山塚アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山塚アイ
ヤマツカ・アイ
ヤマツカ・アイ
基本情報
出生 1964年2月13日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市三宮
ジャンル ノイズミュージック
オルタナティブ・ロック
実験音楽
ミニマル・ミュージック
テクノ
ハードコア・パンク
グラインドコア
ヒップホップ
職業 音楽家
担当楽器 ボーカルオープンリールターンテーブル電子楽器ほか
活動期間 1982年 -
共同作業者 ハナタラシ
ボアダムス
ジョン・ゾーン
大友良英ほか

山塚 アイ(やまつか アイ、YAMATSUKA EYE、1964年昭和39年〉2月13日 - )は日本音楽家ラッパー兵庫県神戸市三宮出身。

来歴[編集]

1983年ノイズバンドハナタラシを結成。以後、大阪を拠点に、ボアダムスをはじめとする様々なバンド、ユニットを結成し活動している。ボアダムスではボーカルを担当しているほか、オープンリール電子楽器など様々な楽器を感性的に駆使する。ボーカルとしては狂騒的なスキャットを主体とし、常軌を逸した高音の奇声やドスの効いた怒号、ユーモラスなヴォイスパフォーマンスを織り交ぜたハードコア・パンク的なシャウトを多用するが、ボアダムスの音楽性の変遷に伴ってサンプラーやターンテーブルなども扱うようになってからは、以前よりも狂熱的なヴォーカルパートが減少すると共にソフトなアプローチを取り入れた。

1989年にはジョン・ゾーンのアルバム『ネイキッド・シティ』にゲスト参加し[1]、その後、同アルバムから発展したユニット「ネイキッド・シティ」にも関わった[2]1990年代前半からアメリカ合衆国など日本国外でも演奏や音源リリースを行うようになった。また、1992年には大友良英を中心としたユニット「GROUND ZERO」の同名アルバムにも参加している[3](リリースは1993年)。1993年にはさらに、ソニック・ユースと連名のEP『TV Shit』をリリースした[4]

小山田圭吾が主宰していたTrattria Recordsでは、"ショックシティー(SHOCK CITY)"を担当し、OOIOOやハナタラシのリリースに関わっていた。

たびたび名義を変更しており、山塚アイからヤマンタカEYEへ、さらにヤマタカEYEに変更した。また「eYe」や「EYƎ」などの名義も使う。DJの際にはDJ 光光光(DJピカピカピカ)を名乗るなど、変名の数も多い。 

人物[編集]

ハナタラシに所属していた時期は、ユンボでライヴハウスの壁を壊しながら登場する、ステージ上でガラス板や瓶を投げ壊すなど、過激なパフォーマンスをして多くのライブハウスに出入り禁止にされていた。

音楽活動のほかイラストレーターとしても活躍しており、海外での個展の開催、画集の発表など多岐にわたる。Beckの『Midnite Vultures』のジャケットもアイによるものである。大竹伸朗とはヤマンタカEYE名義で『ドンケデリコ』『ヤマンタカ日記』などのアートブックを出版している。

TV「浅草橋ヤング洋品店」の「ナインティナインの史上最悪最強のバンド計画3」というコーナーに、講師として中原昌也町田町蔵らとともに出演したこともある。その頃の独特のヘアースタイルは瞬間接着剤を髪の毛に付けたものである。

バンド・ユニット[編集]

  • ハナタラシ
  • オーディオ・スポーツ
  • パズル・パンクス(大竹伸朗とのユニット)
  • グラウンドゼロ
  • UFO OR DIE
  • 南海ホークウインド
  • AEO (EYE+Sawai+Jo)

脚注[編集]

[ヘルプ]