原田郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原田郁子
基本情報
出生名 原田郁子
出生 1975年10月20日(38歳)
学歴 東京コンセルヴァトアール尚美(現専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美)卒業
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
ジャンル J-POP
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ピアノ
活動期間 2004年 -
レーベル コロムビア
共同作業者 クラムボン
ohana
HiM
公式サイト itumo.cc

原田 郁子(はらだ いくこ、1975年10月20日 - )は日本のシンガーソングライターバンドクラムボンボーカリスト鍵盤担当。福岡市博多区出身。クラムボンの他にも、ソロ活動や、ohana4Bというバンドのメンバーとしても活動している。趣味写真フォトグラファー原田奈々は実の

概要[編集]

幼少のころ、友達の影響でエレクトーンを習おうとしたが、エレクトーンを買ってもらえず、祖父の家にあったピアノを譲り受けてクラシックピアノを習い始めた。後にジャズ・ピアノに転向する。[1]

高校時代、元NUMBER GIRLギタリスト、現bloodthirsty butchers田渕ひさ子と同級生であった。

2004年シングル「たのしそう かなしそう」、アルバム『ピアノ』でソロデビュー。同年には九段会館にてソロライブも行った。様々なアーティストの作品へのゲスト参加や、CMソングを引き受けることも多い。

フェイバリットミュージシャンは、矢野顕子フィッシュマンズセロニアス・モンクドクター・ジョンザ・バンドリッキー・リー・ジョーンズなど。

2010年4月23日にレコチョクにてリクルートの結婚情報誌「ゼクシィ」のCMソングに使用される「ふうふ誕生のうた」の配信が開始された。

2010年5月、妹の原田奈々と吉祥寺にカフェ、食堂、ギャラリーの複合スペース「キチム」をオープン。

2012年2月、江崎グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」で、CM出演を果たしている。

作詞家として[編集]

ミトから勧められたのが、作詞を始めたきっかけ。もっぱら日本語を使い、人生・恋愛についての詞を多く書く。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  1. ピアノ(2004年9月15日)オリコン30位
    1. たのしそう かなしそう[4:41]
      作詞:原田郁子/作曲・編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
    2. 緑道[3:05]
      作詞:原田郁子/作曲:オオヤユウスケ/編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
    3. かじき釣り[6:56]
      作詞:いしいしんじ/作曲・編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
    4. 教会[1:52]・
      作詞・作曲・編曲:原田郁子
    5. なみだ と ほほえむ[6:19]
      作詞:原田郁子/作曲:オオヤユウスケ/編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
    6. 流れ星[6:07]
      作詞・作曲・編曲:原田郁子
    7. ワルツ[5:29]
      作曲・編曲:原田郁子
    8. 海からの風[6:43]
      作詞:いしいしんじ/作曲:オオヤユウスケ/編曲:原田郁子オオヤユウスケ
    9. 鳥の羽 鳥の影[3:23]
      作詞:原田郁子/作曲:伊藤ゴロー/編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
    10. トゥインクル[4:28]
      作詞:原田郁子/作曲:永積タカシ/編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
  2. ケモノと魔法(2008年6月4日)[通常盤+初回生産限定(ブックCD仕様)]オリコン29位
    1. 青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている[9:27]
      作詞:原田郁子/作曲:オオヤユウスケ
    2. こだま[6:26]
      作詞・作曲:原田郁子
    3. サヨナラ オハヨウ[4:00]
      作詞:高野寛・原田郁子・永積タカシ/作曲:高野寛
    4. あいのこども[8:19]
      作詞:原田郁子/作曲:永積タカシ
    5. 感嘆符と溜め息(instrumental)[2:01]
      作曲:亀井奈緒子・原田郁子
    6. クイカイマニマニ[1:49]
      作詞・作曲:不詳
    7. やわらかくて きもちいい風(弾き語り)[4:29]
      作詞:原田郁子/作曲:永積タカシ
    8. ケモノと魔法[5:59]
      作詞:原田郁子・オオヤユウスケ/作曲:オオヤユウスケ
    9. ユニコーン[4:51]
      作詞:友部正人/作曲:原田郁子
    10. もうすぐ夜があける[4:01]
      作詞・作曲:原田郁子
  3. 銀河(2008年11月5日)[通常盤+初回生産限定(ブックCD仕様)]オリコン33位
    1. 銀河[13:45]
      作詞:原田郁子/作曲:忌野清志郎
    2. 満ち欠けて なお 響く もの (instrumental)[1:49]
      作曲:原田郁子
    3. 波間にて[4:32]
      作詞:原田郁子/おおはた雄一
    4. ある かたち[5:17]
      作詞:原田郁子/辻村豪文
    5. charm point[5:53]
      作詞:原田郁子・伊藤大助/作曲:ミト
    6. 遥か より 彼方 へ[6:47]
      作詞:原田郁子/作曲:ミト
    7. 青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている (blue darkness)[7:05]
      作詞:原田郁子/作曲:オオヤユウスケ
    8. ミソラ[1:37]
      作詞・作曲:原田郁子
    9. 約束の花[6:03]
      作詞:原田郁子/辻村豪文

シングル[編集]

  1. たのしそう かなしそう(2004年8月25日)オリコン59位
    1. たのしそう かなしそう[4:44]
      作詞:原田郁子/作曲・編曲:原田郁子・オオヤユウスケ
      スペースシャワーTV2004年8月度POWER PUSH
    2. スティリアの女/アヴェ・マリア[2:58]
      作曲・編曲:ブルグミュラー
    3. 風色夏恋 (弾き語り)[4:43]
      作詞・作曲・編曲:原田郁子
    4. (エンハンスド)たのしそう かなしそう (弾き語り)
  2. 気配と余韻(2008年3月5日)[通常盤+初回生産限定盤]オリコン40位
    1. やわらかくて きもちいい風[4:48]
      作詞:原田郁子/作曲:原田郁子・永積タカシ/編曲:原田郁子
      映画『百万円と苦虫女』主題歌
    2. ぴあの[10:57]
      作詞:谷川俊太郎/作曲・編曲:原田郁子
    3. 気配と余韻 (instrumental)[2:58]
      作曲:原田郁子/作曲:オオヤユウスケ/編曲:原田郁子
    4. あいのこども (demo)[5:46]
      作詞:原田郁子/作曲:永積タカシ/編曲:原田郁子
    5. Drifter[8:08]
      作詞・作曲:堀込高樹/編曲:原田郁子
    6. おやすみ[5:56]
      作詞:井上陽水・井上陽水/編曲:原田郁子

配信限定[編集]

  1. ふうふ誕生のうた(2010年4月23日):リクルートゼクシィ」CMソング

参加作品[編集]

  • TOWA TEI「火星」 (2000年)
    1 Mars
  • toe「the book about my idle plot on a vague anxiety」(2005年)
    10 メトロノーム (feat.原田郁子 From Clammbon)
  • Mice Parade「Bem-Vinda Vontad」(2005年)
    8 Ground As Cold As Common
  • rei harakami「暗やみの色feat.原田郁子」(2006年)
  • 神童」オリジナル・サウンドトラック (2007年)
    19 主題歌「リプルソング」
  • HiM「1110」(2008年)
    2 Allow Me A Minute
    3 Sikyi Rock
    8 Where Do The Masons Go?
  • HiM「ん」(2009年)
  • toe「For Long Tomorrow」(2009年)
    3 After Image Feat.Harada Ikuko
  • TOKYO No.1 SOUL SET 「全て光」(2011年)
    1 全て光
  • V.A. 「Happy Holidays! ~CITY POPS COVERS~ 」(2011年)
    8 終りの季節 / 高野寛原田郁子

書籍[編集]

  • ツーリズモ―バルセロナ、リスボン、パリ ひとり旅のようなふたり旅(2006年7月)
    • 原田郁子と妹の写真家、原田奈々によるフォトエッセイ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Esquire』2008年3月号 ピアノ300年、音楽の真相。 p.114

関連項目[編集]

外部リンク[編集]