マーティ・フリードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーティ・フリードマン
マーティ・フリードマン}
マーティ・フリードマン
基本情報
出生名 Martin Adam Friedman
出生 1962年12月8日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ローレル
ジャンル スラッシュメタルネオクラシカルメタルヘヴィメタルプログレッシブロックハードロックJ-POP演歌雅楽
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1982年 - 現在
レーベル avex traxシュラプネル・レコーズ
共同作業者 ハワイカコフォニーメガデスLOVEFIXER相川七瀬PUFFYFANTA
公式サイト http://www.martyfriedman.com/
著名使用楽器
Jackson The KE1

キッスラモーンズエルヴィス・プレスリーB'zなど

マーティン・"マーティ"・アダム・フリードマン(Martin "Marty" Adam Friedman、1962年12月8日 - )は、アメリカギタリスト音楽評論家、タレント。

流暢な日本語を話すことで知られ、日本語での口癖は「いいじゃん!」「アゲアゲじゃん!」[1]

現在は日本に拠点を置き活動する。

経歴[編集]

生い立ち、1980年代の活動[編集]

メリーランド州ローレルワシントンD.C.近郊)出身で、アシュケナジム・ユダヤ人の家庭に生まれた。17歳の頃に住んでいたハワイで、日系の人たちが聞いていた日本の音楽に興味を持つ。特に演歌には強い影響を受け、演歌のこぶしを自分のギター・テクニックに取り入れた。当時のバンド仲間からは白眼視されていたという。

1982年、ヴィクセン名義でEP1枚を発表した。またコンピレーションアルバム『U.S.METAL VOL II』に1曲が収録されている。1983年にゲイリー・セント・ピアー(ヴィシャス・ルーモアズの初代ヴォーカリスト)らと「ハワイ」を結成し、アルバム『One Nation Underground』を発表する。1984年にはEP『Loud, Wild and Heavy』を、1985年にはアルバム『The Native Are Restless』を発表する。ちなみにハワイというバンド名は「シカゴ」や「カンサス」などにあやかって付けたと後にラジオで話している。

1987年、シュラプネル・レコーズに所属するジェイソン・ベッカーと「カコフォニー」を結成し、アルバム『スピード・メタル・シンフォニー』を発表する。1988年には初のソロ・アルバム『ドラゴンズ・キス』とカコフォニーの2枚目のアルバム『ゴー・オフ』を発表する。

メガデスへの加入[編集]

1990年メガデスに加入する。メガデスでは4枚目のアルバム『ラスト・イン・ピース』から8枚目のアルバム『リスク』まで参加し、バンドの全盛期を支える。また、ソロ活動も継続して『シーンズ〜憧景〜』(1992年)、『イントロダクション』(1994年)、『トゥルー・オブセッションズ』(1996年)といったソロ・アルバムもリリースした。しかし1990年代中盤より他のヘヴィメタル・バンドが台頭してきたため、メガデスのメンバー間でバンドの方向性に関する論争が発生する。この時、フリードマンは「ポップスならポップスのアルバム、ヘヴィメタルなら信じられないくらいヘヴィなアルバムを作りたい。中途半端なのは一番嫌だ」と主張した。しかしアルバムに採用された曲は「ポップスでもヘヴィメタルでもない中途半端な曲」ばかりとなってしまい、「ヘヴィメタルの代表としてメガデスという怖い名前があるのに、何故そんな妥協をしなくちゃならない? とずっと主張し続けてたんだけど受け入れられなかった。だから辞めた」と語っている[2]

また「Breadline」のギター・ソロ差し替え事件[3]についてもフリードマンは後のインタビューで、脱退の決定的な原因ではないけれど理由のひとつ、としている[4]

一方、メガデスのリーダーのデイヴ・ムステインは雑誌「BURRN!」のインタビューで「マーティはメガデスを日本のバンドのB'zみたいにしたがっていたんだよ」と述べ、原因はマーティにあるとしていた。ただ、後のインタビューでは、自分にも落ち度があったと述べている。また、後に『THE SYSTEM HAS FAILED』収録時にマーティをメガデスに呼び戻そうともしていたが、マーティは日本での活動が多忙のため辞退した。アルバムには結果的にクリス・ポーランドが参加することになった。

日本への移住[編集]

カコフォニー時代にライブで初来日したマーティは、日本に対してそれまで以上の興味を持つようになり、メガデス時代には世界ツアーの移動時間の間、独自に日本語の勉強を始め、ある程度日本語を習得し、通訳なしでインタビューを受けることも多々あった。2000年にメガデスを脱退した後、大学に通い日本語を本格的に学ぶ。この時期、アリゾナ州で開催された日本語弁論大会で2位を獲得したこともあるという。

2004年に、仕事も何も決まっていない状態で日本への移住を決める。保証人もいなかったため、最初の数か月は6畳のウィークリーマンションに住まざるを得なかったという。日本語の勉強になると割り切って、やりたくない仕事もやっていたが、間もなく友人の紹介で相川七瀬と知り合い、彼女のバックバンドにギタリストとして参加する。これをきっかけに日本でのミュージシャンとしての活動を開始する。

その後、東京都新宿区に完全移住した。2005年にはX JAPANPATALUNA SEA真矢と共に、相川七瀬のコンサートツアーに参加した。5月から放送開始となった番組『ヘビメタさん』にもレギュラー出演している。また鈴木亜美のギタリストとして念願の『NHK紅白歌合戦』出場の夢も実現した。

2006年4月より『ROCK FUJIYAMA』(テレビ東京系)にレギュラー出演する(2007年3月まで)。同年6月12日からは日本テレビの『歌スタ!!』に「ウタイビトハンター」として出演する。またこの年から4年連続『タモリ倶楽部』の年度末企画「空耳アワード」に出演し、2006年、2008年には逆空耳(日本語の歌が外国語に聞こえる)を2つずつ紹介した(2006年は2曲とも浜崎あゆみ、2008年はB'zmihimaru GT)。さらに2006年から2008年まで鉄鋼業界の団体日本鉄鋼連盟新卒採用PRのイメージキャラクターとなる。キャッチコピーは「メタルはイケてるのか?」、「メタルはイケてるぜ!!」。

2007年KOTOKOの7枚目のシングル、『マリア様がみてる』OVAシリーズ第3巻から第5巻のエンディングテーマ「きれいな旋律」の作曲とギター演奏を担当した。

2008年3月1日渋谷NHKホールで開催された『平成19年度NHKのど自慢チャンピオン大会』では、オープニングでこの番組のテーマ曲をロック調にアレンジし、ソロで演奏した。またジェロのアルバム『COVERS』収録の「釜山港へ帰れ」に参加した。『2008年紅白歌合戦』では、石川さゆりの「天城越え」の伴奏者も務めた。その他、同年公開の映画『デトロイト・メタル・シティ』にジャック・イル・ダークのバンドのギタリストとして出演した。同じく2008年公開の映画『グーグーだって猫である』にも出演した。9月からは『ビッグコミック』誌上にて「邦楽の殿堂」連載を開始する(2008年9月10日号より)。

2009年 5月3日、テレビ朝日題名のない音楽会』のゲストとして、井上道義指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢との競演で、バッハ作曲『ブランデンブルク協奏曲』第3番の第3楽章を演奏した。

2009年10月14日に、テレビ朝日ロンドンハーツ』の特別企画によって幕張メッセで開催された50TA(狩野英孝)の復活ライブにおいて、楽曲『ヘビーメタルステーション』のギタリストとして出演した。

2010年6月16日、Sound Horizonのシングル「イドへ至る森へ至るイド」に参加する。また6月19・20日にSound Horizon『国王生誕祭休日スペシャル2010』のライブにも参加する。

2010年8月25日THE ALFEE高見沢俊彦のソロアルバム『Fantasia』、楽曲「エデンの君」のギタリストとして参加した。2010年9月12日東京国際フォーラムで開催された『Fantasia』のライブにおいて、アンコールで「エデンの君」のギタリストとしてゲスト出演した。

2011年東北地方太平洋沖地震と津波の被災者のためのチャリティ・オークションとして、メガデス時代のギターをすべてeBayに出品した。マーティは、自身の機材を手放すのはこれが初めてとのことである。

2011年12月25日、『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』にのゲストとして、ももいろクローバーZと共演し、自身も参加している楽曲『猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』を演奏した。

2012年8月22日Linked Horizonの1枚目のシングル「ルクセンダルク小紀行」に参加する。また、11月25日にはLinked Horizonも参加した「Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert」にも参加した。

2013年1月2日、前年12月に結婚(再婚)していたことが報道された。妻は9歳下で日本人のチェロ奏者とされている。2009年の『題名のない音楽会』出演時に共演した際に知り合ったと報道されている。

2014年1月4日、東京ドームで行われた新日本プロレスの興行WRESTLE KINGDOM Ⅷのメインマッチに登場した。棚橋弘至の入場曲を生演奏しながら入場するというパフォーマンスを見せた。

音楽性:幅広い趣味[編集]

ロック[編集]

  • 幼少の頃のアイドルはキッスラモーンズエンジェルエルヴィス・プレスリーなど。特にキッスに関しては「世界最高のハードロック・バンド」と述べている。
  • 世界中のミュージシャンが影響を受けたビートルズが嫌いである。理由は、ドラッグヒッピーを広めたアメリカで、退廃的な文化が広がったため、とのことである。しかし、ビートルズの影響が大きい奥田民生のサウンドやビートルズの作曲能力の高さは認めている[5]
  • メガデス時代に来日した際、街で流れていたB'zのシングル「Liar! Liar!」に衝撃を受け、近くにいた人に「誰の曲?」と聞き、すぐにCDを買いに行ったというエピソードがあり、それ以来B'zのファンである[5]
  • ハードロックヘヴィメタルの元祖と称されるレッドツェッペリンのこともあまり好きではない[6]ディープ・パープルに関しても「僕はクラシック音楽が大好きだから、パープルを聴くと悲しくなっちゃうんだ」と否定的な意見を述べた。基本的に「さわやか系のオーガニックロック」が苦手で、ジャック・ジョンソンの人気には全然共感できないと語っている。曰く「そういう曲って軽いBGMとして最適じゃん。だけど、僕が音楽に求めているのは、もっと深いところで癒しや感動なんだよね」[7]

演歌・邦楽[編集]

  • ハワイ在住時に、ラジオから流れた演歌に惹かれ、自身のギタースタイルも演歌に大きく影響を受けている。
  • 日本のテレビ番組『ヘビメタさん』では演歌歌手八代亜紀と共演し、マーティがヘヴィメタル調にアレンジした「雨の慕情」を披露したこともある。
  • 活動初期のHawaiiのアルバム『The Native Are Restless』では、「Omichan no Uta」なる題名で「さくらさくら」のカヴァーを演じている。

J-POP[編集]

人物[編集]

  • 自身のことをよく「完璧主義者」と評す。ただし、その性格のせいで物事が前に進みそうにない状況に陥った時には、敢えて自分から最低限の妥協をするという柔軟性も持ち合わせている(マーティはこれをプチ妥協と呼んでいる[9])。
  • 2006年には少女向け小説誌の「コバルト」8月号と同時に書店で無料配布されたフリーペーパー及び小冊子「リリアンかわら版」の中の「マリア様大好き!」のコーナーに登場し、『マリア様がみてる』のファンであることを熱く語り、それを読んだアニメ版の主人公である祐巳役の声優植田佳奈を始めとする関係者を驚かせた。
  • 日本食を苦手とすることは全くないが、卵と乳製品を苦手とする(食わず嫌い)。『英語でしゃべらナイト』出演時に食べた自家製アイスクリームを卵入りと知った時は、驚愕して意気消沈した。しかし2007年に『チューボーですよ!』に出演した際には卵を使ったエビフライを完食した。
  • 電話でキッスのギタリストのオーディションの誘いを受けたこともあるが、身長6フィート(183cm)以上という条件をクリアできなかったため断念した。これに関して、「確かに一人だけ身長が低かったらバランスが悪い」と語っている[10]
  • 好みの女性歌手の声として、浜崎あゆみを挙げている。理由は、「叫ばないが、高音も低音も出る。完璧に聴こえる部分もあるがヘタウマもある」とのことである[11]。他にもBeing所属の小松未歩のファンでもあると述べている。
  • 苦手なタイプの音楽は「叫び系の女性ボーカル」。洋楽だとマライア・キャリーセリーヌ・ディオンなどで、マーティ曰く、「自分の歌の上手さをひけらかそうとしてアドリブで叫びまくっている。せっかく綺麗な歌メロがあるのだから、それを守って歌ってくれたほうが感動する」。[7]
  • テレビ東京の『ミューズの晩餐』(2008年8月30日放送分)で語った好きな日本人女性アーティストに、1位:美空ひばり(天才的な歌声と絶賛)、2位:松浦亜弥(松浦本人だけでなく、松浦の個性を引き出し、完成度の高いアイドルとしてプロデュースしたつんく♂の才能にも敬意を払っている)、3位:相川七瀬(ライブにも参加しているため)を挙げている。

使用機材[編集]

カコフォニー時代はカーヴィン、ハリケーンのギターを使用しており、メガデス加入後は主にジャクソンのケリー(オリジナル仕様)を使用。メガデス脱退後はジャクソンのレスポール・シェイプを使っており、後にアイバニーズとエンドースメント契約を締結し、マーティー・フリードマンモデルを使用したが、これは短期間の使用に終わっている。

2011年からはポール・リード・スミスと契約し、2012年現在は、メインで使用しているシングルカットをベースとしたシグネイチャー・モデルを開発中である[12]

ライヴなどでは、ギブソンのロボットギター(レスポールシェイプ)等も使用している。

エフェクターについては、テレビ等のゲスト参加やちょっとした演奏では豪勢な機材は積まず、ZOOM製のマルチエフェクター1個ということが多い。

ディスコグラフィ[編集]

  1. ドラゴンズ・キス - Dragon's Kiss(1988年
  2. シーンズ〜憧景〜 - Scenes(1992年
  3. イントロダクション - Introduction(1994年
  4. トゥルー・オブセッションズ - True Obsessions(1996年
  5. ミュージック・フォー・スピーディング - Music for Speeding(2002年
  6. ラウドスピーカー - Loudspeaker(2006年
  7. マーティ・フリードマン・エグジビット・エー・ライブ・イン・ヨーロッパ - Exhibit A Live In Europe(2007年
  8. マーティ・フリードマン・エグジビット・ビー・ライブ・イン・ジャパン - Exhibit B Live In Japan (DVD)(2007年
  9. フューチャー・アディクト - Future Addict(2008年
  10. TOKYO JUKEBOX(2009年
  11. BAD D.N.A.(2010年
  12. TOKYO JUKEBOX 2(2011年

出演[編集]

著書[編集]

  • い〜じゃん!J-POP だから僕は日本にやって来た (日経BP出版センター 2008年)
  • サムライ音楽論(日経BP出版センター 2009年)
  • ジョジョの奇妙な冒険で英語を学ぶッ! (2014年 集英社)※監修[13]

関連項目[編集]

人物[編集]

番組[編集]

その他[編集]

プロデュース・提供作品[編集]

作曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式ウェブサイト
  2. ^ 井桁学のギターワークショップ内のインタビュー参照。また、『タモリ倶楽部』の空耳アワード2007出演時には当時のメンバーにメタル以外の様々な音楽も楽曲に取り入れたいと提案したが、却下されたために脱退したと冗談めかして語った。その話の際、「メガデスのメンバーもモーニング娘。のような音楽を影で聴いてたりするんですよ」と語り、出演者たちを驚かせた。
  3. ^ マーティが収録していたソロをプロデューサーが没にし、代わりにデイブがソロを収録した。自分のソロが没になったこと自体をマーティ自身は完成寸前まで知らされておらず、仕上がった曲を聴いて愕然とした。
  4. ^ ちなみに、後にマーティはセルフカヴァーアルバム『FUTURE ADDICT』にて、この因縁深いギター・ソロを記憶に基づいて再現し、収録している。
  5. ^ a b 「マーティ・フリードマンのいいじゃん J-POP!」
  6. ^ テレビ朝日タモリ倶楽部空耳アワード2009(2009年4月4日放送)出演時の本人の発言
  7. ^ a b 2008年6月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社)86頁、連載『マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り』より
  8. ^ 中日新聞」2008年6月10日夕刊
  9. ^ タモリ倶楽部『潜入!LP工場 アナログのぬくもりも大切にし隊が行く!!』2006年11月17日深夜放送回より。
  10. ^ ベストヒットUSA」(2008年3月25日)
  11. ^ 2008年6月2日放送回「歌スタ!!」より
  12. ^ 2012年の「TOKYO GUITAR SHOW」で、マーティー本人が使用しているその試作品が展示された。
  13. ^ 「教科書英語は絶対通じない」 マーティ・フリードマンが『ジョジョ』英会話本に込めた思い ORICON STYLE 2014年8月2日

外部リンク[編集]