[編集]

  • 『東京カレンダー』(「大沢たかおの味な時間」、2008年7月号 - 2010年3月号、アクセス・パブリッシング)

音楽活動[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 備考
1st 1998年7月1日 Rain C/W ロンド
2nd 1999年1月25日 IF... C/Wは無し

アルバム[編集]

  • Kiss!(1999年2月15日)
  1. Kiss
  2. BLiND MAN
  3. IF...
  4. MiSSiNG YOU
  5. Kiss(iNNER SHADE REMiX)

[リミックス含む全5曲収録]

ミュージックビデオ[編集]

受賞歴[編集]

1999年度

2004年度

2006年度

2009年度

  • 第26回ATP賞テレビグランプリ2009 特別賞(『天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜』)
  • 第63回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『JIN-仁-』)
  • 第6回ドラマ・オブ・ザ・イヤー 最優秀主演男優賞(『JIN-仁-』)
  • 第18回橋田賞(『JIN-仁-』)
  • 第64回日本放送映画藝術大賞 放送部門 最優秀主演男優賞(『JIN-仁-』)

2010年度

2011年度

  • 第69回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『JIN-仁- 完結編』)
  • 第8回ドラマ・オブ・ザ・イヤー 最優秀主演男優賞(『JIN-仁- 完結編』)
  • 第66回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(『JIN-仁- 完結編』)

2013年度

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「あさイチ」- プレミアムトーク 大沢たかお -”. gooテレビ番組 (2012年4月6日). 2013年12月13日閲覧。
  2. ^ 「しゃべくり007」 2013年4月29日(月)放送内容”. 価格.com (2013年4月29日). 2013年12月13日閲覧。
  3. ^ INLIFE 男の履歴書DX 「大沢たかお」
  4. ^ 大沢たかおが時代を超えて感じるもの」 OCN ima 10、2011年2月27日閲覧。
  5. ^ 『The Magazine of JAL Hotels Vol.57』インタビューより。
  6. ^ 『TOWER THEATER No.032』インタビューより。
  7. ^ 『+act』(ワニブックス)2012年09月号対談インタビューより。
  8. ^ 全然クールじゃない。“お茶目で天真爛漫”な大沢たかおの素顔。”. エンタがビタミン♪ (2010年10月19日). 2013年12月13日閲覧。
  9. ^ 「大沢たかおは以前、大沢蝉之介という芸名で劇団大人計画に所属していたことがあった」とした設定で、虚実を交えながら番組は進行した。番組の最後に「大人フェスについてはノンフィクションですが、大沢たかおについてはフィクション」というコメントとテロップが流れたが、この部分を見逃し「大沢たかおは大人計画に所属していた」と勘違いしたままの視聴者も多かった。

外部リンク[編集]