デイドリーム (モンキーズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイドリーム
モンキーズシングル
リリース 1967年
ジャンル ポップス
レーベル Colgems
作詞・作曲 ジョン・スチュワート
プロデュース チップ・ダグラス
チャート最高順位
テンプレートを表示

デイドリーム」(原題: "Daydream Believer")は、アメリカアイドルグループモンキーズ1967年リリースしたシングル。「デイドリーム・ビリーバー」とも表記する。作詞および作曲は、元キングストン・トリオ(The Kingston Trio) のジョン・スチュワート(John Stewart) 。 本稿ではタイマーズによるカバー盤についても併記する。

解説[編集]

プロデューサーのチップ・ダグラス(Chip Douglas) は、ハリウッドで開かれたパーティーで友人のジョン・スチュワートと出会った。当時、ダグラスはモンキーズのプロデューサーを務めていたため、モンキーズに相応しいよい楽曲を持っているかをスチュワートに尋ねた。スチュワートは、かつてスパーキー・アンド・アワ・ギャング(Spanky and Our Gang) に提供しようとしたが却下された楽曲「デイドリーム」をダグラスに聴かせた。ダグラスは、この曲がヒットすることを予感したが、一部の歌詞について納得ができなかったため、スチュワートにその箇所を変更させた。

「デイドリーム」は、1967年にアルバム『Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd. 』のために録音されたが、結局そのアルバムには収録されなかった。そして、1968年のアルバム『The Birds, The Bees & the Monkees 』に収録された。演奏は、デイビー・ジョーンズがリード・ボーカルを、マイク・ネスミスがリード・ギターを、ピーター・トークがピアノを、そしてミッキー・ドレンツがバック・ボーカルを担当し、ジャズ・トランペッターのショーティ・ロジャーズ(Shorty Rogers) がアレンジを行った。ジョーンズは最初この曲に可能性を感じることができず、録音時は不快な感情のままで歌っていたと、後に認めている[1]。しかし、この曲がヒットしたため、ジョーンズの感情も変わっていった。

ビルボード』誌では、1967年12月2日に週間ランキング第1位を獲得した。1967年年間ランキングは第6位となり、モンキーズにとって、「アイム・ア・ビリーヴァー」("I'm a Believer") に次ぐヒット曲となった。

タイマーズ盤[編集]

デイ・ドリーム・ビリーバー
〜DAY DREAM BELIEVER〜
THE TIMERSシングル
収録アルバム THE TIMERS
B面 3部作(イ 人類の深刻な問題、ロ ブーム ブーム、ハ ビンジョー)
リリース 1989年10月11日
規格 7インチ、8cmCD
録音 -
ジャンル ロック
レーベル 東芝EMI
チャート最高順位
THE TIMERS シングル 年表
デイ・ドリーム・ビリーバー
(1989年)
ロックン仁義
(1989年)
テンプレートを表示

日本のロックミュージシャン、忌野清志郎らによるロックバンドタイマーズの1989年のシングル。歌詞は日本語となっており、タイトルは『デイ・ドリーム・ビリーバー』。

収録曲[編集]

  1. デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER〜(日本語詞:ZERRY)
    1989年エースコック「スーパーカップ」CF曲。
    2006年サントリーサントリーモルツ」CF曲。
    2011年〜 セブンイレブンCF曲。
  2. 3部作(イ 人類の深刻な問題、ロ ブーム ブーム、ハ ビンジョー)(作詞・作曲:ZERRY)
    ○にイ、ロ、ハが正式表記
    「人類の深刻な問題」「ブーム ブーム」「ビンジョー」の3曲をメドレー形式にした曲。

その他カバー[編集]

収録作品は初出のもののみ記載する。△…モンキーズ盤のカバー。◇…タイマーズ盤のカバー。

日本語訳詞は高柳恋
日本ではのちにベストアルバムに収録された。
NTT西日本フレッツ・光」CF曲。
歌詞はタイマーズ盤をベースとし、亡くなった忌野清志郎に捧げる歌詞になっている。テレビ東京系ゴッドタン』2011年7 - 9月度エンディング曲。
フジロック・フェスティバル』出演時にサプライズとして初めて披露した。

脚注[編集]

  1. ^ "You can tell from the vocal that I was pissed off!" Davy Jones, The Monkees Tale, Last Gasp Press, 1986

参考文献[編集]