恒久王妃昌子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恒久王妃 昌子内親王
竹田宮
Takeda-no-miya-hi Masako.jpg
1909年(明治42年)、21歳
続柄 明治天皇第六皇女
称号 常宮(つねのみや)
身位 内親王王妃
敬称 殿下
出生 1888年9月30日
死去 1940年3月8日
配偶者 竹田宮恒久王
子女 恒徳王
禮子女王
父親 明治天皇
母親 園祥子
テンプレートを表示

恒久王妃昌子内親王(つねひさおうひ まさこないしんのう、1888年明治21年)9月30日 - 1940年昭和15年)3月8日)は、日本の皇族で、竹田宮恒久王の妃。明治天皇の第六皇女(母は園基祥の娘園祥子)。

生涯[編集]

1888年明治21年)誕生。明治天皇の子女は皇太子(大正天皇)を除き夭折しているため、事実上の長女にあたる。

すぐ下の妹・房子内親王(後の北白川宮妃)ともに、高輪御殿で養育される。幼少時の御養育掛は佐佐木高行国文学者阪正臣華族女学校教授・帝室技芸員野口小蘋、華族女学校学監の下田歌子らが任命された。特に佐佐木夫妻を慕い、後々まで「ジジ」「ババ」と呼んだ。

1904年(明治37年)、日露戦争の折りには、姉妹で全戦没者の氏名・没地等を直筆で書いた名簿を御殿の一室で祀っていた。その後、この直筆の名簿は靖国神社に奉納されている。

1908年(明治41年)、6歳年上の竹田宮恒久王と結婚。結婚に際し、東京・高輪に邸宅が建設されたが、設計者は赤坂離宮を手がけた事で知られる片山東熊で、後に西武グループに売却され、高輪プリンスホテルの洋館となり、結婚式などで利用される事となる。

恒徳王禮子女王をもうけたが、1919年大正8年)恒久王にスペイン風邪で先立たれる。

宮家を継いだ恒徳王がまだ幼少だった為、昌子は恒徳王(及び宮家)を支えるとともに、婦人共立育児会総裁・東京慈恵会総裁として社会事業に取り組んだ。特に、満州事変に際し、傷病将兵を身分を明かさずに見舞うなどの心遣いをみせた。

昌子内親王(右)と房子内親王(左)。昌子内親王は海軍の女性用の軍服を着ている。

その他[編集]

  • 1924年頃の久邇宮朝融王婚約破棄事件に於いては「御内定とは云へ、一旦御勅許になりたることは容易に御改めになるべきものにあらず」と発言している。
  • 神奈川県走水神社にある石碑に弟橘媛が入水の時に詠んだ歌が記されているのは昌子内親王によるもの。
  • 平塚八幡宮に社殿の前に松を御手植、神池に緋鯉を放生した。

年表[編集]

リンク[編集]