テニスの王子様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テニスの王子様
ジャンル テニス少年漫画
漫画:テニスの王子様
作者 許斐剛
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表期間 1999年32号 - 2008年14号
巻数 全42巻
話数 全379話
その他 特別短編小説『卒業に向かって撃て』
42巻収録、作:許斐剛
漫画:新テニスの王子様
作者 許斐剛
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表期間 2009年4月号 - 連載中
巻数 既刊13巻(2014年8月時点)
話数 119話(2014年3月時点)
その他 毎月1 - 4話掲載
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

テニスの王子様』(テニスのおうじさま)は、許斐剛による中学校の部活動テニスを題材とした漫画作品。およびそれを原作としたアニメゲーム、実写作品。本項では続編である『新テニスの王子様』(しんテニスのおうじさま)についても一括して説明する。

概要[編集]

週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経て、1999年32号より連載開始。2008年14号の終了まで約9年間連載された。さらに2009年3月から第2シリーズ『新テニスの王子様』(以降『新-』)として『ジャンプスクエア』にて連載再開。略称「テニプリ」。単行本(初代)は全42巻。公式ファンブックは、10.5巻、20.5巻、40.5巻。イラスト集は、30.5巻。『新-』では単行本は既刊12巻。ファンブックは、10.5巻。話数カウントは初代は「Genius-」、『新-』では「Golden age-」。2011年9月時点でシリーズ累計発行部数は5000万部である[1]

テニスの名門校に入学した主人公の越前リョーマが、テニス部に入り、全国大会優勝を目指して団体戦で試合を勝ち上がっていくというストーリー(なお、個人戦の描写は全く登場しない)。テニスを知らない人でも理解していけるようにルールの説明や解説が入り、また連載当初は実際にテニスプレイヤーが使える技を描写していた。しかし、途中から奇抜な架空の技を中心に試合が進む漫画に路線変更し、特に26巻にて主人公が無我の境地(後述に記載)を会得してからは人間離れした技の描写が顕著になる。また、相手に打球を当てて試合続行不能にさせるなどの試合描写も目立つようになる。

メディアミックスが盛んに行われており、2001年から2005年にかけてのテレビアニメ化を皮切りに、CD化、TCG化、ゲーム化(2009年現在継続中)、2003年からはミュージカル化(2013年現在継続中)、2006年には実写映画化テレビアニメの続編のOVA化、2008年には中国で実写ドラマ化がなされた。この展開に関連し多数のグッズがムービックアニメイトコナミより発売。女性ファンをターゲットにした商品展開[2]が功を成し、この結果キャラクターグッズ売り上げの年間トップを独走する[3]人気ジャンルとなっている。

テニスの王子様のモデル(参考)の一部となったのは東京都の立教中学校(現:立教池袋中学校)。1998年41号の読み切り連載時に、最終ページにある作者コメントにも取材協力に対しての感謝のメッセージが書かれている。立教中学校は1997年に全国中学生テニス選手権大会で団体優勝している。色々な説があるが、主人公の越前リョーマのモデルは早稲田大学出身の羽石祐。実写版の映画を撮っている際、作者の許斐本人が証言している。

あらすじ[編集]

テニスの王子様
アメリカ各州のテニスJr大会で4連続優勝の経歴を持つテニスの天才少年、越前リョーマ。
アメリカから帰国したリョーマは、テニスの名門「青春学園中等部」に入学する。全国制覇を目指す青学テニス部に入部し、1年生にしてレギュラーとなったリョーマが、様々な対戦校やライバル、時に仲間との試合を経て成長していく物語。
新テニスの王子様
全国大会決勝の3日後、突然姿を消したリョーマが再び日本に戻り、秋に始まったU-17選抜大会に特別参加を許された青学の仲間達やかつてのライバル達、そして正規の参加者である高校生達と競い合う姿を描く。

登場人物[編集]

[編集]

この項目では『テニスの王子様』の中盤から物語のキーワードになった技を解説する。

これらの技の使用者や各登場人物固有の技についてはテニスの王子様の登場人物を参照。

無我の境地
己の限界を超えた者のみが辿り着くことができる境地。頭で考えて動くのではなく、身体が実際に体験した記憶で無意識に反応する。今までに対戦してきた相手の技・プレイスタイルが繰り出せる。しかし、本来できないものを限界を超えたところで行うため、その反動として体力を激しく消耗し、一気に身体に襲い掛かる副作用がある。ちなみに、発動すると発生するオーラはイメージ的なものではなく、実際に目に見えるものとされている。
無我の境地の奥には、後述の三つの扉が存在する。
百錬自得の極み
三つの扉のひとつ。無我の境地の爆発的力を片手に集めることで、技・回転・球種の威力を倍返しにできる上、副作用の疲労を最小限に抑えられるというメリットがあるが、パワーを集中させた部位以外がおろそかになるという欠点がある。
才気煥発の極み
三つの扉のひとつ。頭脳活性化型の無我の境地。一球ごとの戦略パターンを瞬時にシミュレートし、最短何球目でポイントが決まるかを見極めることができる。その正確性から「絶対予告」と呼ばれるが、実力が上位の者と対戦した場合は予告が外れることもある。
天衣無縫の極み
三つの扉のひとつ。無我の奥にある最後の開かずの扉。数十年前に伝説のプレーヤーでありリョーマの父・越前南次郎のみが開いた。乾の強引な解釈によると、無我の力を体内にためこみ、何らかの形で体の必要なところに放出して増幅させる技。百錬自得の極みを適材適所に移動させた進化版と推測した。
その一方で越前南次郎は「天衣無縫の極みなんて最初からない。強いて言うならテニスを始めたばかりの『テニスが楽しくてしょうがない』時期は誰もが天衣無縫を持っていた」と言う。この言葉から類推するに、勝つため・ミスをしないためのプレーよりも、純粋にテニスを楽しむためのプレーこそが天衣無縫であるといえる。

メディア展開[編集]

小説[編集]

2002年以降、〈ジャンプ ジェイ ブックス〉より6作の小説化作品が発表されている。執筆は1・2作目を影山由美、3 - 5作目を岸間信明が担当。6作目は劇場アニメの小説化であり、アニメ脚本を執筆した前川淳志茂文彦が担当した(書誌情報については#書誌情報を参照)。

  1. テニスの王子様 The Prince has come
  2. テニスの王子様 Begin the battle!!
  3. テニスの王子様 SPECIAL A day of the survival mountain
  4. テニスの王子様 The gift has awaked!
  5. テニスの王子様 The gift has exploded!
  6. 劇場版テニスの王子様 二人のサムライ The first game

アニメ[編集]

いずれもテレビ東京系列で放送。

テニスの王子様
2001年10月10日から2005年3月30日にかけて放送。
新テニスの王子様[4]
2012年1月4日から同年3月28日にかけて放送。

ラジオ[編集]

アニメ版の声優によるラジオ番組。メインパーソナリティーはマンスリーで交代する(2009年5月現在)。文化放送/毎週日曜23:00 -

ゲーム[編集]

アニメをベースとしたトレーディングカードと原作及びアニメをベースとした多数のコンピュータゲームが発売されている。製作は全てコナミが担当。

楽曲[編集]

キャラクターソング[編集]

多くのタイトルが発売され、その数はゲーム、ミュージカルを除いても300タイトルを越える[注 1]。声優自身が作詞、作曲を手がけることもあり、また原作者である許斐剛も歌詞や楽曲を提供している[注 2]

キャラクターソングとしては楽曲の幅が広く、オリジナルはもとより『バレンタイン・キッス』のような著名な懐メロのカバーから演歌民謡までリリースされている。ゲームオリジナル曲も多数あるが、そのほとんどがCD化されていない。

通算100タイトル目である跡部景吾の『理由/E気持』は、2005年4月11日付オリコンウィークリーチャートにて初登場9位にランクイン[注 3]。(99タイトル目までの)キャラクター・ソングの中で最も売れたのは、青酢の『WHITE LINE』で、5万枚以上を売り上げている[7]

サウンドトラック[編集]

テレビアニメ・劇場版・コンピュータゲームのサウンドトラックが発売されている。

ミュージカル[編集]

通称テニミュ。 2003年から2010年にかけて「ミュージカル・テニスの王子様」が公演され、完結。以降2011年よりまた一から新たな演出で描く「2ndシーズン」が開始した。

実写映画[編集]

実写映画 テニスの王子様
監督 アベユーイチ
脚本 羽原大介
アベ・ユーイチ
原作 許斐剛
出演者 本郷奏多
城田優
岸谷五朗
音楽 岩代太郎
主題歌 Yellow Cherry「一歩目」
撮影 清久素延
編集 宮島竜治、森下博昭
製作会社 「テニスの王子様」実写製作委員会[8]
配給 松竹
公開 日本の旗 2006年5月13日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2006年5月13日松竹マーベラスエンターテイメントなどにより実写映画化。全国ロードショー。

キャスト[編集]

青学のキャストは、越前リョーマ役の本郷奏多を除いて「ミュージカル・テニスの王子様」青学2代目キャストが務めた。氷帝のキャストは、跡部景吾役の載寧龍二を除いてテニス経験者の俳優が務めた。また、「ミュージカル・テニスの王子様」の「The Imperial Match 氷帝学園」までに出演したキャストが多く出演している。

配役についてはテニスの王子様の登場人物を参照。

原作との相違点の一例[編集]

  • リョーマの性格や青学に入学した経緯に違いがある。
  • 桜乃が登場しない代わりに檜垣紫音が登場する。
  • 堀尾・加藤・水野は登場しない。
  • スミレが若い女性教諭となっており、南次郎の後輩にあたる。
  • リョーマの初めての校内ランキング戦で、海堂ではなく桃城と対戦する。
  • 海堂が越前のことを気にかけている。
  • 不動峰戦後、かわむら寿司にリョーマが来ない(入り口まで来るが入らずに帰ってしまう)。
  • 氷帝戦ダブルス2に大石・菊丸ペアが出場し敗戦、ダブルス1の乾・海堂ペアが勝利する。
  • ムーンボレーを打つ前のカラカラの動作が、ブーメランスネイクに適用されている。
  • 控え選手対決では日吉ではなく、檜垣紫音の兄であるエガテ・マクラウド・檜垣と対戦する。

実写ドラマ(中国)[編集]

2008年中国で「網球王子」のタイトルで実写ドラマ化。7月25日より放送開始、全22話(初回放送は北京五輪までに終わらせる為に全21話になっている)。東南アジア(タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール等)韓国・日本での放送も予定されている[9]。一部の設定が原作とは異なる。 視聴率が非常に良かったため、続編にあたる「加油!網球王子(網球王子IIから改題)」も製作された(2009年8月28日放送開始)。

役名・キャスト[編集]

  • 越前リョーマ→竜馬 - 秦俊杰
  • 手塚国光→鐘国光 - 柏栩栩
  • 乾貞治→銭真智 - 王伝君
  • 不二周助→周助 - 陳澤宇
  • 河村隆→何春竜 - 薛皓文
  • 菊丸英二→鞠万 - 毛方圓
  • 大石秀一郎→石毅 - 張超
  • 桃城武→陶成武 - 楊徳民
  • 海堂薫→陳海堂 - 張殿菲
  • 堀尾聡史→黄覚偉 - 向鼎
  • 跡部景吾→季歩 - 巫迪文
  • 亜久津仁→王亜津 - 鐘凱
  • 不二裕太→周裕 - 魏斌
  • 観月はじめ→関越 - 張暁晨
  • 許 飛剛 英語名Andy Xu - 顧暁東(番組プロデューサー)

海堂薫→陳海堂(チェン・ハイタン)のように原作の漢字を生かしたもの、跡部景吾(中国語読みがジブ・ジンウー)→季歩(ジ・ブ)・乾貞治(チェン・ジェンチー)→銭真智(チェン・ジェンチー)のように原作の漢字を中国語として読んだ時と同じ発音の他の漢字を当てたものとが混在している。

原作との相違点の一例[編集]

[4]

  • 舞台は中国であり、登場人物の名前・通り名、学校名も中国風のものとなっている(前者は上記参照)
  • 青学始めとする各校は大学であり、テニス部員達も大学生
  • 青学の制服が学ランではなくブレザー
  • リョーマの同級生の人数(3人→1人)
  • 一部人物の髪型(例:大石がウェーブのかかった茶髪のショート、堀尾がカチローのようなオカッパ頭)
  • 一部女性キャラクターの設定(スミレが壮年の女性教諭で南次郎とは知り合い、桜乃とは叔母姪の関係・桜乃が絵画を嗜む美術部員・朋香が学内広報の記者)
  • 南次郎の現在の職業(寺の住職→専業主夫)
  • カルピンの品種(ヒマラヤン→トラの子猫)
  • リョーマが氷帝と邂逅する時期
  • リョーマが氷帝を高く評価し、打倒氷帝に執着している
  • 杏と桃城・青学の因縁
  • 橘桔平がスポットの使い手であり、地区大会でリョーマの対戦相手となる
  • リョーマが入部した時点で裕太はまだ青学に在籍しており、大会直前に転校する
  • 山吹の部長が亜久津(南・東方は特に役職には就いていない一選手)
  • 河村家の家業の変更(寿司屋→中華料理店)
  • 河村が父親から料理人修行のためにテニス部を止める事を迫られている
  • 河村にラケットを持つと性格が変わる設定は無い
  • オリジナルキャラクター「小波」の存在

その他[編集]

  • 主要キャストは人気オーディション番組「加油!好男児」の上位入賞者が多く起用されている。
  • KIRINがスポンサーに付いているため、中国においてKIRINアミノサプリを買うと総計3600名に網球王子グッズが当たる大々的なキャンペーンが行われた。
  • 実写映画版、ミュージカル版を製作したマーベラスエンターテイメントは本作の製作に関わっていない。
  • 2作目の「加油!網球王子」では六角大学のコーチ役として、四大大会男子最年少優勝記録を持つ、マイケル・チャンが出演。練習試合の形式でツバメ返しやスネイクをコミカルに打ち返したり、プロの世界の厳しさなどを語ったりしている。

オフィシャルイベント[編集]

青春学園庭球祭’03
2003年3月30日、有明コロシアムで行われたコナミ主催によるイベント。週刊少年ジャンプに応募したうちの当選者のみ無料招待された。矢尾一樹高橋美佳子が司会。青学レギュラー9名全員の声優、他校キャラクター数名の声優及び、原作者である許斐剛が参加。
この模様はPS2用ゲーム「SWEAT & TEARS 2」の特典DVDに収録されている(コナミ殿堂セレクション版には同梱されていない)。
テニスの王子様 青春学園中等部入学式
2004年3月27日、新宿文化センターで行われたコナミ主催によるイベント。ゲームソフト「SWEAT & TEARS 2」、「Kiss of Prince ICE」、「Kiss of Prince Flam」、「みんなの王子様」についている3枚の応募券を集めて応募したうちの2000名のみ無料招待された。
矢尾一樹が教頭として司会進行を務め、青学レギュラー9名全員の声優、氷帝から3名の声優が参加した。
テニスの王子様 100曲マラソン
2008年3月16日、パシフィコ横浜にて、「テニスの王子様Original Video Animation 全国大会篇 Final」製作決定記念」として開催。主催は「テニスの王子様プロジェクト」。声優33名と原作者の許斐剛が参加した。2008年6月25日DVD発売。
テニプリフェスタ2009
2009年9月6日、有明コロシアム&イベント広場にて、「「テニスの王子様」OVA全国大会完結記念」として昼夜2回開催。2010年1月27日DVD発売。
テニプリフェスタ2011 in 武道館
2011年1月22日・23日、日本武道館にて『テニスの王子様』アニメ10周年記念プロジェクト第1弾として3回開催。2011年5月27日DVD発売。2011年6月6日付オリコン週間DVD総合第1位。
テニプリフェスタ2013

放課後の王子様[編集]

放課後の王子様
ジャンル ギャグ漫画4コマ漫画
漫画
原作・原案など 許斐剛
作画 佐倉ケンイチ
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表期間 2008年12月号 - 連載中(2011年11月現在)
巻数 既刊3巻(2013年9月現在)
テンプレート - ノート

『テニスの王子様』をパロディ化したトリビュート企画の4コマ漫画作品。原案・監修:許斐剛、漫画:佐倉ケンイチにより、『ジャンプスクエア』(集英社)2008年12月号より連載中。

基本的にはギャグ漫画で、内容は『テニスの王子様』の登場人物の知られざる一面を見せる日常ものとなっている。また、本編の設定を補完しているところもある。

2011年7月には『テニスの王子様』のアニメ版と同じキャストによるラジオドラマがジャンプ専門情報番組「サキよみ ジャンBANG!」にて放送され、2011年8月から集英社ヴォイスコミックステーションサイト「VOMIC」にて無料配信されている

書誌情報[編集]

漫画本編[編集]

全て集英社からの発行。特記のない限り著者は許斐剛

ガイドブック[編集]

全て集英社からの発行。特記のない限り著者は許斐剛

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年10月10日発売、テじゃ俺300『Brave heart』が通算300枚目となった[5]
  2. ^ 不二周助のミニアルバム『BREATH』では作曲に、不二周助のアルバム『eyes』、越前リョーマのアルバム『cool E』、シングル『Dear Prince〜テニスの王子様達へ〜』では作詞を手がけている。
  3. ^ COUNT DOWN TV2005年4月9日放送分でも初登場9位にランクインしている[6]

出典[編集]

  1. ^ “新テニスの王子様 : 12年1月からテレビアニメ化 10月からOVAも地上波初放送”. まんたんウェブ. (2011年9月3日). オリジナル2012年7月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/z8cB 2011年9月3日閲覧。 
  2. ^ ムービック商品紹介より[1]、アニメイト通信販売サイト商品紹介より[2]、テニスの王子様 KONAMI商品総合サイトより[3]
  3. ^ アニメイト情報誌『きゃらびい』2004年12月号、2005年12月号、2006年12月号、2007年12月号、2008年12月号 年間売り上げランキングより
  4. ^ 高校生との戦いを描く「新テニスの王子様」TVアニメ化決定”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年9月2日). 2011年11月5日閲覧。
  5. ^ Brave heart:”. ティー ワイ エンタテインメント. 2012年3月18日閲覧。
  6. ^ TBS”. TBS. 2008年11月2日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 2005年3月20日深夜(3月21日早朝)にラジオ大阪で放送された『インターチャネルプレゼンツ 祝100タイトル達成 諏訪部順一のグッドバイからはじめよう』の松井伸太郎プロデューサーの発言によるもの。
  8. ^ ネルケプランニングマーベラスエンターテイメントNASスカパー・ウェルシンク集英社松竹テレビ東京インターチャネル
  9. ^ 期待のイケメン集結!ドラマ版「テニスの王子様」ついに登場―上海市

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ テニスの王子様/1|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  2. ^ テニスの王子様/2|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  3. ^ テニスの王子様/3|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  4. ^ テニスの王子様/4|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  5. ^ テニスの王子様/5|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  6. ^ テニスの王子様/6|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  7. ^ テニスの王子様/7|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  8. ^ テニスの王子様/8|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  9. ^ テニスの王子様/9|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  10. ^ テニスの王子様/10|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  11. ^ テニスの王子様/11|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  12. ^ テニスの王子様/12|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  13. ^ テニスの王子様/13|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  14. ^ テニスの王子様/14|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  15. ^ テニスの王子様/15|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  16. ^ テニスの王子様/16|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  17. ^ テニスの王子様/17|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  18. ^ テニスの王子様/18|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  19. ^ テニスの王子様/19|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  20. ^ テニスの王子様/20|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  21. ^ テニスの王子様/21|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  22. ^ テニスの王子様/22|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  23. ^ テニスの王子様/23|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  24. ^ テニスの王子様/24|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  25. ^ テニスの王子様/25|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  26. ^ テニスの王子様/26|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  27. ^ テニスの王子様/27|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  28. ^ テニスの王子様/28|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  29. ^ テニスの王子様/29|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  30. ^ テニスの王子様/30|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  31. ^ テニスの王子様/31|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  32. ^ テニスの王子様/32|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  33. ^ テニスの王子様/33|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  34. ^ テニスの王子様/34|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  35. ^ テニスの王子様/35|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  36. ^ テニスの王子様/36|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  37. ^ テニスの王子様/37|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  38. ^ テニスの王子様/38|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  39. ^ テニスの王子様/39|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  40. ^ テニスの王子様/40|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  41. ^ テニスの王子様/41|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  42. ^ テニスの王子様/42|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月11日閲覧。
  43. ^ 新テニスの王子様/1|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  44. ^ 新テニスの王子様/2|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  45. ^ 新テニスの王子様/3|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  46. ^ 新テニスの王子様/4|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  47. ^ 新テニスの王子様/5|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  48. ^ 新テニスの王子様/6|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  49. ^ 新テニスの王子様/7|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年1月5日閲覧。
  50. ^ 新テニスの王子様/8|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年1月5日閲覧。
  51. ^ 新テニスの王子様/9|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年10月8日閲覧。
  52. ^ 新テニスの王子様/10|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2013年4月4日閲覧。
  53. ^ 新テニスの王子様/11|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2013年9月4日閲覧。
  54. ^ 新テニスの王子様/12|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2014年5月18日閲覧。
  55. ^ 新テニスの王子様/13|許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2014年8月4日閲覧。
  56. ^ テニスの王子様 Season1/1|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  57. ^ テニスの王子様 Season1/2|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  58. ^ テニスの王子様 Season1/3|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  59. ^ テニスの王子様 Season1/4|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  60. ^ テニスの王子様 Season1/5|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  61. ^ テニスの王子様 Season1/6|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  62. ^ テニスの王子様 Season1/7|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  63. ^ テニスの王子様 Season1/8|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  64. ^ テニスの王子様 Season1/9|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  65. ^ テニスの王子様 Season1/10|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  66. ^ テニスの王子様 Season1/11|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  67. ^ テニスの王子様 Season1/12|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  68. ^ テニスの王子様 Season2/1|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  69. ^ テニスの王子様 Season2/2|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  70. ^ テニスの王子様 Season2/3|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  71. ^ テニスの王子様 Season2/4|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  72. ^ テニスの王子様 Season2/5|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  73. ^ テニスの王子様 Season2/6|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  74. ^ テニスの王子様 Season2/7|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  75. ^ テニスの王子様 Season2/8|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  76. ^ テニスの王子様 Season2/9|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  77. ^ テニスの王子様 Season2/10|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  78. ^ テニスの王子様 Season2/11|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  79. ^ テニスの王子様 Season2/12|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  80. ^ テニスの王子様 Season3/1|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  81. ^ テニスの王子様 Season3/2|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  82. ^ テニスの王子様 Season3/3|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  83. ^ テニスの王子様 Season3/4|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  84. ^ テニスの王子様 Season3/5|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  85. ^ テニスの王子様 Season3/6|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  86. ^ テニスの王子様 Season3/7|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  87. ^ テニスの王子様 Season3/8|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  88. ^ テニスの王子様 Season3/9|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  89. ^ テニスの王子様 Season3/10|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2012年10月13日閲覧。
  90. ^ テニスの王子様 Season3/11|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2013年5月3日閲覧。
  91. ^ テニスの王子様 Season3/12|愛蔵版コミックス|” (n.d.). 2013年5月3日閲覧。
  92. ^ 放課後の王子様/1|佐倉 ケンイチ/許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年11月5日閲覧。
  93. ^ 放課後の王子様/2|佐倉 ケンイチ/許斐 剛|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年8月6日閲覧。

関連項目[編集]

  • ジョック - 作中において多く登場している。

外部リンク[編集]