高円宮憲仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高円宮憲仁親王
The Late Prince Takamado.jpg
続柄 三笠宮崇仁親王第三男子(大正天皇孫)
身位 親王
お印
出生 1954年12月29日
日本の旗 日本
死去 2002年11月21日(満47歳没)
東京都新宿区慶應義塾大学病院
埋葬 2002年11月29日
豊島岡墓地
配偶者 鳥取久子
子女 承子女王
典子女王
絢子女王
父親 三笠宮崇仁親王
母親 崇仁親王妃百合子
テンプレートを表示

高円宮憲仁親王(たかまどのみや のりひとしんのう、1954年昭和29年)12月29日[1] - 2002年平成14年)11月21日)は、日本皇族三笠宮崇仁親王同妃百合子の第三男子。昭和天皇の甥・今上天皇の従弟にあたる。身位親王お印(ひいらぎ)。勲等大勲位学位法学士学習院大学)。

高円宮宮号昭和天皇から賜ったもので、父宮の宮号の由来となった奈良市の三笠山の近くにある高円山から採られた。

生涯[編集]

1954年昭和29年)、三笠宮崇仁親王の三男として誕生。松濤幼稚園学習院初等科学習院中等科を経て、学習院高等科時代は写真部に所属し、以来写真撮影を趣味の一つとした。

1978年(昭和53年)学習院大学法学部卒業後、同年から1981年(昭和56年)までの期間にカナダクイーンズ大学に留学した。帰国後から国際交流基金嘱託となり、公務の傍ら一般職員同様に勤務した。

高円宮家の紋

8月1日皇室会議で承認され、9月17日納采の儀12月6日に結婚の儀を執り行った。婚儀と同日に、高円宮家が創設された。なお、久子妃の曾祖母と貞明皇后は従姉妹にあたり、妃と高円宮は遠縁にあたる。その後、承子女王典子女王絢子女王の3女が誕生したが、男子はいない。

生涯を通じて皇位継承順位が皇族の中では最も下位であり、また生家においても傍流にあたる三男ということから「皇室(オク)のスポークスマン」を自認していた。

スポーツ、特にサッカーの振興・発展に尽力し、1987年から日本サッカー協会の名誉総裁を務めた。

2001年(平成13年)7月、社団法人日本水難救済会名誉総裁に就任。2002年(平成14年)には、サッカー・ワールドカップ日韓大会が開催された。5月末に夫妻で大韓民国を公式訪問し、開会式にも出席した。皇族の大韓民国訪問は、公式訪問としては高円宮が第二次世界大戦後初である(それ以前には、秩父宮妃勢津子高松宮宣仁親王同妃喜久子三笠宮崇仁親王同妃百合子寬仁親王が韓国を訪問したことがあるが、公式訪問ではない)。開催期間中19試合を観戦した。[2]

このようにサッカー関連の公務へ精力的に取り組まれ、壮年の皇族としての活動が期待されるなか、同年11月21日、カナダ大使館にてスカッシュの練習を行っていた最中に心室細動による心不全で倒れた。直ちに慶應義塾大学病院に搬送されるも、既に心肺停止の状態であり、蘇生措置がとられ一時は心拍が確認されるも、夜半になって容態が悪化。久子妃の同意を得て人工心肺装置を取り外したところ、生命反応がなく、薨去が確認された。 47歳没。

11月29日斂葬の儀(葬儀)が執り行われ、その後落合斎場火葬され豊島岡墓地に埋葬された。葬儀には学習院初等科・中等科などの同級生が動員された。憲仁親王が生前取り組んでいた役職の多くは、久子妃が引き継いでいる。

なお、憲仁親王の急逝以降、心室細動に対する対応が厚生労働省消防庁で取り上げられ、死去から2年後の2004年(平成16年)に一般人による除細動のための自動体外式除細動器(AED)の使用が認められ広く普及した。

子女[編集]

系譜[編集]

憲仁親王 父:
崇仁親王三笠宮
祖父:
大正天皇
祖母:
貞明皇后
母:
百合子
祖父:
高木正得
祖母:
高木邦子

Taisyoutennou kinjyoutennou.png

人物[編集]

  • スポーツ以外にもバレエ等の芸術に造詣が深かった。バレリーナ・森下洋子らとの対談集『カーテンコールのこちら側』などの著書がある。
  • 写真も趣味の一つで、さらに根付のコレクション・社交ダンスなど、多趣味な人柄だった。
  • 昭和天皇在世中から5歳年少で従兄弟違の浩宮徳仁親王(皇太子)のよき相談役で兄のような存在であったという[3]。また、1987年(昭和62年)には浩宮徳仁親王と小和田雅子(いずれも当時)を自邸に招き、交際を深めるきっかけを作ったことでも知られる[要出典]。薨去の直前にも皇太子夫妻が高円宮邸を訪問している。
  • スポーツ振興や国際交流に尽くしてきた。特にサッカーに関しては、まだマイナースポーツであった頃から尽力しており、自身も国体で日本協会チーム(通称「プリンス高円イレブン」)の一員として毎年開催県の協会と親善試合を行っていた[4]。インターネットを中心に敬意と親しみを込めて「サカヲタ殿下」や「玉蹴り殿下」と呼ばれていた[要出典]

逸話[編集]

  • 公務の傍ら、皇族としては珍しく、国際交流基金の職員として他の一般職員とともに勤務していた。ワープロを操り文書を作ったり、電話を受ける事もあり、自分の部署に回された外線に「高円でございます」と応えたところ、まさか憲仁親王が直接電話を取るなどとは夢にも思っていなかった相手(鈴木宗男)は当人を一般職員だと思い込み、つらつらと仕事上のクレームを挙げ連ね、憲仁親王も“お叱り、いちいちご尤も”と頭を下げたが、後日、“電話に出たのは宮様”と知り、クレームを入れた側が逆に真っ青になってしまったというエピソードもある[要出典]
  • 国際交流基金事務局では名前から“りのちゃん”なるニックネームがあったという(ドキュメント番組より)[要出典]
  • 公務や旅行などで地方に出かけた際、銘菓などを購入し、職場に持参したこともあったという[要出典]
  • テレビ朝日ニュースステーションに出演し[いつ?]生放送のテレビ番組に出演した最初の皇族となった。久米宏に「なぜ出演を承諾なされたのですか」と聞かれ、「この日は、何を言っても許される日(4月1日)ですので、出演してもよろしいと思いました」と切り返した。
  • 街を出歩くことでも有名で、学習院時代の学友や職場の同僚、友人と、庶民的な飲食店に出向いて食事を楽しむことも多かった。アルコールも強く、洋酒から日本酒まで幅広く楽しんでいた。酒量もそれなりに嗜んでいても、テーブルに肘をついたりするようなことはなく、終始笑顔で、その場を楽しんでいた。諸分野に渡って交流を深め、親交を深めていたとされる。皇族であるが故、特別な贅沢を好まず、質の良い、質素な暮らしぶりを主としていた。学習院時代の学友に「皇族は毎日ステーキなどの贅沢をしているのだろう?」と尋ねられた際にも、「家での食事は皆さんと変わらないと思うよ。毎日晩餐会ではないからね。ステーキ?牛肉よりもサーモンのことのほうが多いかな」と笑いながら答えたというエピソードもある。[要出典]
  • また初等科時代に、自身が皇族であるということで級友たちに「お前は俺たち国民の税金で生活してるんだろう」と難癖をつけられてしょげたこともあるという[要出典]
  • 小さい頃から岡野俊一郎解説の「三菱ダイヤモンド・サッカー」を毎週楽しみに見ていた。 中学の時には、毎日学校で必ず1時間はサッカーをやっていた。[要出典]


高円宮の名を冠したもの[編集]

スポーツ[編集]

カナダ関連・その他[編集]

著作・コレクション[編集]

伝記[編集]

  • 高円宮殿下伝記刊行委員会 編『高円宮憲仁親王』(読売新聞社、2005年) ISBN 4-12-003626-X

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1954年(昭和29年)12月29日宮内庁告示第8号「崇仁親王妃百合子殿下親王御出産」
  2. ^ 高円宮さまの急逝:日本にとって大きな損失”. ジェレミー・ウォーカーの A View From a Brit (2002年11月24日). 2012年8月3日閲覧。
  3. ^ 宮内庁・平成14年皇太子妃誕生日会見
  4. ^ 岡野俊一郎日本サッカー協会名誉会長談
  5. ^ 高円宮記念クィーンズ大学留学奨学金

参考文献[編集]