旅立ちの日に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

旅立ちの日に』(たびだちのひに)は、1991年埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲作詞は、当時の校長であった小嶋登。作曲は、音楽教諭の坂本浩美(現・高橋浩美)。編曲は、多くの合唱曲を手掛けている松井孝夫(影森中学と直接的な関係はない)。近年では、卒業ソングの定番として認知され、原曲の変ロ長調の他にハ長調など、たくさんの調で歌われている。また、混声三部版、混声四部版、女声三部版、同声二部版と複数のバージョンが存在している。

概要[編集]

影森中学校校長だった小嶋は、荒れていた学校を矯正するために「歌声の響く学校」にすることを目指し、合唱の機会を増やした。最初こそ生徒は抵抗したが、音楽科教諭の坂本と共に粘り強く努力を続けた結果、歌う楽しさによって学校は明るくなった。

「歌声の響く学校」を目指して3年目の1991年2月下旬、坂本は「歌声の響く学校」の集大成として、「卒業する生徒たちのために、何か記念になる、世界にひとつしかないものを残したい」との思いから、作詞を小嶋に依頼した。その時は「私にはそんなセンスはないから」と断られたというが、翌日、坂本のデスクに書き上げられた詞が置いてあったという。その詞を見た坂本は、なんて素敵な言葉が散りばめられているんだと感激したと、ラジオ番組への手紙で当時を振り返り語っている。その後授業の空き時間に早速ひとり音楽室にこもり楽曲制作に取り組むと、旋律が湧き出るように思い浮かび、実際の楽曲制作に要した時間は15分程度だったという。

出来上がった曲は最初はたった一度きり、「3年生を送る会」で教職員たちから卒業生に向けて歌うためのサプライズ曲のはずであったが、その翌年からは生徒たちが歌うようになった。ちなみに初めて披露した年度をもって、校長の小嶋は41年に及ぶ教師生活を定年退職したため、小嶋が披露したのはこれが最初で最後となった。

その後しばらくは影森中学校だけの合唱曲であったが、まわりの小中学校でも使われだしたことで、1998年頃までに全国の学校で歌われるようになった。現在では『仰げば尊し』や『巣立ちの歌』、『贈る言葉』などに代わり、小中高の卒業式において全国で最も広く歌われている卒業式のとなっている[1]

作詞者・小嶋登は2011年1月20日に80歳で急逝したが、同年11月14日に「旅立ちの日に」が誕生から20年の節目となることを踏まえ、作曲者・高橋浩美と共に、埼玉県より「彩の国特別功労賞」(同賞創設以来4番目)が贈呈された[2]

カバーしたことのある有名人[編集]

  (ミュージックビデオ(歌唱映像ver)ミュージックビデオ(歌詞映像ver)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “卒業式の歌と言えば「仰げば尊し」を「旅立ちの日」が上回る”. オリコン. (2008年3月6日). http://www.oricon.co.jp/cute/cute_news/20080306_01.html 2009年8月31日閲覧。 
  2. ^ “「旅立ちの日に」の作詞者・作曲者に彩の国特別功労賞 〜11/14(月)の県民の日記念式典で贈呈〜”. 県政ニュース. (2011年11月1日). http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news111101-04.html 2011年12月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]