和月伸宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和月 伸宏
生誕 1970年5月26日(44歳)[1]
日本の旗 日本 東京都[1]新潟県長岡市〈旧越路町〉育ち)
国籍 日本
活動期間 1987年(昭和62年) -
ジャンル 少年漫画
代表作 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
武装錬金
受賞 第33回手塚賞佳作(「ティーチャー・ポン」)
テンプレートを表示

和月 伸宏(わつき のぶひろ、1970年5月26日[1] - )は日本漫画家イラストレーター東京都生まれの新潟県長岡市(旧越路町)育ち[1]。血液型はA型[1]

週刊少年ジャンプ』で『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』、『武装錬金』などを連載。現在は『ジャンプスクエア』で活動。妻は小説家黒碕薫[2]

略歴[編集]

1987年新潟県立長岡高等学校在学中に「ティーチャー・ポン」で第33回手塚賞佳作を受賞しデビュー。同期受賞者に出口竜正がいる。高校卒業後上京し、次原隆二高橋陽一小畑健[3]らのアシスタントを務める[4]

1994年、『週刊少年ジャンプ』に「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」を連載。1996年テレビアニメ化された。

2001年、『週刊少年ジャンプ』に「GUN BLAZE WEST」を連載。

2003年、『週刊少年ジャンプ』に「武装錬金」を連載。2006年にテレビアニメ化された。

2007年、『ジャンプスクエア』にて「エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-」を連載。

作風[編集]

対戦型格闘ゲームサムライスピリッツ』シリーズ (SNK) のファンであり[5]、『るろうに剣心』にも影響を受けている(サムライスピリッツの風間火月の影響を受けた戌亥番神など。特に牙神幻十郎に強い思い入れがあり、維新志士時代の志々雄真実の風貌や斎藤一の牙突のポーズや台詞各所でインスパイアを受けている)[6]。この縁により後年、『サムライスピリッツ零』における、一部のキャラクターデザインを担当することとなった。また、アメリカン・コミックスのファンであり、それをモチーフにしたキャラクターデザイン(『X-メン』シリーズのアポカリプスと『るろうに剣心』の鯨波兵庫など。単行本の『登場人物製作秘話』より)も多い。

単行本の余剰ページに、登場人物のデザインやモチーフなどを詳細に記述したおまけをつける。関係者からは少々苦い顔をされつつも[7]「読者サービスと作品へのより深い理解を兼ねたものである」と語っている[8]

エンタテイメントの基本は笑顔とハッピーエンド」という持論を持っている。『るろうに剣心』の後半の展開に関して、ヒロインの神谷薫を殺すかどうかで悩んだが、「薫が死んだら、心からの笑顔もハッピーエンドもなくなってしまう」という理由で彼女を生存させる展開にしたという[9]

作品にはすべて、自分の名前が入った捺印を押している。この印は『るろうに剣心』の連載が始まった際、当時友人だった妻が中国旅行のときに祝いにと作ってきてくれたもの。和月はこれを「世界で一つしかなく、自分の漫画家人生に欠かせない大事なもの。もしもこれを無くしたら漫画家を辞めろということではないのか?」かと語っている[10]

趣味[編集]

一番好きな漫画は『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。その他影響を受けた作品として『ドラえもん』・『パーマン』(藤子・F・不二雄)・『タッチ』(あだち充)・『ウイングマン』(桂正和)・『エイリアン通り』・『CIPHER』(成田美名子)・小畑健の一連の作品・『ジョジョの奇妙な冒険』 (荒木飛呂彦)・『幽☆遊☆白書』(冨樫義博)を挙げている[3]

テレビアニメではアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』にも一時期影響を受けており、『るろうに剣心』の作中で『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物をモチーフにしたキャラクターを登場させている(雪代巴など)。旧劇場版については、キャラクターに愛情を持たない人が作った作品等と批判的であった。

アクションゲームが好きで『バーチャロン』や『ライジング ザン』にハマっていたこともある。バーチャロンに関しては『るろうに剣心』(IN THE BLUE SKY)『武装錬金』(FADE TO BLACK)で、ゲーム中に使われているBGMの名前を拝借してサブタイトルに使ったことがある。ただし、ゲーム操作そのものは、CPU相手でも苦戦する等あまり強くないようである。ヘビーユーザー向けに強くなりすぎたゲームにも、ゲーム初心者の立場から苦言を呈したことがある。現在は以前ほどゲームをすることがなくなったと『るろうに剣心』の完全版の付録で語っている。

ロックバンド・アンジーのファンで、ヴォーカルの水戸華之介をデザインモチーフにしたキャラクターを『るろうに剣心』に登場させている(悠久山安慈)。また大槻ケンヂおよびその所属バンド筋肉少女帯のファンでもあり、作中にも影響が多く見られる。『メテオストライク』では作中でラジオから筋肉少女帯の楽曲名が流れており、『武装錬金』では作中の台詞や用語に大槻の小説『ステーシー 少女ゾンビ再殺談』や筋肉少女帯の歌詞フレーズ、曲名、大槻に関係したバンドの名前などが多く引用されている。[要出典]

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

読切[編集]

  • 北陸幽霊小話(『ホップ★ステップ賞SELECTION』6巻に収録)
  • 戦国の三日月(『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』6巻、同作完全版10巻に収録)
  • るろうに -明治剣客浪漫譚-(『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』1巻および3巻、同作完全版1巻および3巻に収録)
  • 弥彦の逆刃刀(『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』完全版22巻に収録)
  • メテオストライク(『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』28巻に収録)
  • 春に桜(『剣心華伝』に描き下ろし収録、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』完全版22巻に収録)
  • エンバーミング-DEAD BODY and BRIDE-(『武装錬金』10巻に収録)
  • エンバーミングII-DEAD BODY and LOVER-(週刊少年ジャンプ増刊『ジャンプ the REVOLUTION!』2006年11月1日増刊号に掲載)
  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕(週刊少年ジャンプ2012年38号)

ゲームキャラクターデザイン[編集]

イラスト[編集]

関連書籍[編集]

関連人物[編集]

師匠[編集]

次原隆二
アシスタントに入り、心構えを教わる[4]
高橋陽一
前にアシスタントに入り、基本技術を教わる[4]
小畑健
小畑が手塚賞準入選をとった時の総評から当初はライバルとして設定していたが、『CYBORGじいちゃんG』を読んだことをきっかけとして心の師匠と仰ぐ。『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(1991年 - 1992年)と『力人伝説 -鬼を継ぐもの-』(1992年 - 1993年)の2作品に参加。一番好きな作家に小畑を、影響を受けた作品に「小畑健先生の一連の作品」を挙げている[3][4]
梅澤春人
HARELUYA』(1992年)にアシスタントとして参加[4]

アシスタント[編集]

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』時代のアシスタントから人気作家を輩出し、その結束力の高さもあって「和月組」と呼ばれている(もっとも和月本人はこの呼び方を嫌っている〔安西信行の同人誌での寄稿文章より〕)。彼らがアシスタントを離れた後にも単行本の作者コメントにその名前がしばしば見える。本人は彼らの師匠というより仲間であると思っており、『週刊少年ジャンプ』の巻末コメントなどでも、かつてのアシスタントを「○○先生」と呼んでいる。

その他[編集]

黒碕薫
小説家で和月の妻[2]。『武装錬金』『エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』にストーリー協力として参加。2作発表された『武装錬金』や『るろうに剣心』のノベライズの執筆も担当している。また実写映画『るろうに剣心』の脚本協力をしている(小説『るろうに剣心 -銀幕草紙変-』はその際用意した脚本を小説化したもの)。
佐々木尚
編集者。初投稿の時から和月の担当を務め、『るろうに剣心』の担当編集を務める[12]。後に茨木政彦の後を継ぎ『週刊少年ジャンプ』9代目の編集長に就任している。

参考文献[編集]

  • 「るろうに秘話 〜『るろうに剣心』原作者・和月伸宏インタビュー〜」『剣心秘伝』185 - 191頁
  • 「和月伸宏インタビュー・真」『剣心華伝』144 - 147頁

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『剣心秘伝』185頁
  2. ^ a b 和月伸宏「和月伸宏先生激闘浪漫インタビュー」『オトナファミ』2011年4月号(No.30)エンターブレイン、2011年2月19日発売、64頁
  3. ^ a b c 『剣心秘伝』186 - 187頁
  4. ^ a b c d e 『剣心華伝』144 - 145頁
  5. ^ 『剣心秘伝』189-190頁
  6. ^ 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 22巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1998年9月、ISBN 978-4-08-872601-4
  7. ^ 和月伸宏「キャラクターファイル #01 ビュー=バンズ」『GUN BLAZE WEST 2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉2001年9月9日初版発行、ISBN 978-4-08-873163-6、26頁
  8. ^ 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 9巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1996年2月、ISBN 978-4-08-871509-4
  9. ^ 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1999年2月、ISBN 978-4-08-872668-5
  10. ^ 『オトナファミ』2012年NO.48、58-59ページ。
  11. ^ a b c d e 『剣心華伝』54頁
  12. ^ 『剣心華伝』144頁