酒人内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酒人内親王(さかひとないしんのう、天平勝宝6年(754年) - 天長6年8月20日829年9月25日))は、奈良時代から平安時代初期にかけての皇族光仁天皇皇女。母は皇后井上内親王伊勢斎王、のち桓武天皇

略伝[編集]

宝亀元年(770年)、父白壁王(光仁天皇)が即位したため、11月6日三品に叙せられる。宝亀3年(772年3月2日には母の井上内親王が光仁天皇を呪詛したとして皇后を廃され、5月27日には連座して弟の他戸親王皇太子を廃されてしまうが、この一連の事件の最中である11月13日、突如19歳で伊勢の斎王に卜定潔斎のためしばらく籠もる宮として春日斎宮に住まうことになる。同5年(774年9月3日、潔斎を終えて伊勢へ下向、翌6年(775年4月27日、井上内親王と他戸親王の幽閉先での急逝により退下した。

帰京後に自分の母と弟の幽閉と死によって皇太子の座についた異母兄山部親王(後の桓武天皇)の妃(ひ)となったが、その背景として斎王卜定と同じく、井上内親王・他戸親王派の抱き込みを狙った山部親王側の政治的配慮があるのではないかとも疑われている[1][要出典]なお、信憑性にはやや欠けるものの、『水鏡』に光仁天皇が酒人内親王の立太子を検討していたとの記述があり、事実であれば桓武天皇やその周辺にとっては警戒すべき存在であったことになる。宝亀10年(779年)に朝原内親王を産むが、この朝原内親王ものちに斎王に卜定されたため、祖母・母・娘と3代にわたり斎王を勤めたことになる。朝原内親王が弘仁8年(817年)に薨去すると、母として一人娘の死去をたいへんに悲しんだようで、晩年の弘仁14年(823年1月20日空海に代作させた遺言状にもその悲しみを表している[2]。この遺言状で、内親王は養子にした式部卿大蔵卿安勅内親王の3親王に、葬儀は火葬ではなく土葬とすること、ともに埋葬する品々はわずかな物でよいこと、所領地は全て3人との仁主に分け与えること、その他の物は長年仕えてくれた家司と侍女たちに分け与えること、と述べ、天長6年8月20日、76歳で薨じた。実に8代の天皇の治世にわたるその生涯は政争に翻弄された波乱のものであったといえる。

人物[編集]

日本後紀逸文天長6年8月丁卯(20日)条(『東大寺要録』巻10所引)の薨伝によると、

容貌殊麗。柔質窈窕。(中略)(桓武天皇の)寵幸方盛。(中略)性倨傲にして、情操修まらず。天皇禁ぜずして、その欲する所に任す。婬行(あるいは媱行)いよいよ増して、自制する事能はず
(大変に美しい容貌で、その体つきはなよやかである。桓武天皇の寵愛は深く、その性格はわがままで気まぐれ。しかし、天皇はこれを咎めず、酒人内親王の思いどおりにさせた。その婬行(あるいは媱行)はいよいよ増して、自制することはできなかった)

と伝えられている。また『一代要記』には「天皇に最も寵愛された」と記されている。

上記薨伝の「婬行(あるいは媱行)」の部分については、これを「婬行」として「性的にしまりがなかった女性」と解するのが通説であるが、『東大寺要録』の板本刊本には「媱行」と作るものも多く、「媱」の字は「肩を曲げて歩くさま」、そこから転じて「見目良い」「美しく舞う」「戯れる」といった意味もある。むしろ浪費が激しく、豪華絢爛な交友や、万燈会などの華やかな催しを好んだ女性であったのであろう。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 少なくとも、この時期2回にわたって行われた井上内親王の改葬は井上内親王派への桓武天皇側の配慮であるとされる。
  2. ^ 遺言状は『遍照発揮性霊集』に収録されている。