編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞(へんしゅうしゃがえらぶざっしジャーナリズムしょう)とは、日本語雑誌媒体において発表された記事・企画などに対して贈られるである。1995年に創設された。

概要[編集]

新潮社講談社文藝春秋など7出版社の雑誌編集者が世話人となって1995年に始まった。大賞、スクープ賞、作品賞、企画賞、写真賞、話題賞がある。

選考は投票形式である。出版社新聞社フリーランス編集者約100名が参加費1万円を払い、1月から12月の間に雑誌に掲載された特集記事や連載企画、手記などの中から各部門ごとに1点と2点を投じて、得票数の上位各2作を受賞作としている。編集者は自分が属する媒体には投票できない。参加費用は授賞パーティーと授賞記念品代に充てられる。出版社に頼らず、編集者有志が選考から授賞までを一切自前で運営している。

歴代受賞作[編集]

部門 受賞者 受賞作 媒体 発表時期
第1回(1995年)
スクープ賞 加賀考英 笹川一族の崩壊 文藝春秋 1994年6・7月号
日産副社長「虜われの15ヵ月」 現代 1994年8月号
作品賞 矢高則夫 ピューリッツアー賞カメラマン 死の真実 文藝春秋 1994年8月号
古森義久 大学病院で母はなぜ死んだのか 中央公論 1994年2月 - 12月号
企画賞 徹底検証「言葉狩り」と差別 ほか一連のキャンペーン 週刊文春 1994年2月10日 - 3月24日号
佐藤昭子 『私の田中角栄日記 新潮45 1994年9月 - 11月号
第2回(1996年)
スクープ賞
(月刊誌部門)
岩瀬達哉 大蔵官僚たちが溺れた「京都の宴」 現代 1995年5月号
スクープ賞
(週刊誌部門)
大蔵省中島義雄主計局次長のサイドビジネス フライデー 1995年8月11日号
作品賞 一橋文哉 かいじん21面相」の正体 新潮45 1995年3月4日号
高山文彦 惨殺された富士フイルム専務が遺した手紙 VIEWS 1995年1月号
企画賞 江川紹子 オウムに関する早期からの取材執筆活動に対して 週刊文春
文藝春秋
岩瀬達哉 新聞正義仮面の下に腐敗あり VIEWS 1995年12月号
写真賞 オウム村井刺殺の瞬間 FOCUS 1995年5月号
熊谷武二 阪神大震災 神戸被災地の定点観測 アサヒグラフ 1995年3月3日号から毎号掲載
第3回(1997年)
スクープ賞 沈黙を破った北海道婦人部幹部「私は池田大作レイプされた」 週刊新潮
吉田仁 なぜNECエリートOL幼児二人を焼死させたか?「私が墜ちた愛欲の地獄 現代
企画賞 米本和広 巨大カルト集団ヤマギシ「超洗脳」ルポ VIEWS
斎藤貴男 謎の物質「EM」は奇跡のかイカサマか 諸君!
作品賞 黒沼克史 女子高生凄まじい生態 週刊文春
与那原恵 被災地神戸レイプ多発」伝説の作られ方 諸君!
写真賞 大倉乾吾
宮嶋茂樹
衝撃のスクープ 麻原を撮った! 週刊文春
第4回(1998年)
スクープ賞
(週刊誌部門)
山一證券を襲う重大疑惑の真相 週刊東洋経済 1997年4月26日5月3日号
スクープ賞
(月刊誌部門)
奥野修司 28年前の「酒鬼薔薇」は今 文藝春秋 1997年12月号
作品賞 佐野眞一 カリスマ──中内功ダイエーの戦後 日経ビジネス 1997年6月2日号
企画賞 舛添要一 痴呆症を守って家族崩壊 婦人公論 1997年11月 - 12月号
写真賞 「問題総会屋」豪華マンション8戸株30億資産全公開 FOCUS 1997年4月9日号
第5回(1999年)
スクープ賞
(週刊誌部門)
菅直人六本木のホテルで密会する30代キャスター 週刊文春 1998年11月19日号
スクープ賞
(月刊誌部門)
長銀破綻 現代 1998年7月号
作品賞 高山文彦 捜査資料に見る少年Aの「家族の風景」 新潮45 1998年7月号
魚住昭 許永中失踪 カギを握る男 文藝春秋 1998年4月号
企画賞 愛犬家殺人「共犯者」戦慄の告白手記 週刊新潮 1998年11月5日号
恵谷治 金正日の忠臣 ほか一連の北朝鮮レポート SAPIO
写真賞 少年A卒業式当日にストリップ見物の校長 FOCUS 1998年3月25日号
第6回(2000年)
スクープ賞
(週刊誌部門)
息子少年A」父と母の手記 週刊文春 1999年3月25日号
スクープ賞
(月刊誌部門)
次期検事総長が確実視される則定衛高検検事長のスキャンダル劇 噂の眞相 1999年5月号
作品賞 岩瀬達哉 ドキュメント「竹下登 新潮45 連載
魚住昭 「日本の首領」渡邊恒雄読売新聞社長の「栄光」と「孤独」 現代 連載
企画賞 芸能界のモンスター「ジャニーズ事務所」追及 週刊文春 1999年10月28日号
江藤淳 と私 文藝春秋 1999年5月号
写真賞 ユニークの元祖「金鳥」社長の「絶倫・乱交・買春」現場 フライデー 1999年9月17日号
ナベツネ創価学会会長が自公幹部と「料亭密会」 フライデー 1999年10月8日号
第7回(2001年)
スクープ賞
(週刊誌部門)
清水潔 一連の「桶川ストーカー殺人」犯人追及記事 FOCUS 連載
一連のKSD疑惑追及記事 週刊朝日
スクープ賞
(月刊誌部門)
バスジャック少年」両親の手記 文藝春秋
森喜朗“総理失格”の人間性の証明 噂の眞相
作品賞 本田靖春 『我、拗ね者として生涯を閉ず』 現代 連載
日垣隆 人物鑑定 佐高信とは何者か 諸君! 連載
柳美里 『命』 週刊ポスト 連載
第8回(2002年)
大賞 中川一郎怪死事件」18年目の真実 新潮45 2001年3月号
広末涼子は「朝帰り」→「タクシーただ乗150km」 フライデー 2001年7月20日号
作品賞 中尾幸司 修羅の家 女子中学生手錠放置殺人事件 新潮45 2001年11月 - 12月号
スクープ賞 実の息子「ケニー野村」衝撃の告白手記 週刊新潮 2001年6月14日・21日号
企画賞 上杉隆[1] 一連の田中真紀子追及記事 週刊文春 2001年5月3日・10日号
第9回(2003年)
大賞 溝口敦 「食肉の王」ハンナン浅田満という男 週刊現代 2002年9月14日号 - 12月14日号
スクープ賞 辻元清美代議士の呆れた巨額「秘書給与詐取」疑惑 週刊新潮 2001年3月28日号ほか一連の記事
山崎拓「変態行為」懇願テープとおぞましい写真 週刊文春 2001年5月2日・9日号ほか一連の記事
企画賞 裁判官」がおかしい! 週刊新潮 2002年10月24日号 - 12月26日号
写真賞 扇千景大臣の夫・人間国宝中村鴈治郎が19歳舞妓と“老いらく蜜恋” フライデー 2002年6月21日・28日号
第10回(2004年)
大賞 日テレ視聴率買収」会見のウソ フラッシュ 2003年11月11日号 - 12月22日・30日号
山田直樹 新「創価学会」を斬る 週刊新潮 2003年11月6日号 - 12月25日号
企画賞 年金が消える日」ほか一連の年金追及記事 週刊現代
作品賞 野中広務研究 月刊現代[2]
話題賞 藤井総裁の嘘と専横を暴く 文藝春秋
スクープ賞 久万オーナーと“極秘会談”撮った 星野監督「今期限りで勇退!」全真相 フライデー
第11回(2005年)
大賞 NHK紅白プロデューサーが制作費8000万円を横領していた! 週刊文春 2004年7月29日号
鵜飼克郎 やらせ現場スクープ撮 白骨温泉は着色されていた! 週刊ポスト 2004年7月23日号
スクープ賞 江角マキコ国民年金CMの茶番! 週刊現代 2004年4月3日号
作品賞 深山渓 早稲田系属小学校の入試は「品性下劣なり」
早稲田系属小学校「350万円面接」の内幕
月刊現代 2004年2月 - 3月号
企画賞 創価学会の経済力 週刊ダイヤモンド 2004年8月7日号
写真賞 高岡早紀&布袋寅泰「W不倫キス&抱擁」現場 フライデー 2004年7月2日号
話題賞 若村麻由美渡辺謙夫婦がハマった新興宗教の妻だった! 女性セブン 2004年3月11日号
第12回(2006年)
大賞 不祥事離婚発覚!里谷多英「泥酔公然ワイセツ事件」フジテレビ社員の金メダリスト夜の大開脚 週刊文春
スクープ賞 杉村太蔵代議士がヒタ隠す「婚約破棄と中絶 週刊ポスト 2005年10月14日号
マブチモーター会長宅強盗殺人・放火事件で主犯が自供報道 週刊朝日 2005年12月9日号ほか
第13回(2007年)
大賞 本間正明税調会長「愛人と官舎同棲」をスクープ撮! 週刊ポスト 2006年12月22日号
町田徹 日興コーディアル証券「封印されたスキャンダル」 月刊現代 2006年2月号
スクープ賞 中国情報機関の脅迫に「国を売ることはできない」首を吊った上海総領事館領事 週刊文春 2006年1月5・12日号
作品賞 溝口敦 細木数子 魔女履歴書 週刊現代 2006年5月20日 - 8月19・26日号
米山勝弘 豪憲君の父親」独占手記 週刊新潮 2006年7月6日 - 13日号
企画賞 西岡研介 テロリスト乗っ取られたJR東日本の真実 週刊現代 2006年7月29日 - 12月30日号
話題賞 NEWS23 山本モナ新キャスターが「イケメン代議士と不倫愛」 フライデー 2006年10月13日号
第14回(2008年)
大賞 武田賴政 横綱・朝青龍八百長を告発する! 週刊現代 2007年2月3日号ほか一連の角界記事
発掘!あるある大事典Ⅱが絶賛した納豆ダイエット本当に効くの? 週刊朝日 2007年1月26日号ほか一連の記事
話題賞 高校教師が実名告発 虎退治姫井ゆみ子との愛欲6年 週刊文春 2007年9月6日号
独占!スクープインタビュー 美恵子さん 元若乃花との離婚を全て語る 女性セブン 2007年10月18日号
スクープ賞 内閣改造を吹っ飛ばす守屋次官「酒と女とゴルフ接待」重大疑惑 週刊ポスト 2007年9月7日号
作品賞 森功 ヤメ検──司法に巣食う生態系の研究 月刊現代 2007年10月号 - 2008年4月号
企画賞 吉本興業」は怪芸人「中田カウス」に潰される! 週刊新潮 2007年4月5日号ほか一連の記事
第15回(2009年)
大賞 山本モナ キャスター復帰の夜に二岡智宏選手と消えた不適切な場所 女性セブン 2008年7月24日号
伊藤隼也 「産婦人科の戦慄」首都東京を「たらい回し」にされ「36歳妊婦」は死んだ 週刊文春 2008年10月30日号
スクープ賞 秋葉原通り魔 弟の告白「狂気の兄と、歪んだ母の愛」 週刊現代 2008年6月28日号
大物「暴力団組長」誕生日コンペ&パーティーに「細川たかし」「小林旭」「角川博」「松原のぶえ 週刊新潮 2008年10月9日号
話題賞 みずほコーポレート齋藤宏頭取「美人記者と“愛欲”不倫」一部始終 フライデー 2008年8月1日号
小向美奈子が衝撃告白「副業売春という悪夢 週刊ポスト 2008年11月28日号
作品賞 森功 同和と銀行 三菱東京UFJの闇 月刊現代 2008年11月号
写真賞 福原愛錦織圭「指をからませ超密着愛」現場 フライデー 2008年12月5日号
第16回(2010年) 出典:[3]
大賞 愛人同伴「ゴルフ&温泉」の小旅行でGWを謳歌した「鴻池官房副長官」涙目懺悔録 週刊新潮 2009年5月21日号
話題賞 夏目三久アナ 御曹司との「♥♥写真」流出!—コンドームの箱を手に…。また起った有名人の映像流出を検証 FLASH 2009年7月28日号
田中美絵子の「コスプレ風俗ライター」時代 - 小沢ガールズきっての美人センセイに「仰天過去」! FRIDAY 2009年9月18日号
作品賞 小沢一郎「ゼネコン疑獄」全真相 - 「闇の集金システム」と利権のカラクリ 週刊現代 2009年3月28日号ほか一連の記事
スクープ賞 ミスターの晩年をどこまで汚すのか!「長嶋茂雄」栄光と家族の記録を売り払った長男・一茂の背徳錬金術 週刊ポスト 2009年12月25日号
第17回(2011年) 出典:[4]
大賞 大関「琴光喜」が「口止め料1億円」と脅された! [1] 週刊新潮 2010年5月27日号
スクープ賞 」を喰ったの「告白 [2] 週刊文春 2010年11月11日号
中井洽国家公安委員長が深夜の宿舎に呼びこむ傾国の「美人ホステス 週刊新潮 2010年4月1日号
作品賞 村木厚子
江川紹子
村木厚子独占手記私は泣かない、屈さない [3] 文藝春秋 2010年10月号
清水潔 菅家さん冤罪足利事件 真犯人追及キャンペーン [4] 文藝春秋 2010年10月号 -
話題賞 AKB秋元才加 56歳オヤジと「自宅お泊まりデート」撮った! [5] 週刊文春 2010年10月21日号
青木愛」代議士が偽名の男と「不倫お泊り」デート 週刊新潮 2010年9月16日号
写真賞 氷川きよし 「年上松村雄基と自宅で過ごした熱い夜」 [6] FRIDAY 2010年7月30日号
第18回(2012年) 出典:[5]
大賞 上原善広 「最も危険な政治家」橋下徹研究  孤独なポピュリストの原点 [7] 新潮45 2011年11月号
山口義正 一連のオリンパス粉飾決算追及記事 [8] FACTA 2011年8月号 -
スクープ賞 原発対応スポークスマン」愛の日々 経産省「美人職員」を弄ぶ「西山審議官 [9] 週刊新潮 2011年6月30日号
<独占スクープ撮>石川遼 確執中の父と豪邸に泊める婚約者 [10] 女性セブン 2011年11月10日号
作品賞 佐野眞一 あんぽん 孫正義 週刊ポスト 2011年1月1・8日号 - 9月16・23日号
話題賞 オセロ中島を壊した井上陽水との「ドロ沼不倫」&ナゾの「女霊能力者 [11] 週刊文春 2011年7月14日号
島田紳助 “黒い携帯メール” 106通全文入手 [12] 週刊朝日 2011年9月9日号
写真賞 激撮スクープ! 自民党代議士 後藤田正純「ハレンチすぎる不倫!」 [13] FRIDAY 2011年6月17日号
震災・原発報道
特別賞
石井光太 ルポ 遺体安置所の人びと/遺体捜索 新潮45 2011年6月号 - 7月号
第19回(2013年) 出典:[6]
大賞 松田賢弥 小沢一郎 妻からの「離縁状」全文公開 ――便箋11枚の衝撃 [14] 週刊文春 2012年6月21日号
スクープ賞 巨人原監督が元暴力団員に一億円払っていた! ――女性スキャンダルで恐喝 [15] 週刊文春 2012年6月28日号
橋下徹大阪市長スチュワーデス姿の私を抱いた! ――大阪の元愛人だけが知っている「裸の総理候補」 [16] 週刊文春 2012年7月26日号
年収5000万円超人気芸人母に生活保護」仰天の言い分 [17] 女性セブン 2012年4月26日号
作品賞 五味洋治 初公開 金正男衝撃メール [18] 文藝春秋 2012年3月号
岩井克己 前皇室医務主管独占インタビュー 天皇皇后両陛下の「主治医」として [19] 文藝春秋 2012年8月号
話題賞 前田敦子、深夜の「お姫様抱っこ」 ――相手は映画『るろうに剣心』のあの人気俳優! [20] 文藝春秋 2012年9月20日
写真賞 折も折「田中美絵子」代議士と「国交省キャリア」の駅中不倫キッス(記事とグラビア) [21] 週刊新潮 2012年6月21日号
第20回(2014年) 出典:[7]
大賞 シャブ&飛鳥の衝撃 ――飛鳥涼は「覚せい剤吸引ビデオ」で暴力団に脅されていた! [22] 週刊文春 2013年8月8日号
スクープ賞 矢口真里 にした衝撃不倫現場 [23] 週刊女性 2013年6月4日号
就活女子大生ホテルに連れ込んだ「大手マスコミ」人事部長の名前 [24] 週刊文春 2013年5月23日号
話題賞 AKB峯岸みなみ EXILE弟分ダンサー宅にお泊まり愛! [25] 週刊文春 2013年2月7日号
木嶋佳苗被告から届いた268通の手紙 [26] 女性自身 2013年10月22日号
作品賞 野口剛夫 全聾天才作曲家佐村河内守は本物か 新潮45 2013年11月号
企画賞 奥野修司
中国猛毒食品」キャンペーン [27] 週刊文春 2013年3月28日 - 5月23日号
死刑囚78人獄中からの「肉筆」全掲載 週刊ポスト 2013年2月15日号・22日号
写真賞 スクープ撮! 秋篠宮佳子さまミニスカで「歌舞伎町」を満喫した夜 [28] FLASH 2013年4月23日号

問題[編集]

「編集者が選ぶ」と銘打たれている通り、出版社、新聞社の編集者同士の互選である。また、発表当時はスクープとされて受賞した記事の中には、1997年のスクープ賞「私は池田大作にレイプされた」(週刊新潮)や、2008年の大賞「大相撲八百長疑惑」(週刊現代、武田賴政)のように、その後の名誉毀損裁判で敗訴して、記事の信憑性に疑問が残るものに対しても「賞の剥奪」等は行われていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]