珍子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

珍子内親王(ちんしないしんのう、生年不詳 - 元慶元年4月24日877年6月9日))は、平安時代初期の皇族文徳天皇皇女[1][2]。母は更衣紀静子紀名虎の娘)[1][2]。同母兄弟に惟喬親王惟条親王恬子内親王述子内親王がいる[1][2]

元慶元年(877年)4月24日、無品のまま没した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本人名大辞典』1224頁
  2. ^ a b c d 『日本女性人名辞典』706-7頁

参考文献[編集]