ピンク スパイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピンク スパイダー
hide with Spread Beaverシングル
収録アルバム Ja,Zoo
リリース 1998年5月13日
2006年11月22日(再発)
ジャンル ロック
時間 7分25秒
レーベル ユニバーサルビクター
作詞・作曲 hide
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間11位(オリコン)
hide with Spread Beaver シングル 年表
ROCKET DIVE
1998年
ピンク スパイダー
(1998年)
ever free
(1998年)
テンプレートを表示

ピンク スパイダー」は日本ミュージシャンhideのソロ9枚目、hide with Spread Beaver名義では2枚目となるシングル

また2006年RIZEが同タイトルの本作のカバーシングルを発表し、PVも原曲と同じ丹修一が監督しており、プロデュースI.N.Aが関わっている。それに伴い本作もマキシシングルとして再リリースされ、オリコンチャートに再チャートインを果たした。

概要[編集]

  • オリコン日本レコード協会の集計共に100万枚を超えるヒットとなり、hideとしては、自身初、かつ唯一のミリオンセラーシングル。
  • hideの生前のアイデアで、初回盤のジャケットにはチョコレートと包み紙が分離するようになっており、中に蜘蛛のイラストが隠れている。
  • 前作「ROCKET DIVE」同様初回特典として「怪人カード」の第2弾が封入された。


hide with Spread Beaver[編集]

収録曲[編集]

  • 全曲、作詞・作曲・編曲:hide
  1. ピンク スパイダー
    • 日本テレビ系『号外!!爆笑大問題』エンディングテーマ
    • 歌詞の内容が自殺を連想させるとして、hideの死に関連付けられワイドショーなどでも取り上げられた。だが、hideの生前のインタビューではむしろ前向きなメッセージが込められていると話していた。[要出典]
    • 間奏の女性の台詞は、歌詞カードには「HIDE FUJIKO」と表記されている。当初は、声優の増山江威子に、彼女が声を当てている、アニメ『ルパン三世』の峰不二子の声で頼む予定だったが、ロサンゼルスでレコーディングしていたため来てもらうことができず[要出典]、hideがオネエ言葉で喋ったものを女性の声に加工したもので、そのためにこのような名前になっている。その後、このシングルのスポットCMのナレーションに増山本人を起用したことによって、ようやく本物の峰不二子とのコラボレーションが実現できた。
  2. ピンク スパイダー (voiceless version)
  3. 隠しトラック(曲名記載なし)
    • 5分27秒の無音の後に「ever free」のサビが流れる。この無音の長さは「ever free」の発売日である5月27日にちなんでいる。

収録アルバム[編集]



RIZE[編集]

ピンク スパイダー
RIZEシングル
収録アルバム ALTERNA
B面 GHOST
Why I'm Me "The Reason Why I'm Me"
リリース 2006年11月22日
ジャンル ロック
レーベル ユニバーサルミュージック
作詞・作曲 hide
プロデュース I.N.A
チャート最高順位
RIZE シングル 年表
Gun Shot
2003年
ピンク スパイダー
(2006年)
LADY LOVE
2007年
テンプレートを表示

収録曲[編集]

  1. ピンク スパイダー
    • 作詞・作曲:hide/編曲:RIZE、I.N.A
  2. GHOST
    • 作詞:JESSE/作曲:RIZE/編曲:RIZE、I.N.A
  3. Why I'm Me "The Reason Why I'm Me"
    • 作詞:JESSE/作曲:RIZE/編曲:RIZE、I.N.A

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

外部リンク[編集]