李方子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李王妃 方子女王
Yi Bangja.jpg
納采の儀での記念写真から(1918年)
続柄 梨本宮守正王第一女子
身位 女王、李王妃→身位喪失
敬称 殿下→身位喪失
出生 1901年11月4日
日本の旗 大日本帝国東京府
死去 1989年4月30日(満87歳没)
韓国の旗 韓国ソウル昌徳宮 楽善斎
配偶者 昌徳宮 李王垠
子女 李晋
李玖
父親 梨本宮守正王
母親 伊都子
役職 「芙蓉会」名誉会長
テンプレートを表示

李 方子(り まさこ、朝鮮語: 이 방자〈イ・バンジャ〉、1901年明治34年)11月4日 - 1989年4月30日)は、日本の元皇族梨本宮家に生まれ、旧大韓帝国の元皇太子で日本の王公族となった李垠の妃。

生涯[編集]

皇族時代[編集]

1901年(明治34年)11月4日梨本宮守正王伊都子妃の第一女子として生まれる。

皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)のお妃候補のひとり[1]として名前が取り沙汰されるが、学習院女子中等科在学中に李王世子である李垠と婚約した。彼女が自らの婚約を知ったのは、避暑のため梨本宮家大磯別邸に滞在していた1916年大正5年)8月3日の早朝、手元にあった新聞を何気なく開いた際で、大変ショックを受けたという[2]。二人の結婚は、日韓併合後の「内鮮一体」を目的とする政略結婚であり、山縣有朋による策略説もある[2]

この結婚については表向きは「天皇陛下の御沙汰」によるものとされているものの、梨本宮家は適齢期になった方子の結婚相手を探していたが、なかなかまとまらなかったため、実は梨本宮家から朝鮮総督に縁組を申し込んだものであった[3]

1918年(大正7年)に納采の儀が行なわれた。女子学習院卒業後、1919年(大正8年)1月25日に婚儀の予定だったが、直前に李太王(高宗)が脳溢血のため死去。これには日本側の陰謀による毒殺説が存在し、三・一独立運動の引き金ともなった[4]。このため婚儀は延期された。

李垠と共に(1924年)

1920年(大正9年)4月28日、李垠と結婚。婚礼の直前に婚儀の際に朝鮮の独立運動家による暗殺未遂事件(李王世子暗殺未遂事件)が発生した。婚礼に際しては、和装(十二単)・洋装に加え、朝鮮服も準備された。

方子妃は、自分に課せられた日本と朝鮮の架け橋としての責務を強く自覚し、祖国を離れて日本で暮らす夫を支えた。1921年(大正10年)、第一子が誕生する。1922年(大正11年)4月、夫妻は、晋を連れて朝鮮を訪問。李王朝の儀式等に臨んだが、帰国直前に晋は急逝した。子音急性消化不良と診断される。李太王を毒殺されたと考えた朝鮮側による報復の毒殺説[5]がある一方で、日本軍部による毒殺説[4]も流布されている。第一子を失った方子妃は、日本に留学した李垠の異母妹・李徳恵[6]の身辺を親身に世話した[7]。その後、一度の流産を経て、1931年(昭和6年)、第二子が誕生した。

戦後、韓国人として[編集]

日本の敗戦による朝鮮領有権喪失と日本国憲法施行に伴い、李垠・方子夫妻は王公族の身分と日本国籍を喪失して一在日韓国人となった。邸宅・資産を売却しながら、細々と生活を送っていた。

夫妻は大韓民国の初代大統領であった李承晩により帰国を妨げられたまま、李垠が1960年(昭和35年)に脳梗塞で倒れる。李承晩退陣後の1963年(昭和38年)11月21日、朴正煕大統領の計らいで夫妻はようやく帰国を果たす。夫妻の生活費は韓国政府から支出され[8]昌徳宮内に住まうこととなった。1970年(昭和45年)、李垠と死別した。

韓国に帰化した方子は李垠の遺志を引き継ぎ、当時の韓国ではまだ進んでいなかった障害児教育(主に知的障害児肢体不自由児)に取り組んだ。趣味でもあった七宝焼の特技を生かしソウル七宝研究所を設立し自作の七宝焼の他にも書や絵画を販売したり、李氏朝鮮の宮中衣装を持って世界中を飛び回り王朝衣装ショーを開催する等して資金を集め、知的障害児施設の「明暉園」と知的障害養護学校である「慈恵学校」を設立する。なお、"明暉"は李垠の、"慈恵"は方子自身のそれぞれの雅号である[9]。方子の尽力は韓国国内でも好意的に受け止められており[9]、やがて功績が認められ、1981年(昭和56年)には韓国政府から「牡丹勲章」が授与された。

また、終戦後の混乱期に韓国に残留したり、急遽韓国に渡った、様々の事情を抱えた日本人妻たちの集まり、在韓日本人婦人会「芙蓉会」の初代名誉会長を勤めた。また前述の福祉活動や病気治療のため度々来日し、昭和天皇香淳皇后を始めとする皇族とも会う機会はあった。

1989年(平成元年)4月30日逝去[10]、享年87。葬儀は旧令に従い、韓国皇太子妃の準国葬として執り行われ、日本からは三笠宮崇仁親王夫妻が参列した。後に韓国国民勲章槿賞(勲一等)を追贈された。

身位[編集]

  • 方子女王(1901年 - 1920年)
  • 李王世子妃 方子女王(1920年 - 1926年)
  • 李王妃 方子女王(1926年 - 1947年)
  • 李方子(1947年 - 1989年)

女王の地位は皇族との結婚の場合、保持される(親王妃等を参照)。王公族は皇族に準ずる扱いであった。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『流れのままに』 啓佑社、1984年
  • 『歳月よ王朝よ 最後の朝鮮王妃自伝』 三省堂、1987年

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 候補者には他に、従姉妹の良子女王久邇宮家)らがいた
  2. ^ a b 1984年6月29日 読売新聞「[人]李方子=2 わずか15歳 “政略結婚”に涙」
  3. ^ 「ごく内々にて申しこみ、内実は申しこみとりきめたるなれども、都合上表面は陛下思召により、御沙汰にて李垠殿下へ遣す(つかわす)様にとの事になり、有難く御受けして置く。しかし発表は時期を待つべしとの事」(小田部 2008 [要ページ番号]
  4. ^ a b 1984年6月30日 読売新聞「[人]李方子=3 父王は“毒殺”愛児も同じ運命に 雷鳴の夕に絶命」
  5. ^ 方子自身、著書『流れのままに』で「父母にいつくしまれたのもわずかな月日で、何も罪のないに、日本人の血がまじっているというそのことのために、非業の死を遂げなければならなかった哀れな子……。もし父王さまが殺された仇が、この子の上に向けられたというなら、なぜ私に向けてはくれなかったのか……。」と書いており、毒殺を疑っていたようである。
  6. ^ 徳恵は精神・知能に先天性障害があったが、少女期には小康状態にあった。本人の項参照。
  7. ^ 1925年5月30日 読売新聞「御遊学中の徳恵姫のため朝鮮料理をお学び やさしき方子妃殿下のお心尽し」
  8. ^ 1984年7月3日 読売新聞「[人]李方子=5 市井の“妃” 一生いばらの道」
  9. ^ a b 1982年7月17日 読売新聞「[世界の中の日本人]韓国で福祉活動する李王朝“最後の王妃”李方子さん」
  10. ^ 2009年4月27日 産經新聞「【から(韓)くに便り】ソウル支局長・黒田勝弘 故・李方子さんのこと」
  11. ^ 『官報』第1926号、「叙任及辞令」1919年01月07日。
  12. ^ 『官報』第4300号、「叙任及辞令」1926年12月22日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]