立花兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立花政夫/立花和夫 Football pictogram.svg
名前
愛称 空中サッカーの申し子
カタカナ タチバナ マサオ/タチバナ カズオ
ラテン文字 TACHIBANA Masao/TACHIBANA Kazuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 10月6日
出身地 秋田県鹿角市
身長 167cm
体重 60kg
選手情報
ポジション FW/MF
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

立花兄弟(たちばなきょうだい)は、高橋陽一の漫画「キャプテン翼」に登場する架空のサッカー選手で、立花政夫(たちばな まさお)、立花和夫(たちばな かずお)の双子の兄弟である。血液型はB型。政夫の声優は「昭和版」がならはしみき、「J」が亀井芳子、「平成版」の少年期が雪野五月、青年期が中井将貴。和夫の声優は「昭和版」が鈴木れい子、「J」が折笠愛、「平成版」が長沢美樹

人物[編集]

プロフィール[編集]

ポジションはFW兼MF。秋田県鹿角市出身[1]。アクロバティックなコンビプレーを得意とする双子のサッカー選手[2]。政夫が兄で和夫が弟だが、外見はまったく同じであるため見分けがつかず、よく次藤に間違われてその度に「俺は和夫(政夫)だ。いい加減覚えろよな」と文句を言っている。出っ歯が特徴。二人でよく石崎を「サル」とからかっていたが、「サルは俺達だ」と自分達もサル顔であることを自覚している。

身軽さを生かして「トライアングルシュート」「スカイラブハリケーン」「ツインシュート」「スカイラブツインシュート」など、アクロバティックなプレーを実践することが多いが[2]、その分足への負担や怪我の危険性も高く、出場機会が安定しない。

U-20日本代表でサッカー指導者の手倉森誠手倉森浩の兄弟をモデルとする説があるが[3]、原作者の高橋や集英社側からは特に明言はされていない[2][4]

経歴[編集]

花輪サッカー少年団(花輪SS) - 花輪中学校 - 秋田商工高校 - ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)

小学生編[編集]

花輪SSに所属し、秋田代表として全国大会に出場。よみうりランド駅に降り立った南葛SC一行は、ホームごしにパスを繰り出しながら疾走する立花兄弟を目撃し、そのコンビプレーに驚愕する(その後すぐに駅員に怒られていた)。
予選リーグで明和FCと引き分けた花輪[5]は、南葛と決勝トーナメント出場枠を賭けて対決。翼と岬のコンビに押され1点ビハインドで迎えた後半早々、温存していた「トライアングルシュート」で同点に持ち込む。石崎のオウンゴールで勝ち越すも、その石崎が奮起のシュートを放ち、岬に押し込まれ同点にされる。さらに試合終了間際、翼が立花兄弟のお株を奪う空中戦からのオーバーヘッドキックで決勝点を決め、花輪は敗退した。
同大会の決勝に行けなかったチームのみで開催されたリフティング大会に参加するも、葵新伍に破れ優勝を逃している。
劇場版第一作では、ヨーロッパ選抜チームから「トライアングルシュート」で先制点を奪う活躍を見せた。
「週刊少年ジャンプ」2008年36号に掲載された読みきりでは、小学生時代の設定ながら、中学時代に編み出した技であるスカイラブハリケーンを繰り出す描写がある。

中学生編[編集]

花輪中を率いて全国大会に出場。和夫がキャプテンを務めていた[6]
3回戦で南葛中とあたり、翼との再対決を迎えた。トライアングルシュートを石崎のサル知恵で早々に見切られ、2点のビハインドを背負うも、新技「スカイラブハリケーン」を繰り出し、同点に追いつく。さらにコンビ技「ツインシュート[7]」を撃つが、森崎が辛うじて肩にあてたボールを石崎が捨て身でブロック。これに奮起した翼が勝ち越しゴールを決め、立花兄弟は再び敗退した。

ジュニアユース編[編集]

全日本代表として選出。両開きのウイング、中盤などを兼任。アルゼンチン戦で次藤洋との合体技「スカイラブツインシュート」でゴールを奪う、フランス戦ではスカイラブを守備で使用するなど、空中技で攻守に貢献した。

ワールドユース編[編集]

賀茂から「二人一緒でなければ何もできないのか」と一喝され、全日本離脱後の山篭りによって政夫は「山猿キープ」「ムササビジャンプ」等の個人技を身に付けた。和夫はリアル・ジャパン・7との2戦目ではゴールキーパーを務め、試合開始直後のRJ7のシュートを反応良く横っ飛びでキャッチ、賀茂を驚愕させた。
(ジュニアユース時代は主にスイーパーだった)松山光がボランチに定着し、新加入の葵新伍の台頭もあり出場機会は減少するものの、2次予選・中国戦ではイエローカード累積2枚で出場できなくなった葵の代わりに政夫が前半出場、次藤とのスカイラブハリケーンで飛翔よりも高く飛びボールをクリアするなど、得意技は守備にも貢献するようになった。
メキシコ戦ではアステカ五戦士のルチャ戦法をことごとく防いだが、ガルシアに故意に負傷させられる。以後、出場機会は無かった。

ROAD TO 2002[編集]

ジェフユナイテッド市原に入団。次藤・佐野の所属するアビスパ福岡と対戦するが敗れる。

GOLDEN-23[編集]

身体の成長に伴いスカイラブの使用が困難になったため、守備の意識からボランチとしても活躍した。しかしオーストラリア戦前半選手生命をかけて捨て身の100%の力を込めたファイナルスカイラブハリケーンを繰り出し、得点は決めたものの両者退場した。

戦歴[編集]

  • 小学6年生
    • 全日本少年サッカー大会予選リーグ敗退
    • ヨーロッパ遠征でのヨーロッパ少年サッカー大会優勝(テレビ昭和版)
    • ヨーロッパ遠征での親善試合でヨーロッパ選抜チームに勝利(劇場版)
  • 中学1年生
    • 全国中学校サッカー大会出場
  • 中学2年生
    • 全国中学校サッカー大会出場
  • 中学3年生
    • 全国中学校サッカー大会3回戦敗退
    • ワールドカップジュニアユース選手権大会優勝
  • 高校1年生
    • 全国高校総体出場
    • 全国高校サッカー選手権大会出場
  • 高校2年生
    • 全国高校総体出場
    • 全国高校サッカー選手権大会出場
  • 高校3年生
    • 全国高校総体出場
    • 全国高校サッカー選手権大会出場
  • 19歳
    • ワールドカップユース選手権大会優勝

得意技[編集]

トライアングルシュート
1人が空中にセンタリングを上げ、もう1人がゴールポストを蹴って上空に飛んでパスを送り、さらにセンタリングを上げた方がシュートを行う技。中学生編にて石崎にゴールポストを蹴ることで防がれ、以後使用する機会は無い。劇場版では「スカイラブ・アクロバティック・シュート」と呼んでいた。
スカイラブハリケーン
1人が仰向けになって発射台となり、もう1人が発射台役の足の上に乗って勢いをつけてジャンプし、ヘディングシュートを行う技。発射角度も自由に調整でき、守備に流用する場面もある。
2人のどちらの足にも大きな負担がかかるため、1試合で使用できる回数には制限があるという弱点がある。【GOLDEN23】また2人の体の成長に伴いそれに耐えられなくなり、事実上封印せざるを得なくなった。
基本的には立花兄弟同士で行うが、次藤が発射台となる場合や、翼や三杉が次藤を発射台にスカイラブを敢行したこともある[8]
名称はNASAスカイラブ計画から取られている。
ツインシュート
2人同時にシュートを行う技。中学時代にスカイラブハリケーンが使えなくなった時のための切り札として編み出した。
スカイラブツインシュート
仰向けになった次藤の足を、立花兄弟がそれぞれ片方ずつ発射台にして同時に飛び、空中でツインシュートを行う技。次藤とチームメイトになったジュニアユース編で編み出した技だが着地が未完成で、対アルゼンチン戦で使用した際には得点を決めるも、立花兄弟がそれぞれ両側のゴールポストに激突して負傷交代してしまった。
山猿キープ
低い姿勢でボールをキープし続ける技。
ムササビジャンプ
右ひざの裏側でボールを抱え込みながら飛び、そこからバク宙してかかとで相手にパスを送る技。

テクモ版[編集]

経歴[編集]

秋田商工(II) - ネッツ東日本(IV)

テクモ版での技[編集]

ジェミニアタック
「II」より登場。2人で高速でワンツーリターンを繰り返す技。原作でも同様の動作はある。
スカイラブタックル
「II」より登場。スカイラブハリケーンでタックルを行う技。
スカイラブブロック
「II」より登場。スカイラブハリケーンでブロックを行う技。原作でも第1回国際ジュニアユース大会準決勝フランス戦で同様の動きを披露している。
スカイラブパスカット
「II」より登場。スカイラブハリケーンでパスカットを行う技。なお、【GOLDEN23】ではオーストラリア戦で使おうとする描写はあるものの、「(足が破壊されるから)今ここで使うわけには・・・」と思い留まっている。
時間差スカイラブ
「IV」に登場。スカイラブハリケーンを前転して時間差によるフェイントをかけつつ、かかとで放つ技。
スカイラブストーム
「IV」に登場。2人のうちいずれかから次藤にワンツーリターン後、スカイラブツインシュートをディアスの前転シュートや翼のネオサイクロンの要領で空中で一回転しつつ、かかとで行う技。この技のみドリブル時のシュートから選択できる。
スカイラブタイフーン
「V」に登場。スカイラブツインシュートの発射の際にそれぞれ上下に跳び、上の選手がオーバーヘッドで叩き落した球を下の選手がゴールに向かって打ち返すという技。翼はこの技を参考にしてブーストサイクロンを編み出した。


脚注[編集]

  1. ^ JFAこころのプロジェクト新企画「ご当地ニッポン応援団」発足”. 日本サッカー協会 (2012年8月7日). 2014年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c 高橋 2003、48-49頁
  3. ^ あの立花兄弟のモデル・手倉森監督。ダジャレで金メダルを狙う!?”. フットボールチャンネル (2013年10月7日). 2014年1月30日閲覧。
  4. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集 『キャプテン翼熱闘スペシャル』 集英社1985年、37頁。
  5. ^ 明和キャプテンの日向が既に一敗を喫している南葛を予選敗退させるべく、意図的に引き分けに持ち込んだ。
  6. ^ 高橋 2003、111頁
  7. ^ 小学校時代に翼と岬が偶然このシュートを放ったことがあるが、意図的に技として狙って打ち出したのはこれが初出。
  8. ^ 【ワールドユース編】のメキシコ戦にて立花兄弟が負傷後、スカイラブの代役として沢田と佐野が起用されそうになったが、先取点を奪われフォーメーション変更したことで実現しなかった。

参考文献[編集]