竹中直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけなか なおと
竹中 直人
生年月日 1956年3月20日(58歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 A型
職業 俳優タレントコメディアン
映画監督歌手
多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
配偶者 木之内みどり
事務所 レディバード

竹中 直人(たけなか なおと、1956年3月20日 - )は、神奈川県横浜市金沢区富岡出身の俳優タレントコメディアン映画監督歌手多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授レディバード所属。妻は元アイドル歌手女優木之内みどり左利き

来歴[編集]

経歴[編集]

横浜市立富岡小学校、関東学院六浦中学校関東学院六浦高等学校を卒業後、東京藝術大学美術学部を受験し二浪するも果たせず。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科に入学し卒業。

大学在学中は映像演出研究会に所属。8ミリ映画の制作に没頭し、監督から出演までこなした(ブルース・リーをモチーフにした作品が多く、代表作は「燃えよタマゴン」「燃えよタマゴン2」)。大学在学中の1977年、『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝き、芸能界入り。1978年劇団青年座に入団。

その後、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の素人参加コーナーにてモノマネ芸でチャンピオンとなり注目される。当時の持ちネタでは「笑いながら怒る人」が有名。1979年12月に、『欽ちゃんの仮装大賞』の第一回でモノマネを披露(タイトルは「松田優作ドラキュラ」)、番組初の不合格となる。

芸能界入り後の活動[編集]

1983年、テレビ朝日『ザ・テレビ演芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」でグランドチャンピオンになり脚光を浴びる。普段は辛口な評論をする司会の横山やすしからも絶賛された。その後、数多くのコント・バラエティ番組に出演し、1985年にはシティーボーイズいとうせいこう宮沢章夫らと演劇ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」(RGS)を結成。1989年からTBS深夜番組「東京イエローページ」の司会を務める。1990年に青年座を退団後、劇作家の岩松了と舞台「竹中直人の会」を開始、2002年までほぼ一年に一度のペースで公演を行う。

1991年つげ義春の漫画『無能の人』を映画化する際、奥山和由に才能を見出されて主演を務めると共に監督にも抜擢され、同作にて映画監督デビュー。1996年NHK大河ドラマ秀吉』で主演の豊臣秀吉役を務めた。同作は平均視聴率30%を超え、後にモビットのCMで竹中が秀吉役を演じたり、パチスロ機『竹中直人のパチスロ太閤記』が登場するなど、反響が大きかった。テレビ朝日敵は本能寺にあり』(2007年12月放送)においても、再び秀吉を演じており、18年後のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(2014年放送)でも秀吉を演じる。1999年遠藤周作を主人公とした遠藤夫人の回顧録が原作のTBSドラマ『夫の宿題』に遠藤周作役で出演。

また、同じTBSにおいて、全日空(『GOOD LUCK!!』・2003年1月放送)と日本航空(『ボイスレコーダー〜残された声の記録〜ジャンボ機墜落20年目の真実』・2005年8月12日放送)の両方のパイロットの役(後者はJAL123便事故に関わった実在の元日本航空パイロット)を演じた。

人物[編集]

  • 趣味はギター映画ビデオDVD収集など。
  • 好きな音楽は忌野清志郎フィッシュマンズクラムボンホフディランSUPER BUTTER DOGなど。
  • かつては漫画家やフォークシンガーを目指していて、高校・大学時代には、フォークデュオ古井戸」のコピーバンドをやっていた。幼少時から絵を描くのが趣味であったという。
  • 歌手としても高橋幸宏プロデュースのアルバム『MERCI BOKU』、『イレイザーヘッド』などを発表。2006年年7月、竹中直人&ワタナベイビーとして、「今夜はブギーバック」をカバー(プロデュース・スチャダラパー)。
  • 映画「サヨナラCOLOR(2005年)」は、SUPER BUTTER DOGの同名曲をもとに制作された。
  • 忌野清志郎とは親交が深く、2009年5月2日に忌野が他界、同年5月9日に行われた忌野の告別式では「僕は忌野清志郎の友達なんだぜと、世界中の人たちに自慢したいです」と、号泣しながら弔辞を読み上げた。
  • 119』や『秀吉』で共演した赤井英和とは、親友と呼べる仲である。『おしゃれカンケイ』に赤井がゲスト出演した際、「大好きな赤井君」という手紙を書いたほどである。
  • 加山雄三のファン。モノマネやコントに取り入れたほか、楽曲のカヴァーや本人と共演も果たしたことがある。
  • ドラマではなぜか外国人の役をすることが多い(神の雫のだめカンタービレなど)。
  • 話の流れを知ってて演じるのが嫌い。明日のことを分からないで生きているのに、演じるときに把握してるのが嫌で台本は読み込まない。[1]
  • コメディアンとしては『東京イエローページ』、『竹中直人の恋のバカンス』、『デカメロン』などに出演。番組終了後もCSにおける再放送やDVDソフト化が実現した。その他様々なラジオパーソナリティバラエティ番組などの司会を担当している。
  • 笑っていいともテレフォンショッキングなどバラエティ番組のゲスト出演の際は、何らかのキャラクターに変装して「竹中直人に代わって~」と言って登場するのが慣例となっている。
  • 文芸評論家の武藤康史は竹中のエッセイを高く評価している。
  • 2003年、47歳にして普通自動車運転免許AT限定を取得。
  • 2006年4月、母校である多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授に就任していたことを本人の公式ホームページで、2010年4月11日に初めて明かした。
  • 妻・木之内みどりとの間に2人の子供(1男、1女)がいる。
  • プロポーズの言葉は、「一緒に年を重ねていこう」だったという。
  • 木之内みどりとの結婚前に美保純と交際して結婚寸前までいったが破局。
  • Shall we ダンス?』に出演後、オリバー・ストーンからオファーがあったが、アメリカで約半年間の拘束があることから断った。理由は、「家族とそんなに長い間離れていたくないから」。今後も長期間そういう状況になるようであれば、ハリウッド進出は考えていないとのこと。
  • 母方の祖父が、1942年に発生した横浜港ドイツ軍艦爆発事件で死亡している。

監督作品[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ビデオ作品[編集]

劇場版アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • ONE PIECE(2009年、フジテレビ) - 金獅子のシキ 役

OVA[編集]

ゲーム[編集]

日本語吹き替え[編集]

舞台[編集]

  • 青年座公演「どん底」
  • 青年座公演「パラダイス・オブ・ギンザ」
  • 青年座公演「写楽考」
  • 竹中直人の会 旗揚げ公演「隣の男」
  • 竹中直人の会 第2回公演「鉢植を持つ男」
  • 竹中直人の会 第3回公演「市ヶ尾の坂〜伝説の虹の三兄弟〜」
  • 竹中直人の会 第4回公演「こわれゆく男〜中産階級の然るべき頽廃」
  • 竹中直人の会 第5回公演「月光のつヽしみ」
  • 竹中直人の会 第6回公演「テレビ・デイズ」
  • 竹中直人の会 第7回公演「水の戯れ」
  • 竹中直人の会 第8回公演「隠れる女」
  • 蜷川幸雄演出「四谷怪談」
  • 竹中直人の会 第9回公演「月光のつヽしみ」(2002年)
  • 竹中直人の会 改メ 竹中直人の匙かげん1「唐辛子なあいつはダンプカー!」(2004年)
  • 竹中直人 ハードボイルド・ソーセージ in 下北沢(2005年)
  • 竹中直人の匙かげん2「そう。」(2006年)
  • 竹中直人の匙かげん3「三人の女」(2008年)
  • 劇団EXILE W-IMPACT「レッドクリフ 〜愛〜」 - 曹操 役(2011年)
  • CBGK Premium Stage リーディングドラマ『Re:』(2012年)

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

音楽活動[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • かわったかたちのいし(1984年)
  • 24HOURS+レスラー
  • 竹中直人の君といつまでも(1995年)
  • siesta?
  • MERCI BOKU(1995年)
  • イレイザーヘッド(1996年)
  • MERCI BOKU,UNPEU BOKU〜LIVE IN JAPAN(1995年)
  • 口笛とウクレレ(2000年)関口和之 featuring 竹中直人
  • 口笛とウクレレ2(2008年)関口和之 featuring 竹中直人、分山貴美子

参加作品[編集]

  • 唐辛子なあいつはバンドマン(MEN'S 5、2004年) - 収録曲の「そっちの方がスゲェー!!」、「俺は唐辛子」のメインボーカル
  • 友情のエール(2006年) - 世界中の子供達にサッカーボールを届けるというチャリティー企画「YELL FROM NIPPON」に参加

著書[編集]

  • 芸の無原理(1985年6月) - ねじめ正一との共著
  • 無能の人』のススメ(編集担当、1991年12月)
  • 少々おむづかりのご様子(1993年12月)
  • 朱に交わればしゅらしゅしゅしゅ(1994年11月)
  • 映画日和(岩松了との共著、1997年10月)
  • 月夜の蟹(2000年11月、改題『直人の素敵な小箱』)
  • おぢさんの小さな旅?(絵本、2006年3月)

受賞歴[編集]

コメディアンとして

俳優・映画監督として

主なネタ・ものまね・キャラクター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ INLIFE 有名人が語る男前の条件「竹中直人」
  2. ^ 豪華ゲストキャスト発表!”. 映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」公式サイト. 2012年9月15日閲覧。
  3. ^ 竹中直人、ヒーローを率いる“謎の男”に”. 読売新聞 (2012年5月24日). 2012年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]