高橋陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋 陽一
Yōichi Takahashi - Lucca Comics & Games 2011 - crop.jpg
生誕 1960年7月28日(53歳)
日本の旗 日本 東京都葛飾区
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
代表作 キャプテン翼
テンプレートを表示

高橋 陽一(たかはし よういち、1960年7月28日[1] - )は日本漫画家東京都葛飾区四つ木生まれ[2]東京都立南葛飾高等学校[3]。妻は声優日比野朱里(旧名:小粥よう子)[3]。血液型はA型。

主にスポーツを題材とした作品を執筆。代表作はサッカーを題材にした作品『キャプテン翼』。

概要[編集]

1980年、『週刊少年ジャンプ』において読み切り作品『キャプテン翼』でデビュー。翌年、同作で連載開始。同作は人気を博し、1983年テレビ東京系でアニメ化された。『キャプテン翼』の最初のアニメ化で翼役を演じた小粥よう子(現日比野朱里)と結婚した。

現在のプロサッカー選手には国内外問わず、当時『キャプテン翼』に影響された少年たちも多く、『キャプテン翼』がなければ現在の日本サッカーシーンはなかったとまで言われる。

スフィアリーグに参加する芸能人女子フットサルチーム「南葛シューターズ」の監督や葛飾区のサッカークラブチーム「南葛SC」の後援会会長も務める。また、『Road to 2002』では翼がFCバルセロナで入団し活躍することから、2004年2月16日にFCバルセロナ会長から直々に招待され、VIP席で試合を観戦したこともある。また、FCバルセロナのライバルであるレアル・マドリードの会長(当時)からは「なぜツバサをうちのチームに入れてくれなかったんだ」というコメントを受けている[4]

さらに作中で翼がバルセロナに入団した際、バルセロナのスポンサーであるナイキ社から「翼のスパイクをアディダス社からナイキ社に変更してほしい」という要望を受けたがこれを固辞している。これに関して高橋は週刊ヤングジャンプ誌の取材で「僕はアディダスのファンなので」と語っている。

2006年には漫画家として、異例のCM出演に留まらず、翼との”共演”を果たした。

サッカー以外にもスポーツ全般を好み中学生時代は卓球部に、高校時代は軟式野球部に所属[1]、『エース!』連載中も草野球チームやソフトボールのチームをいくつか掛け持っており、北海道移転前からの北海道日本ハムファイターズのファンである。

また、漫画以外でもフランスのプロチームグルノーブル・フット38のイメージキャラクターも手がけている[5]。さらに、イラク復旧活動の際には自衛隊側からの依頼で「イラクの子供に喜んで受け入れてもらうため」に、自衛隊の車両に『キャプテン翼』のキャラクターを描くなど、執筆活動以外の活動も行っている。2009年には、オリンピックの東京招致活動の一環であるメッセージフラッグに、『大空翼』と『若林源三』のイラストとメッセージを書き込んだ。

2011年には女子W杯に出場した日本女子代表の激励のため開催国ドイツに赴く。その際、翼と澤穂希をモデルにした応援キャラクター『楓ちゃん』を書き込んだ日の丸をチームに寄贈した[6]。その後日本が女子W杯初優勝を果たした際、澤はこの日の丸を身にまとってウイニングランを行っている。

2008年6月18日J2第18節横浜FC徳島ヴォルティス戦より、横浜FCマッチデープログラム内に『はばたけ蹴太』を全13回計26ページにて連載。雑誌以外の連載物は初。

作品リスト[編集]

長編漫画[編集]

  • キャプテン翼(1981年 - 1988年)種目:男子サッカー
  • 翔の伝説(1988年 - 1989年)種目:テニス
  • エース!(1990年 - 1991年)種目:野球
  • CHIBI(1992年 - 1993年)種目:ボクシング
  • キャプテン翼 ワールドユース編(1994年 - 1997年)種目:男子サッカー
  • -蹴球伝-フィールドの狼 FW陣!(1999年)種目:サッカー
  • ハングリーハート WILD STRIKER(2002年 - 2004年)種目:サッカー
  • キャプテン翼 -ROAD TO 2002-(2001年 - 2004年)種目:男子サッカー
  • キャプテン翼 -GOLDEN 23-(2005年 - 2008年)種目:男子サッカー
  • キャプテン翼 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ(2009年)種目:男子サッカー
  • キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA(2010年 - 2011年)種目:男子サッカー
  • キャプテン翼 ライジングサン(2014年 - 連載中)種目:男子サッカー

短編漫画[編集]

  • 100Mジャンパー 種目:スキージャンプ
  • キャプテン翼関連作品
    • キャプテン翼(読切版、短編集『100Mジャンパー』に収録)
    • ボクは岬太郎
    • キャプテン翼 ワールドユース特別編 最強の敵!オランダユース
    • キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 最終章(2012年)
    • キャプテン翼短編集 DREAM FIELD-現在2巻が刊行されている。
  • 誇り 〜プライド〜(2011年 - )種目:サッカー
  • -卒業- 100MジャンパーⅡ 種目:スキージャンプ(読切版、短編集『ボクは岬太郎』に収録)
  • BASUKE-バスケ- 種目:バスケットボール(読切版、短編集『ボクは岬太郎』に収録)
  • キーパーコーチ 種目:サッカー
  • 攻・守!-KOSHU!- 種目:サッカー
  • 北壁ダウンヒラー 種目:アルペンスキー(読切版、短編集『キャプテン翼 ワールドユース特別編 最強の敵!オランダユース』に収録)
  • CHIBI 種目:ボクシング(読切版、短編集『キャプテン翼 ワールドユース特別編 最強の敵!オランダユース』に収録)
  • 昴(すばる)種目:ボクシング(読切版、短編集『100Mジャンパー』に収録)
  • 初恋同士 種目:剣道(読切版、短編集『100Mジャンパー』に収録)
  • 轟元太一本勝負 種目:柔道(読切版、短編集『100Mジャンパー』に収録)

小説[編集]

CM[編集]

  • TOYOTA「トビラを開けよう」キャンペーン(2006年)

関連項目[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「日本漫画家名鑑500」編集委員会『日本漫画家名鑑500』アクア・プランニング、1992年発行、522 - 523頁
  2. ^ a b 「漫画家リレー訪問記・高橋陽一先生」『漫画新聞』日本漫画学院、1994年4月、5頁。
  3. ^ a b まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、224頁
  4. ^ [1]朝日新聞:マンガの力 (4) キャプテン翼の「洗脳」(中)
  5. ^ grenoblefoot38.fr。なお、グルノーブルのオーナーは日本企業である。
  6. ^ 漫画家の高橋陽一氏が翼君、楓ちゃんとともになでしこを激励 サッカーキング 2011年8月15日閲覧
  7. ^ 【イラストマーケット 04 開催】|【お絵描き☆ぶろぐ。】 powered by Shino-Blog
  8. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『全史『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 剣心華伝』集英社、1999年12月22日初版発行、ISBN 978-4087820379、144 - 145頁
  9. ^ 伊藤彩子『まんが原作者インタビューズ』同文書院、1999年発行、ISBN 9784810376616、231頁