武藤彩未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武藤彩未
基本情報
出生名 武藤彩未
出生 1996年4月29日(18歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県
血液型 A型
ジャンル J-POP
職業 歌手女優ファッションモデル
活動期間 2007年 -
レーベル SHINKAI
事務所 アミューズ
公式サイト 武藤彩未オフィシャルサイト

武藤 彩未(むとう あやみ、1996年4月29日 - )は日本女性アイドル歌手ファッションモデルである。 「可憐Girl's」、「さくら学院」の元メンバー。 茨城県出身。アミューズ所属。レーベルはSHINKAI[注 1]

父は日本中央競馬会調教師(元騎手)の武藤善則[1]

略歴[編集]

2004年オリコン・エンタテインメントが発行していた「Kids Style(キッズ・スタイル)」という子供向けファッション雑誌の読者モデルとしてデビュー。8歳で身長は123cm、小さい頃は照れ屋で恥ずかしがりやだったので写真が苦手だった[2]

2005年、2461人の中からKids Style(キッズ・スタイル)の第3期専属モデルに選ばれる。Kids Style(キッズ・スタイル)経由で話があり、アミューズに所属。DAISY LOVERS paradise kids(デイジーラヴァーズパラダイスキッズ)(ナルミヤ・インターナショナル)の広告モデルもしていた。

小学館の売り上げNo.1少女漫画雑誌「ちゃお」のメインCMモデルを、2007年2月号から2009年3月号まで務める。 また、ちゃおスタイル専属モデルも務める。

2008年6月、テレビ東京系アニメ「絶対可憐チルドレン」で、1年限定で結成されたユニット「可憐Girl's」にAYAMI名義で参加、2009年3月31日に番組終了とともに活動も終了した[3][4]

2010年5月から2012年3月25日まで女子小中学生で構成されるユニット「さくら学院」の初代生徒会長(リーダー)として活動。中学卒業と同時にグループを卒業した[5][6]

2013年4月29日、さくら学院卒業後、約1年間のレッスンを経て、「DNA1980」と銘打ち「1980年代の音楽」を再現する「武藤彩未ソロプロジェクト」の活動開始を発表した[7]

2014年4月23日、アルバム「永遠と瞬間」でメジャーデビュー。アイドル歌手としてのアルバムデビューは異例である。作詞は1980年代のアイドルの作詞を手がけた三浦徳子森雪之丞、作曲はポルノグラフィティいきものがかりのプロデュースを手がける本間昭光などが担当している[8]

人物・エピソード[編集]

  • 目標とする歌手は、母親の影響で幼少のころから憧れていた松田聖子。ライブでは、「チェリーブラッサム」や「青い珊瑚礁」をカバーしている。また、両親の影響で1980年代の歌謡曲に傾倒しており、「生演奏、生歌でメッセージ性のある歌詞を伝える」ことに魅力を感じている。
  • 特技は「百人一首」。さくら学院の楽曲「さくら百人一首」は、新曲の企画時に彼女の提案により製作された。
  • 父が調教師、弟が騎手を目指しているため、夢は「父親が育てた馬に弟が乗って、自分が競馬場で歌うこと」としている。
  • さくら学院のメンバーだった三吉彩花松井愛莉中元すず香とはさくら学院卒業後も仲が良い。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

# リリース日 タイトル チャート
オリコン
販売形態 MV 備考
最高
順位
登場
回数
- 2013年7月19日 DNA1980 Vol.1
DNA1980 Vol.2
CD 会場、ネット限定版
LPサイズのジャケット仕様
1 2014年4月23日 永遠と瞬間 16 1 CD+CD+DVD(セブンティーン盤)<初回限定盤>
CD(永遠盤)<通常盤>
CD+カード(瞬間盤)<数量限定盤>[注 2]

永遠と瞬間
Seventeen[注 3]

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ 時期
Seventeen グリコセブンティーンアイス」キャンペーンソング 2014年

ライブ[編集]

開催期日 公演タイトル 会場 備考
2013年7月19日 武藤彩未 LIVE DNA1980 東京・Shibuya O-EAST 初のワンマンライブ
2013年9月27日 LIVE DNA1980 〜Version.2.0〜 東京・SHIBUYA-AX ワンマンライブ
2013年10月30日 はじめての旅は彩の国 〜成功させたい!!天使のウィンク〜 埼玉・西川口Hearts 武藤彩未ライブハウスツアー2013
「TRAVELING ALONE」
2013年11月14日 秋なのに!?BEACHの少女A 〜飾りじゃないのよステージは〜 神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH
2013年11月24日 PART1:今日この谷で輝け乙女!!! 〜なんてったって学園天国♪〜 東京・渋谷eggman
2013年11月24日 PART2:成功の天使再び!! 〜公園通りの秘密の花園〜 東京・渋谷eggman
2013年11月29日 静かなる禁断の夢 〜MUTO・う…彩っぽい〜 千葉・稲毛K'sDREAM
2013年12月29日 Part1:ファン感謝スペシャル 〜リクエスト・ザ・ベストテン〜 赤坂BLITZ
2013年12月29日 Part2:新たなる旅立ち 赤坂BLITZ
2014年 4月29日 BIRTH 東京・TSUTAYA O-EAST メジャーデビュー初のワンマンライブ
2014年6月10日 610の日 Special LIVE「A.Y.M. Ballads」 shibuya duo MUSIC EXCHANGE 本間昭光(P)
2014年7月20日 武藤彩未 サマーライブ 埼玉・西川口LIVE HOUSE Hearts
2014年7月26日 横浜BAYSIS
2014年7月27日 下北沢GARDEN

イベント[編集]

メディア出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

スチール・広告[編集]

  • 伊勢丹「花々祭」キャンペーン(2014年2月26日~3月11日)[10]
  • グリコ「セブンティーンアイス」セブンティーンプロジェクト(2014年4月26日、マルイシティ渋谷・店頭プラザ)[11][12]

PV[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

ムック[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アミューズとA-Sketchによる新レーベル。「新しさと懐かしさの出会いが面白さを生み出し、新たな航海を旅する姿を想像できる言葉」として名付けられた。
  2. ^ タワーレコード/HMV限定商品
  3. ^ セブンティーン盤のみに収録されている楽曲

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “武藤彩未に父・善則師もエール”. デイリースポーツ. (2013年4月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/04/30/0005941645.shtml 2013年8月29日閲覧。 
  2. ^ 専属モデルOBOGインタビュー 2" kids style モデルズゅkids style編集部ブログょ - 彩未ママへのインタビュー記事 2007年7月30日。(2008年12月28日時点のアーカイブ
  3. ^ 2008年のJ-POPを牽引するのは、可憐な小学生?”. Barks (2008年6月11日). 2014年4月8日閲覧。
  4. ^ 任務完了!さようなら可憐Girl's”. Barks (2009年2月18日). 22014-04-08閲覧。
  5. ^ 女子小中学生10人組ユニット・さくら学院がデビュー”. ナタリー. ナターシャ (2010年10月19日). 2014年4月8日閲覧。
  6. ^ 「夢に向かって旅立ちます!」さくら学院、涙の卒業式”. ナタリー. ナターシャ (2012年3月27日). 2014年4月8日閲覧。
  7. ^ さくら学院OG武藤彩未、80年代再現プロジェクト始動”. ナタリー. ナターシャ (2013年4月30日). 2013年8月29日閲覧。
  8. ^ 武藤彩未デビューアルバム発売決定、原点のO-EAST再び”. Barks (2014年2月10日). 2014年4月8日閲覧。
  9. ^ 武藤彩未がアルバム発売日に1時間の長尺トークに挑戦!”. exciteニュース (2014年4月16日). 2014年4月20日閲覧。
  10. ^ “武藤彩未、伊勢丹の春を彩る「花々祭」モデルに抜擢”. ナタリー. (2014年2月26日). http://natalie.mu/music/news/110651 2014年4月8日閲覧。 
  11. ^ “関根光才、ライゾマ、MIKIKOらがコラボ、武藤彩未と踊れるアイス自販機が1日限定登場”. CINRA. (2014年4月8日). http://www.cinra.net/news/20140408-mutoayami 2014年4月8日閲覧。 
  12. ^ “武藤彩未が「セブンティーンアイス」とコラボ 渋谷に「アイドルと踊れる自販機」登場”. リアルサウンド. (2014年4月8日). http://realsound.jp/2014/04/post-388.html 2014年4月8日閲覧。 

外部リンク[編集]