スペースシャワーTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペースシャワーTV
SPACE SHOWER TV
スペースシャワーTV HD
SPACE SHOWER TV HD
We Love Music, We Love Peace.
基本情報
略称(愛称) SSTV、スペシャ
運営(番組供給)事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
本社(本部) 〒106-8011
東京都港区六本木三丁目16番35号イースト六本木ビル
放送(配信)開始 1989年12月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 音楽
放送内容 J-POPプロモーションビデオ、音楽情報番組など
視聴可能世帯数 約8,239,000世帯(2014年3月末現在)
アナログ放送(CS、放送終了)
プラットフォーム CSバーン
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
チャンネル番号 J-1ch
放送開始 1992年10月1日
放送終了 1998年3月31日
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.322(SD16:9)
物理チャンネル ND22
視聴料金 700(税別)円
放送開始 2002年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.642(HD)
視聴料金 700(税別)円
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
チャンネル番号 Ch.265
視聴料金 700(税別)円
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 650(HD)
eo光テレビ 838(HD)
J:COM 350(HD)
JCN 501,551 (HD)
公式サイト

スペースシャワーTV(スペースシャワーティーヴィ、SPACE SHOWER TV) は株式会社スペースシャワーネットワークが運営している音楽専門チャンネル

チャンネル概要[編集]

沿革[編集]

  • 1989年1月 - 株式会社スペースシャワー設立
  • 1989年12月 - ケーブルテレビ局に配信開始(この日をスペースシャワーTV開局としている)
  • 1992年6月 - CS BAANによるCSアナログ放送開始(1992年10月有料放送開始)
  • 1993年12月 - 番組制作部門を独立。株式会社セップ(SeP)設立
  • 1996年10月 - パーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)で放送開始
  • 1997年3月 - 累積損失一掃のため、株式会社スペースシャワーを清算。運営は新たに設立された株式会社スペースシャワーネットワークに承継
  • 2002年4月 - ミュージックビデオ専門チャンネル「Video Music Ch.」(「100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス」の前身)開局
  • 2004年9月 - 株式会社セップを株式会社スペースシャワーティーヴィ・プロデューシングへ社名変更。ビデオクリップ(PV)等の映像制作事業は新たに設立された株式会社セップに事業承継
  • 2005年4月 - 株式会社スペースシャワーティーヴィ・プロデューシングを株式会社スペースシャワーTVに社名変更
  • 2008年3月末 - 株式会社スペースシャワーTV会社解散、事業はスペースシャワーネットワークに承継
  • 2009年10月 - スカパー!HD、ひかりTVeo光テレビでハイビジョン放送を開始。(チャンネル名は「スペースシャワーTV HD」)
  • 2010年1月末 - スカパー!e2(現・スカパー!)にて、16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始。

ミュージックビデオプログラム[編集]

一回の放送時間が30分以上の中から表示。全てのプログラムは公式サイトを参照。

  • BIG HITS!/ヨーガク
    邦・洋楽最新ヒット曲をオンエア。
  • ナツカシ☆ビデオ/ヨーガク
  • NEW CUTS
    その日のうちにスペースシャワーTVに届いたミュージックビデオを放送。
  • (アーティスト名) MUSIC VIDEO SPECIAL
    人気の邦・洋楽アーティストをミュージックビデオとともに特集するプログラム。
  • 歌える☆HIT SONGS
    ヒット曲を歌詞入りでオンエアするプログラム。

チャートプログラム[編集]

  • SPACE SHOWER COUNTDOWN
    スペースシャワーオリジナルチャートによるカウントダウンプログラム。
    洋楽、邦楽を問わずシングル、アルバム、DVDの売上げ(HMVタワーレコードハイラインレコーズプラネットチャートの売上げデータを参照)とスペースシャワーのリクエスト、ミュージックビデオのオンエアーを総合してミュージックビデオ単位で集計する。ミュージックビデオの存在しない楽曲はカウントしないが、販売前のミュージックビデオはカウントする。又、アイドル、声優、韓流などのジャンルは含むことがあるが、ランクが下のほうである。 基準はFM802に近い。アルバムはリードトラックのPVが制作されていない場合は先行シングルのビデオがカウントされる。(ベストアルバムは先行シングルもカウントされない場合もある。)ライブDVDはレコード会社側が放送局に提供しているビデオがカウントされる。ゆずBUMP OF CHICKENなどスペースシャワーゆかりのアーティストが1位を獲得する事が多く、逆にavex系アーティストは一部例外(東京スカパラダイスオーケストラなど)はあるが、チャートアクションが低い傾向にある。
  • SUPER HITS PERFECT RANKING 50
    邦楽、洋楽のCDシングル売り上げとカラオケ、ネット配信ランキングを元にした歌詞入りのオリジナルチャート番組。2012年5月まではSUPER HITS RANKING 50の番組名で放送していた。
  • SUPER HITS SINGLE RANKING
    CDシングル売り上げの上位20曲を歌詞入り・ノーカットで放送。かつて初回放送が日曜だったため、SUNDAY SUPER HITS50だった(リピートはSUPER HITS)。
    プラネットチャートの売上げデータ(初回放送週の水曜日(3日前)発売したシングルCD含む)を元にしたチャート番組であるため、オリジナルチャートよりも変動が激しく、オリジナルチャートに入らないミュージックビデオがチャートインすることもある(ちなみに、MUSIC ON! TVM-ON! Countdown 100』のCD売上げデータもプラネットであるが、初回放送週がSUPER HITSより8日遅いためオリコンチャートと類似することが多い)。
    また、Vo Vo Tauの『裸〜Nude〜』が他チャートと比べて上位にいたり、夏川りみの『涙そうそう』が3年近くにわたってランクインしていたり、CD再発売の際は他局はライブ映像でオンエアーするが、PVに置き換わって放送することがあったりする、など特異な反応も見られる。

パワーセレクト番組[編集]

  • POWER PUSH ( - INTERNATIONAL)
    注目のアーティスト(主に新人)のPVを1日複数回放送。ゆず宇多田ヒカル椎名林檎Dragon AshBUMP OF CHICKENKICK THE CAN CREW元ちとせHYなど特集後、知名度を上げたアーティストも多い。
    なお、同じアーティストが何回か特集されることもある(バンド・ユニット名義で特集された後にソロとして特集されたものも含む)。例としてBUMP OF CHICKENの「ランプ」(インディーズ時代)と「天体観測」(メジャーデビュー後)、KREVAの「イツナロウバ」(KICK THE CAN CREW時代)と「希望の炎」(ソロデビュー曲)などがある。
    (->歴代POWER PUSH一覧はこちらから)
  • JET
    JETは、新着のPVを、各放送局でのPVオンエア解禁に先駆けて独占的に、およそ1週間通して随時放送する。「最新!最速!スペースシャワーTV独占ビデオ」のキャッチフレーズで、最新曲を放送している。

VJプログラムと出演者[編集]

現在[編集]

VJプログラム 出演者
音楽ヒミツ情報機関 MI6 千原ジュニア蔦谷好位置ニコル
スペシャエリア JxJx清水富美加
Black File
番組内コーナー「第三会議室
宇多丸 (Rhymester) 、K DUB SHINE
モンスターロック ダイスケはん、ナヲ
マキシマムザホルモン
SPACE SHOWER COUNTDOWN (ナレーション:ニコル
THE BAWDIES A GO-GO!! THE BAWDIES
Welcome![Champagne] [Champagne]

過去[編集]

VJプログラム 出演者
MUSIC SCRAMBLE いとうせいこう
NEWS & Countdown マーキーリサ・ステッグマイヤー鈴木杏樹ケイ・グラント
ヒロ寺平、TAMAGO、小沢亜子(ZELDA)、加藤賢崇
ULTRA COUNTDOWN リサ・ステッグマイヤー
夕陽のドラゴン ユースケ・サンタマリアトータス松本ウルフルズ)、
堀田智子(初代アシスタント)、宝積有香(2代目アシスタント)
パパイヤアルマジロ みうらじゅん篠原ともえ、真城めぐみ(ヒックスヴィル
ヒマラヤ いとうせいこう、真心ブラザーズ
AX ARENA 衛藤利恵
PUMP UP! hitomi
Bonita サニーデイ・サービススチャダラパーエレファントラブ
ホフディラン原万紀子
メガロマニアックス ブライアン・バートン=ルイス
電リク野郎ELVIS ユースケ・サンタマリアKEIKOglobe)、こずえ鈴ゆず
梁山泊 いとうせいこう、佐藤江梨子(初代小娘)、乙葉(2代目小娘)
高戸靖広ナレーション・珍殿(珍高戸))
マタハリ ピエール瀧、HIROMIX(初代)、小日向しえ(2代目)
イナズマ YOU THE ROCK★
電撃リクエスト ダイナモ YOU THE ROCK★、小日向しえ、SEX MACHINEGUNS
劇空間リクエストアワー  小日向しえ、 加藤賢崇
ギリギリ7 YOU THE ROCK★、ブライアン・バートン=ルイス
BBL world ブライアン・バートン=ルイス、金剛地武志TUCKER
いちりんちゃん(佐久間麻由)、西村美保石田香奈
センスオブナンセンス フラワーカンパニーズ
ユースケの空気3000 ユースケ・サンタマリア、奥居俊二(現・オクイシュージ)
ゴゴイチ! 〜SPACE SHOWER CHART SHOW〜 やまだひさし山野ゆり
熱血!スペシャ中学 いとうせいこう、池田貴史(SUPER BUTTER DOG/100s
安めぐみSalyu
BLOCKS RYO the SKYWALKERAFRA、MIKU(YA-KYIM)、DABO
HUNGER(GAGLE)、YOSHI(餓鬼レンジャー
ドーデカス ピエール瀧
STAND! ジョシュア岡田マリア
STUDIO GROWN イルリメ一十三十一、タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS
三宅洋平(犬式 a.k.a. Dogggystyle)、Jesrin
海北大輔(LOST IN TIME)、神宮司治(レミオロメン
中田裕二(椿屋四重奏)、ナカヤマシンペイ(ストレイテナー
サイトウジュン、ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS
金木孝明安藤裕子
YO-HO 萩原健太嶺川貴子鈴木蘭々BONNIE PINK
BUM 藤原ヒロシYOU
邦楽専科 渋谷派 加藤賢崇宍戸留美
渋谷派パンチ ちはる脱線3
REQUEST JAPAN 千秋
Oxala! いとうせいこうスネオヘアー吉田セイラ
タカチャ、三浦拓也(DEPAPEPE
松本素生GOING UNDER GROUND
TAKUMA(10-FEET)、ピエール瀧、森山直太朗、マリエ
NEU!!!! ハヤシヒロユキ(POLYSICS
JUSTA TV 東京スカパラダイスオーケストラ
SoHo 忌野清志郎スマイリー原島鈴木奈々
スペシャにチャレンジ 音知連 いとうせいこう長崎莉奈
スペシャボーイズジャパン
(2007年10月に
スペシャボーイズからリニューアル)
サイトウジュン(YOUR SONG IS GOOD
浜野謙太(SAKEROCK)、チャットモンチーPerfume(コーナーVJ)
スペースシャワーインフォ マリエ、agatha
SPACE SHOWER HOT 50 チャート★コバーン 鹿野淳木村綾子
テレビゲラッチョ! ピエール瀧、吉村由美パフィー
爆音アトモス monobright、ナカヤマシンペイ(ストレイテナー
9mm Parabellum Bullet、髭(HiGE)
WORLD RIDE ヒダカトオル、ナヲ(マキシマムザホルモン
MONSTER ROCK ダイスケはん(マキシマムザホルモン)、THE BACK HORN
9mm Parabellum Bullet、小出祐介(Base Ball Bear)

※2009年3月までの出演者(2009年4月よりリニューアル)

TRANSPORTER マーティ・フリードマン奥浜レイラ
studio XL エリーローズ
S・C・S サブ・カルチャースクール ピエール瀧電気グルーヴ)、ANI(スチャダラパー
エレキコミックの音楽禁止令! エレキコミック
SPACE SHOWER MUSIC UPDATE 小籔千豊ダースレイダーマリエ掟ポルシェ

ROYJxJxhiroco渡辺俊美Katchin'紗羅マリー

S/mile Factory スマイレージ、須磨いる夫(声・柴田英嗣(アンタッチャブル))
爆裂★エレキングダム!! エレキコミック、増子直純(怒髪天)、対馬祥太郎(NICO Touches the Walls)、かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet
ワタルS(SISTER JET)、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、オカモトレイジ(OKAMOTO'S、ピエール中野(凛として時雨))
スペチャ! SPACE SHOWER MUSIC CHART SHOW 徳光正行臼田あさ美ぺっちゃんちゃー坊
バックステージ・アイドル・ストーリー BiS

オープニング[編集]

ウィリアム・テル序曲(第4部)の演奏をバックに薔薇の花から天使が現れ、最後にスペースシャワーのロゴを大写しにしたところで「おはようございます。スペシャも始まりますよ。ピース」という字幕が入る。原則として毎週月曜付けの開始時・6時前に流れる

クロージング[編集]

ペンキでのSSTVの文字が現れ天使たちがその中から出てくる、「グッドナイト」の文字が小さく何度か出てくる、天使たちが昇って近くに「SEEYA」の文字が3度出る。ヘルメットの付いたロープが下がり、そこにかかっていたヘルメットを天使たちがかぶり宇宙に出る。地球からSマークが出てきてそれを持って天使が回って「今週の放送はこれでオシマイ、おやすみなさい」と表記される。原則として毎週日曜付けの終了時・月曜未明3時過ぎに流れる

ロゴマーク[編集]

現行のロゴマークは2代目。初代はサックスや稲妻、シャワーが降り注ぐさまなどを表した複雑な図案だったが、2代目はSをあしらったシンプルなものになった。1999年9月ぐらいまでは、すべてロゴの形は変形しても白地だったが、同年10月よりカラー(通常の色、青色)になる。2004年10月までは、右上にロゴが表示されていたが、現在は左上に表示されている。

なお、2011年4月にVMCからチャンネル名変更した「100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス」は、スペースシャワーTVと同型のSをあしらったものだが右上に「+」が入り、スペースシャワーTVの青色に対して赤色が使用されている。

ロゴマークは特定の日や期間、変化する事がある。なお、切り替わる時間は日本時間午前0時。ただしMVA生中継のロゴマークは放送時間内のみの使用となる。

  • 祝日 - マークが白地に赤
  • 満月の夜 - マークが黄色になる
  • MVA生中継 - Sマークに王冠を被る
  • 2月14日 - ハート型になる(バレンタインデーに因む)
  • 3月3日 - 桃の花の形になる(桃の節句に因む)
  • 3月14日 - ハート型になる(ホワイトデーに因む)
  • 4月1日 - Sマークが反転する(エイプリルフールに因む)
  • ゴールデンウィーク - マークが金色になる(ここ最近は、金色にせず、祝日と同じ白地に赤のマークを使用)
  • 6月9日 - ギターのピックの形になる(ロックの日に因む)
  • 7月7日 - 黄色い星の形になる(七夕に因む)
  • 10月31日 - カボチャ型になる(ハロウィンに因む)
  • 12月1日 - レッドリボンが付く(世界エイズデーに因む、またスペースシャワーTVの開局記念日でもある)
    • 2009年の12月1日は、20周年ロゴだった。
  • 12月(25日まで) - Sマークの周りにリースが付く、色は白(かつては、Sマークがクリスマスツリー、サンタクロースの帽子を被る形があった)
  • 正月 - Sマークが赤くなり、下にお飾り2つ付く(かつては、Sマークが鏡餅の形になった、のちにバックの色がオレンジで、鏡餅をバックにしたSマークとなる)
  • FIFAワールドカップ開催時で、日本代表戦の時 - サッカーボール柄
  • 過去に、2001年夏に放送した、桑田佳祐の特別番組のときのみ、正月と同じ赤だった(お飾りなし)

その他[編集]

  • 大阪のラジオ局であるFM802とは資本関係はないものの、スペースシャワーネットワークの中井猛元会長とFM802の栗花落光(つゆり ひかる)社長とは、同じ同志社大学出身であり中井が渡辺プロダクション(関西支社)、栗花落がラジオ大阪時代からの盟友関係([1][2])にあることもあって緊密な関係を築いている。
    • 大阪で行われる「SWEET LOVE SHOWER」をFM802と共同で主催。2004年の同イベントは「80215 & SPACE SHOWER TV 15th ANNIVERSARY SPECIAL」の冠を付け、両局の開局15周年を祝った。
    • 「MEET THE WORLD BEAT」(SSTVでは生中継を行っている)、「MINAMI WHEEL」をはじめとするFM802主催のイベントに後援するケースが他の音楽専門チャンネルと比べると多い。逆に、「SPACE SHOWER Music Video Awards」(MVA)や「スペースシャワー列伝」など主催イベントにFM802が後援することもある(ただし、MVA07ではクレジットされていない)。
    • ちわきまゆみ鈴木しょう治マーキーブライアン・バートンルイス土井コマキ吉村昌広等、FM802で活躍したDJがVJを務めた。ちなみに、ちわきは2014年3月現在、スペースシャワーネットワークの番組審議委員を務めている[3]
    • 2001年10月、スペースシャワーネットワークとFM802を含むJAPAN FM LEAGUE(JFL)加盟5局、およびレコード会社により、インターネット配信を行う株式会社ビートリップを立ち上げた(2004年3月会社解散)。
    • 2001年12月、CHEMISTRYのプレミアムライヴをFM802と同時生中継した(CS放送とFM局が公開ライヴを同時生中継するのは史上初[4])。
  • かつては、渋谷WAVEサテライトスタジオがあり、生中継および番組収録が行われていた。
  • 香港STAR(元スターTV)が運営する音楽専門チャンネル・Channel [V](1994年、MTV ASIAからチャンネル名変更)の番組(「Music Update Tokyo」)をスペースシャワーTVが制作していた[5]
    • 1998年に開局したアニメ専門チャンネル・アニマックスのブランディングには、この番組に関わっていた映像作家の越智敏郎、およびスペースシャワーTVとChannel [V]のスタッフが携わっている。
  • 1990年代中頃にはテレビ神奈川制作の音楽番組「LIVE Y」や「GiRL POP TV」が放送されていたことがある。
  • かつては、大阪有線(現USEN)のUSEN440にて、音声のみの放送を行っていた。
  • アナログ放送の頃は音楽専門チャンネルであるために全て高音質のBモードステレオで放送されていたが、一時期独立音声チャンネルを用いてセガサターン向けゲームデータ配信を行っていたため、時間帯によっては音質の劣化するAモードステレオで放送されていた。
  • 音楽専門チャンネルとして、唯一公式ホームページに、番組別のBBSがあったが、現在は閉鎖された。小倉優子の特定の曲を執拗にリクエストする書き込みが続いていたが、これが閉鎖の理由につながるかは不明。
  • 1993年頃まではウォーターマークは常時表示されず、曲名表示の時だけ表示されていた。
  • 日曜深夜から月曜の朝にかけて放送を休止している(原則として月曜未明3時-6時だが、不定期で他の曜日にもメンテナンスによる休止日あり)が、日曜付け深夜の最後の番組は月曜未明2時から3時2分、月曜付け早朝の最初の5時58分から7時とテレビ画面には表示されており、それぞれのオープニング、クロージングの2分間の分もその時間の番組に入れている。
  • CSアナログ放送時代のコールサインはJO41-CS-TVである。
  • スペースシャワーTV限定でオンエアされるPVはSマークの横に「ONLY SSTV EDITION」と記載される。以下はその対象となるPVの例である。
  • PVディレクターとスペースシャワーTVとのコラボレーションで制作されたPV
  • エイベックス所属アーティストのフルサイズのPV(PVがCD付属のDVDに収録されるアーティストのPVは、テレビ番組で使用される際に意図的にショートサイズにカットされてオンエアされるため)
  • ライブ映像(スペースシャワーTV協賛で開催されたライブに限る)
  • 2008年4月より半年間に渡りSPACE SHOWER MUSIC UPDATEの木曜日に限りグレートハントと言うアニメ番組が放送される。このアニメは富山在住の兄弟クリエイターユニットThe BERICH(ビリッチ)が制作した。チャットモンチーがキャラクターとしてゲスト出演している。

ハイビジョンチャンネル放送開始後の変化[編集]

2009年10月1日からハイビジョンチャンネルを開始して、以下のような変化があった。

  • 番組がほぼハイビジョン制作となり、標準画質のチャンネルから視聴した場合、16:9型レターボックス方式で放送されてしまう。(一部番組・CMは除く)
  • 「S」マークのウォーターマークがハイビジョン番組の際、標準画質放送の位置から左へ少しずれて表示される。

現在、確認できているのはこの2つとなるが、今後変更していく場合もある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]