元正天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
元正天皇
第44代天皇
元号 霊亀
養老
先代 元明天皇
次代 聖武天皇

誕生 680年
崩御 748年5月22日
異称 日本根子高瑞浄足姫天皇
父親 草壁皇子
母親 元明天皇
皇居 平城京

女帝
テンプレートを表示
天皇系図38~50代

元正天皇(げんしょうてんのう、天武天皇9年(680年) - 天平20年4月21日748年5月22日))は日本奈良時代)の第44代天皇。女帝(在位:霊亀元年9月2日715年10月3日) - 養老8年2月4日724年3月3日))。父は天武天皇持統天皇の子である草壁皇子、母は元明天皇文武天皇の姉。即位前の名は氷高皇女(ひたかのひめみこ)。和風諱号は日本根子高瑞浄足姫天皇(やまとねこたまみずきよたらしひめのすめらみこと)である。日本の女帝としては5人目であるが、それまでの女帝が皇后や皇太子妃であったのに対し、結婚経験は無く、独身で即位した初めての女性天皇である。

略歴[編集]

弟・文武天皇の子である首(おびと)皇子(後の聖武天皇)がまだ若い為、母・元明天皇から譲位を受け即位。「続日本紀」にある元明天皇譲位の際の詔には「天の縦せる寛仁、沈静婉レンにして、華夏載せ佇り」とあり「慈悲深く落ち着いた人柄であり、あでやかで美しい」と記されている。なお、歴代天皇の中で唯一、母から子へと女系での継承が行われた天皇だと表する珍説もある。しかし、父親は男系男子の皇族である草壁皇子であるため、男系の血統は維持されており、男系継承である。皇統は男系で表現するのが慣例であり下の系図でも同様である。

710年、平城京に遷都。これ以後、794年の平安京遷都までを奈良時代と区分する。

養老元年(717年)から藤原不比等らが中心となって養老律令の編さんを始める。

養老4年(720年)に、日本書紀が完成した。またこの年、藤原不比等が病に倒れ亡くなった。翌年長屋王右大臣に任命され、事実上政務を任される。長屋王は元正天皇のいとこにあたり、また妹・吉備内親王の夫であった。不比等の長男武智麻呂中納言、次男房前(ふささき)は、未だ参議(その後内臣になる)であった。

養老7年(723年)、田地の不足を解消するために三世一身法が制定された。これにより早くも律令制は崩れ始めていく。

養老8年/神亀元年(724年)2月4日、皇太子(聖武天皇)に譲位した。退位の詔では新帝を「我子」と呼んで退位後も後見人としての立場で聖武天皇を補佐した。

天平15年(743年)、聖武天皇が病気がちで職務がとれなくなると、上皇は改めて「我子」と呼んで天皇を擁護する詔を出し、翌年には病気の天皇の名代として難波京遷都の勅を発している。晩年期の上皇は、病気がちで政務が行えずに仏教信仰に傾きがちであった聖武天皇に代わって、橘諸兄藤原仲麻呂らと政務を遂行していたと見られている。

系譜[編集]

系図[編集]

 
古人大兄皇子
 
倭姫王
(天智天皇后)
 
 
 
 
 
(38)天智天皇
(中大兄皇子)
 
(41)持統天皇
(天武天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(43)元明天皇
(草壁皇子妃)
 
 
 
間人皇女
(孝徳天皇后)
 
 
(39)弘文天皇
(大友皇子)
 
葛野王
 
池辺王
 
淡海三船
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志貴皇子
(春日宮天皇)
 
(49)光仁天皇
 
(50)桓武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早良親王
(崇道天皇)
 
 
 
(40)天武天皇
(大海人皇子)
 
高市皇子
 
長屋王
 
桑田王
 
磯部王
 
石見王
 
高階峰緒
高階氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
草壁皇子
(岡宮天皇)
 
(44)元正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大津皇子
 
 
(42)文武天皇
 
(45)聖武天皇
 
(46)孝謙天皇
(48)称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍壁皇子
 
 
吉備内親王
 
 
 
 
 
 
井上内親王
(光仁天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長親王
 
智努王
文室浄三
 
大原王
 
文室綿麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御原王
 
小倉王
 
(清原)夏野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
舎人親王
(崇道尽敬皇帝)
 
 
(47)淳仁天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞代王
 
(清原)有雄
清原氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
新田部親王
 
塩焼王
 
(氷上)川継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道祖王
 


陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、奈良県奈良市奈良阪町にある奈保山西陵(なほやまのにしのみささぎ)に治定されている。公式形式は山形。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

元正天皇が登場する作品[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

在位中の元号[編集]

  • 霊亀 715年9月2日(10月3日)- 717年11月17日(12月24日)
  • 養老 717年11月17日(12月24日)- 724年2月4日(3月3日)

在位年と西暦との対照表[編集]