澤穂希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
澤 穂希 Football pictogram.svg
名前
愛称 ホマ、ほーさん
カタカナ サワ ホマレ
ラテン文字 SAWA Homare
基本情報
国籍 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 日本
生年月日 1978年9月6日(35歳)
出身地 東京都府中市
身長 164cm
体重 55kg
選手情報
在籍チーム 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 INAC神戸レオネッサ
ポジション MF(OH, CH)
背番号 8
利き足 両足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1998 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 読売SCベレーザ
/読売JSCベレーザ/読売西友ベレーザ
/読売ベレーザ
136 (79)
1999-2000 アメリカ合衆国の旗 C・D・ダイヤモンズ
2000-2003 アメリカ合衆国の旗 アトランタ・ビート 55 (13)
2004-2008 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 日テレ・ベレーザ 85 (47)
2009-2010 アメリカ合衆国の旗 ワシントン・フリーダム 41 (6)
2009-2010 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 日テレ・ベレーザ 4 (2)
2011- 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 INAC神戸レオネッサ 49 (8)
代表歴2
1993- 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 日本 197 (82)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月11日現在。
2. 2014年5月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

澤 穂希(さわ ほまれ、1978年9月6日 - )は、東京都府中市出身の女子サッカー選手。日本女子サッカーリーグINAC神戸レオネッサ所属。ポジションミッドフィールダー。主にセンターハーフを務めることが多い。

アジア人史上初の「FIFA最優秀選手賞」受賞者で、日本女子代表では歴代トップの出場数とゴール数を記録している。

経歴・人物

東京都立南野高等学校(現:東京都立若葉総合高等学校)を経て[1]帝京大学文学部中退。左利き。

日本代表になるまで

小学校2年のとき、東京府中市にある「符ロクサッカークラブ」に兄とともに入団を希望する。女の子ということで入団を渋られるが、母の努力により仮入団となる。その後、地元の「狛江杯」で、コーチの勧めにより試合に出場。いきなりゴールを決め、地元紙のニュースに取り上げられ、以後、正式に入団となる。また、チームメイトも澤を女の子として扱わなくなったと言う。このころは練習も遊びも歳上の男子ばかりであり、それが女子としては突出したキック力やスキルが身に付いた理由だと本人が述べている。

中学に入学すると同時に、当時の日本代表が多く所属する強豪チーム、読売サッカークラブ女子・ベレーザに入団する。通常,中学生は下部組織のメニーナで実力をつけてから昇格するが、当時の監督であった竹本一彦の判断で、最初からトップチームに引き上げられる。本人は、「同じようにプレーできなかったことが悔しくて」と述べているが、そのため一人で毎日居残り練習を行い、結果として大きく実力が磨かれる。中学一年の夏、Lリーグ(現在はなでしこリーグ)に出場、3試合目に初ゴールを決める。このあと日本代表に選出された。[2]

2011FIFA女子ワールドカップ優勝まで

1993年、15歳で日本女子代表に招集されて初出場を果たしデビュー戦で4得点を挙げる。その年のリーグベストイレブンに初めて選ばれその後も度々選出され、リーグを代表する選手となる。

1990年代末は、Lリーグに所属する企業が次々と女子サッカー部の廃部を決める。サッカーができなくなることを危ぶみ、1999年に大学を中退、米国に渡る決意をする。 1999年にコロラド・デンバー・ダイアモンズに所属。2000年にアトランタ・ビートに移籍する。このとき、米国選手とのスピード、パワーの差に驚くが、同時に自分自身の技術で、生きていく道が見えたと述べている。米国でも高い技術で実力を発揮し、「クイック・サワ」との異名を取る。

また、米国滞在中、結婚を考えたが、2003年9月アメリカ女子プロリーグ休止にともない、帰国する道を決断する。[3]

2004年にL・リーグに「ノンアマ(プロ契約)選手」として復帰。同年、アジア年間最優秀選手賞を受賞。その後も日本国外のチームからのオファーを受けるが、なでしこジャパンの選手としてベレーザでのプレーを続け、チームの優勝にも貢献。2006年2008年にはなでしこリーグMVPにも選ばれる。なお、2004年7月に、サッカー日本女子代表の愛称が「なでしこジャパン」に決定し、記者会見を行った際、発表用に「なでしこジャパン」と毛筆で記したのは澤だった[4]

主にトップ下で司令塔としての役割を果たしていたが、2007年女子代表の監督に佐々木則夫が就任して以降は、ボール奪取能力の高さや展開力に長けている事を評価されセンターハーフにコンバートされ、女子代表の攻守の要となった[5]

2008年オフ、2009年開幕予定であったWPSからドラフト指名を受け、2009年1月にワシントン・フリーダムへ移籍した。ワシントンでは20試合に出場し、3得点を挙げた。同年8月、古巣の日テレに一時的に復帰することになった[6]

2011年、経営難の日テレからプロ契約の打ち切りを宣告され、1月5日大野忍近賀ゆかり南山千明とともにINAC神戸レオネッサへ移籍した[7]

移籍後には「サッカーに専念出来るINACに来てから凄くコンディションがいい。」と語るなど、満を持して迎えた2011 FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会ではキャプテンとして出場。グループリーグ・メキシコ戦でのハットトリック(1得点目は決勝点)、準々決勝ドイツ戦での決勝点のアシスト、準決勝スウェーデン戦での決勝点、決勝アメリカ戦での延長後半12分の同点ゴールの計5ゴール1アシストを記録し、日本サッカー史上初のW杯優勝に大きく貢献、自身も日本人初となるW杯での得点王MVPの二冠を達成した。

世界ランク一位のアメリカを決勝で下した試合によって、日本だけでなく,世界中のメディアが、ナデシコジャパンを賞賛する。英国のザ・タイムズ紙は、「鉄の意志のチーム」と表現する。ニューヨークタイムズ紙は「復興への希望の上に築かれた勝利で、大震災で打撃を受けた国を盛り上げた」と賞賛している。 また、アメリカチームを率いたスンダーゲ監督は、「私たちは今日、観客にいい試合を見せられた。PKにまで及んだこの決勝戦を、ずっと覚えていただけるのではないか」とコメントした。[8]

尚、メキシコ戦でのハットトリックは自身の国際Aマッチでの記録としては2001年12月4日のシンガポール戦以来およそ10年ぶりのハットトリックであった。

2011FIFA女子ワールドカップ優勝以降

2012年1月9日2011年度のFIFA年間表彰式にて男女を通じてアジア人では史上初となる「FIFA最優秀選手賞」を受賞した[9][10]。同月、全国のサッカー担当記者の投票によって選出される日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を、長友佑都香川真司らを抑え、女子選手としては初めて受賞した[11]

3月、ポルトガルで開催されたアルガルヴェ・カップ2012での遠征中に体調不良を訴え、帰国後検査を受け、「良性発作性頭位めまい症」と診断された[12]。以降、日韓女子リーグチャンピオンシップキリンチャレンジカップを欠場し、4月22日のなでしこリーグ第2節福岡J・アンクラス戦で実戦復帰を果たした。

病のことを聞きつけたアメリカ代表のエース・ストライカーで在米時代の元チームメイト、アビー・ワンバックは、まだウォーキングしかできない澤をキャンプ地の鹿児島まで訪れ、「絶対に克服できる。また五輪で戦おう。でも次はやられないよ」と激励し、感激で号泣した澤は、復活への勇気を得た[13]

2012年8月のロンドンオリンピックでは、決勝戦でアメリカに敗れるも、自身4度目のオリンピック出場で日本女子代表の史上初のメダル(銀メダル)獲得に貢献した。

語録

  • 「苦しい時は私の背中を見て」… 北京オリンピック、三位決定戦であるドイツ戦に臨む直前のミーティングで。
  • 「夢は見るものでなく、叶えるもの」… 座右の銘として度々、発言。

競技歴

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1991 読売サッカークラブ女子・ベレーザ 25 JLSL 13 5 -
1992 読売日本サッカークラブ
女子ベレーザ
14 20 3 -
1993 17 5 -
1994 読売西友ベレーザ 10 L・リーグ 17 11 -
1995 18 16 -
1996 17 14 -
1997 18 14
1998 読売ベレーザ 16 11
1999 NTVベレーザ 0 0 -
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1999 コロラド・デンバー・
ダイヤモンズ
Wリーグ
2000
2001 アトランタ・ビート 8 WUSA 19 3 - - 19 3
2002 21 7 - - 21 7
2003 15 3 - - 15 3
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2004 日テレ・ベレーザ 10 L・リーグ1部
(L1)
6 5 -
2005 21 16 - 5 3 26 19
2006 なでしこ Div.1 17 13 - 3 2 20 15
2007 20 6 2 0 4 5 26 11
2008 21 7 - 4 1 25 8
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009 ワシントン・フリーダム 10 WPS 20 3 - - 20 3
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2009 日テレ・ベレーザ 10 なでしこ 4 2 - 4 1 8 3
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010 ワシントン・フリーダム 10 WPS 21 3 - - 21 3
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 日テレ・ベレーザ 20 なでしこ - - 1 0 1 0
2011 INAC神戸レオネッサ 8 16 4 - 4 0 20 4
2012 17 2 4 0 3 0 24 2
2013 16 2 6 0 4 0 26 2
通算 日本 1部
アメリカ WPS 41 6 - - 41 6
アメリカ WUSA 55 13 - - 55 13
アメリカ Wリーグ
総通算

タイトル

東京都府中市役所に設置された垂れ幕

所属チーム

個人

表彰

  • 栄誉賞
    • 東京都栄誉賞 (2011年)
    • 都民スポーツ大賞 (2011年)
    • 府中市市民栄誉賞 (2011年、第1号)
    • 国民栄誉賞 (2011年、代表メンバーの一員として)

代表歴

出場大会

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1993 4 4
1994 6 1
1995 8 0
1996 10 3
1997 7 13
1998 10 4
1999 8 0
2000 1 1
2001 8 6
2002 8 5
2003 12 10
2004 8 2
2005 9 3
2006 17 7
2007 14 6
2008 15 7
2009 1 0
2010 15 3
2011 14 5
2012 10 1
2013 2 0
2014 8 1
通算 197 82

(2014年5月25日現在)[17]

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 1993年12月6日 マレーシアの旗 クチン フィリピンの旗 フィリピン ○ 15-0 1993 AFC女子選手権
2.
3.
4.
5. 1994年8月20日 スロバキアの旗 ドブニッツァ スロバキアの旗 スロバキア △ 2-2 スロバキア国際女子大会
6. 1996年7月10日 アメリカ合衆国の旗 フォートローダーデール オーストラリアの旗 オーストラリア △ 2-2 親善試合
7.
8. 1996年7月15日 スウェーデンの旗 スウェーデン ● 1-3
9. 1997年12月5日 中華人民共和国の旗 番禺 グアムの旗 グアム ○ 21-0 1997 AFC女子選手権
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16. 1997年12月7日 インドの旗 インド ○ 1-0
17. 1997年12月9日 香港の旗 香港 ○ 9-0
18.
19.
20. 1997年12月14日 中華人民共和国の旗 広州 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 2-0
21.
22. 1998年12月8日 タイ王国の旗 バンコク タイ王国の旗 タイ ○ 6-0 第13回アジア競技大会
23. 1998年12月12日 ベトナムの旗 ベトナム ○ 8-0
24.
25.
26. 2000年12月17日 アメリカ合衆国の旗 フェニックス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 1-1 日米フレンドリーマッチ
27. 2001年12月4日 チャイニーズタイペイの旗 台北 シンガポールの旗 シンガポール ○ 14-0 2001 AFC女子選手権
28.
29.
30.
31. 2001年12月8日 グアムの旗 グアム ○ 11-0
32.
33. 2002年4月9日 フランスの旗 ポワチエ カナダの旗 カナダ ○ 3-2 4ヶ国対抗戦
34.
35. 2002年10月4日 韓国の旗 昌原 ベトナムの旗 ベトナム ○ 3-0 第14回アジア競技大会
36. 2002年10月7日 韓国の旗 馬山 韓国の旗 韓国 ○ 1-0
37. 2002年10月9日 韓国の旗 昌原 中華人民共和国の旗 中国 △ 2-2
38. 2003年6月9日 タイ王国の旗 バンコク フィリピンの旗 フィリピン ○ 15-0 2003 AFC女子選手権
39. 2003年6月11日 グアムの旗 グアム ○ 7-0
40.
41. 2003年6月13日 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 7-0
42. 2003年6月15日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 5-0
43.
44. 2003年7月12日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||メキシコの旗 メキシコ||○ 2-0||2003 FIFA女子ワールドカップ・予選
45. 2003年9月21日 アメリカ合衆国の旗 コロンバス アルゼンチンの旗 アルゼンチン ○ 6-0 2003 FIFA女子ワールドカップ
46.
47. 2003年9月27日 アメリカ合衆国の旗 フォックスボロ カナダの旗 カナダ ● 1-3
48. 2004年4月18日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||ベトナムの旗 ベトナム||○ 7-0||アテネオリンピック・アジア最終予選
49. 2004年12月18日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ||○ 11-0||キリンチャレンジカップ2004
50. 2005年5月21日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||rowspan="2"|ニュージーランドの旗 ニュージーランド||rowspan="2"|○ 6-0||rowspan="2"|キリンチャレンジカップ2005
51.
52. 2005年5月28日 ロシアの旗 モスクワ ロシアの旗 ロシア ○ 2-0 親善試合
53. 2006年3月10日 イタリアの旗 マニョーネ スコットランドの旗 スコットランド ○ 4-0 親善試合
54. 2006年7月19日 オーストラリアの旗 アデレード ベトナムの旗 ベトナム ○ 5-0 2006 AFC女子アジアカップ
55.
56. 2006年7月21日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-1
57.
58. 2006年11月30日 カタールの旗 ドーハ ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 13-0 第15回アジア競技大会
59.
60. 2007年3月10日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||メキシコの旗 メキシコ||○ 2-0||2007 FIFA女子ワールドカップ・予選
61. 2007年4月7日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||ベトナムの旗 ベトナム||○ 2-0||rowspan="5"|北京オリンピック・アジア最終予選
62. 2007年4月15日 タイ王国の旗 バンコク タイ王国の旗 タイ ○ 4-0
63. 2007年6月3日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||韓国の旗 韓国||○ 6-1
64. 2007年8月4日 ベトナムの旗 ハイフォン ベトナムの旗 ベトナム ○ 8-0
65. 2007年8月12日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||タイ王国の旗 タイ||○ 5-0
66. 2008年2月18日 中華人民共和国の旗 重慶 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 ○ 3-2 東アジアサッカー選手権2008
67. 2008年6月5日 ベトナムの旗 ホーチミン 中華人民共和国の旗 中国 ● 1-3 2008 AFC女子アジアカップ
68. 2008年6月8日 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-0
69. 2008年7月24日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 神戸||オーストラリアの旗 オーストラリア||○ 3-0||親善試合
70. 2008年8月6日 中華人民共和国の旗 秦皇島 ニュージーランドの旗 ニュージーランド △ 2-2 北京オリンピック
71. 2008年8月12日 中華人民共和国の旗 上海 ノルウェーの旗 ノルウェー ○ 5-1
72. 2008年8月15日 中華人民共和国の旗 秦皇島 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-0
73. 2010年5月20日 中華人民共和国の旗 成都 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 8-0 2010 AFC女子アジアカップ
74.
75. 2010年5月30日 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-0
76. 2011年7月1日 ドイツの旗 レバークーゼン メキシコの旗 メキシコ ○ 4-0 2011 FIFA女子ワールドカップ
77.
78.
79. 2011年7月13日 ドイツの旗 フランクフルト スウェーデンの旗 スウェーデン ○ 3-1
80. 2011年7月17日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 2-2(PK 3-1)
81. 2012年7月11日 日本 企画プロデュース:佐谷秀美の旗 東京||オーストラリアの旗 オーストラリア||○ 3-0||キリンチャレンジカップ2012
82. 2014年5月22日 ベトナムの旗 ホーチミン 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-1 2014 AFC女子アジアカップ

著書

脚注

  1. ^ オリンピック / アテネ2004 / 日本代表選手団 / サッカー / 澤 穂希”. 日本オリンピック委員会公式サイト. 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ 文芸春秋2011年9月号澤穗希
  3. ^ 文芸春秋2011年9月号P166
  4. ^ 2002 FIFAワールドカップ™10周年 メモリアルウェブサイト”. 日本サッカー協会. 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ 松原渓 (2010年11月12日). “【なでしこジャパン】澤穂希「アジア大会でリベンジを」。記録を更新し続ける偉大なるレジェンド”. Sportiva. 2013年5月21日閲覧。
  6. ^ “米プロリーグの沢、荒川が古巣日テレ復帰”. 日刊スポーツ. (2009年8月21日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090821-533832.html 2013年5月21日閲覧。 
  7. ^ 日テレ・ベレーザ選手移籍のお知らせ”. 日テレ・ベレーザ公式サイト (2011年1月5日). 2013年5月21日閲覧。
  8. ^ 文芸春秋2011年9月号「澤穂希」
  9. ^ FIFA Ballon d'Or: Homare Sawa”. FIFA.com (2012年1月9日). 2013年5月21日閲覧。
  10. ^ FIFAバロンドール2011 澤穂希選手がFIFA女子年間最優秀選手賞を受賞”. 日本サッカー協会 (2012年1月10日). 2013年5月21日閲覧。
  11. ^ “沢が長友、香川抑え年間MVP 女性で初”. 日刊スポーツ. (2012年1月27日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120127-895617.html 2013年5月21日閲覧。 
  12. ^ “沢「良性発作性頭位めまい症」”. 日刊スポーツ. (2012年3月12日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120312-916419.html 2013年5月21日閲覧。 
  13. ^ 『スポーツ報知』2012年8月9日付
  14. ^ なでしこ8強沢は釜本抜き78発 日刊スポーツ 2011年7月2日付
  15. ^ 澤のハットトリックが女子W杯の史上最年長記録に/女子W杯 SOCCERKING 2011年7月2日付
  16. ^ なでしこ世界一! 沢がMVP/女子W杯 日刊スポーツ 2011年7月18日閲覧
  17. ^ 日本サッカー協会が、1993 AFC女子選手権準決勝での対中華人民共和国戦で途中出場した記録を記載漏れしていたため、2013年9月21日に訂正を行った。澤の代表キャップ、加算忘れで188に訂正 日刊スポーツ 2013年9月21日閲覧

外部リンク