ウィリアム・テル (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・テル』(仏:Guillaume Tell )は、ジョアキーノ・ロッシーニ作曲による4幕構成のグラントペラフリードリヒ・フォン・シラーによる戯曲『ヴィルヘルム・テル』に基づく。台本ヴィクトワール=ジョゼフ=エティアンヌ・ド・ジュイイポリット=ルイ=フローラン・ビスによりフランス語で書かれているため、本来の読み方は『ギヨーム・テル』であるが、日本では『ウィリアム・テル』と表記することが多い[1]。初演は1829年8月3日王立音楽アカデミー劇場で行われた。ウィリアム・テルの伝承を元にこのオペラを作曲したのを最後に、ロッシーニは30年以上にわたる引退生活に入った。序曲は特にフィナーレが有名で、コンサートやレコーディングの際の演奏曲目としてよく取り上げられている。

問題点はテノールのパートに高音があり、キャスティングの条件も厳しいなどの理由で、オペラ全編が上演されることは少ない[2]。公演される場合も、かなりの量をカットすることが多い。上演はフランス語・イタリア語の両方で行われる。

『ウィリアム・テル』は、政治的な利害関係により様々な影響を受けた。イタリアでは、権力に抵抗する革命的な人物を賞賛しているという理由でイタリア人検閲官と摩擦を起こし、イタリアでの上演が少数にとどまる原因ともなった。サン・カルロ劇場1833年にこのオペラを上演して以降、2度目の上演は約50年後だった。フェニーチェ劇場におけるヴェネツィアでの初公演は、1856年まで待たなければならなかった。対照的にウィーンでは、やはり検閲問題はあったものの、ウィーン宮廷歌劇場では1830年から1907年の長きにわたり、422回の公演が行われている[3]

演奏時間[編集]

セミラーミデ』や『泥棒かささぎ』の3時間20分より長く、当時のパリの最大の同僚のマイアベーアの5幕物のグランド・オペラの規模を模したものである。約4時間(各幕80分、50分、65分、45分)

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2(1番はイングリッシュホルン持ち替え)、クラリネット2、バスーン2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ1対、トライアングル大太鼓シンバル弦5部バンダ

序曲[編集]

今日では、『ウィリアム・テル』は主に序曲が有名である[4]

その力に満ちたフィナーレは、ラジオやテレビなど、さまざまな場面で使用されている。映画『時計じかけのオレンジ』や『大英雄』では、序曲の一部が重要な場面で使われている。

序曲は4つの部分に分かれており、それぞれ切れ目なく次の楽章に移る。

役柄[編集]

役柄 声域 1829年8月3日初演のキャスト
(指揮者:フランソワ・アントワーヌ・アブネック)
ギヨーム・テル バリトン アンリ=ベルナール・ダバディ
エドヴィージュ(テルの妻) メゾソプラノ レモリ(Mlle Mori)
ジェミ(テルの息子) ソプラノ ルイーズ=ズルマ・ダバディ
マティルデ(ハプスブルク家の王女) ソプラノ ロール・サンティ=ダモロー
アルノール・メルクタール テノール アドルフ・ヌーリ
メルクタール(アルノールの父) バス ボネル
ジェスレル(ウーリ州シュヴィーツ州を治めるオーストリア人総督) バス アレクサンドル・プレヴォ
ヴァルター・フルスト(スイスの愛国者) バス ニコラ・レヴァッサー
リュオディ(漁師) テノール アレクシス・デュポン
ルートルド(羊飼い) バス フェルディナン・プレヴォ
ロドルフ(ジェスレルの警備隊長) テノール ジャン=エティエンヌ・マソル
狩人 バリトン ベルトラン・プイィ
農民、羊飼い、騎士、小姓、貴婦人、兵士

あらすじ[編集]

舞台:スイス
時代:14世紀

オペラの冒頭以前の出来事として、スイスの指導者メルクタールの息子アルノールは、オーストリアの王女マティルデがおぼれそうなところを助けたことがあった。政治情勢にもかかわらず、アルノールとマティルデは恋に落ちた。

第1幕[編集]

5月、羊飼いの祭の日、 ルツェルン湖近く。伝統のもと、メルクタールは祝賀の場で結婚式を執り行うことになっている。しかしアルノール自身はその中に入っていない。彼は、故国に対する愛とマティルデに対する愛の間で板挟みになっているのである。ホルンのファンファーレで祭りが中断され、オーストリア人総督ジェスレルの到着が告げられる。スイス人は彼を憎んでいる。次いで、ジェスレルの軍隊に追われたルートルドが現れる。ジェスレルの兵士の一人が、ルートルドの娘を襲おうとする。ルートルドは娘を守ろうとして兵士を殺してしまう。彼の逃げ道は、湖だけであった。ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)が、援助を申し出る。ロドルフの先導で、ジェスレルの護衛隊が到着する。ルートルドはテルの手を借りてなんとか逃げおおせるが、ジェスレルの護衛隊は報復としてメルクタールを人質とする。

第2幕[編集]

アルノールとマティルデは湖近くの谷で会い、再び愛を誓う。テルとヴァルターが到着し、ジェスレルがメルクタールの処刑を命じたとアルノールに告げる。アルノールは復讐を誓う。アルノール、テル、ヴァルターは、スイスの解放を誓う。彼らは旅をしながら各州に結束を促す。

第3幕[編集]

アルトドルフの町の市場。オーストリアによるスイス統治100周年の記念日。祝典で、ジェスレルは自分の帽子を取って掲げ、スイス人は帽子に敬礼するよう命ずる。テルが息子のジェミと通りかかる。テルは、帽子への敬礼を拒絶する。ジェスレルは、ルートルドを救った男がテルだと理解し、なんとかして彼を罰しようとする。テルの失敗を期待しつつ、ジェスレルは彼に、息子ジェミの頭の上のリンゴを撃つように命じる。テルは見事にリンゴに矢を突き通し、もし失敗していたら、次の矢でジェスレルを射ていただろうと告げる。ジェスレルは、テルの逮捕を命ずる。

第4幕[編集]

スイスの反乱軍が現れ、戦いが始まる。テルは、ジェスレルの心臓を矢で射抜く。スイスが勝利を収める。マティルデとアルノールは互いの愛を確かめ、物語は大団円を迎える。

有名なアリア[編集]

  • "Asile héréditaire" (「先祖伝来の住処よ」):アルノール
  • "Corriam Voliam" (「静かな隠れ家」):アルノール
  • "Sois immobile" (「じっと動かずに」):テル
  • "Sombre forêt" (「暗い森」):マティルデ

脚注[編集]

  1. ^ ただし、日本ロッシーニ協会サイト内では『ギヨーム・テル』と読んでいる。日本ロッシーニ協会~ニューイヤー・ロッシーニ・コンサート
  2. ^ Fregosi, William (1993). Guglielmo Tell. Gioachino Rossini”. The Opera Quarterly 9 (4): 259–264. doi:10.1093/oq/9.4.259. http://oq.oxfordjournals.org/cgi/reprint/9/4/259 2007年10月21日閲覧。. 
  3. ^ Braunstein, Joseph (1952). “Reviews of Records - Rossini: William Tell. The Musical Quarterly 38 (4): 667–671. http://mq.oxfordjournals.org/cgi/reprint/XXXVIII/4/667-b 2007年10月21日閲覧。. 
  4. ^ Kirby, Percival R., "Rossini's Overture to William Tell" (April 1952). Music & Letters, 33 (2): pp. 132-140.