ケニー野村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニー 野村 (野村 克彦)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都目黒区[1]
生年月日 1959年2月27日(55歳)
身長
体重
180[2] cm
85[2] kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 捕手
プロ入り 1979年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケニー 野村(ケニー のむら、Kenny Katsuhiko Nomura[3]1959年2月27日 - )は、日本の元プロ野球選手捕手)であり、スポーツアドバイザーである。日本名は野村 克彦(のむら かつひこ)。実兄は元プロ野球選手でスポーツ選手の代理人業を務めるダン野村。継父は元プロ野球監督の野村克也、異父弟としてプロ野球選手の野村克則がいる。

来歴・人物[編集]

1959年昭和34年)、神奈川県生まれ[4]。父親は、日本に駐在していた東欧ユダヤ系アメリカ人であるアルヴィン・エンゲル(Alvin George Engel)、母親は、日本人女性、伊東芳枝(後の野村克也夫人、野村沙知代)であった。東京都目黒区出身[1]

小学校から高校まで、セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(東京都世田谷区)に学んだ。大学は、カリフォルニア工芸大学に進学したが[1]中退した[4]1978年昭和53年)、母親の再婚が成立し、野村克也の継子となった。

その後、1980年昭和55年)からプロ野球球団、広島東洋カープ、次いで1982年昭和57年)からの2年間は日本ハムファイターズに在籍したが、最後まで一軍でプレーする機会はなかった。

その後は日本やアメリカで、スポーツアドバイザーとして活動している。2001年平成13年)には、自伝であり、母親(野村沙知代)についての暴露本でもある著作を出版した[5]。翌年、巨額の脱税容疑で逮捕・起訴されていた母親に有罪判決が出たことを知った野村は、これらは自著が母親を追い詰めた結果であるとして、「正義が勝った」との感想を述べている[6]

現在はアメリカ在住[7]ロサンゼルス市 サンフェルナンド・バレー[3])。

同時に現在、実母の野村沙知代[8]、実兄のダン野村とは、それぞれ絶縁状態になっているという。しかし継父の野村克也とは絶縁状態になっておらず、1年に何度か面会している。 また、後述のインタビューでも「父が野球を教えてくれた」と感謝の意を語っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 39 (1980年 - 1981年)
  • 61 (1982年 - 1983年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 野村克彦 『ホームラン』12球団全選手百科名鑑1982
  2. ^ a b 昭和57年(1982年)当時のデータ
  3. ^ a b Kenny Nomura, 39 School of Baseball Tokyo Drive Magazine, Aug 2010, Retrieved on Aug-26-2010
  4. ^ a b 著者略歴 (ケニー野村) 『グッバイ・マミー -母・野村沙知代の真実』 新潮社 2001年9月
  5. ^ 『グッバイ・マミー 母・野村沙知代の真実』 新潮社 2001年9月 ISBN 4-10-449001-6
  6. ^ スーパーJチャンネル』 テレビ朝日 報道
  7. ^ Sachiyo Nomura arrested in tax probe Japan Times Online, Dec-6-2001, Retrieved on Aug-25-2010
  8. ^ 週刊新潮』2001年6月14日号、ケニー野村(42)衝撃の告白手記「私は母野村沙知代を許さない」の中で「私はあなた(沙知代)を母親と思ってない」と語っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]