スチャダラパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スチャダラパー
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヒップホップ
活動期間 1988年 -
レーベル tearbridge production
事務所 Melody Fair
公式サイト www.schadaraparr.net
メンバー
BOSE (mc)
ANI (mc)
SHINCO (dj)

スチャダラパーは、日本ヒップホップグループ。1988年結成、1990年高木完プロデュースによりデビュー。所属事務所はMelody Fair。

メンバー

ANIとSHINCOは実の兄弟(三人兄弟でANIの上にもう1人兄がいる)。初期メンバーとしては亀井雅文(ナイチョロ亀井)が在籍していたこともあった。亀井はアニの同級生で、スチャダラパー脱退後は実業家になり、今は絵描きである。ちなみに亀井はBOSEの弟である光嶋崇、加藤丈文(後のかせきさいだぁ≡)らと共にTONEPAYSなるグループも結成していた。またANIはAFRAロボ宙と共にDonuts Disco Deluxeというグループを結成。

経歴

桑沢デザイン研究所で知りあったBOSEとANIに浪人中のSHINCOをDJに加え結成(免許合宿中あまりにヒマだったから)。

グループ名の由来は、1985年1992年に活動したギャグユニットラジカル・ガジベリビンバ・システム1986年の公演「スチャダラ」(観劇したのはANIのみ)に「ラッパー」を組み合わせ「スチャラカでスーダラなラッパー」という意味合いを持つ(後に、1996年に上演された「スチャダラ」の続編である「スチャダラ2010」に、3人が出演している)。

今までの海外ヒップホップ・シーンの主流であった、マッチョでハードコア路線とは対照的なア・トライブ・コールド・クエストデ・ラ・ソウルといったグループが登場した90年代初頭に、それらの影響を受け、そこに日本における上記のラジカル・ガジベリビンバ・システムなどの演劇シーンや、インディーズ・レーベルナゴムレコードなどの日本のサブカルチャーの文脈が結合した「オモロ・ラップ」を提唱しシーンに登場する。等身大でコミカルなライムと高品位なトラックで存在感を示す。活動開始してまもなく、MAJOR FORCE主催の「第2回DJアンダーグラウンドコンテスト」において、「太陽にほえろ!」のテーマソングにラップを乗せる[1]パフォーマンスが話題となり、特別賞を受賞(審査員を務めたECDはあまりの素晴らしさに涙が出たという)、そのままMAJOR FORCEからデビューとなった。

1993年デ・ラ・ソウルのアルバム「Buhloone Mindstate」に高木完とともにラッパーとして客演参加。日本のファン向けの日本盤ボーナストラックでは無く、アルバムのオリジナルトラックに参加という、日本人ラッパーの海外アーティスト参加という非常に珍しい例となる。

1994年小沢健二と共演した「今夜はブギーバック」が50万枚を超える大ヒット。「タモリのボキャブラ天国」のエンディングテーマにも採用され、お茶の間にラップ/ヒップホップを浸透させるきっかけを作った。

また、ヒップホップグループ・クラン、「リトル・バード・ネイション」 (LB) を結成、その中心的存在として功労し、ジャパニーズ・ヒップホップ・シーンの開拓に大きな役割を果たしそのスタイルを確立した。

ハードコア・ゲーマーとしても有名な3人は、任天堂スーパーファミコンのソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のCMで音楽を担当。ゲーム雑誌『ファミ通』や子供向けコミック雑誌『月刊コロコロコミック』などに連載を持ち、かつてBOSEは『バーチャファイター2』やりたさにゲームセンター用のゲーム筐体を個人で購入し、自宅に持ち込んだ逸話が知られる。MOTHER2の攻略本の中にも登場した。

また、BOSEは1994年より5年間、フジテレビ系列の子供向け番組ポンキッキーズ』にレギュラー出演。電気グルーヴピエール瀧や、鈴木蘭々安室奈美恵と共に番組進行を務めた(後継番組の『beポンキッキーズ』にも2014年よりレギュラー出演)。BOSEは、ナレーターとしてファンタドラえもん映画作品など数多くのCMに起用されている。

2005年3月には、アルファとのコラボレーションで「アルファ&スチャダラパー」として、シングル『惚れたぜHarajuku』をリリース。

2005年4月から「電気グルーヴ×スチャダラパー」として電気グルーヴとのコラボレート開始。J-WAVE2005年春のキャンペーンソング『Twilight』を発表。6月には、2ndシングル『聖☆おじさん』・フルアルバム『電気グルーヴとかスチャダラパー』発売、8月にはSUMMER SONIC'05、RISING SUN ROCK FESTIVAL'05に出演。

2006年11月29日発売のRIP SLYMEの5thアルバムEPOCHでは『レッツゴー7〜8匹』でRIP SLYMEとのコラボレーションが実現した。

2007年に「THE HELLO WORKS」として、SLY MONGOOSEロボ宙とコラボレートし、全国各地のフェスやライブに出演している。

同年10月6日土曜日24時30分からTOKYOFMより『SCHA NOVA』スタート。

2008年6月 東京メトロ 副都心線開業開業告知CM曲「Good Old Future(11にアルバムバージョンとして収録)」を担当。

同年9月 トリビュートアルバム「赤塚不二夫トリビュート〜四十一才の春だから〜」に、電気グルーヴ×スチャダラパー名義で参加。

2009年1月14日 NHK教育テレビメジャー」第5シリーズ・オープニングテーマ曲「Hey! Hey! Alright」を、スチャダラパー+木村カエラ名義で発表。

その後スチャダラパーとしては8年ぶりとなる単行本となる『ヤングトラウマ~ひろ子・ドカベン・バムバータ~』、ANI初の写真集『ブリングザノイズ』を経て、3月25日には11枚目となるアルバム「11」をリリース。

11月25日にはツアー風景に加え、独自のフィクションを追加したライブDVD『スチャダラパーの悪夢』をリリース。

2010年1月27日 兼ねてより客演などで交友があったHALCALIのシングル「ENDLESS NIGHT」にBOSEがフィーチャリングで参加。

2月24日 活動開始20周年記念として、同じく活動20周年で共にLBとしても活動してきたTOKYO NO.1 SOUL SETと同日に、初のレーベルを超えたベストアルバム『THE BEST OF スチャダラパー1990~2010』をリリース。(TOKYO NO.1 SOUL SETは『BEST SET』をリリース)それぞれのアルバムにはTOKYO NO.1 SOUL SETと共作の新曲が収録されており、『THE BEST OF スチャダラパー1990~2010』には"スチャダラパー feat.TOKYO NO.1 SOUL SET"名義で「Never Ending Beats」が、『BEST SET』には"TOKYO NO.1 SOUL SET feat.スチャダラパー"名義で「STARDUST」が収録された。

備考

ディスコグラフィー

シングル

アルバム

  • スチャダラ大作戦(1990年5月5日・23MF-020D)
  • タワーリングナンセンス(1991年10月10日・ESCB-1238)
  • WILD FANCY ALLIANCE(1993年2月21日・KSC2-25)
  • スチャダラ外伝(1994年4月1日・KSC2-72)
  • 5th wheel 2 the coach(1995年4月26日・TOCT-8865)
  • 偶然のアルバム(1996年9月4日・TOCT-9596)
  • fun-keyLP(1998年10月25日・WPC6-8510)
  • ドコンパクトディスク(2000年5月24日・WPC6-10084)
  • THE 9th SENSE(2004年4月28日・CSCA-3)
  • CON10PO (2006年11月15日・POCS-1008)
  • 11(2009年3月25日・限定版:NFCD-27157/B 初回版:NFCD-27158)

ミニアルバム

  • 『3000』 ライブ会場限定3000枚 (2011年7月3日) 
  • 『6ピース バリューパック』 ライブ会場限定 (2013年6月16日) → 公式ウェブ限定

共演アルバム

ライブアルバム

  • 『よりぬきスチャダラ全力投球!』 (2012年10月13日) ライブ会場限定

ベストアルバム

  • ポテン・ヒッツ 〜シングル・コレクション〜(1994年10月21日・KSC2-93)
  • Cycle Hits 〜remix Best Collection〜(1995年12月1日・KSC2-132)- リミックス曲のベスト
  • 東芝クラシック95-97(1998年3月25日・TOCT-10206)
  • CAN YOU COLLABORATE?~best collaboration songs&music clips~(2008年12月3日・NFCD-27142/3/B)- 客演のベストとPV集
  • THE BEST OF スチャダラパー 1990〜2010 (2010年2月24日・NFCD-27207~8)

ビデオ・DVD

  • スチャ・ダ・ライヴ(1990年11月23日・24MF-022)
  • スチャダラ30分(1991年12月12日・ESVU-341)
  • Fantastic Video Festival(1995年1月21日・KSV5-5018)
  • RE SCHADA LIVE(1996年7月18日・TOVF-1224)
  • View Masters(1996年9月19日・TOVF-1246)
  • FUN-KEY 4 VIEW(URBAN ROCK BOX)(1999年7月28日・WPC6-1)
  • THE 9th SENSE LIVE(2004年12月8日・CSDA-003)
  • THE LAST GIGS(2006年4月5日・KSBL-5818)電気グルーヴ×スチャダラパー名義
  • スチャダラパーの悪夢(2009年11月25日・NFBD-27197)

書籍

  • 『スチャダラ2010』 (1996年、スチャダラパーが出演した演劇のシナリオ本。構成・脚本を担当した宮沢章夫との座談会も収録)
  • 『スチャダラゼミ』 (1997年、松本真介+松本洋介+光嶋誠名義、月刊カドカワで連載していたコラム「スチャダラゼミ」の単行本)
  • 『スチャダラ ラウンジ』 (1998年、エルティーンで連載していたコラム「スチャダラパーのズームアップバカ」の単行本)
  • 『Yo!クロニクルダンディ』 (2001年、TV Bros.で連載していたコラム「ゴキ足のダンナ」の単行本)
  • 『明日に向かって捨てろ!!』 (2008年、BOSE名義、「ほぼ日刊イトイ新聞」連載のコラムの単行本化)
  • 『ヤングトラウマ 〜ひろ子ドカベンバムバータ。〜』 (2009年、語り下ろし単行本)
  • 『ブリングザノイズ』 (2009年、ANI名義の写真集)
  • 『余談 2+3』 (2013年6月16日)

出演

テレビ

過去の出演番組

ラジオ

SCHA NOVA-スチャノヴァ(TOKYO FM)
毎週土曜24:30 - 25:00(2007年10月 - 2008年3月)
毎週土曜25:30 - 26:00(2008年4月 - 2009年3月)
毎週金曜26:30 - 27:00(2009年4月 - 2009年6月)
ベストアルバム発売を記念して2010年2月24日に一夜限り復活した。

テレビ

CM

脚注

  1. ^ 「スチャダラパーのテーマPT.1」。権利の関係で未発売、トラックを替えた「スチャダラパーのテーマPT.2」が製作・収録された。

関連項目

外部リンク