eo光テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
eo光テレビ
基本情報
コミュニティ
チャンネル愛称
eo光テレビ
MSO 独立
系列 独立
センター所在地
〒530-6116
大阪府大阪市北区中之島3丁目3番23号中之島ダイビル
デジタル放送上位事業者 独自運用
開局年月日 2003年11月21日
エリア内地方自治体
100 市(政令指定都市を除く)
28 町
配信チャンネル数
地デジ自主放送 ()
ラジオ放送 8 Ch
通信サービス種別
公式ホームページ
トップページ
特記事項:
チャンネル数は『K-CAT eo光テレビ』の全エリア合計。NHK各放送局は1つとして数える。
テンプレートを表示

eo光テレビ(イオ・ひかりテレビ)は、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供している光放送(光ケーブルテレビ)のサービス名称である。

テレビCMには2006年7月より唐沢寿明が起用されており、キャッチコピーは「まとめてトクする! eo光」である。

概要[編集]

法的には電気通信役務(主に光ファイバー設備)をケイ・オプティコムが提供し、それをケイ・キャット(「K-CAT」。関西電力や京阪電鉄の系列 法人格は2012年10月1日付けでケイ・オプティコムに吸収合併・統合されたため消滅し事実上直営化)と近鉄ケーブルネットワーク(「KCN」。近鉄の子会社)が利用して行う有線役務利用放送であり、有線テレビジョン放送(いわゆる「ケーブルテレビ」)とは位置づけが異なる。棟外網構成光ファイバーのみを使用しており、ケーブルテレビで採用されている同軸ケーブルは使用していない。

ただし、有線役務利用放送で認められている2つの送信方式のうち「IPマルチキャスト方式」ではなく、ケーブルテレビと同等の「標準テレビジョン方式」を採用しているため、一般的にはケーブルテレビと同じものと考えて差し支えない。

地域によって役務利用を担当する企業が異なっており、厳密には直営の「eo光テレビ」(2012年9月30日まではケイ・キャットとの提携による「K―CAT eo光テレビ」)と、近鉄ケーブルネットワークと提携した「KCN eo光テレビ」の2つがあるが、テレビCMでは特に区別していない。それぞれのサービスエリアは後述する。

ケーブルテレビ局が存在しない地域への多チャンネル放送の提供を口実にサービスを開始したが、なし崩し的に近畿地方のほぼ全域に進出していき、先に開局していたケーブルテレビ局との競合を巻き起こしている。特に2008年10月以後、これまで「KCN eo光テレビ」のみを提供していた奈良県と四条畷市田原地区においても「ケイ・キャット」(法人としては当時)提供のサービスが開始されたことによって、競合する2つの会社が「eo光テレビ」のブランドでしのぎを削る形になってしまった。

沿革[編集]

  • 2003年11月21日 - 「K-CAT eo T.V.」を開始。当初の対象は大阪府寝屋川市交野市で、ケイ・キャットが先に実施していたHFC方式での配信を行っている枚方市八幡市京阪東ローズタウンでは提供していなかった。その後、奈良県を除く近畿地方のほぼ全域に順次拡大した。
  • 2005年
    • 7月1日 - サービス名称を、「K-CAT eo T.V.」から「K-CAT eo光テレビ」に変更。
    • 11月1日 - サービスの空白地域となっていた奈良県と大阪府四條畷市田原地区に向け、近鉄ケーブルネットワークが新たに参入して「KCN eo光テレビ」を開始。
  • 2008年8月1日 - 「KCN」のエリアでも「K-CAT」のサービス開始(「KCN」のサービスも並行して継続)。
  • 2009年
    • 5月1日 - 「K-CAT」において、CSのハイビジョン放送を開始。当初は別料金のオプションチャンネルのうち5局のみだが、順次ベーシックコースのチャンネルを含め拡大する。
    • 5月18日 - 「K-CAT」において、BSデジタル放送のパススルー方式による配信を開始。
  • 2012年10月1日 - ケイ・キャットとケイ・オプティコムの合併(存続会社は後者)により「K-CAT eo光テレビ」が「eo光テレビ」に名称統一される[1](KCN eo光テレビも従来どおり継続する。またケイ・キャットの従来型HFCサービスについても引き続き利用できるが、会社の合併に伴い新規募集は2012年9月30日受付分を持って完全締め切りとなった)

サービスエリア[編集]

前述のとおり、一部の地域では「eo光テレビ」の開始前からケイ・キャットがサービスを行っており、該当する地域には「※」を付した。なお2012年10月1日でケイ・キャットはケイ・オプティコムへの合併で法人格が消滅し、サービス名称を「eo光テレビ」に統一したが、便宜上旧ケイ・キャットが提供する地域については「K-CAT eo光テレビ」として説明する。

府県 サービス名称
滋賀県 K-CAT eo光テレビ
京都府
兵庫県
和歌山県
大阪府(下記を除く)
大阪府四條畷市田原地区 K-CAT eo光テレビ・KCN eo光テレビ
奈良県

「K-CAT」の対象地域[編集]

※印のついている自治体についてはHFC(同軸ケーブル線)のケーブルテレビサービスを併用しているが、HFCからFTTHへの移行、またその逆のパターンである場合も、移行する場合は一旦現在利用しているサービスを解約・撤去した上で新たな設置工事をする必要がある。

府県 市区町村
大阪府 寝屋川市交野市枚方市 ※、大阪狭山市豊能郡大阪市(全区)、摂津市茨木市箕面市堺市(全区)、河内長野市高石市南河内郡豊中市池田市吹田市泉大津市高槻市貝塚市守口市八尾市泉佐野市松原市大東市和泉市柏原市羽曳野市門真市藤井寺市東大阪市泉南市四條畷市田原地区を除く)、阪南市三島郡富田林市泉南郡岸和田市(2007年7月から)、泉北郡忠岡町(2007年7月から)
京都府 京都市右京区の旧京北町地域を除く)、長岡京市向日市八幡市 ※、宇治市城陽市京田辺市[2]木津川市亀岡市福知山市(旧天田郡除く)、綾部市舞鶴市相楽郡精華町綴喜郡井手町乙訓郡大山崎町久世郡久御山町
兵庫県 篠山市淡路市小野市西脇市多可郡多可町豊岡市たつの市(旧新宮町除く)、三木市神戸市(全区)、尼崎市伊丹市西宮市芦屋市相生市赤穂市宝塚市川西市三田市加西市明石市加古川市高砂市姫路市(旧姫路市、旧香寺町、旧安富町)、丹波市加東市川辺郡神崎郡福崎町)、加古郡美方郡揖保郡太子町
滋賀県 大津市草津市栗東市守山市野洲市近江八幡市東近江市彦根市米原市(旧米原町、旧近江町エリアのみ)、長浜市(旧余呉町・旧西浅井町除く)、高島市(旧朽木村除く)、湖南市甲賀市蒲生郡竜王町日野町)、愛知郡愛荘町)、犬上郡豊郷町多賀町甲良町
和歌山県 橋本市伊都郡かつらぎ町)、有田市紀の川市岩出市有田郡湯浅町有田川町)、和歌山市海南市御坊市田辺市日高郡日高町印南町)、西牟婁郡上富田町

「K-CAT」および「KCN」双方の対象地域[編集]

前述のとおり、「KCN」のサービスエリアでは2008年8月1日から「K-CAT」との提携を開始したが、従来どおり「KCN」のサービスも継続している。ただし、「KCN」から「K-CAT」へ契約を変更する場合は、回線の撤去作業などが必要となる。

府県 市区町村
大阪府 四條畷市田原地区
奈良県 奈良市大和高田市大和郡山市天理市橿原市桜井市五條市御所市生駒市香芝市葛城市生駒郡平群町三郷町斑鳩町安堵町)、磯城郡川西町三宅町田原本町)、高市郡高取町明日香村)、北葛城郡上牧町王寺町広陵町河合町

配信している放送局[編集]

地上波BSデジタル放送パススルー方式で配信されている。ただし、地上デジタル放送とBSデジタル放送を視聴するにはチューナーを内蔵したテレビを用意するか、BS・CSデジタル放送の場合はSTBをレンタルする必要もある。また、アナログ放送についてはUHFのチャンネルはVHF変換されている

2011年7月24日正午より2015年3月31日まではデジアナ変換による放送が行われている。

独立局については、原則として各放送対象地域の府県内のみで配信されている(ただし、例外となる地域もある)。

アナログ放送[編集]

番号 K-CAT KCN
2 NHK総合(各府県域局) NHK総合 大阪局(大阪)
3 サンテレビ(兵庫・大阪[3])、奈良テレビ(奈良[4] NHK総合 奈良局(奈良)
4 MBS毎日放送
5 KBS京都(京都・大阪・奈良[5][6])、びわ湖放送(滋賀)
サンテレビ(兵庫の一部[3])、テレビ和歌山(和歌山)
KBS京都
6 ABCテレビ朝日放送
8 関西テレビ
9 テレビ大阪(大阪の全域・兵庫と京都と奈良の一部[7] 奈良テレビ
10 読売テレビ
11 K-CAT eo光チャンネル(コミュニティチャンネル。兵庫・京都のみ[8] サンテレビ
12 NHK Eテレ 大阪局
22 - テレビ大阪

地上デジタル放送[編集]

番号(ID) K-CAT KCN
D011(1) NHK総合(各府県域局)
D021(2) NHK Eテレ 大阪局
D031(3) サンテレビ(兵庫・大阪の各全域・京都[9]の一部)、びわ湖放送(滋賀)、NHK総合大阪局。奈良のみ) NHK総合(大阪局。四條畷市田原地区は奈良局
D041(4) MBS毎日放送
D051(5) KBS京都(京都・奈良の各全域・大阪[10]・滋賀の一部[11])、テレビ和歌山(和歌山) KBS京都
D061(6) ABCテレビ朝日放送
D071(7) テレビ大阪(大阪の全域・兵庫と京都と奈良の一部[7][12][13]
D081(8) 関西テレビ
D091(9) 奈良テレビ(「K-CAT」は奈良のみ[4]
D101(10) 読売テレビ
D111(11) K-CAT eo光チャンネル(コミュニティチャンネル[14] ファミリーチャンネル(コミュニティチャンネル)
D112 K-CAT eo光チャンネル(サブch)[15]

BS・CSデジタル放送[編集]

「K-CAT」でのチャンネルのみを掲載する。「KCN」については近鉄ケーブルネットワークを参照のこと。

「プレミアムHD」(58チャンネル)・「ベーシックHD」(42チャンネル)・「コンパクト」(6チャンネル)の3つのコースがあり、CS放送では先に挙げたコースほど視聴できるチャンネルの数が多くなる[16]

  • チャンネル番号
    • BS:BSデジタル
    • C:CSデジタル(スカパー!の放送信号をリマックス方式で配信)。チャンネル番号は原則として標準画質放送とハイビジョン放送のオプションチャンネルはスカパー!プレミアムサービスと同じ、ハイビジョン放送のベーシックチャンネルは+200となる(例外あり)。
    • J:PPV「エラボ」(JC-HITS利用 2011年3月31日でケイキャットでの配信終了のため現在は視聴不可)
  • チャンネル名
    • ★はオプションチャンネル
    • チャンネル名(太字)はハイビジョンチャンネル。
    • ハイビジョン画質(HD)サービスで提供されるチャンネルのうち、標準画質(SD)サービスとの並行配信をしたチャンネルは2012年5月31日までにすべてHDに統一移行したため、現在SDサービスを行っていないチャンネルについてはその番号を斜体で表示した。なおSD画質で提供されるチャンネルは4:3画角で提供されており、16:9のワイドテレビで視聴する場合は両サイドが隠れた額縁放送(さらにレターボックス16:9、または同14:9である場合は超額縁放送)の状態となる。
    • ハイビジョンのベーシックパックチャンネルで提供している局のうち、フジテレビONEフジテレビTWOテレ朝チャンネル(現・テレ朝ch1)、釣りビジョンは、標準画質放送ではオプション扱いとなっていた。
    • また、2011年10月1日から新規BS放送として開局したJ SPORTS 1・2、BSアニマックスグリーンチャンネル(BS)、ならびにBSスカパー!、および2012年3月1日に新規開局したJ SPORTS 3・4、日本映画専門チャンネルディズニー・チャンネルイマジカBS・映画BS釣りビジョンについては当面BSでの配信は行わない。
      • このうちBSスカパー!は配信提供自体行ってない。
      • 他のチャンネルはCSを使った受信で視聴できることになっている。
    • 同じく2011年10月1日から新規開局したFOX bs238(現・FOXスポーツ&エンターテイメント)については、当初1年間はBSでの配信とはなっていたものの、BSパススルー配信の対象とはなっておらず、セットトップボックスの受信のみに対応していた。諸般の都合により有料放送となる2012年10月1日以後のBS配信は見送りとなったが、2013年2月23日からスカパー!プレミアムサービス(CS124・128度放送)での配信開始を受けて、BS打ち切りから半年後の2013年4月1日よりCS810chで配信を再開することになった(これにはオリックス・バファローズの放映権が2013年シーズンよりFOX SPORTS ジャパンに移行したことも影響している)
    • 放送大学BSについては、当初はCS再配信を利用していたが、2012年3月17日の放送からはBS231ch(テレビ)・BS531ch(ラジオ)での放送を開始した。なお3月31日まではCSとの併用放送で、4月1日からはCS配信を廃止しBSのみとなる。こちらもBSパススルーの対象ではないため、セットトップボックスの受信のみの対応である。
    • またDlife(BS258ch)も同日より配信を開始した(こちらはパススルー対応である)。
    • 2012年10月4日より、さらに一部チャンネルの配信ch番号がハイビジョン化に伴い変更される。[17]
    • TBSチャンネルについても、2012年10月から2チャンネル体制(旧来のTBSチャンネルが「TBSチャンネル1」となり、新規に「TBSチャンネル2」がスカパー!で開局)に移行してからも、「TBSチャンネル1」のみの配信が続いていたが、2014年4月1日からスカパー!プレミアムサービスでのハイビジョン配信開始に伴い、「TBSch2」もeo光テレビで配信が開始される。(これも横浜DeNAベイスターズの放映権が2014年から従来のTBSニュースバードからTBSch2に移行したことも挙げられる[18])。
  • ベーシックパック
    • P:プレミアムHD
    • B:ベーシックHD
    • C:コンパクト
    • T:地デジ・BSコース(BSパススルー、一部を除いてeo光テレビチューナー不要)
ジャンル HD
Ch番号
SD
Ch番号
チャンネル名 P B C T SD放送終了 HD放送開始 備考
BSデジタル BS101-102   NHK BS1   2011年4月1日 [19]
BS103-104   NHK BSプレミアム   [20]
BS141-143   BS日テレ   サービス開始時より
BS151-153   BS朝日  
BS161-163   BS-TBS  
BS171-173   BSジャパン  
BS181-183   BSフジ  
BS191   WOWOW プライム   [21]
BS192   WOWOW ライブ  
BS193   WOWOW シネマ  
BS200   スターチャンネル1   2007年12月 [21] [22]
BS201   スターチャンネル2  
BS202   スターチャンネル3  
BS211   BS11
BS222   TwellV
BS231-233   放送大学BSテレビ -   2012年3月17日 [23][24]
BS258   Dlife   2012年3月17日
BS531   放送大学BSラジオ -     [24]
  B910 ウェザーニューズ     [25]
コミュニティ   C049 eo光チャンネル   2012年7月3日 [26]
アニメ C870   アニマックス HD - - 2012年5月31日 2009年10月
C869   キッズステーションHD - -
C871 C746 ディズニーXD HD - - 2012年10月4日
C868   カートゥーン ネットワーク HD - - 2012年5月31日 2009年10月
C729   AT-X! HD - 2012年10月31日 2012年10月2日 
C872   ディズニージュニア - -   2014年6月1日(予定)
映画・ドラマ C832   ムービープラスHD - - 2012年5月31日 2010年3月
C834   日本映画専門チャンネルHD - - 2009年10月
C830   イマジカBS・映画 - - - 2009年5月
C831   ザ・シネマHD - - -
C863   V☆パラダイスHD - - - 2012年10月31日 2012年10月4日 
C833   チャンネルNECO-HD - - 2012年5月31日 2009年10月
C860   ファミリー劇場HD - -
C851   FOX HD - - 2009年5月
C853   AXN HD 海外ドラマ - - 2009年10月
C862   時代劇専門チャンネルHD - - 2009年10月
C850   女性チャンネル♪LaLa TV(HD) - - 2010年3月
C849   スーパー!ドラマTV HD - - 2009年5月
C854   AXNミステリー HD - - 2009年10月
C857[27]   KBS World HD - -
C861   ホームドラマチャンネルHD - - -
C855   アジアドラマチックTV★HD - - -   2009年5月
C852   FOXCRIME HD - -   2009年10月
C628   衛星劇場HD -   2009年5月
C835[28] C318 FOXムービー プレミアム HD -   2012年10月4日 [29]
C708 C708 東映チャンネルHD -    
  C709 エキサイティング・グランプリ -  
スポーツ C802   GAORA SPORTS - - 2012年5月31日 2009年5月
C803   J SPORTS 1 - - 2010年3月
C804   J SPORTS 2 - -
C805[30]   J SPORTS 3 - - 2009年10月
C807   スカイ・A sports+ HD - - 2009年5月
C808   日テレG+ HD - - 2010年3月
C809   ゴルフネットワークHD - - 2012年5月9日
  C282 EXスポーツ -    
C301 C301 FIGHTING TV サムライ -   2012年10月2日 
C605   J SPORTS 4 - 2009年5月 2009年5月
音楽 C840   MTV HD - - 2012年5月31日 2009年10月
C841   MUSIC ON! TV(エムオン!)HD - - 2009年10月
C838   スペースシャワーTV HD - -
C842   100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス HD - - -
C843   歌謡ポップスチャンネル - - - 2012年5月9日
C269 C269 Music Japan TV HD - - - -   2012年10月2日 [31]
C271 C271 ミュージック・エア - - - -   2012年10月2日
C736 C736 クラシカ・ジャパンHD -   2012年10月2日  
エンターテイメント C821   ディズニー・チャンネルHD - - 2012年5月31日 2012年5月9日
C816   TBSチャンネル1 - - 2009年5月
C820   TBSチャンネル2 - -   2014年4月1日
C859   MONDO TV HD - - - 2012年5月31日 2012年5月9日
C819   日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ - - -
C817   テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ - - - 2009年5月
  C262 シアター・テレビジョン -
  C290 TAKARAZUKA SKY STAGE -
C814[32]   フジテレビONE スポーツ・バラエティ - - - 2012年5月31日 2009年5月
C815[33]   フジテレビTWO ドラマ・アニメ - - - 2009年5月
C613   フジテレビNEXT ライブ・プレミアム -   2009年5月
C720 C720 エンタメ~テレHD☆シネドラバラエティ - - - - 2012年10月2日 [31]
C810 FOXスポーツ&エンターテイメント - -   2013年4月1日 [34]
ドキュメンタリー C873   ディスカバリーチャンネル - - 2012年5月31日 2010年3月
C874   ヒストリーチャンネル™ HD - - - 2009年5月
C875   ナショナル ジオグラフィック チャンネル HD - - 2009年5月
C876   ナショジオ ワイルド HD - - 2012年5月9日
C877 C747 アニマルプラネット - - -   2012年10月4日 
ニュース C651 CNN/US HD - 2012年10月2日
C881   日経CNBC - - 2012年5月31日 2009年10月
C880   TBSニュースバード - -
C883 C257 CNNj - - -   2012年10月4日 
C882 C256 テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ - - -   2012年10月4日
趣味・教養 C893 C320 囲碁・将棋チャンネルHD -   2012年10月4日
C892   釣りビジョンHD - 2012年5月31日 2009年5月
C759 パチンコ★パチスロTV! -    
ショッピング C825[35] C220 ショップチャンネル -   2012年10月4日 
C825[36]   QVC(キュー・ヴィー・シー) - 2012年5月31日 2012年5月9日
C827[37]   ジャパネットチャンネルDX ハイビジョン -   2011年4月
C828 C243 ジュエリー☆GSTV -   2012年10月4日 
外国・趣味 C331 C331 KNTV HD -   2012年10月2日 
  C783 中国テレビ★CCTV大富 -    
C792 C792 Mnet HD -   2012年10月2日 
C693   グリーンチャンネルHD - 2009年10月 2009年10月
C694   グリーンチャンネル2HD -
C390 C390 SPEEDチャンネル -   2012年10月2日 
アダルト C900 C900 プレイボーイ チャンネル HD -   2012年10月2日 20歳未満視聴不可
  C904 チャンネル・ルビー -    
  C914 ★ピンクチェリー -    
  C915 ★イエローチェリー -    
C905 C905 チェリーボムHD -   2012年10月2日 
C901 C901 レインボーチャンネルHD -   2012年10月2日 
C902 C902 ミッドナイト・ブルー -   2012年10月2日 
C913 C913 パラダイステレビHD -   2012年10月2日 
  C916 ★ダイナマイトTV -    
  C917 ★AV王 -    


過去に配信されていたチャンネル[編集]

※ここではチャンネルそのものが廃局となったか、スカパー!やほかのケーブルテレビ媒体では引き続き放送されていても、新規提供を開始するチャンネルの配信開始に伴う周波数領域の都合での配信終了、あるいは配信チャンネルがCSからBS、またはその逆のBSからCSに変更となったチャンネルを対象とする。
Ch番号 チャンネル名 備考
BS101 NHK BS1(旧) [38]
BS102 NHK BS2
BS103-104 NHK BShi [38] [20]
BS238 FOX bs238 [34] [24]
C050 eo光チャンネル・3Dプラス [39]
C205 放送大学テレビ [40]
C218 ビクトリーチャンネル [41]
C241 ハッピー241 [42]
C248 ベネッセチャンネル [43]
C267 第一興商スターカラオケ [44]
C268 エコミュージックTV [44]
C275 EXエンタテイメント [45]
C286 ザ・ゴルフ・チャンネル [44]
C316 スター・チャンネル プラス [22]
C317 スター・チャンネル クラシック
C325 歌舞伎チャンネル [46]
C343 Baby TV こどもえいごチャンネル [47]
C726 関西テレビ☆京都チャンネル [48]
C856 ユニバーサル チャンネル HD [41]
C887 旅チャンネルHD [49]
C822 食と旅のフーディーズTV [49][50]
J150 パワープラッツ [51]
J162,J171 スカチャン162、171 [52]
J171 Mnet [53] [54]
J176 スカチャン176
J700 チャンネル700
J950 パーフェクトチョイス110
J950 プレイボーイ チャンネル
J951 レインボーチャンネル
J952 ミッドナイト・ブルー
J954 ピンクチェリー
J954 パラダイステレビ
J959 パワープラッツ・ナイト [51]

FMラジオ[編集]

2007年7月よりサービス開始。受信に際してはFMラジオの外部アンテナ入力端子にアンテナ線を接続する必要がある。

K-CAT eo光テレビの
周波数(MHz)
KCN eo光テレビの
周波数(MHz)
本来の周波数(MHz) 放送局
78.2 - 76.5 FM COCOLO
78.6 78.2 80.2 FM802
79.0 81.1 85.1 FM Osaka
79.4 79.6 89.4 α-Station
81.0 82.1 89.9 Kiss-FM KOBE
81.8 84.1(大阪)
80.4(奈良)
88.1(大阪)
87.4(奈良)
NHK-FM放送
82.2 - 77.0 e-Radio(滋賀のみ)

過去に行われたFMラジオ[編集]

K-CAT eo光テレビの
周波数(MHz)
KCN eo光テレビの
周波数(MHz)
本来の周波数(MHz) 放送局 備考
81.4 86.1 (CS放送の副音声のみ) 放送大学ラジオ [40]

その他の特記事項[編集]

  • 一般的なHFC(同軸ケーブル)ではなくFTTH(光ファイバー)を使用しているため、配信しているチャンネルが一部異なる。特に、NHKのBSアナログ放送はFTTHに対応しておらず、デジタル用のSTBやチューナーを搭載したテレビがなければ視聴できなかった。こちらも参照のこと。
  • 前述したとおり、「K-CAT」では2009年5月18日よりBSデジタル放送のパススルー配信を開始した。
    • パススルー化よりも前(2009年5月17日まで)に加入した世帯では、録画などで外部の機器に出力する場合にはSTBからの映像出力となる(i-Linkを介しての録画の場合はハイビジョン画質に対応)。ただし、ONUの交換工事を行えば市販のBSデジタル放送チューナーを搭載した機器で直接視聴や録画が可能となった。
  • 2007年9月24日10時30分頃より、マスプロ電工製のSTB(DST-22)を使用している「K-CAT」のサービスエリア内の世帯(約15000台)で、アナログ放送以外が全く視聴できなくなるという障害が発生した。該当する世帯ではパナソニック製のSTB(TZ-DCH800)に順次交換し、2008年1月30日には交換が完了した。
  • 従来の標準画質放送のサービスについては、新規申し込みは2009年5月17日を持って終了となったが、それまでに申し込んだものは従来の標準画質サービス(バリューパック、スタンダードパック、ライト、オプション)の番組を引き続き視聴できる他、そのサービス間での契約変更・追加も可能となっている。ただしハイビジョンサービスに移行した場合は標準画質サービスへの転換・視聴はできない。
    • 2012年5月9日正午より(これに先駆けて4月25日未明より試験放送中)、ケイキャットeo光テレビでは、これまでの標準画質サービスで提供していたチャンネルのうち、ハイビジョン対応で放送されるチャンネルについては全てハイビジョンへ一本化されることになった。同5月31日までは移行期間と位置づけて標準画質放送と並列配信するが、それ以後はハイビジョンのみの単独配信となる。[55]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社ケイ・オプティコムと株式会社ケイ・キャットの合併について(ケイ・オプティコムリリース)、「K-CAT eo光テレビ」のサービス名称の変更について
  2. ^ 京阪東ローズタウンのみケイ・キャットのHFC方式とサービスが重複するが、この地域の居住者は難視聴地域の対策の一環としてケイ・キャットのサービスに必ず加入しなければならない。なお、FTTH方式(これが「eo光テレビ」のサービスに相当する)への加入を希望する者は、同時に加入することも可能である。
  3. ^ a b 兵庫県では、地域によって3または5のいずれかとなる(ほとんどの地域では3に設定されている)。
  4. ^ a b 近接する京都では、アナログ・デジタル放送共に全く配信されていない(競合するKCN京都では何れも配信されている)。
  5. ^ 大阪府の一部地域では、技術上の都合で鮮明に受信出来ない場合がある。大阪府の正式な対象地域は、大阪市(東淀川区淀川区港区此花区西区西淀川区大正区福島区旭区城東区鶴見区都島区東成区北区)・吹田市・摂津市・池田市・豊中市・箕面市・茨木市・高槻市・四條畷市・守口市・大東市・門真市・交野市・寝屋川市・枚方市・三島郡(島本町)・豊能郡(能勢町・豊能町)とされている。
  6. ^ 近接する滋賀では、アンテナ受信が可能であったが配信されていない(競合するほとんどのケーブルテレビ局では何れも配信されている)。
  7. ^ a b 兵庫県と京都府では、大阪府に近接するごく一部の地域のみで視聴できる。
  8. ^ 従来はデジタル放送のみで配信されていたが、2008年7月より配信を開始した。一部の時間帯において、行政広報番組などへの差し替えが行われることがある。
  9. ^ 京都府内においてはサンテレビを再放送しているのは八幡市、宇治市の一部、京田辺市、木津川市、久御山町、精華町のみ
  10. ^ 大阪府内においてはKBSを再放送しているのは概ね北河内・北摂・大阪市北部のみ
  11. ^ 滋賀県におけるの正式な対象地域は、☆大津市草津市守山市栗東市、☆野洲市湖南市近江八幡市、☆東近江市彦根市米原市、愛知郡愛荘町、犬上郡甲良町豊郷町多賀町(☆は一部地域を除く)
  12. ^ 兵庫県の正式な対象地域は、三田市・川西市・宝塚市・芦屋市・神戸市(北区淡河町および西区の一部地域除く)・淡路市・伊丹市・尼崎市・西宮市・川辺郡猪名川町とされている。
  13. ^ 京都府の正式な対象地域は、京都市(右京区旧京北町地域を除く)・京田辺市・長岡京市・宇治市・城陽市・向日市・八幡市・木津川市・乙訓郡大山崎町・久世郡久御山町・綴喜郡(井手町・宇治田原町)・相楽郡(精華町)とされている。
  14. ^ 原則としてCS放送の049チャンネルと同じ内容で(一部の時間帯では番組の差し替えが行われることがある)、2008年7月1日よりサービスエリアのほぼ全域で配信されている。ただし、前述した経緯により枚方市寝屋川市交野市ではこの番号で「K-CAT チャンネル」という全く別のコミュニティチャンネルが配信されており、「K-CAT eo光チャンネル」は112チャンネルで配信されている。
  15. ^ 2014年3月25-31日までは試験放送(6:00-2:00)とし、4月1日より24時間本放送に移行。枚方市・寝屋川市・交野市を除く
  16. ^ 後述するように、CS放送はスカパー!からの放送信号を使用して配信しているが、番組間のCM中などの一時的な無料放送を行っている間であってもスクランブル信号がかけられる。ただし、BS放送のWOWOWとスターチャンネル ハイビジョンについては例外である。
  17. ^ 変更チャンネル一覧
  18. ^ 但し、4・5月におけるTBS系地上波・BS-TBSでの放送がない16試合については、視聴者の円滑な移行ができるようにするための経過処置として、TBSチャンネル2とニュースバードでの並列放送を行っている。プロ野球中継に関するプレスリリース CS放送「TBSニュースバード」と「TBSチャンネル2」で4月・5月の横浜DeNAベイスターズ主催16試合を同時完全生中継決定TBSテレビ 2014年3月14日。4月27日閲覧
  19. ^ 102chは標準画質放送の予備チャンネル
  20. ^ a b 104chは標準画質放送の予備チャンネル
  21. ^ a b 3チャンネルハイビジョン放送の開始は2011年10月1日から。
  22. ^ a b 2011年9月30日までは地デジ・BSコースでは「スター・チャンネル ハイビジョン」のみ契約可能。月額料金は「スター・チャンネル プレミア3」と同額(税込2,100円/月)だった。2011年10月のBS放送3チャンネルマルチハイビジョン編成の実施に伴い、CS316・317での配信は同年10月31日で廃止になった。
  23. ^ 一部時間帯はB231-B233でマルチチャンネルを行う(3チャンネルとも標準画質で放送)。
  24. ^ a b c セットトップボックスでの視聴に限る
  25. ^ データ放送
  26. ^ 地上デジタル放送の111チャンネル(一部の地域では112チャンネル)と同じ内容である。2008年6月までは兵庫・京都の一部地域で行政情報の番組などへの差し替えが行われることがあったが、7月からはほとんどが地上波と共通となったが、2012年7月3日でCSでの配信を終了した。
  27. ^ 2012年10月3日まではC890
  28. ^ 2013年6月20日までC318
  29. ^ 2013年6月21日よりオプションチャンネルからベーシックチャンネルに移行したうえでチャンネルの番号も変更された
  30. ^ 2012年10月3日まではC806
  31. ^ a b 現状、ハイビジョンサービスでの配信は実施していないが、標準画質契約の場合、スタンダードパックの契約者のみが利用することができる
  32. ^ 2012年10月3日まではC614
  33. ^ 2012年10月3日まではC615
  34. ^ a b 2011年10月1日 - 2012年9月30日の間無料放送キャンペーンを行っていたが、局の都合により同10月1日からの本放送のBSでの配信は断念した。しかし、2013年4月1日からCS放送(C810)として配信を再開した。
  35. ^ 2012年10月3日まではC220
  36. ^ 2012年10月3日まではC234
  37. ^ 2012年10月3日まではC242
  38. ^ a b 2011年4月1日実施のNHK衛星放送再編に伴い、3月31日で廃止
  39. ^ 2011年3月1日-2013年1月31日に放送。ケイ・キャット独自製作のものと、外部プロダクション製作の番組の混合編成。原則として平日(祝日含む)は18時から22時、土曜・日曜は9時から22時に配信。それ以外は放送時間の告知画面(2D)を流していた
  40. ^ a b BSへの移行のため2012年3月31日に終了
  41. ^ a b 2013年3月31日終了。スカパー!、および他の一部ケーブルテレビ局では引き続き配信中
  42. ^ 2008年9月30日終了(運営元の経営破たんに伴う)
  43. ^ 2008年10月1日より配信を開始したが、2009年3月31日に閉局
  44. ^ a b c 2012年3月31日に終了
  45. ^ 2007年10月31日終了。スカパー!では「寄席チャンネル」と改めたうえで引き続き配信中
  46. ^ 2011年3月31日終了
  47. ^ 2011年6月30日にスカパー!向けの配信終了に合わせて、当チャンネルでの配信も同日終了したが、現在もBBTV NEXTと一部のケーブルテレビ局向けに配信している
  48. ^ 2009年4月30日に閉局した。
  49. ^ a b 2014年3月31日終了。スカパー!、および他の一部ケーブルテレビ局では引き続き配信中
  50. ^ 2012年10月までは標準画質放送(C281)で放送されていた
  51. ^ a b 深夜以外は150で、深夜は959で放送。いずれも2009年4月30日に配信を終了した。
  52. ^ 2009年3月31日まで配信されていた。スカパー!では引き続き配信中
  53. ^ 2011年3月31日にケイ・キャットに於けるエラボチャンネルの配信終了による。これによりペイ・パー・ビューのサービスは受信できなくなった。スカパー!では引き続き配信中
  54. ^ ケイ・キャット2011年4月1日リリース
  55. ^ ケイキャット「CS放送40CHのハイビジョン放送開始とCH番号・名称変更のお知らせ」のリリース参照

外部リンク[編集]