島津貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清宮貴子内親王
Crown Prince Akihito & Princess Takako1950-9.jpg
1950年(昭和25年)、兄・明仁親王(当時)とともに
続柄 昭和天皇第五皇女(今上天皇妹)
称号 清宮(すがのみや)
身位 内親王 →降嫁
敬称 殿下 →降嫁
お印
出生 1939年3月2日(75歳)
日本の旗 日本 東京府
配偶者 島津久永
子女 島津禎久
父親 昭和天皇
母親 香淳皇后
テンプレートを表示


島津 貴子(しまづ たかこ、1939年昭和14年)3月2日 - )は、日本の元皇族昭和天皇香淳皇后の第五皇女。旧名、清宮貴子内親王(すがのみや たかこないしんのう)。

今上天皇常陸宮正仁親王の妹にあたる。勲等勲一等

略歴[編集]

学習院大学文学部イギリス文学科在学中の1960年(昭和35年)3月10日日本輸出入銀行員で香淳皇后の従兄弟、そして長兄・明仁親王の学友でもあった島津久永と結婚し皇籍を離脱。大学は中退した。ペレス・プラード楽団のファンであったことが知られ、同楽団はご成婚の折に「プリンセス・スガ」という曲を作っている。

結婚会見での明るい様子が新しい時代を感じさせるもので、今なお名会見と言われる。またこの直前の誕生日会見の際の「私の選んだ人を見て下さって…」は当時の流行語となり、この言葉をきっかけに恋愛結婚が増えるようになった[1]。結婚後は世田谷区の新居に野次馬が詰めかけるなどブームを作った。

1963年(昭和38年)10月26日、貴子を誘拐し身代金5千万円を要求しようとした男が逮捕される「島津貴子誘拐未遂事件」が発生(同年11月21日までに犯人グループは逮捕)。

1964年(昭和39年)4月29日に勲一等宝冠章受章。夫の島津久永は、薩摩藩12代藩主島津忠義の孫で日向佐土原藩主家の第14代当主である島津久範伯爵の次男。久永との間に長男でカメラマン禎久がいる。

結婚後も派手な言動に関しメディアで批判されもしたが、インテリアコーディネーターの資格を取り、1969年(昭和44年)、プリンスホテル内のショッピングモール「ピサ」に勤務した折には「皇族初の民間企業への就職」ということで話題になった[2]

1970年(昭和45年)に開催された大阪万博では、開会式・閉会式のテレビで司会を務める等、タレントとしても活動した。

2005年(平成17年)11月15日今上天皇の第一皇女・紀宮清子内親王の結婚の際、直近の内親王の“降嫁”の例として、また皇室出身らしからぬトークの歯切れのよさから複数のメディアに出演した。

健在の昭和天皇の皇女(内親王)は姉の池田厚子と彼女のみであるが、神宮祭主の姉に比べるとメディアの露出も多く、民間企業(名誉職とは言えプリンスホテルの取締役)で働く彼女は『異色の皇女』と呼ばれる。

逸話[編集]

  • 久永の父に当たる島津久範伯爵は、香淳皇后の母方の叔父である。
  • 愛称の「おスタちゃん」は清宮貴子(がのみや かこ)の称号と名前の最初の一文字をそれぞれ取ったものである。
  • 若いころ、大江健三郎と対談したことがあり、大江『世界の若者たち』(新潮社、1962)に収録されている。大江が「ぼくは天皇家にやつあたりしているでしょうか」と言うと、島津は「たいへんなやつあたりよ、ウフ」と答えている。

系譜[編集]

貴子内親王 父:
昭和天皇
祖父:
大正天皇
曾祖父:
明治天皇
曾祖母:
柳原愛子
祖母:
貞明皇后
曾祖父:
九条道孝
曾祖母:
野間幾子
母:
香淳皇后
祖父:
邦彦王(久邇宮)
曾祖父:
朝彦親王久邇宮
曾祖母:
泉萬喜子
祖母:
俔子
曾祖父:
島津忠義
曾祖母:
山崎寿満子

脚注[編集]

  1. ^ 無論、久永と貴子の婚姻は香淳皇后(母方が島津家)や宮内庁のお膳立てによるもので、完全な恋愛結婚とは言えない。ただし、香淳皇后は娘たちのお見合いやデートには積極的に賛成していた。
  2. ^ 実際は非常勤の顧問で、プリンス側が設けた名誉職に近い。1989年から2005年までプリンスホテル取締役。2005年プリンスホテルインテリアアドヴァイザーに就任。