欣子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

欣子内親王(よしこないしんのう、安永8年1月24日1779年3月11日) - 弘化3年6月20日1846年8月11日))は、江戸時代皇族。第119代光格天皇中宮。幼称は女一宮(おんないちのみや)。女院号は新清和院(しんせいわいん)。

系譜[編集]

第118代後桃園天皇の第一皇女で唯一の子女。母は摂政太政大臣近衛内前の娘、女御近衛維子(盛化門院)。母維子の没後は父方の祖母にあたる一条富子恭礼門院)を養母とし、その手元で養育された。中御門天皇の唯一の玄孫であり、彼女の死で中御門天皇皇統(中御門天皇の直系子孫)は途絶えた。

経歴[編集]

誕生した年の内に父後桃園天皇崩御するが、天皇には欣子内親王の他に子女がなかったため、皇位は傍系の閑院宮典仁親王の第六皇子、祐宮師仁(のちの光格天皇)を迎えて継承された。この際、皇統の連続性を示すため、中御門天皇直系の血を受け継ぐ唯一の皇女であった欣子内親王の新天皇への入内が計画されており、この観点から未婚の祐宮師仁が選定されたとも言われている。

誕生の翌年、安永9年12月13日(1781年1月7日)に内親王宣下寛政5年12月24日(1794年1月25日)に准三后宣下を経て、翌寛政6年3月1日(1794年3月31日)に入内。同3月7日4月6日)、中宮に冊立される。因みに、内親王の中宮立后は、後醍醐天皇の中宮珣子内親王後伏見天皇の第一皇女、新室町院)以来実に460年振りのことであった。

入内して6年後の寛政12年1月22日(1800年2月15日)、第三皇子温仁親王を出産。儲君に治定されるも、同年4月4日(4月27日)に親王は夭折してしまう。そのため、代わって文化4年7月18日(1807年8月21日)に典侍勧修寺婧子所生の第四皇子、寛宮恵仁(のちの仁孝天皇)が儲君となることとなったが、その際、寛宮を自身の実子として公称した。

その後、文化13年1月28日(1816年2月25日)に再び第七皇子悦仁親王を出産するが、こちらも文政4年2月11日(1821年3月14日)に6歳で夭折し、これにより中御門天皇からの皇統は完全に途絶えてしまうこととなった。なお、心の病によって御所を彷徨い出て、後桜町院の怒りに触れたという記事が『思ひのままの記』に見える。

文化14年3月22日(1817年5月7日)に夫光格天皇が仁孝天皇に譲位し、3年後の文政3年3月14日(1820年4月26日)に皇太后となった。天保11年11月18日(1840年12月11日)に光格上皇が崩御し、翌天保12年閏1月22日(1841年3月14日)には出家して女院号宣下を受け、新清和院と称される。

弘化3年6月20日(1846年8月11日)、68歳で崩御し、7月23日(9月13日)に京都府京都市東山区後月輪陵に葬られた。

その他[編集]

最近の皇室典範改正論議で、皇位継承の危機への対策の先例として、欣子内親王の例を取り上げる人も多い(皇位継承問題を参照)。