秋山エリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秋山 エリカ(あきやま エリカ、1964年12月31日 - )は、東京女子体育大学教授、体操コーチ、日本の元新体操選手。福岡県出身。中村学園女子高等学校→ 東京女子体育大学卒業。

略歴[編集]

  • 幼いころは病弱だったが、バレエに親しむ。
  • 中村学園高校在学中、器械体操から新体操に転向。はじめはミスが多かったものの、東京女子体育大学に進学したころから、頭角を現しはじめる。
  • 様々な工夫を施した演技構成・種具操作と、特に肩の関節の柔らかさを駆使した独創的な動き知られ、特にフープの首キャッチ、フープの蹴り上げ、リボンの蹴り上げなどは彼女のオリジナルである。
  • ロサンゼルスソウル両オリンピックに出場し、1984年から1989年まで全日本選手権で6連覇を達成する。
  • 1989年の世界選手権では、予選で上位国の選手が2人ずつに絞られた効果もあったが、堂々の8位入賞を果たした。ソ連・ブルガリアといった新体操強国が参加した世界選手権としては、日本人最高順位である。翌1990年に現役を引退した。
  • 現在は海外でのコーチ研修などを経て、後進の指導にあたっている。多彩な工夫を盛り込んだ秋山の指導により、世界の舞台に立っている選手も多い。
  • また、テレビ放送の解説者や講演会の講師、東京女子体育大学教授としても活躍している。現役時代から演技にこだわりを持ち、妥協を許さないことでも知られている。

主な試合結果[編集]

参考文献[編集]

  • 浅井慎平撮影「'84ブラザーカップ新体操写真集~Passion flowers」日本文化出版(1984/07)
  • 加茂佳子・後藤忠弘・山田真一(写真)「スポーツのみかた1新体操」保育社カラーブックス(1984/08)
  • 道徳資料としても登場 「4年生のどうとく」文渓堂(平成21年度版)p.118-119

外部リンク[編集]

  • 秋山エリカ - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)
先代:
1979年-1983年
山崎浩子
1984年-1989年
全日本新体操選手権大会
女子個人総合優勝
秋山エリカ
次代:
1990年-1994
川本ゆかり