西武グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左側・グループ企業の本社が多数入居している西武第二ビル
右側・西武鉄道本社ビル(所沢市・くすのき台)

西武グループ(せいぶグループ)は、西武ホールディングス持株会社とし、西武鉄道およびプリンスホテルを中心とする企業グループである。

概要[編集]

堤康次郎が創業した西武グループが前身。康次郎の死後、後継ぎ争いによりグループは分裂し、三男・堤義明が西武鉄道を中心とする西武鉄道グループを引き継いだ。一方、西武百貨店を引き継いだ次男・堤清二は、同社を核として西武流通グループ(後のセゾングループ)を形成した。

上場会社の西武鉄道株式を非上場で堤家が支配するコクドが所有することで、堤義明の意向による経営が可能だった。このトップダウン経営により事業を拡大、バブル期に義明は世界長者番付で世界一となる。しかし2004年にコクドと西武鉄道をめぐる不正会計が明るみとなり失脚、後藤高志を中心としてグループの再編が行われた。

「西武グループ」という呼び名は、鉄道・流通両グループ形成前のグループの名称、またはその後の西武鉄道グループとセゾングループの両グループの総称としても使われることもある。分裂後も時折同一のグループとして混同されることもある。なお、義明が失脚し、西武ホールディングスが発足した後は「西武ホールディングスを中心としたグループ」の意味で使うことが多い。

コーポレート・スローガンは「でかける人を、ほほえむ人へ。」。

2011年現在、西武グループの純粋持株会社である西武ホールディングス社長は後藤高志である。

西武ホールディングスなどが登記上の本店を置いている東京都豊島区南池袋1丁目16番15号(旧西武鉄道本社ビル)は、2011年9月まで光通信本社がメインテナントで「光センタービル」名称だったが、同社が2011年10月に移転した上にビル自体も老朽化が目立っていたため、2012年7月に同ビルを高層テナントオフィスビルへ建替計画が発表された。予定では2014年度着工、2016年度の完成を見込んでいる[1]

主要グループ企業[編集]

西武グループは、西武ホールディングス傘下の事業会社である西武鉄道プリンスホテル、その子会社と孫会社により構成されている。西武鉄道系は、地方鉄道の近江鉄道・伊豆箱根鉄道およびその子会社を除き、原則的に企業名の先頭に「西武」が付く。鉄道系以外では例外は豊島園と武蔵野地所である。

プリンスホテル(2006年2月-)主要出資会社
事業名称 設立 業態
プリンスホテル 2006年 西武グループのホテル・リゾート事業の運営・統括会社
川奈ホテル子会社 2002年(新旧分離による) 「川奈ホテル」の経営
広島プリンスホテル(子会社 グランドプリンスホテル広島」の経営
横浜八景島子会社 1990年 水族館複合型遊園地運営
男鹿水族館第三セクター 2003年 水族館運営
西武鉄道主要連結子会社
事業名称 設立 業態
西武鉄道 1894年 鉄道事業者
近江鉄道 1896年 鉄道事業者
近江観光 グランドプリンスホテル京都・大津プリンスホテルの運営、旅行代理業
近江鉄道子会社(西武鉄道は間接所有)
伊豆箱根鉄道 1916年 鉄道事業者
伊豆箱根バス 1928年 バス事業会社。伊豆箱根鉄道子会社
(西武鉄道は間接所有)
西武バス 1932年 バス事業会社
西武建設 1941年 建設会社
西武ゴルフ 1974年 西武鉄道運営のゴルフ場。2011年10月1日、プリンスホテルとの合併により消滅。
西武プロパティーズ 1974年 西武鉄道が開発した商業施設の運営および分譲地不動産販売
西武商事西武不動産(旧西武不動産販売)が2009年7月1日経営統合
西武不動産流通 2005年 西武線沿線地域を拠点とした不動産仲介業。西武不動産販売から会社分割する形で設立するも2009年に解散し事業撤退。
西武トラベル 1970年 旅行代理業。西武鉄道の直営旅行代理店窓口である「西武観光」(2011年11月事業廃止)とは別。
西武ハイヤー 1967年 タクシーハイヤー事業会社
豊島園
(旧インターベストトレーディング)
XXXX年
新旧分離を実施)
遊園地としまえん」・日帰り入浴施設「庭の湯」運営
武蔵野地所(旧:豊島園) 1963年 豊島園関係の不動産所有。西武鉄道に吸収合併され消滅。
西武ライオンズ 1950年 プロ野球興行運営会社。設立は西鉄野球としての設立年(設立登記日は同年1月28日)。1978年10月25日、中村長芳が経営する福岡野球(太平洋クラブライオンズ→クラウンライターライオンズ)を買収し傘下入り。同年より西武ライオンズとなり2008年に"埼玉"が球団名に付き、埼玉西武ライオンズとなった。なお、球団名に埼玉が付いた後も運営会社名は「西武ライオンズ」のままである。
西武レクリエーション 1997年 西武鉄道所有のアミューズメント施設(BIG BOX西武園西武球場狭山スキー場西武園ゆうえんちなど】・東伏見アイスアリーナ秩父ミューズパークなど)の運営受託)
西武車両 1996年 鉄道車両保守整備会社。西武鉄道に吸収合併され消滅。

西武鉄道の持分法適用会社[編集]

西武鉄道持分法適用会社
事業名称 設立 業態
池袋ショッピングパーク
(筆頭株主はセブン&アイ・ホールディングス
1959年 同所の商業施設・駐車場経営

廃止された主な事業等[編集]

  • 伸縮型のメニューとして掲載。右にある[表示]をクリックすると展開表示される。

SEIBUプリンスカード[編集]

2006年9月には新生西武グループの象徴として旧セゾングループのクレディセゾンとともにPASMO対応のクレジットカード「SEIBUプリンスカード」の発行を開始した。このカードのイメージキャラクターに傘下プリンスホテル所属のフィギュアスケート選手荒川静香を起用している。

このカードは、西武グループのペペ(西武新宿・本川越・飯能・入間・軽井沢)や、ステーションビル(狭山・武蔵関)にある店舗で提示すると、105円につき1ポイントが加算される。そして、軽井沢を除く各ペペと西武狭山ステーションビルの地下1階にある、食鮮市で毎週土曜日に利用すれば、ポイントは2倍となる。また、食鮮市では、「エコ・スタンプカード」というものがあり、このカードにスタンプが20個揃うとプリンスカードに20ポイントが加算される。そして、毎月25日には、ペペ全館がポイント2倍となる。

そのほかに、BIG BOX 高田馬場、プリンスホテル、西武不動産、一部の駅売店で利用できる。また、西武園ゆうえんちや豊島園で提示すれば入場料が割引される。

住宅地開発[編集]

(おもな開発分譲地) 西武沿線を中心に、大規模分譲地と小規模な遊休社有地の造成販売をおこなってきたが、2010年から西武鉄道は不動産販売業に関しては、西武プロパティーズと連携して行っている。下記の他の分譲地は西武不動産を参照。

  • 1950年代末 西鎌倉・神奈川県鎌倉市初沢・赤羽一帯、西武鉄道から後年西武鉄道グループの西武不動産販売が管理を引継ぐ - 施行面積:75.0ha
  • 1966年(昭和41年)~1972年(昭和47年) 西武グリーンハイツ・神奈川県 逗子市 - 施行面積:62.0ha、計画戸数:1757戸、計画人口:5200人
  • 1967年(昭和42年)~1968年(昭和43年) 鎌倉七里ヶ浜・神奈川県 鎌倉市 -
  • 1968年 羽根尾別荘地・群馬県長野原町 - 750区画
  • 1969年 金沢文庫住宅地・神奈川県横浜市 - 1,350戸
  • 1969年 西武園住宅地・東京都東村山市、254戸
  • 1970年(昭和45年)~1992年(平成4年) 西武打越・東京都八王子市、旧住宅地造成事業に関する法律による許可 - 施行面積:90.0ha、計画戸数:1912戸、計画人口:6692人
  • 1966年(昭和41年)~1971年(昭和46年) 鎌倉逗子ハイランド・神奈川県鎌倉市・逗子市 - 施行面積:85.3ha、計画戸数:1849戸
  • 1971年 西武百草園・東京都日野市 - 511戸
  • 1971年 百草園団地・東京都日野市、マンション分譲130戸
  • 1971年 入間武蔵台・埼玉県入間市 - 289戸
  • 1972年 彦根ニュータウン・滋賀県彦根市 - 853戸
  • 1974年 逗子グリーンヒル・神奈川県逗子市 - 473戸
  • 1975年 西武狭山台・埼玉県狭山市 - 239戸
  • 1975年 瀬田川グリーンハイツ・滋賀県大津市 - 646戸
  • 1976年 西武ヴィラ苗場・新潟県湯沢町 - 2,143戸
  • 1976年 湘南鷹取台マンション分譲・神奈川県横須賀市 - 611戸
  • 1976年 西武八王子滝山台・東京都八王子市 - 404戸
  • 1980年 草津グリーンハイツ・滋賀県草津市 - 346戸
  • 1980年 西武拝島ハイツ・東京都昭島市、マンション分譲573戸
  • 1982年 彦根グリーンハイツ・滋賀県彦根市 - 196戸
  • 1985年 三島大場分譲地・静岡県三島市 - 950戸
  • 1990年 クリスタル1号館・新潟県湯沢町 - 533戸
  • 1997年 彦根グリーンハイツII・滋賀県彦根市 - 93戸
  • 1999年 大津グリーンハイツ・滋賀県大津市 - 363戸
  • 2003年 ビッグヒルズ飯能美杉台・埼玉県飯能市 - 350戸
  • 2007年 木更津ベイサイドヒル西武港南台・千葉県木更津市 - 2,000戸

(マンション)

  • ひばりが丘駅南口にあった都営亦六団地跡地の土地を西武不動産販売が取得、事業主のオリックス不動産とともに、33階建ての高層マンション「HIBARI TOWER」(総戸数322戸)を建設。
  • 西武鉄道と三井不動産が共同事業で小手指駅駅前にて小手指タワーズ(374戸)の事業化を実現。

西武グループと関係のない企業・団体[編集]

「西武」という名称が、武蔵国の西部を意味するため、このエリアにある企業にはグループ外でも名乗る例はしばしば見受けられる。また、旧セゾングループも元々は西武グループだったため、「西武」を冠する企業が多く、西武グループ・セゾングループの混同の元になっている(以下のリストは旧セゾングループを除く)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池袋旧本社ビル建替え計画における基本方針について - 西武ホールディングス・2012年7月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]