藤本つかさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじもと つかさ
藤本 つかさ
プロフィール
愛称 つっか
生年月日 1983年7月30日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本宮城県利府町
血液型 AB型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 158 cm / 47 kg
BMI 18.8
スリーサイズ 83 - 57 - 84 cm
活動
他の活動 女優・フットサル選手・プロレスラー
モデル: テンプレート - カテゴリ
藤本 つかさ
藤本 つかさの画像
プロフィール
リングネーム 藤本 つかさ
本名 同じ
ニックネーム 飛翔天女二世
身長 158cm
体重 47kg
誕生日 1983年7月30日(30歳)
出身地 宮城県利府町
所属 アイスリボン
スポーツ歴 フットサル
トレーナー さくらえみ
豊田真奈美
デビュー 2008年8月23日
テンプレートを表示

藤本 つかさ(ふじもと つかさ、1983年7月30日 - )は、日本女優プロレスラー宮城県利府町出身。エクセリング所属、レスラーとしてはアイスリボン所属。

人物[編集]

  • 愛称は「つっか
  • 新潟県中越地震の際には、学校が福祉関係ということもあり、2週間のボランティア活動に参加する。
  • 宮城県宮城野高等学校[1]出身。2006年3月に東北福祉大学を卒業。大学では教育を専攻していた。2005年6月には出身中学校にて3週間の教育実習を受けた。中学・高校の社会科教員免許、養護学校教員免許、図書館司書免許などを取得している。
  • 他団体の大会で豊田真奈美と試合して以降、豊田と絡む機会が多くなった上に、豊田本人からの高い評価を得たことで、「飛翔天女二世」と呼ばれることとなる。
  • 軽量ながら抜群の身体能力を持ち、アイスリボンのエースとして活躍。また志田光とのタッグチーム「マッスルビーナス」ではタッグ王座も獲得した。
  • 自らが中心となって被災地キャラバンを企画・実現し、また早くから仙台での興行(「仙台リボン」)を提唱するなど、アイスリボン内ではさくらえみに次ぐリーダー的存在でもある。さくらのアイス退団が明らかになった際には会社から「団体の解散」か「プロレスに割く時間を増やすか」を問われ、後者を選択して解散は免れた。以降は選手代表の立場で団体を牽引。
  • 2012年からは所属のアイスリボンと並行してプロレスリングWAVEにもレギュラー参戦。WAVEでは大畠美咲紫雷美央と「クローズ」を組みヒールに転じる。コスチュームも美央がデザインした黒を基調としたものを着用し、サッカーボール凶器として使用する。
  • 北海道のローカルインディー団体「北都プロレス」に参戦した際、同団体の代表兼レフェリーのクレイン中條から「ピップ藤本」のニックネームを付けられた。
  • 田村欣子からは間違えて「つかもと」と呼ばれたことがあり、その田村のNEOにおける後輩である飯田美花からも同じ間違いをされてしまった[2]

来歴[編集]

プロレスラーデビューまで
2009年
2010年
2011年
  • 「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」にJWPの新人masu-meと組んで参戦。タッグチーム名は「キューティーペア」。キューティーペアはアイスリボンにも登場している。
  • 6月5日、プラムズハート岩沼チャリティー興行に参戦。
  • 7月4日~7日、東日本大震災被災地を回る被災地キャラバンを主催。
  • 7月24日、OZアカデミー初参戦。同い年ながらキャリアでは1年後輩の小松奈央にビーナスシュートで勝利。
  • 7月30日、アメリカ・CHIKARAプロレス初参戦。
  • 8月21日、後楽園ホール大会「不思議の国のアイス2011」にてみなみ飛香に敗れ、8度目の防衛戦にしてICE×60王座を失冠。
  • 10月8日・9日、イギリス・ノッティンガムでのプロレスリングEVEとの対抗戦にアイスリボン代表の一員として出場。
  • 11月19日、アイスリボン道場マッチにてみなみ飛香の持つICE×60王座に挑戦し勝利。タイトルを奪回し第13代王者となる。
  • 12月25日、後楽園ホール大会で志田光に敗れICE×60王座失冠。
2012年
  • 1月7日、初の仙台大会「仙台リボン」を開催し、マッチメイクも任される。自身はメインで豊田真奈美とシングルも敗戦。
  • 2月1日、プロレスリングWAVE初参戦。フリー時代にアイスリボン常連参戦していた植松寿絵と対戦し、敗戦。
  • 2月5日、横浜ラジアントホール大会で、つくしとのタッグ「ドロップキッカーズ」で、志田光&成宮真希が持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦し勝利、第23代王者となる。
  • 5月5日、後楽園ホール大会「GOLDEN RIBBON 2012」に、大会前に脱臼した右ひじの負傷が癒えぬまま強行出場。ハッピーメーカーズ(希月あおい&帯広さやか)とのインターナショナル・リボンタッグ王座防衛戦を行うが、自らが帯広にフォールされてしまい王座失冠。
  • 5月25日、第2回 19 O'clock girls tournamentの決勝で雫あき(現:雫有希)を破り、優勝。IW19王座への挑戦権を得る。
  • 6月1日、19時女子プロレス第118戦でくるみの持つIW19王座に挑戦。試合途中で王者のリング外での飛び技を受けた際に右足首を負傷。これにつけこんだ王者の一点集中攻めに苦心するも凌ぎ切り、ツカドーラで丸め込み王座獲得。団体の主要タイトルが4つになってから初のグランドスラムを達成する。
  • 6月9日、REINA×WORLD新宿FACE大会にて、志田光とのタッグでREINA世界タッグ王者決定トーナメントに優勝し、王座獲得。
  • 6月13日、この日の道場マッチで、松本浩代がバナナの皮で滑って転んだところを藤本が抑え込んでフォール。第912代アイアンマンヘビーメタル級王者となる。
  • 6月17日、ハッピーメーカーズからインターナショナル・リボンタッグ王座のリターンマッチを要求されていたドロップキッカーズが、この日の北沢タウンホール大会で挑戦。王座奪還に成功し第25代王者となる(同時にアイアンマン王座も防衛)。この時点でシングル、タッグ、アイアンマンを合わせて四冠。
  • 9月25日、プロレスリングWAVEのタッグリーグ「DUAL SHOCK WAVE2012」に同郷の大畠美咲との「マックロコロスケ」でエントリー。初戦は浜田文子&華名「戦慄の女王」と両者リングアウト引き分け。
  • 11月16日、WAVE新木場大会、決勝まで進み渋谷シュウ&朱里「奇跡の隣人」と対戦、渋谷をビーナスシュートで仕留めタッグリーグ優勝。
  • 11月27日、後楽園ホールで行われたWAVE&AAA合同興行でGAMI&中川ともか「ハタナカヨウコ」が持つWAVE認定タッグ王座に挑戦し、大畠がGAMIをブルーダリアで丸め込み、タッグ王座獲得。
  • 12月16日、Regina di WAVE王座決定トーナメント出場枠をかけた人気・運・実力で競う「ZAN1」で263ポイントを獲得し5位にランクイン(1位は374ポイントを集めた大畠美咲)。人気投票では263票を集め2位だった(1位は271票を集めた紫雷美央)。
2013年
  • 6月22日、アイスリボン名古屋大会後イベント(スポルティーバアリーナ)にて。星ハム子の持つIW19王座に挑戦して勝利し、第10代王者となる。
  • 7月14日、アイスリボン新宿FACE大会にて、ICE×60王者つくしとダブルタイトルマッチを行い勝利。第18代ICE×60王者となり、その場で60キロという体重制限を撤廃することを宣言。挑戦者に豊田真奈美を指名するとともに、IW19王座を封印。
  • 8月25日、アイスリボン後楽園ホール大会「不思議の国のアイス2013」にて豊田真奈美を相手にICE×∞(インフィニティ)王座防衛戦を戦い、豊田の技であるクインビーボムで勝利し、防衛に成功。かつて豊田が北斗晶の技であるノーザンライトボムで北斗超えを果たした1995年9月2日全女・日本武道館大会にヒントを得たという。
  • 12月15日、「ZAN1」で326ポイントを獲得し前年を上回る4位にランクイン。
2014年
  • 1月19日、久方ぶりのJWP参戦で中島安里紗とタッグながら初対決(パートナーは阿部幸江、中島のパートナーは春山香代子)。
  • 2月15日、2度目の仙台リボン開催。記録的な雪に見舞われながらも興行は大成功した。

タイトル歴[編集]

ICE×∞(60)王座
第5代 - 2010年1月4日、新木場大会にて、さくらえみから奪取
第11代 - 2010年12月26日、後楽園ホール大会にて、コマンド・ボリショイから奪取
第13代 - 2011年11月19日、イサミレッスル武闘館大会にて、みなみ飛香から奪取
第18代 - 2013年7月14日、新宿FACE大会にて、つくしから奪取
トライアングルリボン王座
第5代 - 2010年12月11日、イサミレッスル武闘館大会にて、しもうま和美から奪取
第6代 - 2011年3月5日、イサミレッスル武闘館大会にて、志田光真琴との王座決定戦を制し戴冠
インターナショナル・リボンタッグ王座
第13代、2010年12月23日、イサミレッスル武闘館大会にて、王者決定トーナメントに優勝して獲得。パートナーは志田光
第23代、2012年2月5日、横浜ラジアントホールにて、志田光&成宮真希組から奪取。パートナーはつくし
第28代、2012年11月25日、名古屋クラブダイアモンドホールにてつくし&くるみ組から奪取。パートナーは志田光。
インターネットシングル王座
第7代、2012年6月1日、19時女子プロレス第118戦にて、くるみから奪取
第10代、2013年6月22日、アイスリボン名古屋スポルティーバアリーナ大会後イベントにて、星ハム子から奪取
REINA世界タッグ王座
第4代、2012年6月9日、REINA×WORLD新宿FACE大会にて、王者決定トーナメントに優勝して獲得。パートナーは志田光
アイアンマンヘビーメタル級王座
第912代、2012年6月13日、レッスル武闘館大会にて、松本浩代から奪取(バナナの皮で滑って転んだところを押え込み)
WAVE認定タッグ王座
第4代、2012年11月27日、プロレスリングWAVEAAA後楽園ホール大会にて、GAMI&中川ともか組から奪取。パートナーは大畠美咲

得意技[編集]

ドロップキック
完成度が高く、フィニッシュ技となることもある。GENTAROからは「銭の取れるドロップキック」と称賛されている。
ミサイルキック
ツカドーラ
カサドーラの入りから、相手の脚の外側を通って後方へ回り込んでの回転エビ固め
ローリングカサドーラ
カサドーラを決めた体勢からダイヤル固めのように回転する。
エース・クラッシャー
田村欣子から伝承。
619
サッカーボールキック
PK
三角跳び式ボディアタック
スカイラブハリケーン
キャプテン翼』に登場するツープラトン技。仰向けになったパートナーの足を発射台にして高く飛び上がり攻撃する。タニー・マウスキン肉マン技に対抗するため編み出された。
クロスフェース
極楽固め
膝十字固め
ショーンキャプチャー
飛付き式膝十字固め。
プランチャ・スイシーダ
ウラカン・ラナ
延髄斬り
延髄斬り
ビーナスシュート
リングのコーナー(市ヶ谷では会場の壁)を使った三角跳び式延髄斬り。現在のフィニッシュホールド。
ビーナススクリュー
横回転式ヨシタニック。
ビーナスクラッチ
サムソンクラッチで丸め込んで、相手の両足を自分の足でロックする。別名「クワガタ固め」。
ダイビング・ローリング・ネックブリーカードロップ

入場テーマ曲[編集]

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 劇団コラソン「リスペクト」 (2012年12月13日~15日、アイスリボン道場)
  • エクセリング「バイオハザードカフェで朝食を」 (2013年2月5日~10日、俳優座劇場)

テレビ[編集]

インターネットドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM・キャンペーン[編集]

作品[編集]

イメージビデオ・DVD[編集]

出版[編集]

書籍[編集]

  • 新卒プロレス-リングに就職した大学生たち (2013年、著・泉井 弘之介、山近 義幸、ザメディアジョン

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Twitter(2013年5月21日)
  2. ^ 【結果】アイスリボン2・5蕨 - RINGSTARS 2011年2月5日
  3. ^ この時点ではインターネットシングル王座が創設されていないため、アイスリボン管理のタイトルはICE×60王座、インターナショナル・リボンタッグ王座、トライアングルリボン王座の3つ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]