ほんとにあった怖い話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされている)怖い話を集めたホラー小説朝日ソノラマ刊。
  2. ほんとにあった怖い話』は、かつて朝日新聞出版が発行していた隔月刊ホラー漫画雑誌
  3. ほんとにあった怖い話』は、1.を基にしたフジテレビテレビドラマ。通称「ほん怖」。下に記述。

概要[編集]

この番組は『真夏の恐怖ミステリー ほんとにあった怖い話』として『金曜エンタテイメント』枠で1999年夏に放送されたのが最初だった。これはフジテレビ後藤博幸プロデューサーがオリジナルビデオ版『ほんとにあった怖い話』(下記参照)を高く評価して企画・監督・脚本の鶴田法男に連絡を取ったことが発端だった。二人は当初、深夜の低予算番組として企画していたが、フジテレビ・ドラマ部の当時の部長だった亀山千広がゴールデンタイムの企画にするよう英断をくだしたことで『金曜エンタテイメント』枠での放映となった。(出典:鶴田法男WEBSITE/『ほん怖』10周年・回想録)
その後2004年1月に3 - 5話程度のオムニバスショートドラマを放送、小学生中心の6名「ほん怖クラブ」らが館で話の内容を分析するという内容になり、毎週のレギュラー放送(1月 - 3月のみ)となった。また、心霊写真を鑑定するコーナーもある。現在の「ほん怖クラブ」では、オムニバスドラマを放送する面では、以前の2時間時代と同じだが、要所要所に司会の稲垣吾郎(SMAP)と子供達によるバラエティ的な要素や感動的なストーリーがあり、怖さを若干軽減させている。また子供でも見ることのできるように、通常のホラー番組より多少バラエティに近い演出がある。内容についても原作の実話を大胆にアレンジしたものが多い。「第9回アジア・テレビジョン・アワード」のドキュメンタリー・ドラマ部門最優秀賞を受賞。また、毎年夏のイベントのお台場冒険王でもアトラクションを出展している。なお、かつてテレビ朝日系列で放送された「夏の不思議ミステリー 本当にあった怖い話」、ブロードウェイが制作・販売しているオリジナルビデオシリーズ「ほんとうにあった怖い話」とは関係ない。

ほん怖五字切り[編集]

これは、「怖い」と思う弱い心を吹き飛ばすおまじないである。オープニングより。

稲垣「イワコデジマ イワコデジマ ほん怖 五字切り!」

ほん怖クラブメンバーが1人ずつ

  1. 「皆(かい)!」「祷(とう)!」「怖(ほー)!」「無(ぶ)!」
  2. 稲垣「弱気退散!」
  3. 鈴を2回鳴らす。
  4. 全員で「喝!」

密教真言の一、「退魔の早九字」(正式には「九字護身法」)を真似た物。なお「イワコデジマ イワコデジマ」は「マジで怖い マジで怖い」の逆読みである。

放送日時[編集]

  • スペシャル1:1999年8月27日 - 金曜エンタテイメント枠で放送(夏の恐怖ミステリー第2弾として放送)
  • スペシャル2:2000年8月25日 - 金曜エンタテイメント枠で放送
  • 春の恐怖ミステリー:2003年4月8日
  • スペシャル3:2003年9月5日
  • 第1シリーズ
    • 2004年1月10日 - 2004年3月
    • 毎週土曜日19:00 - 19:57(JST)
  • 特別編:2004年4月3日
  • スペシャル4:2004年9月7日 - カスペ!枠で放送
  • 第2シリーズ
    • 2004年10月11日 - 2005年3月7日
    • 毎週月曜日19:00 - 19:54(JST)
  • スペシャル5:2004年11月29日 19:00 - 20:54(JST)
  • スペシャル6:2005年8月23日 - カスペ!枠で放送
  • スペシャル7:2006年8月22日 - カスペ!枠で放送
  • 夏の特別編2007:2007年8月28日 - カスペ!枠で放送 ※ストーリーテラーの稲垣は「カスペ!」の後に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』にも続けて出演。
  • 夏の特別編2008:2008年8月26日 - カスペ!枠で放送
  • 冬の特別編2009:2009年2月3日 - カスペ!枠で放送
  • 10周年記念:2009年8月25日 - カスペ!枠で放送
  • 夏の特別編2010:2010年8月24日 - カスペ!枠で放送
  • 夏の特別編2011:2011年9月3日 - 土曜プレミアム枠で放送
  • 夏の特別編2012:2012年8月18日 - 土曜プレミアム枠で放送
  • 夏の特別編2013:2013年8月17日 - 土曜プレミアム枠で放送
  • 15周年スペシャル:2014年8月16日 - 土曜プレミアム枠で放送

出演者[編集]

ストーリーテラー
ほん怖クラブ

ナレーター[編集]

ドラマ部分[編集]

スペシャル1 - 3[編集]

スペシャル1(1999年8月27日)
スペシャル2(2000年8月25日)
春の恐怖ミステリー(2003年4月8日)
スペシャル3(2003年9月5日)

恐怖幽便[編集]

2005年1月17日放送から、芸能人が「ほん怖クラブ」に訪れ自身の体験を基にした「恐怖幽便」を読む、という形式も取っている。

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40

スタッフ[編集]

オリジナルビデオ版[編集]

フジテレビ版『ほんとにあった怖い話』は1991年から1992年にオリジナルビデオとして製作・公開された『ほんとにあった怖い話』が基になっている。
このオリジナルビデオ版は鶴田法男監督が原作の映像化権をおさえて脚本まで書いてビデオ・メーカーのジャパン・ホーム・ビデオに企画を持ち込んだ事から立ち上がった。企画にGOサインが出てから脚本家の小中千昭が参加して製作された。本作がJホラーの原点と言われることもある。中でも「夏の体育館」におけるゆらゆらと蠢く不気味な人影は黒沢清監督『回路』に明確に応用されている。また、『新・ほんとにあった怖い話 幽幻界』の『踊り場の友だち』での踊り場に突如現れる幽霊の演出は清水崇監督の『THE JUON/呪怨』で模倣されている。これは清水崇監督が鶴田法男に許諾を求めて実現した。また「霊のうごめく家」におけるあり得ない(想定外)の場所に現れる人影は、その後のJホラーを特徴付けるエポック・メイキングな演出方法として名高い。なお、ナレーションは第1作・第2作では玄田哲章、第3作では相見陽子が担当した。
「ほんとにあった怖い話」(1991年)
「ほんとにあった怖い話 第二夜」(1991年)
「新・ほんとにあった怖い話 幽幻界」(1992年)

パロディ[編集]

ほんとにあった細(こま)い話(放送局は本番組と同じフジテレビ系列バラエティ番組、SMAP×SMAP
稲垣吾郎が「七三ほん細(こま)クラブ」のメンバーとともに、世の中の鬱陶しいほど細(こま)い体験話を再現 VTR にして楽しんでしまおうというコーナー。セットは本家のものを使用しており、ほん細クラブの「ハイ、吾郎さん!」というかけ声も同じ。
ほんとにあった噛み合わない話(同じくフジテレビ系列バラエティ番組、はねるのトびら
番組内で行ったコント。話がとにかく噛み合わないといった内容の物。

関連番組[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 土曜19時台
(2004年1月 - 2004年3月)
前番組 番組名 次番組
土曜特番
ほんとにあった怖い話
(第1シリーズ)
フジテレビ 月曜19時台
(2004年10月 - 2005年3月)
ほんとにあった怖い話
(第2シリーズ)
ネプリーグ
〈 → 水曜23時から移動〉