ケイン・コスギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kane Takeshi Kosugi
ケイン・コスギ
本名 ケイン・タケシ・コスギ
別名 小杉 健(こすぎ たけし)
生年月日 1974年10月11日(39歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 日系アメリカ人
身長 181cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1982年 -
活動内容 1982年:デビュー
配偶者 既婚
家族 父:ショー・コスギ
弟:シェイン・コスギ
公式サイト KANE KOSUGI Official web site
主な作品
『ニンジャII・修羅の章』(1982年)
ウルトラマンパワード』(1993年)
忍者戦隊カクレンジャー』(1994年)

ケイン・コスギKane Takeshi Kosugi1974年10月11日 - )は日系アメリカ人俳優タレントアメリカ合衆国ロサンゼルス出身。日本名は小杉 健(こすぎ たけし[1])。ロサンゼルスのマラナサ・ハイスクール卒業、ピッツバーグ大学日本校中退。国籍はアメリカ合衆国。デスティニープロダクション所属。

来歴[編集]

父はハリウッドアクション俳優、ショー・コスギ。母親は台湾人で、英語日本語を習得。弟は同じ『筋肉番付』などにも出場していたシェイン・コスギ。また、9歳下の妹がいる。1歳半から父親に空手を教えられるなどしてスポーツに親しみ、柔道剣道テコンドー器械体操スカイダイビング水泳アメリカンフットボールバスケットボールなどスポーツ万能。

1982年、8歳で父の主演するハリウッド映画『ニンジャII・修羅の章 (REVENGE OF THE NINJA)』に出演し、芸能界にデビュー。その後も父の主演映画数本に弟シェインと共に子役として出演、幼くしてスタントも披露している。ハイスクール卒業後の1993年に来日し、父の母国日本で芸能活動を始める。

1993年には『ウルトラマンパワード』にウルトラマンパワード / ケンイチ・カイ隊員役で出演、1994年には「スーパー戦隊シリーズ」第18作『忍者戦隊カクレンジャー』にニンジャブラック / ジライヤ役で出演し、萩原佐代子と共に、戦隊ヒーローウルトラマンの両方を演じた俳優となった。

TBS系のスポーツバラエティ番組『筋肉番付』では、番組を見て自ら出演を希望。プロスポーツ選手や一流のアスリートに勝るとも劣らない優れた身体能力を示し、スポーツタレントとしての地位を築く。

2002年には映画『マッスルヒート』で主演を飾り、2007年には映画『DOA/デッド・オア・アライブ』のリュウ・ハヤブサ役に抜擢され、念願の自力ハリウッド・デビューを果たす。

2009年12月30日に、3歳年下の香港出身の一般女性と同年11月に結婚していたことを発表した。

2013年12月27日にゲーム「TEKKEN」を原作にした映画の主演決定という情報が公式サイトに掲載された。しかしこれは誤りであり(公式サイトには謝罪文が掲載されている)、正しくは『AGENT X(仮)』での主演が決定した。ケインにとってハリウッド映画初主演となる[2]

人物[編集]

身長181cm、体重75kg。非喫煙者。好きな食べ物はピザ、ポテトコロッケ春巻きハンバーガーすき焼きカレー

また、ゲーム『ストリートファイター』のファンであり、OVA『ストリートファイターZERO』ではリュウの声を担当した。

身体能力[編集]

  • 2001年12月30日放送のテレビ番組『ZONE』(TBS)において握力(右64.3㎏左63.9kg)や立位体前屈(18㎝)等を計測。その際ケインについて立花龍司は「プロ野球選手の中に入れてもすべてにおいてトップクラスの成績」と語っている。

スポーツマンNo.1決定戦・SASUKE[編集]

最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」では、MONSTER BOXで世界記録に1段差と迫る22段、パワー系種目のWORK OUT GUYSでは世界記録である45秒46、スピード系種目のSHOT-GUN-TOUCHでは芸能人歴代1位となる13m10cmの記録を持つ。芸能人サバイバルバトルでは3連覇を含む、計5回総合No.1となり、2000年にはプロスポーツマン大会でも総合No.1となっている。

SASUKE」でも活躍し、出場した5大会全てで1st STAGEをクリアしたほか、第8回大会にファイナリストとなっている。


スポーツマンNo.1決定戦
大会 放送日 総合順位
第2回 芸能人サバイバルバトル 1997年4月2日 No.1
第3回 芸能人サバイバルバトル 1998年4月1日 No.1
第4回 芸能人サバイバルバトル 1998年10月2日 No.1
第5回 プロスポーツマン大会 1999年1月1日 4位
第5回 芸能人サバイバルバトル 1999年3月26日 2位
第6回 プロスポーツマン大会 2000年1月1日 No.1
第6回 芸能人サバイバルバトル 2000年3月24日 No.1
第7回 芸能人サバイバルバトル 2000年10月
10日・14日
No.1
第7回 プロスポーツマン大会 2001年1月1日 2位
第8回 芸能人サバイバルバトル 2001年3月23日 2位
第8回 プロスポーツマン大会 2002年1月1日 2位
第10回 プロスポーツマン大会 2004年1月1日 4位
SASUKE
大会 放送日 備考
第1回大会 1997年9月27日 3rd STAGE進出
第4回大会 1999年10月16日 3rd STAGE進出
第6回大会 2000年9月9日 3rd STAGE進出
第7回大会 2001年3月17日 2nd STAGE進出
第8回大会 2001年9月29日 Final STAGE進出

エピソード[編集]

  • 日本に来たばかりのとき、知っている日本語は「元気ですか?」だけであり、喫茶店のアルバイトで出前の際、道に迷っても交番で「元気ですか?」としか言えなかったとのこと。『カクレンジャー』の収録時の当初は共演者ともなかなかコミュニケーションが取れずに困惑していた。後に、サスケ役の小川輝晃から和英辞典をプレゼントされたり、一緒にジムへ行ってトレーニングをしたり食事を共にするうち、次第に他の共演者とも交流を深めていったという。『カクレンジャー』の劇中で、ケイン演じるジライヤが「僕、日本に来た時、寂しかった。言葉伝わらなかった。」と仲間に胸中を告げるシーンがあるが、自身の実体験から基づいた言葉である。本人も『カクレンジャー』に出演したことを誇りに思っており、現在でも出演者との交流を続けている。それ以来は小川のことを「兄さん」という愛称で呼んでいる。
  • 国籍上アメリカ人であるが、コスギという氏名から「日本人」と言われることがある。
  • 父ショー・コスギはハリウッドで、東洋人としてはハイクラスの地位を築いており、幼少のケインも何不自由なく育ってきたため、初めて日本に来たとき、借りたアパートの部屋が6畳一間で、部屋全体を全部「玄関」だと思い「狭いなあ」と思ったという。
  • 日本に来ても特にやることがなかったため、秋葉原駅前広場(2001年7月31日に閉鎖)でバスケットボールをしていたところ、たまたまサモ・ハン・キンポーの息子がいて知り合いになりジャッキー・チェンを紹介され、その後ジャッキーの下で2か月間映画製作の勉強をさせてもらう。
  • 独特のアクセントの日本語から、物まねの対象となることも多い。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビその他[編集]

ほか多数

映画[編集]

  • ニンジャII/修羅ノ章 Revenge of the Ninja (1982年) - ケイン・オオサキ 役
  • デス・オブ・ニンジャ Nine Deaths of the Ninja (1984年) - ケイン 役
  • プレイ・フォー・デス Pray for Death (1985年) - タケシ・サイトウ 役
  • ブラック・イーグル Black Eagle (1987年) - ブライアン・タニ 役
  • 兜 KABUTO (1990年) - 徳川頼宗 役
  • ザ・格闘王 (1994年)(ビデオ) - ケン・大城 役
  • ザ・格闘王2 (1994年)(ビデオ) - ケン・大城 役
  • 劇場版 忍者戦隊カクレンジャー (1994年) - ジライヤ / ニンジャブラック 役
  • スーパー戦隊ワールド (1994年) - ニンジャブラック(声) 役
  • キャッツ・アイ Cat's Eye (1997年) - 李・黒旗 役
  • フー・アム・アイ? Who Am I? (1998年) - 日本人特殊部隊員・タケシ 役
  • マッスルヒート Muscle Heat (2002年) - ジョー・ジンノ 役
  • ゴジラ FINAL WARS (2004年) - 風間勝範 役
  • DOA/デッド・オア・アライブ DOA: Dead or Alive (2007年) - リュウ・ハヤブサ 役
  • ローグ アサシン War (2007年) - ヤクザ 役
  • COWEB (2009年)
  • 蔡李佛 (2011年) - 武田少佐 役
  • Ninja 2 (2013年) - ナカバラ 役

ビデオ・DVD[編集]

ラジオ[編集]

  • ケイン・コスギのファイティングロード(NACK5
  • ケイン・コスギのI love sports(文化放送

OVA[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしこの名前で届け出ているわけではなく、またアメリカでは漢字での届け出はできないので、法的に正式なものではない
  2. ^ 「ケイン・コスギが『鉄拳』に主演」は誤報 所属事務所が謝罪”. シネマトゥデイ. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ 出演者プロフィール(テレビ番組・日本のミカタ)」2013年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]