さくらももこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくら ももこ
本名 非公開
旧姓:三浦 美紀
(みうら みき)
生誕 1965年5月8日(49歳)
日本の旗 日本静岡県静岡市清水区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
エッセイスト
作詞家
活動期間 1984年 -
ジャンル 少女漫画
青年漫画
児童漫画
代表作 ちびまる子ちゃん
コジコジ
受賞 1989年:第13回講談社漫画賞少女部門
(『ちびまる子ちゃん』)
1990年第32回日本レコード大賞
(『おどるポンポコリン作詞
公式サイト さくらプロダクション
テンプレートを表示

さくら ももこ(本名(旧姓):三浦美紀(みうら みき)、1965年5月8日 - )は、日本漫画家作詞家脚本家

静岡県静岡市清水区出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。血液型はA型。身長159cm。

エッセイストとしても活躍しており、独特の視点と語り口で、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録した。

経歴[編集]

人物・交遊関係[編集]

同級生として元サッカー日本代表で現ガンバ大阪の監督である長谷川健太や放送作家の平岡秀章がいる[1]

子供の頃、「青島幸男みたいに偉くなりたい。歌を作りたい」と言ったが、父のヒロシに「青島幸男は国会議員だ。無理に決まっている」と一蹴された。そのさくらが青島を目標とし大人になって作詞した歌が「おどるポンポコリン」である[2]。また学生時代、春風亭小朝に弟子入りしようとしたこともある。

アマチュア無線技士であり、アマチュア無線家の月刊誌『CQ ham radio』1998年1月号の表紙では、ちびまる子ちゃんのイラストを寄稿している。

主な作品[編集]

漫画[編集]

エッセイ[編集]

  • 1991年3月 『もものかんづめ』集英社 のち文庫  
  • 1992年4月 『うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当』角川書店 のち文庫(うみのさかな名義、宝船蓬莱と共著)
  • 1992年5月 『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送 
  • 1992年7月 『さるのこしかけ』集英社 のち文庫  
  • 1992年7月 『たいのおかしら』集英社 のち文庫  
  • 1994年3月 『ももこのいきもの図鑑』マガジンハウス のち集英社文庫 
  • 1995年9月 『そういうふうにできている』新潮社 のち文庫 
  • 1996年7月 『あのころ』集英社 のち文庫  
  • 1997年6月 『ももこの世界あっちこっちめぐり』集英社 
  • 1997年9月 『まる子だった』集英社 のち文庫  
  • 1997年11月 『赤ちゃん日記―First year memories』小学館 
  • 1998年7月 『ももこの話』集英社 のち文庫  
  • 1998年11月 『憧れのまほうつかい』新潮社 のち文庫  
  • 1999年5月 『ももこのおもしろ健康手帖』幻冬舎 
  • 1999年7月 『さくら日和』集英社 のち文庫  
  • 2000年9月 『のほほん絵日記』集英社 のち文庫  
  • 2001年10月 『ツチケンモモコラーゲン』土屋賢二共著、集英社 のち文庫   
  • 2001年11月 『ももこのトンデモ大冒険』徳間書店 のち文庫  
  • 2002年4月 『さくらえび』新潮社 のち文庫  
  • 2002年11月 『ももこの宝石物語』集英社 のち文庫  
  • 2003年4月 『ももこのおもしろ宝石手帖』幻冬舎 のち文庫  
  • 2003年6月 『またたび』新潮社 のち文庫  
  • 2003年11月 『さくらめーる』集英社 
  • 2004年9月 『ももこの70年代手帖』幻冬舎 
  • 2005年8月 『ひとりずもう』小学館 のち文庫  
  • 2005年9月 『MOMOKO TIMES』集英社 
  • 2006年5月 『焼きそばうえだ』小学館 のち文庫  
  • 2006年11月 『おんぶにだっこ』小学館 
  • 2007年5月 『さくら横丁』集英社 
  • 『ももこの21世紀日記』 No.1 - 8 幻冬舎、2002-08 のち文庫 
  • 『ももこのまんねん日記』集英社 2010
  • 『ももこのまんねん日記 2011』集英社 2011
  • 『ももこのまんねん日記 2012』集英社 2012 

作詞[編集]

※表記はジャケットデザインも担当。

詩集[編集]

  • まるむし帳

雑誌[編集]

  • 富士山―さくらが編集長となり、「日本一の雑誌」と称して出版された。

翻訳[編集]

絵本、ドラマ脚本他[編集]

その他[編集]

又、極めて珍しい本人顔出しとして

  • 味覚糖「おさつどきっ」CM出演(1987年):"企業秘密編"や"新芋とれとれ編"のCMで顔出しと声で出演[4]。当時はその特異な声(ハスキーソプラノ)で新聞の質問コーナー等でも問合せが多かった[5]

がある。この当時は『ちびまる子ちゃん』ブレイク前の為にさくら作品の一切のキャラは登場していない。

アシスタント[編集]

関係人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さくらももこ『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送出版 1992年
  2. ^ 『ちびまる子ちゃん(8)』(集英社、1991年)130-131頁
  3. ^ http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121017/mca1210171653012-n1.htm
  4. ^ テレビ探偵団』や『タモリ倶楽部』等の過去作品特集番組コーナー等で良く取り上げられる。
  5. ^ CM NOW」等の雑誌の"読者質問コーナー"でも話題になった位である。

外部リンク[編集]