石丸幹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしまる かんじ
石丸幹二
生年月日 1965年8月15日(49歳)
出生地 日本の旗 日本愛媛県新居浜市
身長 174cm
血液型 A型
職業 俳優歌手
ジャンル 舞台テレビドラマ
事務所 ザ・ライブラリー
公式サイト 石丸幹二 オフィシャルウェブサイト

石丸 幹二(いしまる かんじ、1965年8月15日 - )は、日本の俳優歌手。ザ・ライブラリー所属、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント愛媛県新居浜市生まれ、千葉県市原市育ち。東京藝術大学卒。

来歴[編集]

幼少期から様々な楽器に触れ、音楽に親しむ。

千葉県立幕張西高等学校(現・千葉県立幕張総合高等学校)普通科音楽コース卒業後、東京音楽大学音楽学部器楽サックス専攻に入学するが、3年時に恩師に薦められて東京藝術大学音楽学部声楽科を受験し、合格。音大を中退し、藝大に再入学し、卒業。

1990年劇団四季オペラ座の怪人』のラウル役に抜擢され、舞台デビュー。甘いマスクと気品のある出で立ちで『ミュージカル異国の丘』の九重秀隆役など貴公子的な役柄を持ち役とする他、『アスペクツ オブ ラブ』(アレックス役)や『壁抜け男』(デュティユル役)など個性役もこなした。また、『ハムレット』のタイトルロールなどストレートプレイでもその存在感を発揮する。『思い出を売る男』では、声楽に転向する以前専攻していたというアルトサックスの腕を披露した。

劇団外の活動としては、オロナミンCSMAP木村拓哉と共演)や、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCM(違いのわかる男シリーズ)に出演したことで知られている。劇団には17年在籍し、2007年退団。一般には、2008年8月、スポーツ新聞紙上において、2007年末での退団が公表された。

2009年1月より現役復帰し、言葉と音楽のシリーズ『イノック・アーデン』(2009年1月9~12日・TOKYO FMホール)、東宝ミュージカル『ニュー・ブレイン』(2009年3月11日~4月29日・日比谷シアタークリエ)を皮切りに、精力的に舞台活動を続ける一方で、映像にも進出、テレビでは、NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』に牛場友彦役で出演。

映画では2010年3月公開の『時をかける少女』に深町一夫(ケン・ソゴル)役で出演。同年音楽活動もスタートし、5月に2枚組CD「kanji ishimaru」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)で歌手デビュー、6月には東京名古屋兵庫でソロ・コンサート「kanji ishimaru in concert」を開催した。

2012年、第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2013年7月からは、TBS日曜劇場枠にて連続ドラマ『半沢直樹』に東京中央銀行大阪西支店・浅野 匡役で出演。ドラマは第8話でビデオリサーチにて32.9%の高視聴率をマークするほどの作品で[1]、石丸は『今まで街で声を掛けられることはあまりなかったけど、突然“浅野支店長!”と呼ばれてびっくりした。』と反響の大きさを語っている。[2]

出演作品[編集]

劇団四季にて[編集]

劇団四季退団後[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメーション[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • 石丸幹二のシアターへようこそ(NHK-FM放送、2010年8月、2011年1月、2011年4月からレギュラー放送)
NHK広島放送局ではぶち☆なまを放送するため視聴不可である)

MC・ナビゲーター[編集]

  • 石丸幹二の毎日がプルミエール(衛星劇場、2014年)

CD[編集]

  • 「kanji ishimaru」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)
  • 「Love Songs」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)

音声ガイド[編集]

  • 国立新美術館「アンドレアス・グルスキー展」(2013年)
  • 森アーツセンターギャラリー「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」(2014年1月25日 - 4月6日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]