佳子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佳子内親王
続柄 秋篠宮文仁親王第二女子(今上天皇の孫)
身位 内親王
敬称 殿下
Her Imperial Highness
お印 ゆうな
出生 1994年12月29日(19歳)
日本の旗 日本東京都千代田区宮内庁病院
父親 秋篠宮文仁親王
母親 文仁親王妃紀子
テンプレートを表示
天皇一家と諸王

佳子内親王(かこないしんのう、1994年平成6年)12月29日 - )は、日本皇族秋篠宮文仁親王同妃紀子の第二女子。今上天皇の孫にあたる。身位内親王皇室典範における敬称殿下お印ゆうな。姉に眞子内親王、弟に悠仁親王がいる。

略歴[編集]

  • 1995年(平成7年)
    • 1月4日 - 命名の儀。父の秋篠宮文仁親王により、「健康であるとともに素直で思いやりがあり、心身とも佳(よ)い子に育って欲しい」との願いから佳子と命名される。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月 - 学習院初等科を卒業。
    • 4月6日 - 学習院女子中等科へ入学。
    • 11月 - 紀子妃の公務に初めて同伴した。

逸話[編集]

  • 賜剣の儀で天皇から授けられた守り刀は、隅谷正峯の作。隅谷は1991年(平成3年)に眞子内親王の守り刀に始まり、1993年(平成5年)に皇太子妃雅子1994年(平成6年)の佳子と、皇室関係の作刀を4年間に三度行っている。
  • フィギュアスケートは学習院初等科2年から始める。所属は明治神宮外苑FSC。東京の地方大会であるスプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会には2002年(平成14年)-2003年(平成15年)シーズンから2008年(平成20年)-2009年(平成21年)シーズンに出場して、2007年(平成19年)4月にはノービスBクラスにおいて優勝を果たした。
  • 手芸が得意で、2007年(平成19年)秋に開催された宮内庁職員の作品展に、軍手を素材に制作したぐりとぐら人形(姉・弟との合作)を出品した他、弟宮の悠仁親王のためにフェルトでおもちゃを作ることもある[5]
  • 祖母である皇后美智子が手がけている皇后御親蚕を母・文仁親王妃紀子、姉・眞子と共に手伝っている。御親蚕において採取された糸で織られたは皇族が儀式に用いる着物に仕立てられ、佳子内親王も瑞鳥である鶴をあしらった晴れ着を仕立てた。
  • 同様に1997年(平成9年)から、姉とともに天皇の稲作も手伝っている[6]
  • 2010年(平成22年)に行われた学習院女子中・高等科の学園祭では、5人のグループでAKB48や海外のアーティストなどの楽曲のダンスを披露した[7][8]
  • 今上天皇は、2010年(平成22年)12月23日の誕生日会見で、「御所で、皇太子一家、秋篠宮一家が集まり、大人同士が話し合っているようなとき、佳子は、よく愛子や悠仁の面倒を見、一緒に遊んでくれます。佳子のこのような気遣いをうれしく思っています」と述べ、佳子の心配りに謝意を表した。
  • 一宮家の生まれであり、かつ、宮家の当主ではないので宮号を冠しないが、学校生活の他、スケート大会などにおいては、「秋篠宮佳子」の名で登録されている[9]。スケート大会の選手紹介では「秋篠宮佳子さま」と一般的な敬称で呼ばれる。

賞歴[編集]

1級女子小学4年以上の部 - 優勝(8人中1位)
  • 2007年(平成19年)3月31日 - 4月1日、2007年スプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会
ノービスB(3級以上)女子小学6年以上の部 - 優勝(13人中1位)

系譜[編集]

佳子内親王 父:
文仁親王秋篠宮
祖父:
今上天皇
曾祖父:
昭和天皇
曾祖母:
香淳皇后
祖母:
美智子
曾祖父:
正田英三郎
曾祖母:
正田富美子
母:
紀子
祖父:
川嶋辰彦
曾祖父:
川嶋孝彦
曾祖母:
川嶋紀子
祖母:
川嶋和代
曾祖父:
杉本嘉助
曾祖母:
杉本栄子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「充実した3年間を…」佳子さま学習院女子高を卒業, テレビ朝日, 2013年3月22日
  2. ^ 佳子さま学習院大教育学科入学「先生」へ第一歩スポーツニッポン,2013年4月9日
  3. ^ 佳子さま、米国にホームステイへ, 日本経済新聞社
  4. ^ 佳子さま、学習院大を中退=来月ICUを受験へ 時事通信 2014年9月11日
  5. ^ 文仁親王殿下お誕生日に際し(平成18年)”. 宮内庁. 2013年10月19日閲覧。
  6. ^ 皇后陛下お誕生日に際し(平成14年)”. 宮内庁. 2013年10月19日閲覧。
  7. ^ 週刊文春2010/11/11号 "<これが本当の“ダンシング・クイーン”> 学習院では「AKB」より「KYS」が大人気"
  8. ^ "女性セブン2010/12/02号 佳子さま「ダンサーになりたい」夢封印の涙"
  9. ^ “【皇室ウイークリー】(271)秋篠宮ご夫妻、「篤姫」と誕生日談義”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社): p. 3. (2013年3月23日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130323/imp13032307010001-n3.htm 2013年4月9日閲覧. "「3年中組」の佳子さまは、「秋篠宮佳子内親王」と呼ばれたという。"