さくら学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくら学院
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2010年 -
レーベル トイズファクトリー
(2010年12月 - 2011年12月)
ユニバーサルJ
(2011年12月 - )
事務所 アミューズ
公式サイト さくら学院
メンバー
メンバーを参照
旧メンバー
武藤彩未
三吉彩花
松井愛莉
中元すず香
杉本愛莉鈴
堀内まり菜
飯田來麗
杉﨑寧々
佐藤日向

さくら学院(さくらがくいん)は、日本女性アイドルグループアミューズ所属の選抜メンバーで2010年に結成。所属事務所はアミューズ、レーベルはユニバーサルJ

概要[編集]

学校生活とクラブ活動をテーマにアミューズから選抜の小中学生で結成された女性アイドルグループ。「アイドルを超えた、スーパーレディーになる」「卒業まで常に完全燃焼する」などを校則として掲げ、ライブ・イベント・雑誌・テレビなど多方面で活躍している。

  • グループ名の由来は、アミューズの所在地「桜丘町」から。
  • 「学校」をテーマとしたユニットであるため、メンバーのことは『生徒』、マネジャーのことは『先生』、ファンのことは『父兄』と呼ぶことになっている。

2014年6月現在のメンバーは小等部2名、中等部8名の計10名。「成長期限定ユニット」のためメンバーは原則として義務教育終了の中学3年生3月でグループから卒業するという決まりがあり、2012年3月に武藤・三吉・松井が初の卒業生としてさくら学院から卒業し、2013年3月には中元が卒業した。 杉本はモデルの仕事に専念するため、小等部卒業と同時に卒業、2014年3月には堀内・飯田・佐藤・杉﨑が卒業した。杉﨑は将来看護師になるために、さくら学院を卒業と同時に芸能界から引退した。

メンバーは、子供向けファッション雑誌「Kids Style (キッズ・スタイル)」のモデル、少女漫画雑誌「ちゃお」のちゃおガールオーディション受賞者が多い。

2010年、1stシングル「夢に向かって」でメジャーデビューを果たし、その翌年には1stアルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜』をリリースした。 初ステージは2010年8月に行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2010 @Shinagawa。そして初ステージの3ヶ月後には横浜赤レンガ倉庫にて初ワンマンライブ「さくら学院祭☆2010」を開催した。ライブ以外にもさくら学院“学校説明会”や様々な分野から有識者を招き、公開授業と題したイベントも行っている。

ライブ・イベントの際には森ハヤシが担任の先生としてMCや全体のまとめ役を務め、校長の倉本美津留は放送作家・演出家としての知識を生かし公開授業の講師なども務めている。

クラブ活動[編集]

さくら学院には派生ユニットとしてクラブ活動が存在し、それぞれが部活のテーマに合った楽曲や衣装でパフォーマンスを行っている。

バトン部 Twinklestars
2010年10月結成。初代メンバーは武藤、堀内、飯田、杉﨑、佐藤、水野、菊地の7人。
現在は水野、菊地、野津、倉島、山出の5人で活動している。
バトントワリングのパフォーマンスを行う。
2013年3月、野津が入部。
2014年9月、倉島と山出が入部。
新聞部 SCOOPERS
2010年11月28日結成。三吉、松井の2人で活動していた。
眼鏡と腕章を付けてパフォーマンスを行う。
限定ユニットとして、「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」では飯田、田口、杉﨑の3人で、「さくら学院祭☆2012」では杉本、大賀の2人で「Brand New Day」を披露。
重音部 BABYMETAL
2010年11月28日結成。メンバーはSU-METAL(中元)、YUIMETAL(水野)、MOAMETAL(菊地)の3人。中元の卒業と共に独立し課外活動になった。
ヘヴィメタル風のパフォーマンスを行う。
限定ユニットとして、「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」では堀内、三吉、松井の3人で、「さくら学院 デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You 〜」では田口、山出、大賀の3人で「ド・キ・ド・キ☆モーニング」を披露。
クッキング部 ミニパティ
2009年結成。初代メンバーは堀内、飯田、杉﨑の3人。
2011年7月にメンバーが水野、菊地、田口に交代した。
コックコートを着てパフォーマンスを行う。
ミニパティの結成はさくら学院より早いが、さくら学院の開校に伴い、クラブ活動のひとつという位置付けになった。
限定ユニットとして、「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」では武藤、中元、佐藤の3人で、「さくら学院 2013 〜白井沙樹、父兄を代表して顔笑ります!!〜」では田口、水野、菊地、野津の4人で「プリンセス☆アラモード」披露。また、「さくら学院 デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You〜」では初代メンバーで「ハッピーバースデー」と「ミラクル♪パティフル♪ハンバーガー」を披露した。
帰宅部 sleepiece
2010年11月28日結成。杉﨑、飯田、堀内の3人で活動していた。
パジャマ衣装で「めだかの兄妹」や「にんげんっていいな」等のカバー曲を歌う。
限定ユニットとして、「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」では水野、磯野、菊地の3人で、「さくら学院祭☆2013」の2部では磯野、白井、山出の3人で、「さくら学院 デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You〜」では佐藤、水野、菊地の3人で「めだかの兄妹」を披露。
テニス部 Pastel Wind
2012年8月4日結成。初代メンバーは杉﨑(部長)、堀内、田口、野津の4人。
2013年5月に堀内が退部し、大賀が入部。
ラケットを持ち、テニスウェア風の衣装でパフォーマンスを行う。
科学部 科学究明機構ロヂカ?
2012年9月1日結成。メンバーは堀内(部長)、佐藤、磯野の3人。
仮想スコープ(眼鏡)とエレメントコートスーツ(白衣)を着用してパフォーマンスを行う。
プロレス同好会
2014年9月27日結成。メンバーは田口、磯野の2人。
購買部
2014年9月27日結成。メンバーは野津、白井の2人。
正式なクラブ活動として結成される以前からライブでのMCや学院日誌などで活動を行っていた。

来歴[編集]

2010年[編集]

  • 4月、開校。
  • 5月6日、『ピュア☆ピュア(pure2)』Vol.57にてメディア初登場。
  • 6月30日、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2010」の記者発表会に堀内、飯田、杉﨑が出席。
  • 8月上旬、水野、菊地が転入。同月7日、イベント初参加。第一弾楽曲「夢に向かって」を期間限定配信。同月17日には、ニコニコ動画にて「さくら学院 公式ちゃんねる」を開設。
  • 11月28日、初の単独ライブ「さくら学院祭☆2010」開催。
  • 12月8日、IVY COMME CA、MONO COMME CAとのコラボによる新制服でメジャーデビュー[1]

2011年[編集]

2012年[編集]

  • 1月8日、初のレギュラー番組『さくら学院SUN』(東京MX)がスタート。
  • 3月25日、武藤、三吉、松井が卒業。
  • 5月6日、野津、大賀、杉本が転入。中元が生徒会長、堀内が副生徒会長、飯田が副々生徒会長に就任。
  • 8月4日、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」において、新部活動としてテニス部の発足が発表された。
  • 9月1日、公式サイトで新部活動として科学部の発足が発表された。
  • 10月1日、堀内まり菜の日誌で科学部の名前が決定。「科学究明機構ロヂカ?」と発表された。
  • 10月27日・28日、「さくら学院祭☆2012」でテニス部の名前が決定。「Pastel Wind」と発表された。

2013年[編集]

  • 1月9日、BABYMETALがメジャーデビュー。
  • 3月29日、「The Road to Graduation I 〜2012年度 さくら学院 放課後アンソロジー Live The Party〜」において、杉本の卒業を発表。
  • 3月31日、「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2012年度 卒業〜」で、中元、杉本が卒業。
  • 5月5日、白井、山出が転入。堀内が生徒会長、飯田がパフォーマンス委員長、杉﨑がトーク委員長、佐藤がムード委員長に就任。新制服を発表。
  • 5月5日、転入式にて堀内がPastel Windを退部し、変わりに大賀が入部した。
  • 11月1日、「さくら学院祭☆2013 〜前夜祭〜」で飯田、堀内、杉﨑が帰宅部を引退。
  • 12月8日、「さくら学院 デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You〜」のアンコールで武藤がサプライズ登場。

2014年[編集]

  • 3月28日、「The Road to Graduation 2013 〜放課後アンソロジー みんなでわっしょい!〜」において、杉﨑の芸能界引退を発表。
  • 3月30日、「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2013年度 卒業〜」で堀内、飯田、杉﨑、佐藤が卒業。
  • 5月5日、倉島、岡田が転入。菊地が生徒会長、水野がプロデュース委員長、田口が気合委員長、野津がトーク委員長に就任。

メンバー[編集]

在校生[編集]

学年 名前 よみ 生年月日(年齢) 出身地 役職 部活動 転入年度 身長
中等部3年 水野由結 みずの ゆい 1999年6月20日(15歳) 神奈川県 2014年度 プロデュース委員長 Twinklestars
BABYMETAL
ミニパティ
2010 153cm
菊地最愛 きくち もあ 1999年7月4日(15歳) 愛知県 2014年度 生徒会長 Twinklestars
BABYMETAL
ミニパティ
2010 151cm
田口華 たぐち はな 2000年3月4日(14歳) 長野県 2014年度 気合委員長 ミニパティ
Pastel Wind
プロレス同好会
2011 159cm
野津友那乃 のつ ゆなの 1999年12月14日(14歳) 東京都 2014年度 トーク委員長 Pastel Wind
Twinklestars
購買部
2012 164cm
中等部2年 磯野莉音 いその りのん 2000年11月16日(13歳) 神奈川県 科学究明機構ロヂカ?
プロレス同好会
2011 163cm
大賀咲希 おおが さき 2000年4月11日(14歳) 東京都 Pastel Wind 2012 148cm
白井沙樹 しらい さき 2000年9月28日(14歳) 新潟県 購買部 2013 155cm
中等部1年 倉島颯良 くらしま さら 2002年2月24日(12歳) 茨城県 Twinklestars 2014 156cm
小等部6年 山出愛子 やまいで あいこ 2002年12月1日(11歳) 鹿児島県 Twinklestars 2013 141cm
岡田愛 おかだ めぐみ 2002年4月4日(12歳) 愛知県   2014 148cm

卒業生[編集]

卒業年度 名前 よみ 生年月日(年齢) 出身地 在籍時
の役職
在籍時
の部活動
転入年度 備考
2011 武藤彩未 むとう あやみ 1996年4月29日(18歳) 茨城県 2010年度 生徒会長
2011年度 生徒会長
Twinklestars   元・可憐Girl's
三吉彩花 みよし あやか 1996年6月18日(18歳) 埼玉県   SCOOPERS     
松井愛莉 まつい あいり 1996年12月26日(17歳) 福島県      
2012 中元すず香 なかもと すずか 1997年12月20日(16歳) 広島県 2012年度 生徒会長 BABYMETAL   元・可憐Girl's 
杉本愛莉鈴 すぎもと まりり 2000年8月4日(14歳) 広島県   2012 小等部卒業とともにグループも卒業
2013 飯田來麗 いいだ らうら 1998年4月9日(16歳) 東京都 2012年度 生徒会副々会長
2013年度 パフォーマンス委員長
Twinklestars
ミニパティ
sleepiece 
   
堀内まり菜 ほりうち まりな 1998年4月29日(16歳) 東京都 2012年度 生徒会副会長
2013年度 生徒会長
Twinklestars
ミニパティ
sleepiece
Pastel Wind
科学究明機構ロヂカ? 
   
杉﨑寧々 すぎさき ねね 1998年5月8日(16歳) 茨城県 2013年度 トーク委員長 Twinklestars
ミニパティ
sleepiece
Pastel Wind
  さくら学院卒業とともに芸能活動を引退 
佐藤日向 さとう ひなた 1998年12月23日(15歳) 神奈川県 2013年度 ムード委員長 Twinklestars
科学究明機構ロヂカ? 
   

在籍期間[編集]

ディスコグラフィ[編集]

さくら学院の作品[編集]

シングル[編集]

# リリース日 タイトル 動画 最高順位 規格品番 発売形態 備考
 トイズファクトリー
1 2010年12月8日 (2010-12-8) 夢に向かって / Hello ! IVY MV(夢に向かって)
MV(Hello ! IVY)
35位 TFCC-89321 CD
2011年11月23日 (2011-11-23) FRIENDS CD ライブ会場限定
 ユニバーサルJ
2 2011年12月21日 (2011-12-21) ベリシュビッッ MV 29位 UPCH-9694(初回盤)
PROJ-5002(キャンパスチケット盤)
UPCH-5727(通常盤)
CD+DVD
CD
CD
3 2012年2月15日 (2012-2-15) 旅立ちの日に MV
歌詞映像
14位 UPCH-9716(初回盤)
UPCH-5734(通常盤)
CD+DVD
CD
4 2012年9月5日 (2012-9-5) WONDERFUL JOURNEY MV 23位 UPCH-9764(初回限定盤A)
UPCH-9765(初回限定盤B)
UPCH-5762(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD
5 2013年2月27日 (2013-2-27) My Graduation Toss MV(My Graduation Toss)
歌詞映像(Magic Melody)
13位 UPCH-9836(初回限定盤A)
UPCH-9837(初回限定盤B)
UPCH-5784(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD
6 2013年10月9日 (2013-10-9) 顔笑れ!! MV 6位 UPCH-9893(初回限定盤A)
UPCH-9894(初回限定盤B)
UPCH-5809(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD
7 2014年2月12日 (2014-2-12) Jump Up 〜ちいさな勇気〜 MV 25位 UPCH-9919(初回限定盤A)
UPCH-9920(初回限定盤B)
UPCH-5813(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD
2014年10月22日 (2014-10-22) ハートの地球 MV UPBH-1370(TYPE A)
UPBH-1371(TYPE B)
DVD 1stDVDシングル

アルバム[編集]

# リリース日 タイトル 動画 最高順位 規格品番 発売形態 備考
 トイズファクトリー
1 2011年4月27日 (2011-4-27) さくら学院 2010年度 〜message〜 MV(message)
MV(FLYAWAY)
54位 TFCC-86349(初回さ盤)
TFCC-86350(初回く盤)
TFCC-86351(初回ら盤)
TFCC-86352(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
発売日の変更ついて[2][3]
 ユニバーサルJ
2 2012年3月21日 (2012-3-21) さくら学院 2011年度 〜FRIENDS〜 56位 UPCH-9724(初回さ盤)
UPCH-9725(初回く盤)
UPCH-9726(初回ら盤)
UPCH-1866(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
3 2013年3月13日 (2013-3-13) さくら学院 2012年度 〜My Generation〜 39位 UPCH-9844(初回さ盤)
UPCH-9845(初回く盤)
UPCH-9846(初回ら盤)
UPCH-1916(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
4 2014年3月12日 (2014-3-12) さくら学院 2013年度 〜絆〜 MV(Hana*Hana)
ダイジェスト映像
29位 UPCH-9925(初回さ盤)
UPCH-9926(初回く盤)
UPCH-9927(初回ら盤)
UPCH-1967(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD

映像作品[編集]

# リリース日 タイトル 動画 最高順位 規格品番 備考
 アミューズソフトエンタテインメント
1 2012年6月27日 (2012-6-27) さくら学院 FIRST LIVE & DOCUMENTARY 2010 to 2011 〜SMILE〜 トレーラー 53位 ASBY-5346
 ユニバーサルJ
2013年2月27日 (2013-2-27) さくら学院SUN –まとめ– 165位 UPBH-1322 TVレギュラー番組の映像化作品
2 2013年7月3日 (2013-7-3) The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2012年度 卒業〜 トレーラー 31位 UPBH-1347
3 2014年2月12日 (2014-2-12) さくら学院祭☆2013 –LIVE EDITION- 27位 UPBH-1358
4 2014年7月23日 (2014-7-23) さくら学院 The Road to Graduation 2013 〜絆〜 トレーラー 34位 UPBH-1365

クラブ活動ユニットの作品[編集]

シングル[編集]

# リリース日 タイトル 動画 最高順位 規格品番 販売形態 レーベル / 備考
 バトン部 Twinklestars
2010年11月28日 (2010-11-28)
2011年1月26日 (2011-1-26)
Dear Mr.Socrates MV 226-LDKCD
227-LDKDV
CD
DVD
LD&K Records
ライブ会場・オンライン限定
1 2011年7月6日 (2011-7-6) プリーズ!プリーズ!プリーズ! MV 67位 LDGF-00001/B(初回盤A)
LDGF-00002/B(初回盤B)
LDGF-00003(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD
Goflag
 重音部 BABYMETAL    ※さくら学院から独立後のリリース分は「BABYMETAL」を参照 
2011年10月22日 (2011-10-22) ド・キ・ド・キ☆モーニング MV
Live
JOBR-0001J(重音部 ver.)
JOBR-0001B(BABYMETAL ver.)
DVD+タオル 重音部RECORDS
(インディーズ)
1 2012年3月7日 (2012-3-7) BABYMETAL×キバオブアキバ MV
Live
46位 JOBR-1001 CD
2 2012年7月4日 (2012-7-4) ヘドバンギャー!! MV
Live
30位 JOBR-1002(初回ヘド盤)
JOBR-1003(通常盤)
CD+ヘドバン養成コルセット
CD
3 2013年1月9日 (2013-1-9) イジメ、ダメ、ゼッタイ MV 6位 TFCC-89404(初回“I”盤)
TFCC-89405(初回“D”盤)
TFCC-89406(初回“Z”盤)
TFCC-89407(通常盤)
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
トイズファクトリー
 科学部 科学究明機構ロヂカ?
1 2012年11月21日 (2012-11-21) サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ MV 49位 UPCH-9789(初回盤)
UPCH-5774(通常盤)
CD+DVD
CD
ユニバーサルJ

アルバム[編集]

# リリース日 タイトル 動画 最高順位 規格品番 レーベル / 備考
 さくら学院 部活動
1 2014年5月5日 (2014-5-5) 放課後アンソロジー from さくら学院 トレーラー 96位 UPCH-1973 ユニバーサルJ
部活動ユニットのみのベストアルバム

タイアップ一覧[編集]

# 楽曲 タイアップ 収録作品
 さくら学院  
1 Hello ! IVY 『モノコムサ』コラボソング。[4]
モノ、モノコムサ、コムサストア、コムサスタイル、コムサイズム各店のBGMとしてオンエア。
1stアルバム「さくら学院 2010年度 〜message〜」
2 Song for smiling 小学館ちゃお』 付録DVD「ちゃおちゃおTV! 2012年」エンディングテーマ 4thシングル「WONDERFUL JOURNEY 」(初回限定盤A、B)
3 Hana*Hana 小学館『ちゃお』 付録DVD「ちゃおちゃおTV! 2013年 08月号」エンディングテーマ 4thアルバム「さくら学院 2013年度 〜絆〜」
4 アニマリズム 小学館『ちゃお』 付録DVD「ちゃおちゃおTV! 2014年 08月号」エンディングテーマ
 バトン部 Twinklestars  
1 プリーズ!プリーズ!プリーズ! テレビ東京系列ピラメキーノ』 2011年7月度エンディングテーマ 1stアルバム「さくら学院 2010年度 〜message〜」
 科学部 科学究明機構ロヂカ?  
1 サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ TBS系列ランク王国』 2012年10・11月度エンディングテーマ
千葉テレビハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜』 2012年11月エンディングテーマ
3rdアルバム「さくら学院 2012年度 〜My Generation〜」

賢くなれるシリーズ[編集]

「教室エンターテインメント」をコンセプトに持つさくら学院には、「公開授業」イベントなどで生まれた生徒たちの言葉から学習ソングとして製作された、聴くだけで「賢くなれるシリーズ」がある。
また、「科学部 科学究明機構ロヂカ?」の楽曲も小中学校で学習する理科の用語が歌詞の中に散りばめられており、理科の学習ソングとなっている。詳細は「科学究明機構ロヂカ? 」を参照。

# 楽曲 テーマ 収録作品
1 さくら百人一首 百人一首 2ndシングル「ベリシュビッッ
2 Planet Episode 008 太陽系惑星 3rdシングル「旅立ちの日に」
3 Song for smiling 英熟語 4thシングル「WONDERFUL JOURNEY」(初回限定盤A、B)
4 WONDERFUL JOURNEY 世界の国 4thシングル「WONDERFUL JOURNEY」
3rdアルバム「さくら学院 2012年度 〜My Generation〜」
5 Hana*Hana 花の名前、特徴、花言葉 4thアルバム「さくら学院 2013年度 〜絆〜」
6 アニマリズム 動物の生態

ライブ・イベント[編集]

太字はさくら学院単独でのイベント

2010年
2011年
  • Happy Valentine♪ 〜放課後さくらの下に集合!!〜(2月12日、原宿アストロホール) - 全2公演
  • さくら学院1stアルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜』発売記念インストアイベント
  • ちゃおガールコレクション2011(5月4日、横浜ランドマークホール)
  • さくら学院2011年度 NEW 〜Departure〜(7月23日・24日、渋谷 duo MUSIC EXCHANGE) - 全3公演
  • お台場合衆国2011(8月7日、フジテレビ1Fみちのく合衆国ステージ)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2011 〜Eco & Smile〜(8月27日・28日、お台場・青海特設会場)
  • さくら学院祭☆2011(10月22日-23日、マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー) - 全3公演
  • さくら学院 オープンキャンパス 学校説明会(11月23日、山野ホール) - 全1公演
  • Act Against AIDS 2011「THE VARIETY 19 –頑張れ!東北-」(12月1日、日本武道館
  • さくら学院 学校案内 公開授業(12月3日・4日、12月10日・11日、スペースFS汐留) - 全12公演(各日3公演)
    • 12月3日 授業名:「キセキの授業 〜無から有を生む〜」(講師:倉本美津留
    • 12月4日 授業名:「未来の授業 〜ロボットの分解と開発〜」(講師:古田貴之
    • 12月10日 授業名:「宇宙の授業 〜星と女の子の不思議な関係〜」(講師:佐治晴夫
    • 12月11日 授業名:「声の授業 〜見違えるように歌がうまくなったよ〜」(講師:安ますみ)
  • さくら学院2ndシングル「ベリシュビッッ」発売記念イベント「さくら学院 2011年度〜Happy X'mas」(12月23日、ラクーアガーデンステージ) - 全1公演
2012年
  • さくら学院3rdシングル「旅立ちの日に」発売記念オープンイベント(2月19日、アーバンドック ららぽーと豊洲 中庭メインステージ) - 全2公演
  • さくら学院 公開授業 短期集中講座(2月25日・26日、スペースFS汐留) - 全6公演(各日3公演)
  • さくら学院 2011 旅立ちの日に 〜もうすぐ 春ですね〜(3月3日、マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー) - 全2公演[注 3]
  • さくら学院 2011年度 卒業公演(3月24日・25日、日本橋三井ホール) - 全3公演
    • 3月24日夜 「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」
    • 3月25日昼 「さくら学院 2011年度 〜FRIENDS〜」
    • 3月25日夜 「さくら学院 2011年度 卒業 〜旅立ち〜」
  • さくら学院 2012年度 転入式(5月6日、横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール) - 全1公演
  • TOWER RECORDS Presents POP'n アイドル02(6月23日、Zepp Tokyo
  • さくら学院 公開授業 「サマースクール2012」前期(7月28日・29日、スペースFS汐留) - 全6公演(各日3公演)
    • 7月28日 授業名:「踊りの授業」(講師:藤田善宏
    • 7月29日 授業名:「書の授業」(講師:矢野きよ実
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2012(8月4日・5日、お台場・青海特設会場)
  • さくら学院 公開授業 「サマースクール2012 〜勉強!!?いやいや ちょっとサボっちゃう?〜」(8月11日-14日、アムラックスホール) - 全8公演(各日2公演)
    • 8月11日 授業名:森先生による「納涼 知能測定!」
    • 8月12日 授業名:「熱闘! 出張OMOJAN」(講師:倉本美津留)
    • 8月13日 授業名:「ひゃ〜! 夏はやっぱり 怪談で ヒョ〜」(講師:山口敏太郎
    • 8月14日 授業名:森先生による「猛暑に負けるな体力測定!」
  • ちゃおサマーフェスティバル2012(8月19日、パシフィコ横浜)
  • さくら学院 公開授業 「サマースクール2012」後期(8月25日・26日、スペースFS汐留) - 全6公演(各日3公演)
    • 8月25日 授業名:「社会科見学」授業(講師:明和電機 土佐信道)
    • 8月26日 授業名:「世界一周の旅」授業(講師:南まい)
  • お台場合衆国2012「魁!音楽番付LIVE」(9月2日、フジテレビ1F NEXT!ステージ)
  • さくら学院4thシングル「WONDERFUL JOURNEY」発売記念ミニライブ(9月5日、タワーレコード新宿店 屋上イベントスペース) - 全1公演
  • さくら学院4thシングル「WONDERFUL JOURNEY」発売記念オープンイベント(9月8日、アーバンドック ららぽーと豊洲 中庭メインステージ) - 全2公演
  • さくら学院祭☆2012(10月27日・28日、恵比寿 ザ・ガーデンホール) - 全3公演
2013年
  • The Road to Graduation III 〜Happy Valentine Thank you for your smile〜(2月16日、下北沢GARDEN) - 昼夜2回公演
  • The Road to Graduation II 〜起立! 気をつけ! レッツ☆スタンディング〜(2月17日、吉祥寺CLUB SEATA) - 昼夜2回公演
  • さくら学院 公開授業(2月23日・24日、アムラックスホール) - 全4公演(各日2公演)
    • 2月23日 授業名:「アートの授業」(講師:山下良平)
    • 2月24日 授業名:「歌の考古学」(講師:倉本美津留)
  • The Road to Graduation I 〜2012年度 さくら学院 放課後アンソロジー Live The Party〜(3月29日、渋谷CLUB QUATTRO
  • The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2012年度 卒業〜(3月31日、東京国際フォーラム ホールC)
  • さくら学院 2013年度 〜転入式〜(5月5日、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール)
  • さくら学院LIVE DVD <The Road to Graduation Final>発売記念イベント(7月6日、スペースFS汐留)
  • 東京アイドルフェスティバル2013(7月27日・28日、お台場・青海特設会場)
  • さくら学院 Summer LIVE 2013 〜Hello! Summer Vacation〜(8月3日、Shibuya O-WEST)- 全2公演
  • さくら学院 公開授業(8月31日・9月1日、アムラックスホール)- 全4公演(各日2公演)[5]
    • 8月31日 授業名:「音を楽しむ授業〜何でも楽器にしてしまおう!〜」(講師:山口とも
    • 9月1日 授名:「ポートレートの授業〜撮ったり! 撮られたり!〜」(講師:魚住誠一)
  • 夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2013年度 秋学期試験(9月28日、Shibuya O-EAST)
  • さくら学院 2013 〜白井沙樹、父兄を代表して顔笑ります!!〜(9月28日、Shibuya O-EAST)[6]
  • インストアイベント(10月9日、タワーレコード新宿店)
  • オープンイベント(10月12日、ビナウォーク)- 全2公演
  • オープンイベント(10月13日、アーバンドックららぽーと豊洲)- 全2公演
  • さくら学院祭☆2013 〜前夜祭〜(11月1日、品川プリンスステラボール)
  • さくら学院祭☆2013(11月2日、品川プリンスステラボール)
  • さくら学院 公開授業(11月10日、はまぎんホールヴィアマーレ)- 全2公演
    • 授業名:「剱舞(つるぎまい)の授業」(講師:神谷美保子)[7]
  • さくら学院デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You〜(12月8日、アミューズ・ミュージカルシアター)[注 4]
2014年
  • さくら学院7thシングル「Jump Up〜ちいさな勇気〜」リリース記念オープン・イベント(2月12日、MEGAWEB トヨタ シティショウケース 1階 MEGAステージ)
  • The Road to Graduation 2013 〜Happy Valentine〜(2月15日、EX THEATER ROPPONGI
  • さくら学院 公開授業(3月8日・9日、東京・TFTホール500)- 全4公演(各日2公演)[8]
    • 3月8日 授業名:「コントの授業〜目指せ!スーパーコメディエンヌ!〜」(講師:かもめんたる
    • 3月9日 授業名:「歌の考古学〜2013年度〜」(講師:倉本美津留)
  • The Road to Graduation 2013 〜放課後アンソロジー みんなでわっしょい!〜(3月28日、SHIBUYA-AX
  • The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2013年度 卒業〜(3月30日、渋谷公会堂
  • LiVE GiRLPOP Vol.3〜flowery〜(4月27日、中野サンプラザ
  • さくら学院 2014年度 〜転入式〜(5月5日、めぐろパーシモンホール 大ホール)
  • 東京アイドルフェスティバル2014(8月2日・3日、お台場・青海特設会場)
  • さくら学院 公開授業(8月24日、はまぎんホールヴィアマーレ)- 全2公演
    • 授業名:「すごい物理学の授業」(講師:多田将)[9][10][11][12]
  • @JAM EXPO 2014(8月31日、横浜アリーナ[13]
  • さくら学院 公開授業(9月6日・7日、はまぎんホールヴィアマーレ) - 全4公演(各日2公演)
    • 9月6日 授業名:「動物の授業」(講師:本川達雄[14]
    • 9月7日 授業名:「さくら学院も、伝え方が9割」(講師:佐々木圭一)[15][16]
  • 夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2014年度 秋学期試験(9月27日、ディファ有明)
  • さくら学院 2014 〜紅葉 秋の陣〜(9月27日、ディファ有明)
  • さくら学院 公開授業(10月4日・11日、東京・TFTホール500) - 全4公演(各日2公演)
    • 10月4日 授業名:「俳句の授業」(講師:夏井いつき
    • 10月11日 授業名:「映像パフォーマンスの授業」(講師:白A
  • さくら学院祭☆2014 (10月25日・26日、EX THEATER ROPPONGI)
  • TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4〜Pop'n アイドル03〜(11月20日、LIQUIDROOM

メディア出演[編集]

ゲスト出演のものはさくら学院公式サイト及び、アミューズ公式プロフィールを参照

テレビ[編集]

レギュラー番組
  • saku saku(2011年5月2日 - 、テレビ神奈川
    • 月曜日「CDシングルランキング」プレゼンター※菊地・水野のみ(2011年5月2日 - 2013年3月25日)
    • 第1・第3水曜日「さくら学院の知っておいて損することなんて、ゼッタイない!」(2013年6月5日 – 2014年3月19日)
  • さくら学院SUN(2012年1月8日 - 3月25日、TOKYO MX
特別番組

CM[編集]

  • (2011年10月14日、スマホは光 篇) - 武藤・三吉・松井・中元・堀内・飯田・杉﨑・佐藤
  • (2011年11月19日、家の中WiFi 篇) - 武藤・三吉・松井・中元・堀内・飯田・杉﨑・佐藤
  • (2011年12月10日、あれこれパパ 篇) - 武藤・松井・中元・堀内・水野・菊地
  • (2012年2月4日、フレッツ光ライト 光デビュー応援 篇) - 水野・菊地・田口・磯野
  • (2012年6月9日、フレッツおでかけパック 篇) - 中元・堀内・水野・菊地
  • (2012年7月7日、にねん割 眠る耳元で 篇) - 水野・菊地
  • (2012年7月14日、フレッツ・ミルエネ フレッツで節電) - 中元・磯野
  • (2012年8月2日、フレッツ光でドラクエの世界へ 篇) - 堀内
  • (2012年8月31日、フレッツ・ADSL CMを見ていた夫婦 篇) - 中元・堀内

書籍[編集]

写真集[編集]

ムック[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 三吉彩花は「課外授業」の為欠席
  2. ^ 出演メンバー:クッキング部(ミニパティ)、帰宅部(sleepiece)、重音部(BABYMETAL)、MC 武藤彩未
  3. ^ CD購入者および漫画誌「ちゃお」の読者の中から応募により抽選で招待
  4. ^ OGの武藤がゲスト出演
  5. ^ 2012年3月27日に発売予定だったが一部誤掲載があった為延期となった。
  6. ^ 2012年3月24日および2012年3月25日に行われた日本橋三井ホールでのライブの会場にて先行発売された。
  7. ^ 2012年4月1日秋葉原書泉ブックタワーにて卒業生3人が1人ずつ時間を区切って商品のお渡し会を開催した。

出典[編集]

  1. ^ “女子小中学生10人組ユニット・さくら学院がデビュー”. ナタリー. (2010年10月19日). http://natalie.mu/music/news/39315 2014年9月10日閲覧。 
  2. ^ 2011年3月23日に発売予定だったが、東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の影響により延期となった。
  3. ^ 連絡板. “「さくら学院 2010年度 〜message〜」およびイベント延期に関して”. さくら学院. 2011年3月17日閲覧。
  4. ^ さくら学院、デビュー作で「モノコムサ」とコラボ”. ナタリー. 2012年4月24日閲覧。
  5. ^ “さくら学院、公開授業で“うさ耳”生徒を激写!父兄大興奮”. ナタリー. (2013年9月3日). http://natalie.mu/music/news/98623 2014年9月10日閲覧。 
  6. ^ “さくら学院、元・父兄の白井沙樹プロデュース公演で大熱狂”. ナタリー. (2013年9月30日). http://natalie.mu/music/news/100401 2014年9月10日閲覧。 
  7. ^ “さくら学院“剱舞”公開授業で袴姿の「夢に向かって」”. ナタリー. (2013年11月14日). http://natalie.mu/music/news/103532 2014年9月10日閲覧。 
  8. ^ “さくら学院、2013年度集大成は「みんなと1つになれる歌」”. ナタリー. (2014年3月11日). http://natalie.mu/music/news/111763 2014年9月10日閲覧。 
  9. ^ “さくら学院 公開授業1限目レポ「人類にどこでもドアは必要なくなった」”. エンタメNEXT. (2014年8月26日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=910 2014年9月10日閲覧。 
  10. ^ “さくら学院 公開授業2限目レポ「なぜ咲希は咲希として生まれたのか」”. エンタメNEXT. (2014年8月26日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=911 2014年9月10日閲覧。 
  11. ^ “さくら学院、ニュートリノ研究者から物理学ぶ”. ナタリー. (2014年8月25日). http://natalie.mu/music/news/124416 2014年9月10日閲覧。 
  12. ^ “成長を確認できる参観日〟さくら学院「公開授業」というイベントの重要性”. エンタメNEXT. (2014年8月29日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=922 2014年9月10日閲覧。 
  13. ^ “進化した「さくら学院」を確認した夏休み最後の日”. エンタメNEXT. (2014年9月2日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=936 2014年9月10日閲覧。 
  14. ^ “さくら学院 公開授業9.6レポ「さくら学院 生殖」で検索?”. エンタメNEXT. (2014年9月10日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=963 2014-09-10-閲覧。 
  15. ^ “さくら学院、新譜「ハートの地球」コピー考案”. ナタリー. (2014年9月8日). http://natalie.mu/music/news/125512 2014年9月10日閲覧。 
  16. ^ “さくら学院 「大賀咲希の扱いは難しい!?」 公開授業9.7レポ”. エンタメNEXT. (2014年9月11日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=964 2014年9月11日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i memewとBIG ONE GIRLS、合同で「さくら学院 学院月誌」を連載

関連項目[編集]

  • MIKIKO - 振付を担当している。
  • HGS - 堀内、田口、野津が参加するアイドルユニット。

外部リンク[編集]

さくら学院

クラブ活動

課外活動