小山田圭吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山田 圭吾
}
基本情報
別名 CORNELIUS
出生 1969年1月27日(45歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 和光大学附属高等学校
ジャンル エクスペリメンタル
エレクトロニカ
アンビエント
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャンシンガーソングライター音楽プロデューサー作曲家セッションミュージシャン
担当楽器 ボーカルギターテルミンキーボードプログラミングベースドラムス、テノリオン等
活動期間 1988年 -
レーベル 日本の旗ワーナーミュージック・ジャパン
アメリカ合衆国の旗Everloving Records
イギリスの旗Cherry Red Records
日本の旗トラットリア/ポリスター
(1992-2002)
アメリカ合衆国の旗マタドール・レコード
(1998-2005)
共同作業者

堀江博久 清水ひろたか

あらきゆうこ

小山田 圭吾(おやまだ けいご、1969年1月27日 - )は、日本のミュージシャンである。自身一人で構成される 『CORNELIUS(コーネリアス)』名義での音楽活動を行っており、日本における、いわゆる「一人ユニット」の先駆け的存在。

経歴[編集]

Mœrs festivalでのライブ(2007年)

和田弘とマヒナスターズ三原さと志の長男として、東京に生まれる。中学校時代に障害者の同級生に対する陰湿なイジメに加わっていたと「ROCKIN'ON JAPAN」平成6年1月号のインタビューで発言している。また、万引きを常習していたとも公言している。中学校の同級生であった小沢健二らと共にフリッパーズ・ギターを結成し、メジャーデビュー。解散後、しばしの期間を経て小山田圭吾による一人ユニットCORNELIUSとして音楽活動を再開する。ベンチャーキャピタリストである伊藤穰一とははとこにあたる。[1]また、イギリスのロックバンドのLushのヴォーカル、ミキ・ベレーニともはとこにあたるほか、ミキは永積崇ともいとこであることから小山田と永積もまた親戚にあたる。

活動初期から中期かけての楽曲においては、手法としてサンプリングの採用、テルミンを用いる演奏、HDDによる多重録音ヘヴィメタルへの傾倒と新解釈、シンセサイザーを前に出した演奏、ハーモニー効果の模索、サウンド・エンジニアリングの創意工夫等が施された作品を発表している。また音楽プロデューサーとしても多くのミュージシャンの活動に貢献している。

さらに1992年よりレコードレーベルトラットリア(Trattoria Records)」を主宰する。その活動は、作品発表の場を求めるミュージシャンと新たな音楽を求める聴衆の掛け橋として機能した。小規模のレーベルによる作品の頒布はそれまでにも存在したが、このレーベルは新しい潮流の軽音楽を、単に一部の熱狂的な聴衆に提供するにとどまらず、全国の一般的な聴衆に広く頒布することを可能にした。2002年にこのレーベルは終了したが、その活動期間は10年にわたり、250の作品をリリースした。

1995年森永のチョコレート「小枝」のCMに女装して「森の中の少女」として出演した。

「ロッキンオン・ジャパン」平成8年1月号小山田圭吾2万字インタビューにてかつての自らの暴行などの犯罪行為を得々として語っている。

1997年、『FANTASMA』リリース後、アメリカのマタドール・レコードと契約。それを機に『FANTASMA』『POINT』(2001年作)の2作を世界21カ国で発表。この時期から現在まで、ツアーなどを含む海外での活動も盛んに行われることとなる。

それ以外にもBeckBlurStingMobyKings of ConvenienceYellow Magic OrchestraSketch Show細野晴臣坂本龍一高橋幸宏テイ・トウワスチャダラパー電気グルーヴ石野卓球砂原良徳EYEOOIOOBuffalo Daughter坂本慎太郎hideTahiti 80Bloc PartyManic Street PreachersThe Go!TeamMGMTGotyeArto Lindsayk.d.langPrefuse 73Merzbow高木正勝UNKLEColdcutThe High LlamasThe PastelsThe BooksPetra Hadenなど、国内外多数のアーティストとのコラボレーションリミックスを行っている(#参加作品項を参照)。また、1999年にはThe Flaming Lipsコーチェラ・フェスティバルレディング・フェスティバルなどを含むアメリカ・ヨーロッパツアー、2002年にはAirグラストンベリー・フェスティバルなどを含むヨーロッパツアーを行っている。

Webster Hallでのライブ(2008年)

2000年にミュージシャンの嶺川貴子と結婚、2001年に長男が誕生した。

2003年よりNHK-FMにおいて「小山田圭吾の中目黒ラジオ」を放送。夏と冬(元旦)の年2回のレギュラー番組で、毎回このために製作されたDJミックス(というよりも、実際は様々な音ネタによるサウンドコラージュの様相を呈している)が1時間弱放送される。

2003年 - 2005年に、V&A(ヴィクトリア&アルバート博物館/ロンドン)で行われた展覧会「Shhh…」への楽曲提供や、バービカン・アートギャラリー(ロンドン)で行われたJAM展などへの映像作品の出展、世界最大の映像の祭典「RESFest」にノミネートされたミュージッククリップ「DROP (DO IT AGAIN)」が、ベストオーディエンス賞を受賞するなど、音楽はもとより映像作品の制作など、幅広い活動を展開している。

2006年、アルバム『SENSUOUS』の発表とともに4度目のワールドツアー“SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW”を開始。公演の際には“THE CORNELIUS GROUP”とのバンド名義で活動。海外ツアーのオープニングアクトにはホーリー・ファックを迎えた。またビースティ・ボーイズとのツアーも開催。

2008年NHK-BShiにてワールドツアーの特集番組「小山田圭吾の中目黒テレビ〜コーネリアス・ワールド・ツアー 2006-2008」が放送された。でのツアーの模様が伝えられた。また、映像作品集「SENSURROUND + B-Sides」が、アメリカ「第51回グラミー賞」最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞にノミネートされた。

2009年9月より、オノ・ヨーコと息子のショーン・レノンらと共にYOKO ONO PLASTIC ONO BANDのバンド名義で活動開始。

2012年、嶺川貴子と離婚。2013年よりNHK-FMにおいて「小山田圭吾の新町ラジオ」を放送。

ディスコグラフィー[編集]

シングルCD[編集]

国内リリース[編集]

海外リリース[編集]

レコード・カセット[編集]

国内リリース[編集]

海外リリース[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

国内リリース[編集]

海外リリース[編集]

その他のアルバム[編集]

国内リリース[編集]

  • 96/69 (1996年6月9日)
  • FM (1998年11月26日)
  • CM (1998年11月26日)
  • CM2 (2003年6月25日)
  • PM (2003年7月23日)
  • CM32009年5月13日)
  • CM42012年9月5日)

海外リリース[編集]

  • FM (1999年3月9日)
  • CM (1999年3月9日)
  • PM (2004年1月20日)
  • B-Sides (2008年9月9日)

映像作品[編集]

国内リリース[編集]

海外リリース[編集]

ライブツアー[編集]

東京国際フォーラムでのライブ(2008年)

近年のCORNELIUSのライブで最も特徴的な事として、バンド演奏と映像の“シンクロ”が挙げられる。FANTASMAのリリース以降、曲ごとに作られた映像作品を舞台バックに投射し生演奏と同期させるという、非常にクオリティの高いライブを世界各地で展開してきた。なお、ほとんどの作品を映像作家の辻川幸一郎が手掛けており、CORNELIUSの活動には欠かせない存在となっている。

また「FANTASMA」の海外盤リリース以降、多数の国内・海外のロック・フェスティバルに出演している。上記のグラストンベリー・フェスティバル(1999年、2002年)、コーチェラ・フェスティバル(1999年、2007年)、レディング・フェスティバル(1999年)以外にも、ロスキルド・フェスティバル(1999年)、Bowlie Weekender Festival(1999年)、モントルー・ジャズ・フェスティバル(2002年)、フジロック・フェスティバル(2002年)、RES Festival(2003年)、All Tomorrow's Parties(2007年)、Sónar Music Festival(2007年)、Moers Festival(2007年)、サマーソニック(2007年)、朝霧JAM(2007年)、ライジング・サン・ロックフェスティバル(2007年)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(2007年)など。

  • THE FIRST QUESTION AWARD Tour(1994年)
  • BRING UP BABY Tour(1994年)
  • Welcome To The Jungle Tour(1995年)
  • FANTASMATIC WORLD TOUR(1997年)
  • from Nakameguro to Everywhere tour(2002-2004年)
  • SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW(2006-2008年)※THE CORNELIUS GROUP

※THE CORNELIUS GROUP(ツアーでのバンド形式の名義): 小山田圭吾(Vo&G)、堀江博久(Key&G)、清水ひろたか(B)、あらきゆうこ(Dr)

参加作品[編集]

リリース日 曲名 アーティスト 収録された作品 参加内容
1991年10月27日 Bonjour Line,Cruel Records Strikes Back カヒミ・カリィ Blow Up プロデュース
1992年 Favourite Marine Flowers Bloom ギター
1992年11月26日 bridge Windy Afternoon プロデュース
1992年12月6日 華麗なる休日 小泉今日子 Banbinater プロデュース
1992年12月21日 カヒミ・カリィ Mike Alway's Diary プロデュース
1993年3月1日 bridge / Would-be-goods A Meeting on the Disk プロデュース
1993年3月25日 bridge Spring Hill Fair プロデュース
1993年6月1日 ピチカート・ファイヴ Bossa Nova 2001 プロデュース
1993年9月25日 Take It Easy My Brother Charlie カヒミ・カリィ Hello Young Lovers ギター、アレンジ
1994年6月25日 Candyman カヒミ・カリィ Girly プロデュース
1994年11月2日 EL-MALO Blind プロデュース
1994年11月20日 EL-MALO The Worst Universal Jet Set プロデュース
1995年1月25日 カヒミ・カリィ My First Karie プロデュース
1995年3月1日 ハッピー・サッド ピチカート・ファイヴ PIZZICATO FIVE TWO ギター
1995年3月29日 高野寛 Sorrow and Smile ギター
1995年4月1日 メロディについて カヒミ・カリィ Gainsbourg Tribute '95 プロデュース
1995年4月5日 暴力温泉芸者 QUE SERA SERA ギター
1995年7月26日 カヒミ・カリィ Leur L'existence「彼ら」の存在 プロデュース
1995年9月30日 めざめ ピチカート・ファイヴ ROMANTIQUE’96 ギター
1995年12月1日 今夜はブギー・バック (smooth rap) スチャダラパー Cycle Hits ~remix Best Collection~ リミックス
1996年5月9日 appetite coba techno cabaret remix リミックス
1996年6月26日 カヒミ・カリィ LE ROI SOLEIL プロデュース
1996年9月12日 Cycling Round FLARE Re-grip リミックス
1997年 Nine Birds 石野卓球&小山田圭吾 九官鳥&ヒズフレンズ テレビブロス10周年企画。非売品。
1997年1月22日 少年ナイフ 少年ナイフ Super Mix リミックス
1997年1月25日 ジュンスイムクノテクニシャン ハイポジ ジュンスイムクノテクニシャン プロデュース
1998年2月21日 Ape Shall Never Kill Ape U.N.K.L.E. Ape Shall Never Kill Ape リミックス
1998年4月1日 Galaxie Express 69 Mix SALON MUSIC Girls Our Tratt's Best! リミックス
1998年4月22日 Maybe I'm Dead Money Mark Push The Button リミックス
1998年9月9日 Homespin Rerrun The High Llamas Lollo Rosso リミックス
1998年9月23日 MILK ROCK 嶺川貴子 XIMER ...c.c.c.remix リミックス
1998年11月21日 Windy Hill The Pastels Illuminati リミックス
1999年1月26日 Atomic Moog 2000 Coldcut Let Us Replay リミックス
1999年4月9日 Great Five Lakes Buffalo Daughter WXBD リミックス
1999年5月11日 ピンク スパイダー hide hide TRIBUTE SPIRITS リミックス
1999年7月5日 Tsunami Manic Street Preachers Tsunami リミックス
1999年7月7日 Tender Blur Coffee+TV リミックス
1999年7月7日 Plash,Spin Spider Spin,Flash 嶺川貴子 Fun 9 プロデュース
1999年8月10日 We Love To Rock Arling & Cameron We Love To Rock リミックス
1999年11月21日 Monster NIGO Ape Sounds プロデュース
1999年11月25日 Butterfly TOWA TEI Lost Control Mix リミックス
2000年5月16日 Mixed Bizness Beck Mixed Bizness リミックス
2000年6月21日 Curiosity k.d.lang Invincible Summer リミックス
2000年7月26日 Hertbeat Tahiti 80 Hertbeat Remixes リミックス
2000年9月13日 Brand New Day Sting Brand New Day:The Remixes リミックス
2001年5月16日 Family Crue-L Grand Orchestra Feat. Ellie CRUE-L Classic Remixes VOL.1 リミックス
2001年7月25日 ガリガリ君 電気グルーヴ The Last Supper リミックス
2001年12月12日 Since I Left You The Avalanches At Last Alone リミックス
2002年2月27日 Fish BONNIE PINK re*PINK BONNIE PINK REMIXES リミックス
2002年4月10日 Hot Computer Gerling headzcleaner リミックス
2002年5月2日 We Are All Made Of Stars Moby 18 リミックス
2002年11月27日 Call Me Super Bad James Brown Ultimate Remixes リミックス
2003年2月26日 Chronograph,Ekot SKETCH SHOW tronika リミックス
2003年4月16日 Train run mi-gu migu プロデュース
2003年5月6日 Untitled Merzbow Ikebana リミックス
2003年8月27日 rama 高木正勝 sail リミックス
2003年9月10日 Moon Over Burbon Street Sting SACRED LOVE リミックス
2003年11月27日 ekot SKETCH SHOW LOOPHOLE リミックス
2003年12月3日 Everything Needs Love MONDO GROSSO HENSHIN リミックス
2004年1月21日 undercooled 坂本龍一 undercooled ギター
2004年2月25日 undercooled,coro,world citizen -I won't be disappointed-/looped piano,world citizen/re-cycled 坂本龍一 CHASM プログラミング,ギター
2004年11月2日 I'd Rather Dance with You Kings of Convenience I'd Rather Dance with You リミックス
2004年 Wataridori 2 CORNELIUS The WIRED CD: Rip. Sample. Mash. Share. 楽曲提供
2005年2月23日 The Rare Arto Lindsay Salt Plus Two プロデュース
2005年5月25日 mermaid 日暮愛葉 Platonic プロデュース
2005年6月22日 Twilight 電気グルーヴ×スチャダラパー 聖☆おじさん リミックス
2005年7月13日 Banquet Bloc Party Two More Years EP+ Silent Alarm Remixed リミックス
2005年10月21日 C&C CICADA Curious ギター
2005年10月26日 Plastic Sex Here comes SEX education プロデュース
2005年11月16日 moon the world TERIYAKI BOYZ BEEF or CHICKEN プロデュース
2006年5月24日 WAR&PEACE 坂本龍一 bricolages リミックス
2006年10月25日 I'm In The Rain カヒミ・カリィ NUNKI ギター
2007年4月25日 Turn Turn コーネリアス + 坂本龍一 細野晴臣トリビュートアルバム コラボレーション
2007年10月24日 赤とんぼ 三波春夫+コーネリアス にほんのうた 第一集 コラボレーション
2007年12月5日 Universal Speech The Go!Team The Wrath Of Marcie リミックス
2008年6月16日 Summer Phase 柚木隆一郎 NEVAEVA ギター
2008年7月16日 ONE Crystal Kay ONE リミックス
2008年12月3日 Heart Throbs And Apple Seeds The Bird and the Bee Ray Guns Are Not Just The Future コラボレーション
2009年1月21日 You Feel Right IF BY YES Chimera Music Release No.0 リミックス
2009年1月28日 5TH ELEMENT TERIYAKI BOYZ SERIOUS JAPANESE プロデュース
2009年2月4日 Mind Wall TOWA TEI BIG FUN ギター
2009年3月4日 disko,ice 坂本龍一 out of noise ギター
2009年3月11日 Emerger 高橋幸宏 Page By Page ギター
2009年5月6日 pulling from above mi-gu pulling from above ギター
2009年9月16日 YOKO ONO PLASTIC ONO BAND BETWEEN MY HEAD AND THE SKY ギター,ベース,プログラミング,テノリオン,ミックス,パーカッション
2009年10月14日 Won't Let Go,Soundwaves Newton Faulkner Rebuilt By Humans プロデュース,コラボレーション
2010年7月21日 Brian Eno MGMT Congratulations +5 リミックス
2010年8月10日 Katayanagi Twins vs. Sex Bob BECK & CORNELIUS Scott Pilgrim Vs. The World コラボレーション
2011年1月19日 NIGHT PEOPLE LITTLE CREATURES Re:TTLE CREATURES カバー
2011年3月2日 You Feel Right,Still Breathing IF BY YES Salt on Sea Glass リミックス
2011年4月13日 salyu × salyu s(o)un(d)beams プロデュース
2011年4月27日 QKMAC - STSR 相対性理論 正しい相対性理論 リミックス
2011年4月27日 Make Some Noise Beastie Boys Hot Sauce Committee Part 2 リミックス
2011年8月10日 話したいあなたと salyu × salyu 話したいあなたと プロデュース
2011年8月17日 Battle Without Honor or Humanity 布袋寅泰 ALL TIME SUPER GUEST リミックス
2012年1月25日 Magic Carpet Ride 野宮真貴 30 ~Greatest Self Covers & More!!!~ プロデュース
2012年8月21日 Eyes Wide Open Gotye Eyes Wide Open EP リミックス
2012年9月29日 ロンリープラネッツ やくしまるえつこ ヤミヤミ・ロンリープラネッツ ギター
2012年10月23日 Opening from Glassworks Philip Glass REWORK Philip Glass Remixed リミックス
2013年6月19日 Glass 高田漣 アンサンブル ギター
2013年7月24日 Great Five Lakes 20th Buffalo Daughter ReDiscoVer. Best, Re-recordings and Remixes of Buffalo Daughter ギター
2013年8月7日 青葉市子と妖精たち ラヂオ ギター
2013年9月12日 MOONBEAMS,7TH FLOOR,SHINE SHINE YOKO ONO PLASTIC ONO BAND TAKE ME TO THE LAND OF HELL ギター,ベース,シンセ
2013年10月2日 Try Anything Once (w / Cornelius) Korallreven Try Anything Once ギター,コーラス
2013年11月27日 アルセーヌルパンみたい 滞空時間 来日 ギター
2013年11月27日 じぶんがいない salyu × salyu 攻殻機動隊 ARISE O.S.T プロデュース
2013年11月27日 外は戦場だよ 青葉市子 コーネリアス 攻殻機動隊 ARISE O.S.T プロデュース

その他参加作品[編集]

主なテレビ出演[編集]

CM出演[編集]

書籍[編集]

  • 『コーネリアスの惑星見学 - 好奇心は猿をも殺す』(1998年)
  • 『続・コーネリアスの惑星見学』(2000年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コーネリアス/小山田圭吾 インタビュー”. Wired Vision (2005年1月12日). 2008年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]