バレエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドガ画 『バレエのレッスン』
『白鳥の湖』

バレエ: ballet[1][2])は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス音楽伴奏舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台で、もとはオペラの一部として発達した。そのため物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。

バレエの歴史[編集]

起源[編集]

ルネッサンス期のイタリアに起源を発する。当時、宮廷では余興として詩の朗読、演劇などが演じられていたが、その一部としてバロBallo)と呼ばれるダンスが生まれた。宮廷の広間で貴族たちが歩きながら床に図形を描いていくもので、それをバルコニーから眺めるのが当時の楽しみ方であった。

16世紀ジョヴァンニ・ジャコモ・ガストルディにより世俗合唱曲が流行すると、その歌に踊りを加えたバレットBalletto)が生まれ、やがてバレッティBalletti)と呼ばれるようになった。1463年、グリエルモ・エブレオ『舞踏芸術論』のなかでBallettoという語が初めて用いられている。

ドメニコ・ダ・ピアチェンツァドイツ語版など舞曲の作曲家や、ドメニコ・ダ・フェッラーラ(フェラーラレオネルロ・デステポーランド語版に仕えた)などの舞踏教師が登場し、イタリアの貴族が盛んに舞踏会を開催したことが分かる。1496年にはレオナルド・ダ・ヴィンチが衣裳と装置を担当した「楽園」が初演された。

1582年頃のバレエ

バレエの誕生[編集]

1533年イタリアフィレンツェメディチ家からフランス王室に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスによりバレッティBalletti)がフランスにもたらされ、バレBallet)と呼ばれた。1573年「ポーランド人のバレエ」(演出・振付:バルタザール・ド・ボージョワイユー)が初めてバレBallet)と称している。1581年の「王妃のバレエ・コミック英語版」(演出・振付:バルタザール・ド・ボージョワイユー)は、完全な記録の残っている最初のバレエ作品である。これらを皮切りに、バレエは宮廷において盛んに踊られるようになり、16世紀末から17世紀初頭の20年間で約800のバレエが上演されたと言われる。

1643年ルイ14世が5歳でフランス国王に即位した際には、数時間にも及ぶ豪華絢爛なバレエが催され、ルイ14世自らが出演した。ルイ14世はバレエに熱中し、1653年15歳の時に『夜のバレエ』のアポローン役で本格的に舞台デビュー。よりバレエの質を上げようと1661年王立舞踏アカデミー英語版フランス語版を創立した。ルイ14世の舞踏教師ピエール・ボーシャンによってポジションが定められ、舞踏符が確立されるなど、バレエがダンスとして体系づけられたのもこの頃である。

宮廷から劇場へ[編集]

1670年にルイ14世が舞台から引退すると、バレエは宮廷から劇場に移り、職業ダンサーのダンスに変化していった。翌1671年オペラ座が設立(当時のバレエはオペラと一体であった)。1681年、『愛の勝利』で最初の女性ダンサー、ラ・フォンテーヌが劇場に登場し、18世紀に入るとマリー・カマルゴマリー・サレなど女性職業ダンサーが続々とオペラ座からデビュー。宮廷バレエでは男性ダンサーが中心だったが、1726年マリー・カマルゴが男性のみの技法であった跳躍をし、女性ダンサーが人気を博するようになった。

同時に、1700年に最初のバレエ教本、ラウール=オージェ・フイエ による『舞踊術、あるいは記号、絵、記号による舞踊記述法』が出版され、1713年にはオペラ座にバレエ学校が創設されるなど、バレエ教育が確立。バレエの技法も複雑化していった。1760年ジャン=ジョルジュ・ノヴェールが『舞踊とバレエについての手紙』にてバレ・ダクシオンballet d'action)を提唱した。これにより、バレエはオペラから独立し、台詞のない身振り(ミーム)による舞台演劇として確立した。

1845年頃、タリオーニら「パ・ド・カトル」

ロマンティック・バレエ[編集]

18世紀後半にフランス革命が起こると、伝統や権威に反発し自由で神秘的なものを重んじるロマン主義がヨーロッパを席巻し、ロマンティック・バレエ(ロマン主義のバレエ)が誕生した。「ラ・シルフィード」「ジゼル」に代表され、妖精や悪魔が登場する幻想的なもの、エキゾチックな異国趣味のものが多い。くるぶし丈のふんわりとしたチュチュを着た女性ダンサーの、ポワント(つま先立ち)の技法による軽やかな動きが特徴。ロマンティック・バレエで用いられるチュチュは、特にロマンティック・チュチュと呼ばれる。

ロマンティック・バレエは現在踊られているバレエの中で最も古い形式のものであり、ロマンティック・バレエによりバレエは現在のものとほぼ同じものに完成した。バレエ・ダクシオンの提唱もあり、後に誕生するクラシック・バレエよりも、踊りによってストーリーを表現する演劇としての要素は強い。

エドガー・ドガがバレエダンサーを描いていた頃、バレエダンサーは現在と違い地位の低い人が身を立てるためにやっていたため、バレエダンサーは蔑まれていた。主役以外のダンサーは薄給で生活しており、パトロン無しでは生活するのが困難だったとされる。パトロン達は当然男性が多く、女性ダンサーを娼婦の如く扱っていたと言われる。かくして、フランスのバレエ界から男性ダンサーはいなくなり、フランスのバレエは低俗化することになる。

1832年「ラ・シルフィード」でマリー・タリオーニが本格的にポワントで踊り、オペラ座で大成功をおさめた。この作品によりロマンティック・バレエが確立されたと言われる。ヨーロッパ中で人気を博すも、フランスのバレエの低俗化と、ロマン主義の衰退と共にロマンティック・バレエは衰退し、1870年の「コッペリア」などを最後にフランスではバレエそのものが演じられないようになる。

クラシック・バレエ[編集]

ロシアではフランスの宮廷バレエが伝わり、1730年頃にはフランスのジャン=バティスト・ランデ英語版によりサンクトペテルブルクにバレエ学校が創立された。フランスでロマン主義が衰退した19世紀後半、後進国であるロシアではロマンティック・バレエが踊り続けられており、その後独自の発展をした。ドラマ主体のロマンティック・バレエに、物語とは無関係のダンスシーンを取り入れたことから、クラシック・バレエ古典主義のバレエ)と言う。

クラシック・バレエでは技法はどんどん複雑になり、動きやすいように丈の短いチュチュが考案された。これをクラシック・チュチュと呼ぶ。ロマンティック・バレエでは1回回るのがやっとだったが、32回のフェッテ(連続回転)まで演じられるようになった。2人で踊るグラン・パ・ド・ドゥなどの様式も成立。ダンス(ディヴェルティスマン)とマイムが分離されて演じられるようになり、現在のバレエの構成が完成した。

1888年、サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場の監督であるウセヴィロジュスキーは、フランスから招いた振付家マリウス・プティパの振付けのもと、ピョートル・チャイコフスキーに「眠れる森の美女」の作曲を依頼した。この作品が1890年に上演、大成功をおさめると、続いて「くるみ割り人形」(1892年、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)、「白鳥の湖」(1895年、振付:レフ・イワノフ、マリウス・プティパ)が上演された。これらは3大バレエと呼ばれる。

モダン・バレエ[編集]

ロシアのバレリーナ
アンナ・パヴロワ

マリウス・プティパにより確立されたクラシック・バレエだが、その古典的な世界に不満を持つ者もいた。その1人、ミハイル・フォーキンイサドラ・ダンカンモダン・ダンスの祖)に衝撃を受け、クラシック・バレエにない新しいステップや民族舞踊を採り入れた、革新的な振付をした。そのモダン・ダンスの要素を取り込んだバレエをモダン・バレエと言う。

ミハイル・フォーキンはセルゲイ・ディアギレフに見出され、1907年にバレエ発祥の地・パリで公演を行い、バレエ・ブームを巻き起こした。アンナ・パヴロワヴァーツラフ・ニジンスキータマーラ・カルサヴィナなどのダンサーたちが大人気となり、セルゲイ・ディアギレフはバレエ・リュスを結成する。

1912年のバレエ・リュスの公演で、ヴァーツラフ・ニジンスキーが「牧神の午後」で振付家としてデビューすると、モダン・バレエは決定的な革新を迎える。これまでの美しいバレエとは異なる、独自の表現は非常に衝撃を与え、イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」では警官が介入するほど論議の的となった。

20世紀以降[編集]

モダン・バレエが確立してからも、ドラマティック・バレエアブストラクト・バレエなどの革新的なバレエが誕生している。これらのバレエは、モダン・ダンスポスト・モダンダンスコンテンポラリー・ダンスコンタクト・インプロヴィゼーションなどのダンスに含まれることもあり、曖昧である。20世紀以降はそれらの現代的なバレエと古典的なバレエが踊られている。現代的なバレエの振付家としては、モーリス・ベジャールローラン・プティウィリアム・フォーサイスイリ・キリアンがいる。またフィギュアスケートの動きはバレエの影響を強く受けており、フィギュアスケートの選手はバレエの訓練も受けることが多い。さらにバレエの影響はフィギュアスケートにとどまらず、新体操シンクロの選手もバレエの訓練を受けることがある。また、宝塚音楽学校をはじめとして、舞台俳優を養成する組織ではバレエの基礎は必修に近い扱いを受けている。

バレエの技法[編集]

トウシューズ

バレエはフランスで発達したため、バレエの振付用語は基本的にはフランス語である。近代バレエの特徴は爪先立ちを多用することにある。これをポワント(fr. pointe)または英語のトー(トウ)(en. toe)という。このために履く特製の靴がトウシューズ(fr. chaussons à pointes)である。

ポワントで立たず足を舞台につけて立つ立ち方は五つに分類される。これをポジション(fr. position)と呼ぶ。振付においては特に詳述せずポジション名で呼ぶ。

バレエ舞踏の重要な技法としては跳躍と回転がある。これもフランス語で呼び、たとえば片足を前方に投げ出しその方向へ飛ぶことをジュテ(fr. jeté)と呼び、空中での足の位置や跳躍の大きさによってジュテは細分される。一方物語り進行上の感情を表すのにはマイムを用いる。マイムが過度に多い作品はしばしば「バレエ的でない」と批判されることからも、バレエが舞踊芸術であることが理解される。

バレエの化粧[編集]

バレエの化粧

彫りの深さ、立体感を強調するのが特徴。役柄による多少の違いはあるが、おおむね、自然の肌色より若干明るめ(ロシア系は、かなり白め)のファンデーションを顔全体に塗る、茶色がかったほほ紅、ノーズシャドーを入れる、色の濃いアイシャドーをまぶた一杯に差す、上下のまぶたにアイライナーを、思いっきり太く入れる、付けまつげを付ける、柳眉を描く、鮮やかな口紅を、輪郭をはっきり描く、という場合が多い。但し、子供の場合は若干略式になる場合が多い。

バレエ作品[編集]

眠れる森の美女
初演時のキャスト

著名なバレエの作品には以下のものがある。詳細はCategory:バレエ作品も参照のこと。

バレエ団[編集]

総合舞台芸術であるバレエの上演には照明や舞台装置などの効果的使用のみならず、楽団の存在が欠かせない。このためバレエの上演には一般に費用を要し、多くの国では国営のバレエ団が組織される。民間のバレエ団も著名なものは多額の寄付を集めて運営することが多い。

著名なバレエ団には以下のものがある。(詳細なリストは Ballet companyを参照。)

ロシアでは、バレエ公演が無くても固定給で、ダンサー寿命が短いのでバレエ年金が35歳から支給され、バレエ公演の入場料は日本の10分の1で、バレエ専用劇場では、ダンサーの足元が見られるように舞台床が客席に向かって斜めになっている。[3]

二百近いカンパニー付劇場を誇るドイツでは、三点劇場と呼ばれるオペラ、バレエ、演劇の兼用劇場か、オペラ劇場にバレエ団が付属する形が多数だが、フランクフルトは唯一のバレエ専用劇場である。ドイツ圏は「バレエなき国」と呼ばれたほど、演奏会音楽、オペラ、宗教音楽が隆盛する中でバレエ作品だけが空白となっている国であるが(モーツァルトやベートーヴェンのような大家の作品ですら上演機会がほとんどない。ただし、なぜか「白鳥の湖」「ジゼル」「くるみわり人形」など、作品の舞台に選ばれることは非常に多く、オペラにおけるスペインに似た位置にある)、上演の活発さは世界随一である。新書館「バレエ2002」によれば、国内で240人の振付師、バレエマスター、1600人の劇場所属バレエダンサーのほか、多数のフリーのバレエダンサーが活動しているとされている。

※日本のバレエ団については、下の「日本のバレエ」を参照のこと。

ダンサーの階級[編集]

バレエ団によっては、ダンサーの階級について固有の呼び方がある。主役級のエトワールプリンシパルバレリーナ、それに次ぐ準主役級のソリストコール・ド・バレエ(群舞)を踊るカドリーユアーチストなどがある。

  • オペラ座バレエ団の場合
    • エトワール
    • プルミエ・ダンスール(女性の場合はプルミエール・ダンスーズ)
    • スジェ
    • コリフェ
    • カドリーユ
  • ロイヤル・バレエ団の場合
    • プリンシパル
    • ソリスト(トップはファースト・ソリスト)
    • アーチスト(トップはファースト・アーチストまたはコルフェ)
  • アメリカン・バレエ・シアターの場合
    • プリンシパル
    • ソリスト
    • コール・ド・バレエ

バレエ学校[編集]

毎年20人程度の新入生を迎えるが、年齢が同一でないので、その年齢相当の初等教育~中等教育(日本の小中高校程度)の授業とバレエ教育を受けさせ、大学入試資格を得る。 バレエ教育以外も受けさせるのは、毎年1回の進級テスト及び最高学年が18歳まで受験できるオペラ座バレエ団入団テストで落第すると退学しなければならないので、普通学校へ転入や他のバレエ団へ就職、または他の職業教育を受けて転職する場合に不利にならないようにしている。 オペラ座バレエ団の入団の体型条件は、男性は身長175センチメートル~180センチメートル以上、女子は栄養管理教育を学びダイエットが必要。 毎年1回の進級テストで落第すると退学なのは、才能が無い生徒に進路変更を早くさせる事で、人生で生活困窮者にしない工夫を国の教育でもしている。 学校生活は、生徒同士の助け合いと同時に、競争による淘汰も有り、客から料金を取れるプロ意識を生徒に意識付け、プロのバレエダンサーとしてのレベルを落とさない工夫がされている。 バレエ団に入団しても、エトワールを頂点とするバレエダンサー、プリマバレリーナを支えるバレエ団の組織運営であるが、新たなダンサーが階級を登れる組織の新陳代謝もされている。(NHKEテレ地球ドラマチック~エトワールをめざして~パリ・オペラ座バレエ学校の子どもたち前編2013年3月16日19時放送、後編2013年3月23日19時放送)


バレエに関係する芸術家[編集]

バレエの上演に関係する芸術家には、バレエ音楽の作り手である作曲家マイムを含めたダンスを指定する振付家指揮者を含むバレエ音楽の演奏家、そして舞踊によってバレエを実現し完成させるダンサーなどがいる。

作曲家[編集]

著名なバレエの作品の作曲家には以下の者がいる。詳細はCategory:バレエ作曲家も参照のこと。

振付家[編集]

著名なバレエの振付家には以下の者がいる。詳細はCategory:バレエの振付家も参照のこと。

著名なバレエダンサー[編集]

著名なバレエのダンサーには以下の者がいる。詳細はCategory:バレエダンサーも参照のこと。
※括弧内は生誕と死去年、出身国(日本人の場合は県)、所属バレエ団(現役ダンサーのみ)を表す。

女性[編集]

男性[編集]

バレエコンクール[編集]

国際的なバレエコンクールにはプロを対象にした競技会が多いが、才能のある青少年を発掘するコンクールもあり、日本では後者のほうが知られている。有名なバレエコンクールには以下のものがある。

日本国内では以下のものがある。[4]

日本のバレエ[編集]

1912年イタリア人指導者が帝国劇場歌劇部のバレエマスターに起用されたのが日本のバレエの始まり。ロシア革命で日本に亡命したエリアナ・パブロワ1927年鎌倉にスタジオを開いたのが日本のバレエ学校1号。[5]

※ 日本のバレエの歴史については、新国立劇場情報センター「日本洋舞史年表」並びにチャコットサイト掲載「ダンズ・エッセイ」を参照のこと。

特徴[編集]

欧米の国では国立のバレエ学校を持つ国もあるが、日本には国立のバレエ学校はない。これに代わり、約5000[6]の民間のバレエスタジオが約40万人[7]のバレエダンサーの養成を行っている。日本でバレエを習っている子どもの多くはプロのダンサーになることを目指しているわけではない。スタジオ主宰者の子どもがダンサーとして頭角をあらわし、バレエコンクールなどで活躍することが多い。またバレエ・ダンサーの中には、古典としてのバレエからコンテンポラリー・ダンス・現代舞踊や舞踏の分野へと進出する人もいる。 日本のバレエダンサーの詳しい情報は、バレエダンサーを参照。

劇場[編集]

日本で付属のバレエ団がある劇場には新国立劇場東京都渋谷区初台)がある。バレエ研修所も併設されている。新国立劇場以外に国内でバレエ公演が行われる主な劇場には以下のものがある。

バレエ団[編集]

国内の著名なバレエ団には以下のものがある。

バレエを扱った作品[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

イラスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フランス語発音: [balɛ] バレ
  2. ^ 英語発音: [ˈbæleɪ] レイ
  3. ^ マツコの知らない世界三木雄馬バレエダンサーの世界」
  4. ^ 2014年5月11日中日新聞朝刊サンデー版
  5. ^ 2014年2月3日中日新聞朝刊1面
  6. ^ 2014年2月3日中日新聞朝刊1面
  7. ^ 2014年2月3日中日新聞朝刊1面
  8. ^ 2014年2月3日中日新聞朝刊1面
  9. ^ 2014年2月3日中日新聞朝刊1面

注釈[編集]

参考文献[編集]

  • 『バレエの歴史』 M・フランソワーズ・クリストウ著 (佐藤俊子訳) 白水社文庫クセジュ 1970年 ISBN 4560054819
  • 『バレエとモダンダンス-その歴史』 J・アンダソン著 音楽之友社 1993年 ISBN 4276250501
  • 『バレエ 誕生から現代までの歴史』 薄井憲二著 音楽之友社 1999年 ISBN 4-276-25013-7
  • 『バレエ入門』 三浦雅士著 新書館 2000年 ISBN 4403230822
  • 『ワガノワのバレエ・レッスン』 アグリッピナ・ワガノワ著 新書館 1996年 ISBN 4403310079

関連項目[編集]

外部リンク[編集]