綾部祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
綾部 祐二
本名 綾部 祐二
ニックネーム べーやん
生年月日 1977年12月13日(37歳)
出身地 日本の旗 日本
茨城県猿島郡総和町
(現・古河市
血液型 O型
身長 167cm
方言 共通語
最終学歴 茨城県立境西高等学校
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校5期
コンビ名 ピース
(元コンビ名 スキルトリック
相方 又吉直樹
芸風 コント漫才
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年 -
同期 NON STYLE
平成ノブシコブシ
5GAP 
現在の代表番組 芸人報道
おしかけスピリチュアル
過去の代表番組 イケメン合衆国
公式サイト ピース綾部「蛇」

綾部 祐二(あやべ ゆうじ、1977年12月13日 - )は、日本芸人ピースツッコミ担当である。 茨城県猿島郡総和町(現・古河市)出身。 血液型O型よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

来歴・人物[編集]

茨城県立境西高等学校(現・茨城県立境高等学校)出身。高校時代は野球部の主将でポジションはセカンドだった。 また、高校3年の時に、生徒会長も務める。

吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校入学前、地元の椅子工場「東洋工芸茨城工場」に勤務していた[1]。20歳の頃、5年間ほどカラオケボックス シダックスの地元店舗に準社員に近い扱いで勤務していたことがある。他に東京原宿ビッグエコー第一興商が事業展開するカラオケボックス)での勤務経験もある[2]

NSC入学から卒業後半年程度まで「スキルトリック」というコンビを組んでいたが、解散後、ピース結成まではピン芸人・裏方として活動していた。

自他共に認める女好きであり、特に熟女を好んでいる[3]ロバート秋山竜次とともに熟女ナンパに繰り出したこともある。また、ダブルブッキングの黒田が勤務するカラオケに女性とともに行った所を黒田に目撃されており、黒田曰く「バケモノみたいなのと一緒にいた」。さらには『しゃべくり007』初出演の時に、相方の又吉にまで、「観光バスに乗っていた、団体旅行のおばちゃん達に『ピュー!!』と口笛を吹いていた」と暴露されている[4]。『徹子の部屋』出演時には「熟女殺し」とまで言われた[5]。2012年8月17日に発売された『週刊ポスト』8月31日号(小学館)では、藤田紀子との30歳差の熱愛が報道された[6]。このほか、五月みどり奈美悦子とのメールのやり取りなどが報じられている(いずれも、2012年時点で、60歳代以上)。熟女好きの理由の一つに、実母の存在が挙げられるとされるが、上述の藤田紀子との報道の際には、「選りに選って私より年上なんて…」と実母が唖然としたという。

吉本男前ランキングで2007年は18位、2008年は11位、2010年は10位、2011年は2位、2012年から2014年まで3年連続で1位となり殿堂入りした。一方で好感度は低下しており、2013年11月14日放送の『アメトーーク!』では「好感度低い芸人」のひとりとして出演した[7]

ブログのタイトル「蛇」の由来は単純に本人が蛇年生まれであったことからであると、開始当初のブログにて語っている。相方の又吉も同様に「申年生まれ」という理由で「猿」というタイトルにしている。ブログ内容は、ほとんどが上記のような自らの画像付きで、文章は本人曰く「書くのも読むのも苦手」であるため、非常に短いスタイルを開始当初(2005年1月)から続けている。このブログでは携帯電話で撮影した自分の画像を頻繁に投稿している。

1977年製のハーレーダビッドソンXLCRが愛車。“自分と同い年”であることに運命を感じて購入したという[8]

特技・趣味は、野球、スケボー、洋服。落語の際は「エロ亭姫はじめ」を名乗っている[9]甘栗が大好物だが、基本的に食には興味がない。嫌いな食べ物はマグロワサビトマトトマトジュースコーヒーも飲めない。嫌いなものが多い上に、かなりの少食。

芸風[編集]

ピン芸人時代はしゃべくり漫談をしていた[10]。普段からお喋り好きで、話が長いため、同期の平成ノブシコブシ吉村崇からは「祐ちゃん独演会」と揶揄されている。相方とのネタ合わせも必ずこの独演会から始まるという。すべった時や白けた空気になった発言をしたあとには「これ、キャンセルでお願いします」と言うのが通例。

不祥事[編集]

人気商品を格安で落札できるとうたっているペニーオークションをめぐり、実際には落札していないのに商品を手に入れたとする虚偽の内容をブログに書き込んでいたことが発覚した。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、2011年1月、電化製品を落札したとの記事と商品の写真をブログに掲載。知人に依頼され、5万円の謝礼を受け取ったと報道された[11]。綾部は2012年12月14日のブログで、「知人に頼まれたとはいえ、自分の軽率な行動で大変ご迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪。その後、2012年12月26日放送の笑っていいとも年忘れ超特大号!の番組冒頭で共演者である太田光から「いいオークションがあるらしいですよ」と言われ、「すみません、すみません」とカメラに向かって何度も謝罪した。

単独での出演[編集]

テレビ[編集]

過去の出演

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

PV[編集]

リリース作品[編集]

DVD[編集]

  • 映画 ドロップ
  • 映画 喧嘩番長 劇場版〜全国制覇
  • 映画 漫才ギャング
  • 人志松本のすべらない話 其之参
  • ジュニア千原のすべらない話
  • 元祖人志松本のゆるせない話(上)
  • 笑う妖精
  • run for money 逃走中11【呪われた遊園地編】
  • アメトーーク vol.7 - 熟女芸人
  • アメトーーク vol.10 - 町工場芸人
  • アメトーーク vol.17 - お酒飲めない芸人
  • アメトーーク vol.18 - 町工場芸人ゴールデン:女の子大好き芸人
  • TSYタイムスリップヤンキー 

書籍[編集]

  • TRIP 〜男前天下統一写真集〜
  • にけつッ!!本
  • 芸人恋写 geinin ren-sha
  • AYABE MODE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東洋工芸のものづくり”. 東洋工芸ホームページ. 2014年5月4日閲覧。
  2. ^ 2014年4月30日放送「無名時代」”. TVでた蔵 (2014年4月30日). 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ みやび (2011年3月8日). “【エンタがビタミン♪】“熟女好きのカリスマ”を前に、緊張気味のピース綾部。” (日本語). TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2011/03/hanamaru_piece1103081403.html 2011年6月3日閲覧。 
  4. ^ 【綾部祐二と藤田紀子】2人の報道と熱愛関係の真相は…?”. 日刊悪女 (2012年8月18日). 2014年5月4日閲覧。
  5. ^ ピース綾部 20才の現役ミス日本より50才の元ミス日本選ぶ”. NEWSポストセブン (2011年7月28日). 2014年5月4日閲覧。
  6. ^ ピース綾部と交際報道の若貴の母・藤田紀子さん「困るわ、ウフ」 - NEWSポストセブン(小学館) 2012年8月17日
  7. ^ 「アメトーーク」で「好感度低い芸人」の放送が決定 ゲストはキンコン西野さんら”. ねとらぼ (2013年11月1日). 2014年11月2日閲覧。
  8. ^ 『ibought特別集 HARLEY style』(インフォレスト)での綾部本人のインタビューより
  9. ^ 男前1位&若貴の母/綾部&藤田略歴”. 日刊スポーツ (2012年8月17日). 2014年5月4日閲覧。
  10. ^ うずらの珠子 (2011年5月29日). “【エンタがビタミン♪】嘘だらけのピン芸人時代。ピース・綾部祐二、恥ずかしい過去に赤面。” (日本語). TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2011/05/peaceayabeyuuji201105291025.html 2011年6月3日閲覧。 
  11. ^ “ピース綾部も虚偽ブログ…ペニオク問題” (日本語). (2012年12月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/12/14/0005598405.shtml 2013年2月12日閲覧。 

外部リンク[編集]