建宮敬仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

建宮敬仁親王(たけのみやゆきひとしんのう、1877年(明治10年)9月23日 - 1878年(明治11年)7月26日)は、日本皇族明治天皇第二皇子。母は柳原愛子で、大正天皇の同母兄にあたる。

生涯[編集]

長兄が死産であったことから皇太子となるべき立場にあり、御名及び御称号からもそのことがうかがえるが、夭折した。1877年9月29日命名の告示が出されている。叙・三品。

お印は不詳。

住居として桃華殿を賜っている。この建物は1978年明治神宮社殿の東方に桃林荘として移築され、都選定歴史的建造物に指定されている。

皇室 この「建宮敬仁親王」は、日本の皇室皇族に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますCategory:日本の皇族)。