歌会始

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1950年頃、宮中歌会始

歌会始(うたかいはじめ)は、和歌(短歌)を披露しあう「歌会」で、その年の始めに行うものを指す。現在では、年頭に行われる宮中での「歌会始の儀」が特に有名。

概要[編集]

元々は、上代にて皇族・貴族等が集い和歌(短歌)を披露しあう「歌会」で、その年の始めに行うものを指す。

今日では宮中歌会始(後述)の他に、京都冷泉家公家の流れを汲む)で行なわれているものが有名である。冷泉家では、狩衣などの平安装束を身にまとい、数十名が集って行なわれるもので、京都の風物詩として、毎年マスコミ報道[1]、古文教科書(資料集)で紹介される。

この他に、一般の和歌教室(短歌会)で、講師や生徒が年始に歌を披露しあう集いを「歌会始」と呼ぶところもある。

宮中歌会始[編集]

歴史[編集]

起源は必ずしも明らかではないが、鎌倉中期には、『外記日記』に亀山天皇期の文永4年(1267年)1月15日に宮中で「内裏御会始」という歌会が行われたと記録されている。ただし、当時は作文始御遊始(管弦)と合わせた一連の行事として捉えられて御会始と呼ばれており、1日のうちに3つを行うのが通例と考えられていた。また年始に限らず、天皇や治天の君の執政開始後に開催される場合もあった。ただし、御会始そのものは室町時代に中絶しており、『晴和歌御会作法故実』(著者不明であるが、霊元上皇書写の国立歴史民俗博物館所蔵本がある)という書物によれば、後円融天皇永和年間の和歌御会始を模範として後柏原天皇明応10年(文亀元年/1501年)正月の月次歌会を独立した儀式として執り行ったことが記されており、これが歌会始の直接的起源であると考えられている[2]江戸時代からはほぼ毎年開催され、少しずつ変化をしながら現在に至る。

明治7年(1874年)、一般国民からの詠進も広く認められるようになり、明治15年(1882年)以降は、天皇の御製や一般の詠進歌が新聞などで発表されるようになった。詠進歌の選考は宮内省に置かれた御歌所が行なった。

昭和22年(1947年)より、現在のように皇族のみならず国民からも和歌を募集し、在野の著名な歌人(選者)に委嘱して選歌の選考がなされるようになった。それにともない、勅題も平易なものになった。これにより、上流社会の行事から一般の国民が参加できる文化行事へと変化を遂げた。現在では、テレビ放映も行なわれている。応募方法も郵便だけではなく、目の不自由な者の為に点字や、インターネットでの応募も可能である。

勅題一覧[編集]

明治・大正時代[編集]

明治時代
明治2年(1869年 春風来海上
明治3年(1870年 春来日暖
明治4年(1871年 貴賤春迎
明治5年(1872年 風光日々新
明治6年(1873年 新年祝道
明治7年(1874年 迎年言志
明治8年(1875年 都鄙迎年
明治9年(1876年 新年望山
明治10年(1877年 松不改色
明治11年(1878年 鴬入新年語
明治12年(1879年 年新年祝言
明治13年(1880年 庭上鶴馴
明治14年(1881年 竹有佳色
明治15年(1882年 河水久澄
明治16年(1883年 四海清
明治17年(1884年 年晴天鶴
明治18年(1885年 雪中早梅
明治19年(1886年 緑竹年久
明治20年(1887年 池水浪静
明治21年(1888年 雪埋松
明治22年(1889年 水石契久
明治23年(1890年 寄国祝
明治24年(1891年 社頭祈世
明治25年(1892年 日出山
明治26年(1893年 巌上亀
明治27年(1894年 梅花先春
明治28年(1895年 (寄海祝)
※日清戦争中[3]のため中止
明治29年(1896年 寄山祝
明治30年(1897年 (松影映水)
英照皇太后崩御のため中止
明治31年(1898年 (新年雪)
※英照皇太后喪中のため中止
明治32年(1899年 田家煙
明治33年(1900年 松上鶴
明治34年(1901年 雪中竹
明治35年(1902年 新年梅
明治36年(1903年 新年海
明治37年(1904年 巌上松
明治38年(1905年 新年山
明治39年(1906年 新年河
明治40年(1907年 新年松
明治41年(1908年 社頭松
明治42年(1909年 雪中松
明治43年(1910年 新年雪
明治44年(1911年 寒月照梅花
明治45年(1912年 松上鶴
大正時代
大正2年(1913年 明治天皇喪中につき中止
大正3年(1914年 社頭杉
大正4年(1915年 昭憲皇太后喪中につき中止
大正5年(1916年 寄国麗
大正6年(1917年 遠山雪
大正7年(1918年 海辺松
大正8年(1919年 朝晴雪
大正9年(1920年 田家早梅
大正10年(1921年 社頭暁
大正11年(1922年 旭光照波
大正12年(1923年 暁山雲
大正13年(1924年 新年言志
大正14年(1925年 山色連天
大正15年(1926年 河水清

昭和時代[編集]

昭和時代(1)
昭和2年(1927年 大正天皇喪中につき中止
昭和3年(1928年 山色新
昭和4年(1929年 田家朝
昭和5年(1930年 海邊巖
昭和6年(1931年 社頭雪
昭和7年(1932年 暁鷄聲
昭和8年(1933年 朝海
昭和9年(1934年 朝香宮妃喪中につき中止
昭和10年(1935年 池邊鶴
昭和11年(1936年 海上雲遠
昭和12年(1937年 田家雪
昭和13年(1938年 神苑朝
昭和14年(1939年 朝陽映島
昭和15年(1940年 迎年祈世
昭和16年(1941年 漁村曙
昭和17年(1942年 連峯雲
昭和18年(1943年 農村新年
昭和19年(1944年 海上日出
※昭和天皇体調不良のため、歌会のみ中止
昭和20年(1945年 社頭寒梅
昭和21年(1946年 松上雪
昭和時代(2)
昭和22年(1947年 あけぼの
昭和23年(1948年 春山
昭和24年(1949年 朝雪
昭和25年(1950年 若草
昭和26年(1951年 朝空
昭和27年(1952年 貞明皇后喪中につき中止
昭和28年(1953年 船出
昭和29年(1954年
昭和30年(1955年
昭和31年(1956年 早春
昭和32年(1957年 ともしび
昭和33年(1958年
昭和34年(1959年
昭和35年(1960年
昭和36年(1961年
昭和37年(1962年
昭和38年(1963年 草原
昭和39年(1964年
昭和40年(1965年
昭和41年(1966年
昭和42年(1967年
昭和43年(1968年
昭和44年(1969年
昭和45年(1970年
昭和46年(1971年
昭和47年(1972年
昭和48年(1973年 子ども
昭和49年(1974年
昭和50年(1975年 祭り
昭和51年(1976年
昭和52年(1977年
昭和53年(1978年
昭和54年(1979年
昭和55年(1980年
昭和56年(1981年
昭和57年(1982年
昭和58年(1983年
昭和59年(1984年
昭和60年(1985年
昭和61年(1986年
昭和62年(1987年
昭和63年(1988年
昭和64年(1989年 (晴)昭和天皇崩御のため中止

平成時代[編集]

平成時代
平成2年(1990年 晴※[4]
平成3年(1991年
平成4年(1992年
平成5年(1993年
平成6年(1994年
平成7年(1995年
平成8年(1996年
平成9年(1997年 姿
平成10年(1998年
平成11年(1999年
平成12年(2000年
平成13年(2001年 [5]
平成14年(2002年
平成15年(2003年
平成16年(2004年
平成17年(2005年 歩み
平成18年(2006年 笑み
平成19年(2007年
平成20年(2008年
平成21年(2009年
平成22年(2010年
平成23年(2011年
平成24年(2012年
平成25年(2013年
平成26年(2014年
平成27年(2015年

現在の概要[編集]

例年、一定の題にしたがって(兼題の歌会)国民からの詠進歌を募集している(9月30日頃が締切)。応募された詠進歌の中から選者によって選出された「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講(=読み上げること。披講は綾小路流で行われる。)される他、官報の皇室事項欄及び新聞等にも掲載される。選歌にならなかった場合も、佳作として新聞等に掲載されるものもある。

歌会始の儀では、まず、天皇皇后の御前で東宮以下の詠進歌が以下の順で披講される。

講師が「年の始めに、同じく、(お題)ということを仰せ事に依りて、詠める歌」と言い、披講が始まる。

  • 選歌(10首、詠進者の年齢の低いものから。歌に先立ち、都道府県名と氏名(氏と名の間に「の」を入れる)が呼称される)
  • 選者の詠進歌(選歌を選出する選者のうち代表1人)
  • 召人(めしうど―特に天皇から召された者、毎年1名)の詠進歌
  • 皇族三后並びに皇太子及び皇太子妃を除く)の詠進歌(代表1人。歌に先立ち、親王は「-のみこ」、親王妃は「-のみこのみめ」、内親王は「-のひめみこ」と呼称される)
  • 東宮妃(ひつぎのみこのみめ―皇太子妃)の詠進歌
  • 東宮(ひつぎのみこ―皇太子)の詠進歌

 以上の者は自らの歌の披講の際は起立し、天皇に一礼する慣わしである。

その後、「皇后宮御歌」(きさいのみやのみうた―皇后の歌)が2回、「御製」(おほみうた―天皇の歌)が3回繰り返して講ぜられる(皇太后が健在時には、皇后宮御歌に先立って「皇太后宮御歌」(おほきさいのみやのみうた)が講ぜられる)。

なお、皇太后宮御歌、皇后宮御歌、御製が講ぜられる直前には、まず、講師がその年のお題を読み上げ、「…ということを詠ませ賜える御製(おおみうた)」などと講師が言うと、天皇以外の出席者が全員起立して御製を拝聴するのが習わしとなっている。

これらの歌を講ずる披講所役は、司会にあたる読師(どくじ・1人)、最初に節を付けずに全ての句を読み上げる講師(こうじ・1人)、講師に続いて第1句から節を付けて吟誦する発声(はっせい・1人)、第2句以下を発声に合わせて吟誦する講頌(こうしょう・4人)からなる。これらの所役は「披講会」という団体に属する旧華族の子弟が宮内庁式部職の嘱託として務める。

歌会始の模様は、NHK総合テレビ[6]で、全国に生中継され、当日のニュースでもその模様や御製・皇后宮御歌・詠進歌が紹介される。

披講所役による朗詠そのものの持つ「質的な魅力」に加え、各地の国民の詠進歌が披露されるという全国大会のような興味、また、天皇・皇后をはじめ皇族の詠進歌には、心情・近況が示唆されることもあり、注目を浴びる宮中行事の一つである。

脚注[編集]

  1. ^ 京都新聞 2010年1月16日「古式ゆかしく和歌を披講 上京・冷泉家で歌会始」、2010年2月21日閲覧
  2. ^ 小川剛生「南北朝期の和歌御会始について」『和歌文学研究』78号(1999年6月)(所収:「北朝和歌御会について -「御会始」から「歌会始」へ-」(『二条良基研究』(笠間書院、2005年)第三篇第一章)
  3. ^ 明治天皇が広島大本営に行幸中
  4. ^ 「昭和天皇を偲ぶ歌会」として、2月6日に催された。
  5. ^ 香淳皇后喪中であるが、開催された
  6. ^ 海外向けのNHKワールド・プレミアムでも同時放送。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]