鳩彦王妃允子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳩彦王妃允子内親王
朝香宮
HIH Asaka Nobuko.jpg
続柄 明治天皇第八皇女
称号 富美宮(ふみのみや)
身位 内親王王妃
出生 1891年8月7日
死去 1933年11月3日
配偶者 朝香宮鳩彦王
子女 孚彦王
正彦王
紀久子女王
湛子女王
父親 明治天皇
母親 園祥子
テンプレートを表示

鳩彦王妃允子内親王(やすひこおうひ のぶこないしんのう、1891年明治24年)8月7日 - 1933年昭和8年)11月3日)は、日本皇族で、朝香宮鳩彦王の妃。明治天皇の第八皇女。母は権典侍園祥子。旧名、富美宮允子内親王(ふみのみや のぶこないしんのう)。

人物[編集]

1910年(明治43年)5月5日に勲一等宝冠章受章、同年朝香宮鳩彦王と結婚する。鳩彦王との間に孚彦王正彦王紀久子女王湛子女王を儲ける。1933年薨去。墓所は豊島岡墓地

1919年大正11年)、夫が留学先のパリでの自動車事故で重傷を負った。この時に運転をしていたのは北白川宮成久王で、成久王は即死、同乗していた実姉成久王妃房子内親王も重傷を負った。東京にいた允子妃も急遽パリに向かうこととなる。その後、夫の静養に同行するとの名目で2年間パリに滞在。そのころ流行していたアール・デコへの造詣を深め、日本帰国後にアール・デコ仕様の新宮邸を建設するのに尽力したが、竣工のわずか1年後に腎臓病のため急逝した。この宮邸が現在の東京都庭園美術館である。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7450号、「叙任及辞令」1908年04月30日。

外部リンク[編集]