エースコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エースコック株式会社
Acecook Co.,Ltd.
Kamiya sin-midou building.jpg
エースコック本社の入居する紙谷新御堂ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
564-0063
大阪府吹田市江坂町1丁目12番40号
設立 1954年昭和29年)1月20日
業種 食料品
事業内容 即席麺・スナック麺・乾麺・スープおよび調味料等の製造販売
代表者 代表取締役社長 村岡寛
資本金 19億2,435万円
売上高 877億円(国内521億円 海外356億円)(2012年12月期)
従業員数 679名(2012年12月末現在)
決算期 毎年12月
主要子会社 エースコックベトナム
関係する人物 村岡慶二(創業者)
外部リンク http://www.acecook.co.jp/
特記事項:1948年(昭和23年)4月1日にパン製造販売業として創業、1964年(昭和39年)より現社名に。
テンプレートを表示

エースコック株式会社Acecook Co.,Ltd.)は、大阪府吹田市江坂町に本社を置くインスタントラーメンの製造販売を行なう企業である。フライパンを持ったコックの姿をしたこぶたのシンボルマークで知られる。

概要[編集]

創業者の村岡慶二1948年(昭和23年)に大阪市住吉区パンの製造販売をする龍門製パン所を設立する。その後しばらくして、1954年(昭和29年)には、ビスケットの製造販売をする梅新製菓を設立すると共に、一方でインスタントラーメンの製造を開始する。1959年(昭和34年)にはその第一号となる「料理の上手なコック」という意味の「エースラーメン」が発売される。1963年(昭和38年)には、「ワンタンメン」を発売。同業者である日清食品の「チキンラーメン」と共に、現在まで発売され続けるロングセラー商品となる。

「ワンタンメン」を「エースコック」と呼ぶ人がいるほど[要出典]インスタントラーメンメーカーとしての歴史は長く、1973年(昭和48年)に発売され、現在は東北限定商品として発売されている「シュリンプヌードル」、1983年(昭和58年)に発売され、現在も発売されている「わかめラーメン」、1988年(昭和63年)に発売され、今日まで発売され続ける大盛り(俗に言う「がっつり系」)カップ麺のパイオニアである「スーパーカップシリーズ」(当時は1.5がついていた)、「大盛りいか焼そば」(2000年以降「スーパーカップシリーズ」に吸収される)など、息の長い製品も多い。また、業界でカレー味のカップ麺を初めて開発したのも当社であり、その「カレーヌードル」は現在は東北限定商品として発売されている。

1993年(平成5年)にはベトナムに現地法人を設立し、インスタントラーメン「ハオハオ」を発売する。これが瞬く間に大ヒットし、ベトナム一のインスタントラーメン会社としての地位を築いた。その他、近年のメタボリックシンドロームなどに代表される成人病生活習慣病問題や低カロリー志向の高まりから、2002年(平成14年)に「はるさめヌードル」シリーズを発売(その後、2005年に姉妹商品として「スープはるさめ」シリーズも発売。ちなみに2010年現在、同社の一番の売れ筋商品とされている)。これもドラッグストアなどで安定したベストセラー商品となっている。2007年(平成19年)にはエースコックの3割の利益をベトナムで得ている。2010年(平成22年)のベトナム内でのシェア率は約65%となっており、ベトナム国内で最大手となっている。

サンヨー食品などと並び、東京証券取引所に株式を上場していない即席麺メーカーである。

沿革[編集]

  • 1948年 創業者・村岡慶二が大阪市住吉区でパン製造販売を開始。
  • 1954年 梅新製菓株式会社を設立。ビスケット製造販売業を開始。
  • 1959年 即席麺の製造を開始し、エースラーメンを発売。
  • 1960年 エース食品株式会社に商号変更。
  • 1963年 エースコックワンタンメン発売
  • 1964年 エースコック株式会社に改名し、現在に至る。
  • 1981年 サンヨー食品と業務提携。2014年現在も提携中。

工場[編集]

事業所[編集]

主な商品[編集]

袋麺[編集]

カップ麺(地方限定商品および期間限定商品を含む)[編集]

  • ワンタンメンシリーズ
  • わかめラーメンシリーズ
    • わかめラーメン ごま・しょうゆ味
    • わかめラーメン ごま・あっさりみそ味
  • ノンフライわかめラーメンシリーズ(2010年9月より販売開始。当初は北海道限定だったが2011年9月12日のリニューアルおよびみそ味の追加に伴い東北でも販売。その後2012年3月以降より正式に全国商品に昇格した)
    • ノンフライわかめラーメン・しょうゆ
    • ノンフライわかめラーメン・みそ
  • のりラーメン
  • 担担麺
  • 力うどん(現在は北陸を中心に販売)
  • もちもちラーメン(現在は北陸を中心に販売)
  • スーパーカップ1.5シリーズ(2009年8月17日にリニューアルし、2014年7月にはシゲキテキな噛みごたえのカドメンの名を加えてリニューアル)
    • 成熟味噌
    • 鶏ガラ醤油
    • 濃コクとんこつ
    • 超大盛スーパーカップ2.0シリーズ
      • 超大盛スーパーカップ2.0 天ぷらきつねそば
      • 超大盛スーパーカップ2.0 天ぷらきつねうどん
    • スーパーカップEXシリーズ
    • 大人のスーパーカップシリーズ
    • 冬のスーパーカップ1.5シリーズ(冬季限定の大盛り系和風カップ麺シリーズ)
      • 冬のスーパーカップ1.5 とん汁うどん
      • 冬のスーパーカップ1.5 鶏南蛮そば
    • スーパーカップ 大盛り いか焼そば(2008年3月にスーパーカップ1.5シリーズ同様発売20周年を迎えたのに伴い、同年6月には「大盛りいか焼そば 塩味」(現在既に絶版)が追加された)
    • スーパーカップ 大盛り 中華焼そば(2013年2月4日発売。上記の「大盛りいか焼そば」の姉妹商品で醤油ベースのたれにXO醤オイスターソースなど海鮮の旨みが効いたソースにごま油の香味をプラス。かやくにはキャベツ、キクラゲ、人参が用いられる)
  • シュリンプヌードルシリーズ(全て東北を中心に販売。このうち、シュリンプヌードルとカレーヌードルは1973年に販売開始。当初は全国で販売されていた。2008年9月に発売35周年を迎えたのに伴い、パッケージデザインを大幅リニューアルし、2013年5月13日には後述する辛みそヌードルの発売に併せる形で再びパッケージデザインを大幅リニューアルした)
    • シュリンプヌードル
    • カレーヌードル(1973年に業界で初めてのカレー味のカップ麺として発売。固形カレールウが入っているのが特徴。現在は東北限定商品だが、2014年5月にビッグサイズが全国で限定発売された)
    • 海しおヌードル(2007年に販売開始。当初夏季限定商品扱いとなっていたが、2009年10月以降のリニューアル版より非限定商品に昇格した)
    • 辛みそヌードル(2013年5月13日発売。2009年3月に販売終了となったみそ味ヌードルの事実上の後継商品)
  • 大吉シリーズ(1978年に販売開始。当初は全国発売だったが、1990年代中期以降から北海道限定に)
  • 飲み干す一杯シリーズ(縦型カップ入り中華麺シリーズ。2010年現在、同社のはるさめシリーズに次ぐもうひとつの売れ筋商品とされる商品)
  • タテロング 渾身の飲み干す一杯シリーズ(CVS向けの縦型ロングカップ入り(大盛サイズに相当)中華麺シリーズ)
  • 産経新聞 それゆけ!大阪ラーメン(産経新聞大阪本社とエースコックのコラボレーションによる製品。産経新聞大阪夕刊の連載企画「それゆけ!大阪ラーメン部」で考案されたカップ麺で、大阪人好みの甘辛醤油味に仕上げている)
  • JANJANソース焼そば(2010年3月15日から発売が開始された、縦型カップのカップ焼きそば。麺にソースが練り込まれている。2011年1月には、たらこ味も発売された)
  • 夜鳴き屋シリーズ
  • あの頃の一杯シリーズ(どんぶり型カップのオープン価格商品。そのためか、100円ショップでの販売が可能となっている)
    • しょうゆラーメン
    • しおラーメン
    • きざみ揚げわかめラーメン(しょうゆ味)
    • 小海老天わかめそば
  • ヌードル グー!シリーズ(縦型カップのオープン価格商品。実質的には上記の「シュリンプヌードルシリーズ」の全国向けバージョンにあたる商品で、100円ショップでの販売が可能となっている)
    • しょうゆラーメン
    • みそラーメン
    • とんこつラーメン
    • しおラーメン
  • まる旨シリーズ(縦型カップのオープン価格商品。100円ショップでの販売が可能となっている)
    • きつねうどん
    • 小海老天そば
    • カレーうどん
  • ズバもり1.5倍(スーパーカップの廉価版で、ローソンストア100のみの販売)
    • 醤油ラーメン
    • 味噌ラーメン
    • 豚骨ラーメン
    • 塩ラーメン
    • わかめそば
  • 博多風 とんこつ焼そば 大盛り(2009年7月6日発売。同年9月までの限定商品)
  • スタイルワンユニーイズミヤフジ3社共同開発商品)ヌードルシリーズ
    • とんこつラーメン
    • きつねうどん
    • カレーうどん
※なお、スタイルワンしょうゆラーメン、シーフードラーメン及びソース焼そばはサンヨー食品が製造している。
  • 茹でたて名人(ノンフライ系カップ麺としては業界初の「多加水製麺」による製法[1]が採用されている)
    • コク醤油らぁ麺
    • コク味噌らぁ麺
    • コクしおらぁ麺
  • 味のおぐらチャンポン(宮崎・鹿児島のファミリーマートでのみ発売)
    • 宮崎県にあるチキン南蛮発祥の店として知られている老舗レストラン「おぐら」でチキン南蛮と並んで愛されているちゃんぽんの味を再現したカップちゃんぽん

☆理由は定かではないが、一時北海道で売られた「スーパーカップ1.5」にのみ、「NEOスーパーカップ1.5」と言う商品名で紙製容器を使用した物がラインアップされていた事がある。

ワンタンメン[編集]

ワンタンメンシリーズは、ヒット商品となった後も長い歴史があり、今でも食べられているロングセラー商品である。ラーメンの一種であるが、創始者の村岡が「食感の違い」によるおいしさに着目し、開発された製品である。麺の食感と具の食感を異なる状態に調整し、スープも特別に調整されている。1963年(昭和38年)に「即席ワンタンメン」として発表された。「ン」が3つも付くので運がいいと言うのがネーミングの理由。「タンメン味」「しょうゆ味」「カレー味」が製品化されている。

なお、この「ワンタン」は肉が包まれておらず、基本の物は「松茸味」。独特の風味を持ったインスタントラーメンである。

はるさめ(ノンフラワー麺)・米麺関連[編集]

その他(スープ等)[編集]

過去の商品[編集]

袋麺[2]で固形ルー付。
  • ラーメン太郎(1967年1月 - )
具としてが入っており、CMには山田太郎「新聞少年」替え歌が使用され、人気を呼んだ[3]
  • 駅前ラーメン(1967年10月 - )
パッケージの袋の応募でもらえる大判のSLシールは鉄道ファンに大人気であった。
  • カップ焼そばバンバン(1974年12月 - 1980年代
カップ焼きそばで初めて縦型カップ容器を採用した商品[4]1990年代前半に一時的に復活した。
  • 熊っこ
1970年代中期頃に発売された袋入りインスタントラーメン。当時の希望小売価格が一袋40円を切る価格設定が話題を呼んだ。
  •  アメリカン
1980年頃に発売された縦型タイプのカップ麺。一口サイズのハンバーグや星型カットのかまぼこを具材として使用し、アメリカ合衆国をイメージした内容で話題を呼んだ。しかし、既存する日清カップヌードルの牙城を崩すことができず、短期間で終売となった。
  • エースワン
関東地区限定で販売された商品[5]で、麺に微細な穴を開けた多孔質麺加工により、お湯を注いで1分で食べることが出来た。その後東海地方でも発売。しかしながら、その製造法ゆえ、麺が伸びやすいという欠点を持ち、短期間で製造・販売は終了。他社類似商品に明星食品のQUICK1(クイックワン)がある(こちらは全国販売された)。
1993年に発売。マグカップに麺とスープを入れてお湯を注ぐものである。味は「チキンタイプ」「ドゥカレーコンソメタイプ」2種類であるが、「ドゥカレーコンソメタイプ」は後発発売だった。
  • ラーメンの鉄人
  • 龍が如く 大盛り 極み焼うどん 見参!(2008年2月 - 4月)
セガのPS3用ゲームソフト「龍が如く 見参!」の発売を記念した期間限定コラボレーション商品。
  • タテロング 味わい日本! 山菜鶏そば / 牛すきうどん / 鶏そぼろのあんかけ仕立てそば / 鶏けんちんうどん / 鶏南蛮そば
  • BEER(ビア)焼そば(夏季限定商品)
  • 本焼(ホントに焼いた 本焼そば) 濃い旨どろソース焼そば 大盛り / 香ばし焼そば どろソース仕上げ 大盛り / 中華旨味焼そば
  • チューからぎゅう! 牛肉ラーメンシリーズ しょうゆ味 / みそ味 (2008年12月1日発売。2009年1月までの期間限定商品)
2008年から2009年への干支の移り変わり(子年から丑年へ)をモチーフとした商品。
  • 逸品処(いっぴんどころ) 鶏南蛮そば(期間限定商品扱いのプレミアム系和風カップ麺)
  • 九州一番星 濃厚豚骨ラーメン(2009年3月 - 5月)
セガPS3用ゲームソフト「龍が如く3」の発売を記念した期間限定コラボレーション商品。
  • あさパラ! ワンタンメンどんぶり テールスープ味
近畿限定。ytvの人気番組「あさパラ!」とのコラボレーションを実現した商品。
ローソン限定、完全限定商品。内容量は同社のスーパーカップ1.5シリーズに相当。
縦型カップ麺では珍しいノンフライ麺を使用していた。
  • みそ味ヌードル
シュリンプヌードルシリーズの派生商品。1975年に販売開始。のちに東北限定商品となり、2009年3月まで冬季に限り販売され、発売から34年の歴史に幕を下ろした。
  • スーパーカップ 大盛り にけつッ!!焼そば
2009年11月発売。読売テレビ日本テレビ系テレビ番組『にけつッ!!』とのコラボレーションを実現した商品。
  • スーパーカップ 大盛り ぶた塩焼そば
2009年2月発売。上記の「大盛りいか焼そば」の姉妹商品。
  • スーパーカップ 大盛り ソース焼そば
2012年3月5日発売。上記の「大盛りいか焼そば」の姉妹商品で具材の一部に豚肉・鶏肉の合わせミンチが用いられていた。現在既に絶版となった「本焼シリーズ」の事実上の後継商品。麺に関しては遠赤外線あぶり焼製法のほかにガッシリ3Dめんも採用されていた。
  • good-i(グッド・アイ)ヌードルシリーズ しょうゆ / とんこつ / カレー / きつねうどん
イズミヤ開発商品。「スタイルワン」ブランド切り替えのため、在庫限りで終売。
  • とろつるめかぶシリーズ(発売当初から東北を中心に販売されていた。具材には滑(ぬめ)りの強い海藻で知られるわかめの一種であるめかぶが用いられている)
    • とろつるめかぶうどん
    • とろつるめかぶそば
  • お米でもちもち ラーメン新麺組シリーズ(当初は北陸限定だったが2012年3月のリニューアルで冷やし中華が追加されたのに伴い正式に全国商品に昇格したが、先述の通り驚きのコシシリーズに取って代わられた)
    • お米でもちもち ラーメン新麺組 コク醤油味
    • お米でもちもち ラーメン新麺組 コクしお味
    • お米でもちもち ラーメン新麺組 コクみそ味
    • お米でもちもち 冷やし中華新麺組

など

キャラクター[編集]

マスコットキャラクター
こぶた
性別はオス。1959年4月生まれ。出身地は大阪。職業はコック。得意料理はラーメン。いつもフライパンを肌身離さず持っている。
初代は手に蓮華を持っていたが、1960年1月に2代目となり、フライパンに変わった。1961年4月に3代目となり、初代よりややふっくらし、1963年6月から現在の4代目となる。1996年8月にディズニー調になった5代目に交代したが定着せず、2001年8月から再び4代目のこぶたとなった。
現在のCMキャラクター(2014年9月現在)
過去のCMキャラクター(架空のキャラクターを含む)

スポンサー番組(過去のスポンサー番組を含む)[編集]

2014年平成26年)4月現在

このほか、秋田県福井県などでもローカルセールス枠スポンサーも担当している。

過去

太字は一社提供

在阪テレビ局のテレビ番組での提供が多かったが、現在は在京のテレビ番組での提供が多くなっている。

ABCラジオの平日(月 - 金曜)と土曜日の正午時報スポンサーでもある。

冠スポンサーイベント[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際のラーメン専門店が使用している製法であり、生麺のような「モチモチとした食感」を実現することができる。
  2. ^ dancyu(プレジデント社)2005年10月号:特集/「カレーラーメン」が来た! - インスタント麺の発売は、なんと1961年!カレーラーメンに歴史あり。長い雌伏のときを経て、檜舞台へ
  3. ^ インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品〔6〕 - 日経トレンディネット 2008年9月24日
  4. ^ インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品〔20〕 - 日経トレンディネット 2008年9月24日
    インスタント麺:カップ焼そばバンバン NipponStyle(小学館パブリッシング・サービス)
  5. ^ エースワン・蓋部分(ウェブ魚拓)
  6. ^ 劇中では一度だけおだてブタの代わりとして同社のワンタンメンを持ったおだてこぶた(声・山寺宏一)が登場した(第56話)。
  7. ^ がっちりマンデー!! (2012年8月26日の放送内容) TBSテレビ

外部リンク[編集]